老後と介護

犬と暮らし始めたら必ず十数年後にはどんなに元気で快活であった愛しい愛犬でも人と同じように必ず年老いて若い時と同じようにはならない時期がやってきます。
また、計らずも年老いていなかったとしても不治の病に倒れたり、大怪我をしたり、手術が必要な病気などにならないとも限りません。
このページでは我家で経験してきた病気や怪我などを踏まえて、愛犬の老後に関わる事柄や、病気や怪我の時に必要だと思うようなことを載せています。

【老化について】では犬の老化現象についてと、その症状をどのようにして見つけて行くか、実際に発覚した際にどう対応していくかなどを掲載しています。

【老犬・病気犬との暮らし方】では我家で実際に行っていることや犬が暮らしやすい環境の整え方、介護の方法などをお伝えしています。

【QualityofLife】ではイヌを苦しめたくないだけで皆様との解釈の相違もあるやも知れませんが、私が私と暮らしてくれた大切な子達に行ってきた事例と共にMAGICの犬の愛し方をお伝えできたらと思っています。
感情のままに作成したページもありますがご了承の上ご覧ください。