2009.01.05 Monday

Category: お知らせ

迷子を捜しています。

マリン・キャンディー・デイジーの親元であるIWASHIMIZUさんの大事な犬が迷子になってしまいました。
手をつくして捜索中とのことですが未だ情報がありません。

ここにサイト情報をコピーして載せておきますので、手がかりになるようなことがありましたらぜひお願いいたします。


迷い犬を探してます。!!

東久留米、西東京市、小平市、にお住まいの皆様にお願いがあります。
1月1日9時ごろ3頭連れて朝のお散歩で滝山の方角へ向かいました。
滝山5丁目を過ぎた頃、手元からケリ−(写真の女の子)のリ−ドが外れアッという間の出来事で後を追う間もなく
見えなくなってしまいました。
家の犬達は3頭でお散歩に行っても1頭リ−ドが外れても他のワン達と一緒に歩く事が出来るんですが
何かその時あったとしか思えなくて・・・
もし、よく似た犬を見かけましたら連絡いただけると本当に嬉しく思います。
ブル−マ−ルの女の子 ケリ−です。
交番には届けましたが、保健所、動物愛護センタ−はまだお休み中です。
宜しくお願いいたします。



住所 小平市花小金井3-24-1
電話 042-471-6458     岩清水


イヌはこの子です。特徴のあるブルーマールなのでよろしくお願いいたします。

kerry[1].jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.05 Monday

ごめんね…。

89グラムで生まれたちびちゃんが今朝4時に天国に行きました。

s_4.jpg

昨日79グラムまで落ちて何とか母乳を絞ってすこしづつ口に含ませつつ、何とか84グラムまで復活したのに、体に丸みが出ずにどんどん動きも弱くなりファクターの効果もなく静かに息を引き取りました。胎便も出ておしっこもちゃんと出て、その分体重が激減して、小さ過ぎた代償は大きかったと思います。

せっかくおなかの中に宿った命が、生きて生まれてきたにもかかわらず助けることができないときは私には大きなストレスになってしまいます。今までに数頭助けることができたほうが奇跡的なことなんだなぁとぼんやりとその当時を振り返るのですが…。

何が悪かったのか?もっとできることはなかったのか?・・・

イヌの未熟児を助けるにはコツはありません。ただその子の持って生まれた生命力次第で、人間はその力を温存させ助けるしか手がないのです。温度管理や哺乳やマッサージやできることの限られる中で命が失われていく怖さは何度経験しても耐えにくいことの一つです。緊張でアドレナリンが出るせいなのか早々眠くなることもなくなりずっと起き続けることは可能です。その時間を使って仔犬に付き合っているんだけれど・・。

新年早々こうした経験をするのはきっともっと命に対して真剣に取り組みなさいとの啓示なのだろうと重く暗くなった気持ちに発破をかけて生き残っているもう1頭をなんとか育てたいと思います。

安心して眠れる日がいつ来るのかはわからないけれど、亡くなった4頭の分も頑張って生きてほしいと願っています。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.04 Sunday

タンクお婿に行く!

可愛いかわいいタンクが理想通りのご家庭に嫁げることになった。
年末に一度家族総出でお見合いに来てもらい、とっても気に入ってもらい本日婿入りとなった。

タンクの行った先とはもう10年近く前からのご縁だ。もちろん我が家の犬との接点から始まった最初は見も知らぬ仲だった。
我が家の犬への思いを正しく受け止めてくださった家庭で、私たちの犬には過分すぎるご家庭だったと思っている。そのご家庭にまた縁あって一番かわいく手放しがたかったタンクが嫁ぐことはこの先の未来を暗示するもので私が一番欲しかったものなんだろうと思う。

彼の類稀なる陽気な愛らしさを十分堪能していただくために、そこから家庭の中に笑いの絶えない時間を築き上げにタンクは嫁いでいった。彼にはその使命があって縁がつながったのだろうから。

我が家から嫁ぐ子たちには、私たちの犬への想いを受け止めてくださる人たちであってほしいと願いを込めて育てていくバトンを渡してきた。

犬たちが年をとってくると、毎年来る年賀状の中にはなんでこんな知らせがこんな形でしか知らされないのかと泣く思いをするものもあったことがある。私たちの犬はこんな存在だったのかと思い知らされる一瞬である。そんなつもりで渡したんじゃなかったとか、そんな程度の存在にしかなれなかったのかと信念が揺らぎそうになるのもこの時期。

産ませた側である以上、渡した側にしかならない関係で、渡された側の関係とこの先どう続いていくのかは私たち自身にもわからない。この犬でよかったと感謝されるのか、ただ単に飼った犬が私たちが産ませた犬だっただけなのか…。

生まれる前から無事に生まれておいでと願い、今回のような生きるか死ぬかの様なことも時折経験しながら元気によい子に育つようにと夜もろくろく寝ないで育てた子犬も、そうではない仔犬も買う人によってその未来が決まる。どの子もみんなかわいがられているに違いない。でも…産ませた側の彼らに託した思いの行き先は…。

いろんな人との付き合いから多くを学んでこの先に生かすことしかできない私たちの未来は明るく開かれているとは言い切れないけれど、その中にタンクのお婿入りは思っていたものよりもより大きな光となって希望に変わった。その喜びはこれから始まる大変な子育ての大きな糧になる。

可愛いかわいいタンクを生涯よろしくお願いしますね。大きくなったら兄弟で遊びましょう!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.03 Saturday

新年早々アクシデントなお産

昨年10月末、5年前に授かった杏ちゃんとベンとの間のアリスの飼い主さんからどうしても次の世代を残したいという2度目のお話があった。

1回目、だれかいい相手はいないでしょうかとのことだったが、あいにく交配の手配等はしない主義だ。それに安易に次の世代が欲しいといっても他に生まれた子をどうするのかなど考えてほしいことが山ほどある。ましてアリスが赤ちゃんを産ませてもよい犬かどうかなども含めて。

見せてもらったうえで考えましょうと話し、アリスを見てこの子ならいい子が生まれるだろうと感じたのでうちで産ませるのなら相談に乗りますと話を受けた。1度目は不受胎。がっかりした飼い主さんたち。。。申し訳ないなぁと思うけれど、どうやら交配日に問題があったようにも思い次回を楽しみにということにした。

念願のヒートが来てようやく自然交配にもこぎつけたがなかなか受胎確認には至らなかった。通常30日もたてば織物等で受胎しているかどうかわかるができていないみたいということだったのでしばらくした後エコーで確認してもらいようやく赤ちゃん誕生がはっきりとした。

年末ということもあって預かるのが遅くなった。アリスはうちにたびたび来たことがあるわけではないうえに妊娠してナイーブになっていたのでハンガーストライキも起こす。あれやこれやと手なずけてようやくこれならレントゲンを取りにっても大丈夫だろうと病院へ出向く。

犬は信頼していない人が連れ歩くと余計に神経質になってしまうので妊娠していることもあるので慎重には慎重を重ねた。車に弱いと聞いていたが話しかけながらフリーで載せていったら1度も吐いたりすることなくドライブを楽しんでくれる明るい子だ。

病院では確実に見えた子が2頭。他の角度からの映りで自分的には4頭はいそうだなと思った。先生も微妙ですねぇとのこと。
すでに予定日まであと数日。この映り方だったらすごく小さい気がすると言ったが先生は問題なく出る大きさなので大丈夫ですよと言ってくれた。

何せ今までが今までで、でないかもという大きさのレントゲンの映りが多い我が家だからこそ。
でも自分は映った大きさからこの大きさだったら助からないかもという一抹の不安があった。先生に万が一今日出てきたら助からないですよねと確認しなんとか栄養をつけて子供を育てておかないとと確認しあって帰宅した。
早ければ30日には生まれてもおかしくはない。

大掃除も適当に済ませてアリスに一番いい環境を整えてご飯もいつもの倍以上食べさせ年末の買い出しもみんな近くの店で済ませた。

30日変化なし。31日変化なし。1日変化なし。2日の朝…体温が下がって体が震えること数回。

いつもなら2日は私の実家に集まる日だ。でもいつ本格的な陣痛が来るかわからないので急きょ取りやめにした。
昨年も2日に出産があって弐年連続で実家に顔を出せなくなってしまった。今年はある話題があったので何としても弟と会いたかったのにアリスのためなのであきらめる。

2日夜中軽い陣痛がつく。強くはならないのでうとうとしながら枕元のアリスの体を撫ぜる。何度となく聴診器で心音を確認したが3頭しか見つからない。4頭見えた気がしたんだけどなぁ…1頭は中でだめだったのかなぁ…いろんな不安がよぎる夜中。

そういえば4頭のおなかじゃない。うちの子たちだったら4頭もいたらもっとパンパンだ。2頭いるのかしらって言う感じのおなか。中で育っていないのかもしれない…100グラムくらいの子ばっかりだったら?夜中は不安が大きくなってしまう。

朝…明るくなってくると同時に陣痛がつき始めた。1頭目は死産だった。セーブルの女の子。60グラムしかない。あんなに強く気張って大変そうなのに60グラム…。

嫌な予感がする。

次に生まれてきたのもセーブルの女の子。100グラム。
3番目は89グラムのセーブルの女の子。

予想道理小さい。育つんだろうかって思うほど体に肉がないのだ。
保温箱に入れてとにかく温めてみる。動きがよくなればなんとじゃなるかもしれない。

そう思ううちに次の子がなかなか出てこない。もしかしたら今度は普通の大きさがあるので余計に大変なのかもと準備していたが結局死産だった。70グラムのセーブルの男の子。

4頭すべて出た。生き残ったのは2頭。この大きさじゃ粉ミルクは無理だからリキッド買ってこないとと裕貴と交代して大急ぎで出かける。購入して戻ってきたあと哺乳するが受け付けない。
どうしようかと悩んでいるとまたアリスがいきみだした。

???なんで?・・・あぁそうか4番目の子の胎盤が出るのか・・・?・??
ちゃんと全部取ったじゃん、なんで?

するっと出てきたのはまた子犬だった。小さい…。血色は良くない。
心音もなく死産だった。セーブルの女の子。60グラムだった。

小さな命が3つも消えてしまった。泣かないようにと思うけどやっぱり涙が出る。せっかくできたのにどうしてもっと大きく育たなかったんだろう?
ママはしっかりとした体で栄養不足とは思えない。それにうちに来てから十分すぎるくらい食べさせた。

子宮から栄養をもらえなかったんだろうか?みんながみんな小さいのだから・・・。生まれる日が足りないのなら小さいこともある。でも日にちだって十分過ぎていたのにな。

生き残った2頭の子がなんとか育ってくれるように頑張るしかない。普通のうちで生まれていたら助からないかもしれない小さな小さな仔犬たちだ。
モリーだってジェニーだって育ったんだから。きっと頑張れるよね。

これからしばらく子育て奮闘記が始まる。しっかりしろ自分!

s_2.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.01 Thursday

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。今年はどんな年になるでしょうか?
年末ジャンボ宝くじは30枚買って3900円当たりました。微妙ですが900円だった時よりはよしとしましょう。

息子は300番違いの当選番号に泣き、なかなか幸先良いスタートではありませんが、徐々に良いほうへ向かっていると信じて今日を迎えています。

東京は良いお天気に恵まれて暖かな元旦です。犬たちも一緒におもちを食べたりお正月料理を楽しんでいます。

年賀状もこれから楽しみつつ読まさせていただきます。みんなどんな子になっているかな?

今年もよろしくお願いします。(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 3/3