犬との暮らし

我が家には多くの犬たちが一緒に暮らしている・・・何頭いてもその子その子はそれぞれに違い、かけがえのない存在である・・・

自分達の力で犬と暮らし始めて今年2008年で15年を迎えようとする我が家にも、楽しく素晴らしい経験を得た時もあるし、
数頭の愛すべき犬たちとの別れを経験するときがあった。不慮の事故、先天的な疾患、予後不良・・・

犬1頭の命の重さとはいったいどれくらいのものなのだろうか・・・それはきっと飼う人、接する人の考え方次第で決まってしまうのだろう。

テレビで動物虐待のニュースを聞く・・・特集を見る・・・人間不信になった犬たちの悲しい目・・・
怖くてたまらない恐怖の目の色を見て悲しさで胸が苦しくなる。人の姿をみるだけで震えが止まらない犬が映し出される・・・

人はどうして言葉もかいせない賢く美しい生き物を虐待できるのだろう・・・・一緒に暮らしたものでしか彼らの本質は解らないのだろうか・・・

いや暮らしていながらに虐待する人たちが実際にイルのだ・・・人間の心の奥底に潜むどす黒い悪魔がこの世からいつかいなくなりますように・・・・

犬への理解はまだまだ不十分だと考えている。
彼らのまだ確定されていない素晴らしい能力を引き出すためにも、犬と暮らすってどんなことを指して言っているのかを伝えるためにページを作っている。

犬ってそういう生き物だったのかと言う新しい発見がこのサイトを読みに来てくださった方にひとつでも残せたらと願って・・・