2008.12.17 Wednesday

くわれた(/_;)

予防注射して家に戻ってすぐに買い物に出た。荷物をおろしてふと下を見ると昨日買ってきて出し忘れていたトマトの箱が…

トマト君の頭がみんなかじられてる!ぐぇ!!あのちびっ子たちだ…。

確かに最近我が家の犬たちは生野菜に凝ってるけどちびたちまで食べるとは…。トマトなんかにおいもしないだろうし、だいたい助手席の下に置いてあったのにあいつら潜って食べてたのかしら。

そういえば…支払いを済ませて車に戻ってきたとき随分とへらへらしてたよなぁ…恐るべしパフィーっ子!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.16 Tuesday

マイクロチップと予防注射

パフィーっ子のナナちゃんとキースを連れて1回目の予防注射を打ってもらいに行ってきた。2頭が大きめで2頭が小さめという不釣り合いな兄弟なので小さい子たちは木曜日にしたのでお留守番。ナナちゃんとキースは2頭だから抱っこできないし一応ケージに入れて連れて行ったんだけど、最初多少わめいた後、出れないのねと知ると不貞寝に入った。

なんか・・・強くない?ご飯食べちゃってからの出動なのにゲロゲロにもなりそうもない感じ(苦笑)パフィーが繊細で車が苦手だったので気にしてたけどなんかカンケ〜ないみたい。(笑)

ほどなく病院に到着。先にキースに予防注射してもらい、先生に、「この子ミールに似てるでしょ?」と聞いたが「う〜ん僕はよくわからない」との答え…。大人ならわかるんだけどなぁ…っていうんだけど、自分的にはキースはミールにすごく似ていて心惹かれる子犬なのだ。

何が似てるって顔が似てるし雰囲気も。私しか見なかったミールみたいにならないかなぁって密かに祈ったりしてるし。ボディー構成も綺麗で毛が長い(笑)子犬のくせに長いんだなこれが。ミールみたいに流れるようなコートの成犬になったらなぁなんって想像してる。性質も穏やかで気持ちは結構強い。今回車に乗せてみてはっきり決まったって感じ(笑)

ナナちゃんは家の中でのお山の大将かと思っていたらとんでもないくわせ者だった。なんかレインの小さい時に似てるんだよねと息子が言っていたけど、マジですか?って言うくらい似てる時もある。
図太いっていうのかおおらかっていうのか?。。。注射も平気だし、マイクロチップを入れられても平然としてる子犬って何だ?シェルティーには神経質な子が多い中、レインと同じく貴重な性質だなぁって思う。初めてのマイクロチップ装着犬はナナちゃん。あの大きな針っていうのか、それを刺されるのはなぁと私は躊躇していたけど、ナナちゃんはすげぇ〜強くて何ともない顔をしてた。きっと大物になるわ、この子(^◇^)



話によれば、マイクロチップはなかなか普及しないらしい。私の友人は世界に犬を送り出している関係上仔犬たちもその可能性が高いのでみんなマイクロチップを入れて渡すようになった。輸出入には必須なんだけど、国内で必要なのかと考えてみた。

まだまだ国内でも迷子になったりして家に戻れない子がたくさんいる。しつけが完全になる前に不幸な目にあうやもしれない。どんなに気をつけていたって事故は起きるし、転ばぬ先の杖ということわざもある。
うちの子たちに入れる気は十分にあるけど、費用的には渡す子たちから始めるべきだろうと、今回から装着済みにして飼い主さんに渡すことに決めたのだ。

シンバ先生のところはとてもリーズナブルな値段で装着してくれるのでありがたい。「待て」「来い」ができるようになる前に付けちゃったほうがいいですよね〜と笑いながらナナちゃんはブスっと針を刺されて装着された。たくさん入れる子がいたら予約しないとまずいらしい。うちの子たちにつけるときは予約しなくちゃ(笑)

小さいときのほうが痛みを忘れてしまうので早いほうがいいとか。意外に大きな針なので注射よりは痛いらしい。見た目はすご〜くいたそうだけど、ナナちゃんのあの様子なら大丈夫なんだってわかったので気楽につけられそうだ。

注射が終わって車に仔犬を入れてお代を払いに行く。仔犬の金額にマイクロチップの分を上乗せするの?と聞かれたので、そんなつもりは毛頭なかったので「お守りですから上乗せなんかしないですよ〜」と笑った。今回のナナちゃんだって飼い主さんとの交渉の結果注射代は私のほうで出してあげるってことにしたんだって話したら、先生も苦笑い。


だってね。。。たくさんのシェルティーの中から、うちの子が欲しいって言ってくれた飼い主さんですよ、いろんな話をしてこの人なら大丈夫って自分が選ばせてもらった人だから相手の都合にも耳を傾ける気持ちくらいありますよ。


犬を渡すのはお金じゃないんだよね。その気持ちが分かる人がこの子の価値を理解してくれて交渉した金額を納得してくれてとっても嬉しいしありがたいのね。うちは年寄りが多くて犬たちにお金がたくさんかかるから…と、ここで先生が大きくうなずく。
これからもたくさん払いに来ますからと苦笑いになる。


生まれる前から元気に生まれておいでって呼びかけて、ずっと夜も一緒にそばで寝ながら育ててきた子犬。どれだけかわいくて大切にしてきたか・・・。

それがわかってもらえる人に渡せたら選んでくれた相手にも感謝の気持ちがわいてくるじゃん〜!この飼い主さんとずっと親戚づきあいがしていきたいなって思うから今回マイクロチップもうちからのお守りとして付けてあげたかっただけなのよね。(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.15 Monday

女は強し!

パフィーっ子たちは4匹兄弟なのでピーターの比べたら強〜い子たちだ。中でもナナちゃんは一番体が大きいから最初からナンバーワンを誇っている。

そして飼い主さんが既に気が付いているようにかなりのお転婆さんだ。最近は彼女の強さに気が付いたピーターが狙いをつけられると先に抵抗するようになった(笑)

でもたいていはその抵抗むなしく突撃され、ほうほうの体で逃げ出すというのが日常。

2008_12_13_1.jpg2008_12_13_2.jpg

女は強いんだ。これは毎度のこと。仔犬を選ぶ時に女の子がおとなしいから欲しいという人がいるけど、うちからのアドバイスは女の子は強い子が多いですよと言ってしまう。おとなしい子とか優しい子っていうのは実は男の子のほうに多いくらいだから(笑)

引っ張りっこするにしたって顔をなめるにしたって優しいなって思うのは男の子。…いや、おんなの子だって可愛いですよ、ええ、女の子だってね。(笑)

2008_12_13_3.jpg


パフィーを遊びに誘うナナちゃん。あのぉ・・・それって普通ママが先にやるんではないでしょうか?ナナちゃんたらおませだねぇ(笑)

2008_12_13_4.jpg


これ女の子の形相。

2008_12_13_5.jpg


これ男の子。

写真とるのも結構大変なのよ〜!(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.14 Sunday

初めてのお外@ピーター

ピーターの初めてのお外はいきなりのアキガセ公園デビュー。
家の中じゃぶっ飛びだけどたぶん地蔵犬になるだろうなの予想通りにがちがち岩石みたいになっちゃった。

緊張感バリバリに鼻水たれて盛んにあくびをする。まぁね・・・こんなもんでしょ。生まれたときから君を見ている私としては予想通りの結果だから別に変ともやばいとも思わないけど(笑)

リードをつけて地面に降ろしてみれば庭じゃ真っ暗でも出て行けるって言うのに「僕はここは怖いので動けません」ってか。うちのパパはこういう子は苦手だ。歩かない子に手をかける暇はないのか、めんどくさいのかあづけておくと面白くなさそうなので結局抱く羽目に・・・。

・・・あなた結構重いんですよね。そういえば4・5キロだったっけ。パフィーっ子のタンクみたいにちびっちゃいなら良いんだけどさ、倍はあるもんなぁ・・・。

ケージに入れておいたら泣き叫ぶので(無理もないか)サンダーと一緒に入れたらおとなしく待っていられるのでよしとする。遊びに行くだけのときにするべきだったなぁとおもいつつも着ちゃったんだからそれなりに対応するしかない。

そのうち、ご飯食べたり、おやつで誘われてふらふら歩いたり、鼻水も止まり王子にお愛想くらいはできるようになった。つけているリードいっぱいの距離を何とか私の元まで歩いてくるし、どきどき感も多少は消えているのはなかなかたいしたもんだ。
ちびっ子の癖に一日中鳴り続ける太鼓だかなんかの音にも変な反応はしないし、ものが怖いとか言う気配もない。初めての場所に戸惑って私のそばにいたいだけのようにも見える。

あんまりいろいろ子犬に対してやっているので「この子は残す子なんですか?」と聞かれ「そういうわけじゃないけどまだ決まっていないからねぇ〜」と笑う。
飼い主が決まらないからって何もしないまま大きくなったらどうする?それじゃ子犬がかわいそう。どの子も同じように育て時期が時期なら外にだって出さなきゃならないし、うちに残す子のほうがよっぽど手を抜くんですよと笑ってしまう。

うちに残すのなら外に連れ出すとか人にならすとかはいつ修正したっていいんだもの、お気楽なものだ。1歳半くらいまでやたらなことはしない。

でも・・・しつけという部分だけはうちの子であろうが飼い主さんにもとに送る子であろうが同じようにやることばかりだろう。友達はDISCができるようにしてから渡せば良いジャンって言うけど、あれもこれも教えて、ママが大好きっていう子になった後、人に渡せるかといったらどうなんだろうね?

自分的には彼らが家の中の人間を他人と区別するようになって、ママが自分の神様だよって表現されてしまったら渡せなくなっちゃうよなぁっておもう。リーダーとして認識するのはごく幼い時期にできるけど、犬が決める自分の神様にはなれる時となれない時があるから微妙なんだ。

ミールがいなくなった今、誰よりもママだけと言う子がいるようないないような日々が続いている。マリンがぼけて私が分からなくなっちゃっているし、キャンディーがいなくなって、ダッシュはパパの犬になり、サムは誰でも良くて、エリーは直哉の犬で、レインは裕貴の犬で・・・サンダーもどうかなぁっていう感じだし・・・。

リーダーになるのは簡単なんだけど神様になるのは結構難しい。相性もあるし犬が決めることだしね。今度はいつ私の犬と出会えるかなぁ。。。ピーター???どうでしょうね?(笑)子犬はいつでもママが好きだから・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.14 Sunday

第2回AIRMAGIC練習会

なかなか開催できずに遅れていた第2回の練習会を秋が瀬公園の予約がとれて13日土曜日に開催することができました。

20081213_5.jpg

12月…師走の忙しい中ご参加いただきありがとうごさいました(*^_^*)スタッフのみんなもごくろうさま。新しいパートナーの紹介があったり、新しく生まれてきた命に初対面したり、AIRMAGICの基礎という人たちも加わって基盤がおおよそ完成したかなという感じでした。

私は競技会にはなかなか顔を出せないので初めてお会いする人のほうが多かったですが、犬との関係の再認識はいかがでしたでしょうか?
DISCに欲のある子、ない子、さまざまですが、第1回目に参加してくれたココアチームの目覚ましい進化にうれしく思っています。

「DISCが好きなだけのハイパーな犬」ではなく、「飼い主と一緒に遊ぶのが好きな犬」に変化を期待するのは犬とDISCをすることでも方向性が大きく違います。

今回参加されたチームとほぼ同じようにココアチームもアドバイスを出したので、今回の参加チームが次回に会う時にどんな変化を表してくれるかとても楽しみです。

犬の作業能力には様々なものがあり犬が得意とする分野もそれぞれ違います。犬の答えを聞く作業は最初こそ地味でつまらないものですが、それは後で大きく変化を起こし飼い主にも犬にも喜びになるものと信じています。

飼い主の言うことを聞く犬を前提にして、楽しいDISCDOGライフを送っていただけるようスタッフ一同精進していきますのでまた次回もご参加くださいね(^−^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.10 Wednesday

予防注射ピーター&キナコ

バタバタと過ごす日々の中うっかりキナコの予防注射忘れちゃった。ピーターの1週間後に連れていくつもりだったんだけどなぁ…そういえば次はいつだったっけ?と証明書を見たら、え・・・昨日が二回目OK?およよ。

んじゃぁ今日のうちに行っちゃおうと車の中を子犬仕様に直す。我が家の車はグランドハイエースなので後部座席に長座布団とか敷きこんで仔犬が横から落ちないように平らにするのだ。ケージに入れようかなぁって思ったけど、聞き分けの良いピーターは問題ないし、キナコの表現だけが気になるが怖がるならジャンパーの前に入れて抱っこで行けばいいからと、今回はケージ無しドライブの決行である。

車は大好きなおふたりさん、意気揚々と乗り込んだまではいいけれど、エンジンがかかったら途端にへっぴり腰になったキナコ。こっちに来る?と声をかけたけど動かず。

ならばいいわねと車を動かすとそろりそろりと亀のように近づいてきた。一時停止の場所で後ろに車がいないことを確認してキナコをジャンパーの中に取り込んだ。ぴーぴーと怖いよ〜と鳴くのを慰めつつ獣医さんへ向かう。

ピーターは僕は車が動くのはもう知ってるんだよって言う顔をしてちょこんと伏せている。たまにたちがってうろうろし座ったり立ったり。キナコは?という顔をしてそばに来るが「後ろに行っていなさい!」といわれるのですごすごと引き下がる。3カ月に満たない子なのになかなか聞き分けの良い子だ。

病院に着くと診察してもらって世間話しながらぶすっと注射を打たれた。キナコ2・5キロ。固まったまま終わってしまった1回目の注射だ。誕生時の話をして亡くなった子が頭蓋が無かった話をして体に異常がないかどうか確認してもらう。奇形?で生まれた子のことについて随分と勉強してようやく納得できる答えを見つけたけど、キナコに問題がないことを先生に確認してもらわないと不安は残る。問題なしのお墨付きはありがたいもので気持ちがふっと楽になる。

ピーターは二回目。覚えているのか診察台の上では固まったままだ。尻尾を振る元気はないらしい(笑)終わってから抱っこするとダッシュのように私の肩をギュッとつかむ。ママと一緒なら大丈夫と理解できる日もそう遠くはないだろう。

今日は雨だったから抱っこの散歩もないけれど、今週末には一緒に秋が瀬に連れていけるのでピーターの喜ぶ顔が浮かんでくる。パパと一緒に子犬を連れて遊べるのは久しぶりだなぁとちょっと楽しみだ。

ピーターは4・5キロ。結構大きな子だ。おもちゃも大好きだし集中力もあるし、何より聞き分けがよくなってきたのでかなりかわいい。お座りもできるようになってきたし最近は伏せも頑張っている。握手はまだまだだけどそのうちできるようになるだろう。

広い場所で気になるものがいっぱいあるところで呼び戻しだけ教えられたらいいなぁと思いつつどんな反応をするのかもよく見なくちゃならない。あとは遊びながら吠えないように気をつけないと。

そういえば登録まだだったな。血統名考えなくちゃね(^−^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.10 Wednesday

筆ぐるめのバカ!

あったまくる!パパが出張先からある人の住所調べて送ってとメールが入ってから12時間過ぎて・・・やっとおくれた。

な〜んの気なしに起動させようと思ったら、「Fgw Appsは動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しませんでした。解決策がある場合はWindowsから通知されます」というエラーが出る。

???今までこんなの出たことないよ。数回やっても動かず強制終了。インターネットで解決方法を探しても、結局答えは見つからない。
書かれてあるものはやったけど反応はないしね。富士ソフトに電話しようにも運の悪いことにその時はすでに5時を数分過ぎていた。

明日・・・まで待てない(苦笑)

パパへの返事は「筆ぐるめ死亡。只今復旧作業中につきお待ちください。」と・・。

ソフトの入れなおしをしようか考えたがセミナー参加者名簿のデータのバックアップしていないし、0からのやり直しなんって耐えられない。で…友達にヘルプ要請するしかなくなった。

こうしてああしてと教えてもらうまでにこちらの要望を伝えなくちゃならない。とにかくデータが消えるのは困るの一点張りで話すと、何やら筆ぐるめ君はデータのしまい方がほかのソフトと違うらしくてそう簡単には見つからない【もしくは取り出せない】ようになっているそうで…


ううううう・・・もうじき年賀状の季節だちゅ〜になんってこったい。


ソフトの修正をしてもだめ。結局腹をくくってアンインストールして入れなおしてみたけどやっぱりだめ。アップデイトもかけたけどだめ。互換性を変えてもだめ。

同じことで困っているって言うのがいくつかヒットしてるのってソフトのせいじゃないの?あ〜・・・!!

友人も夕飯時だったのでとりあえず全部終わってから連絡するよと言ってくれ数時間後また再開する。

向こうはPCのプロだけど私は実際PCは音痴。下手にいじらないでよと息子には言われつつ、だって使えないんじゃ意味ないじゃんとムカつき・・・。常駐のソフトを止めるって何?どうするの?ウイルスソフトの止め方くらい知ってるわいと動こうとしない息子にムカついて、結局友人の電話が来る時までに言われていたことだけは終了しておく。

あきらめるしかないの?ほかのソフトに乗り換えたほうがいいよねぇ〜でもデータが…何百あるんだって言う位打ち込まなきゃならないのなんってひどすぎる。

友人がもう最後の手段だけど、これでもダメだったら明日ソフト会社に聞くしかないねというしその時にはもうデータも消えてるよねぇ〜と半ばあきらめ馬鹿笑いしつつ「システムの復元」をしてみる。

で・・・起動。できた!!と思ったら今度はナビのなんとかがないから〜って出たきりどうにもならなくなっちゃった。あのねぇ〜。。。いい加減にしてくれないかな。こっちはちゃんとやってるのよ。インストールしなおすのに何十分かかってるのよ。何回やったと思ってるんだぁ〜!!

動かなくなったPCに向かって「ば〜か!」と言って強制的に終了してやった!再起動させてふと考える。

システムの復元をしたらとりあえずは起動したんだから、ここでもう一回インストールし直すっていうのはどうよ?また時間かかるんだろうなぁ…。でもやるしかないよなぁ…。

友人に「また近詰めて徹夜するんじゃないわよ!」とくぎを刺されてはいるけどやろうと思ったら今やっちゃいたいのよね。で・・・やってみた。

ほ〜っほっほっほ!勝ったね(^−^)筆ぐるめ15無事に起動しデータもすべて残っていました。でも…同じ住所録が二つづつ出来上っているのはなぜだ?ないより多いほうがまぁいいかとは思うけど、やっぱり機械はわからない。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.06 Saturday

トロッコの話

ナショジオでこんな問いかけがある。

トロッコがやってくる先に5人の人が立っている。あなたはトロッコをもう一方の線路に動かす分岐点のレバーの場所にいる。レバーを動かせばその先に一人の作業員がいるが5人は助かる。レバーを引かなければ作業員が犠牲となる。あなたはどうしますか?


この問いはどこかの番組で…たぶんたけしの教育白書だったかでもやっていて、その時はこの問いに対する答えを子供にどう伝えるかというものだった。

我が家では家族でこれを見ていたので大いに盛り上がった。さぁあなたはどういう答えを出しますか?



我が家はたいていこういうときなぜか真っ二つに分かれる。考え方が似た者同士が二人づついる家庭なんだろう。

私と息子一人はこんなの簡単じゃん、レバー引くしかないでしょう?犠牲は少ないほうがいいし、レバーを引いた先にいるのは作業員なんだから。関係者にあきらめてもらうしかないよね。でもさ、レバー引かれて殺されちゃうのはかわいそうだけどねぇ〜。これってある意味人はどういうところに罪悪感を持つかっていうものを試している問題なんじゃないの〜とか言っちゃって。

パパともう一人の息子は考え込む。そして彼らの答えは何も手を出さないというものだった。これには結構驚きながらもある意味ではそれが正解なのかもしれないとも思う。
天から与えられたことはそのまま受け入れる。そういう姿勢だってことじゃないかなと…。私のように無駄にあがき、ある意味では多少の罪悪感を持ちつつ、それでも5人の命を救ったじゃないかという誇りのような優越感を得たいと考えるごく一般的な人間としての感性を見透かされたような答えだった気がする。

でもさ・・・5人は死んじゃうのよね。いいのかな?


ナショジオでは多くの答えが私と同じものの選択であると言っている。海外の話だろうけど。ただしこの問いかけにはもうひとつの手段を加えられまた考えさせられるのだ。

トロッコのレバーの前に見物している見知らぬ人がいると。その人間を突き飛ばせば5人も作業員も両方助かる。レバーを引いても死ぬのは一人。突き飛ばしても死ぬのは一人。さぁどっちを選ぶ?

この答えはほぼ100%レバーを引くというものだそうだ。人間は、直接手を下すことを恐れるらしい。人の体に触れて死にいざなうことよりは機械に触れたことで人が死ぬほうがまだましだと考えるのだそうだ。

。。。複雑だなぁ…結果は同じなのに罪悪感が違うなんって…。自分の意思で人を殺しちゃったのは同じなのにね。そうは思わないですむらしい。


教育白書でのこんな答えがありましたよというもののなかに父親が息子に向かって話した答えがあった。

お父さんはきっと何もせずに見守ってしまうだろうと思う。でも、もし5人の中にお前がいたら迷わずレバーを引くと思うよ。


。。。なるほどねぇ…それは当たり前だと思うよ。私だったら?きっと作業員が息子だったら間違いなく見守ってるね。こういう時にさえ犠牲は少ないほうがいいとは思わないくらい家族は大切に思うものなんだ。

5人の中に息子がいるのではなくて作業員が息子だったらこのお父さんの答えはいったいどういうものなんだろうなと聞いてみたい気もしないでもない。私と同じだったらちょっと安心なんだけどなぁ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.04 Thursday

DISCDOG!!

先日に大会の中のまぁまぁよい写真(^◇^)。。。カメラ欲しい・・・・。

sander_20081130_1.jpgpurin_20081130_1.jpgjet_20081130_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.02 Tuesday

犬友・来襲

仔犬がかわいい盛りになったら友人が来襲。ま・・・たまたまなんだけどね(笑)

かわいい〜と叫びつつも犬仲間なので安心。近づく子犬を次々抱き上げてああだこうだといじくり回すけど、決して無理やり捕まえたりしない。

仔犬たちの最初は彼らにとっては当りが乱暴なので(苦笑)なんだこの人って顔で解放されるとすたすたと離れるけど、友人のほうからは近づくことはないので結局興味には勝てずにまた近づいて捕獲される(笑)

べらべらと話し続けながらなので子犬に集中するわけでもないせいなのか、犬を知らない人が触った時とはかなり温度差がある。最終的には仔犬たちは友人のそばに行って眠ったりもする。なかなかそこまで打ち解けてもらえる人間は少ない。

もっとも15年も10頭以上の犬たちと踏んだり蹴ったりしながら暮らしてきた経験がモノを言ってるんだなぁとはわかるけど、うちの犬たちはこの友人が好きになる。

この子超可愛い〜と写メールを撮っていたくご満悦だった。シェルティーってマジちっちゃいねぇ〜、おとなしいねぇ〜、愛玩犬だねぇ〜というのが口癖。
あったり前ジャン、ボーダーとは違うんだよ〜と毎回交わす言葉だ。

お互いに違う犬種をやっているけど、お互いに相手の育てる犬を尊敬してみているかなって思う。
久しぶりにマリンを見て「歩けてるんだから大丈夫!」という心強い言葉だ。「昨日さ、死んじゃったかと思ったのよ」と言ったら先日亡くなった子の話をしてくれた。3日間もほとんど昏睡だったんだよって…こうやってああやってこうだったよああだったよと、悲しいだろうにマリンと私の今後のために話してくれる。

そうやって今まで15年付き合ってきた。大喧嘩もしたけど、相手を思ってのことだったから容易に解消した。2年かかったけどね。。。その日以来もめたことはない。

お互い足りないものを補い合いながら付き合えるのが本当の友人なのかなぁと思う時がある。与えるばかりじゃ友人じゃないし、与えられるばかりも友人とは言えない。本当に困っているとき、本当に助けが必要なとき、誰も信じてくれなくなってもこの人は信じてくれる・助けてくれる人が友なのだろうと思う。

大人になってからそういう相手に巡り合うことはとても難しいだろう。今はネット時代であったこともない人でさえ親しく言葉を活字で交わしあうだけで友人だと錯覚を起こすこともある。



人間よほどのことがない限り本当の友人なのかどうなのか分かることもないまま生きていくことは多いかなって思う。人生にはいろいろあるから、どん底になっても、友人を持っている人はきっと立ち直れるだろう。そういう時になって初めて誰が本当の友人だったかわかってしまうのだから人生は面白いなって思うけど…。

あ・・・他の人の話になっていたか。。。気にはなってるからなぁ…(意味深?ちょっとね(^−^))
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/3 >>