2008.10.23 Thursday

不要ペット回収車

不要ペット回収車???どこの自治体がそんなの使ってるの?

今朝、今ちょっと前、テレビ朝日で放送していた。

9年一緒に暮らした噛んだりしたこともない犬を、モモって名前を付けて飼っていた犬を「手に負えなくなっちゃって」っていう意味がわからない理由でその車に乗せる飼い主。「子供がえさ箱を取ったって何も言わないで黙ってみているような犬なんだよ」そんな子なのになぜ処分されなくちゃならないの?

「野良猫が子猫を産んじゃったから」???野良の子猫何って捕まるもんじゃない。親猫に餌とかやってたからじゃないの?
「水虫になっちゃってね、治療費が大変なのよ。ぜんぜん治らないから処分してもらおうと思って」はぁ???あなたの家族が病気になったらお金がかかるからって処分するんですか?そういうのって家族なんかじゃないでしょう?

「この先にこの子がどうなるか知っていますか?」の問いに「知らな〜い」っていう答え。

どうして???回収するならあなたがここでこの車に乗せるとほとんどはこうして殺すんですよともっと声を大にして伝えればいいのに。あなたが殺すんですよとはっきり伝えればいい。ごみと違って殺すんだよと…。

まるでゴミでも捨てるかのように決まったポイントに止まる回収車にいらない動物たちを入れていく人たち。

愛護センターの人の言葉が身にしみる。
「動けなくなったら今まで飼っていたんだから最後まで看取ってあげればいいじゃないですか。」
「ねぇ・・・自分が老いたときに捨てられたらどんな気持になる?」
「飼い主さんが最後まで家族の一員として飼ってくれればこんなことをしなくてもいいんだよ」

必死に飼っていたひとに思い直してもらおうと意見しても、持ち込む人たちはへらへらと笑い声さえ立てている。

やっぱりね、犬は売る側の問題よりも、買う側を規制するべきなんだ。
処分される場所にいる犬の多くが首輪をしているという現実。今の愛護法じゃ処分される犬が減るはずがない。多少救い出される犬がいたとしてもそこだけクローズアップされてみんな助かってるように錯覚させるだけで、実際の現実をもっと見せるべきだ。

年間39万頭だよ。処分されるペットたちの数。1日約1000頭だってさ。この数の意味わかってる人ってどのくらいいるんだろう?

私がサイトを開いていろんなことを書いているのは犬たちを幸せに最後まで面倒を見てもらいたいから。闘病日記を公開するのは病気になった犬との暮らしはこんなに大変だよと知ってほしいから。でも…その子の名前が呼べる幸せは生きていてこそなんだよ。あの子たちは本当に純真無垢に一緒に暮らす人を愛して信じている。その期待にこたえられないのなら犬や猫とかと暮す必要はないはずでしょう。

私はこれからの子犬にマイクロチップを入れて渡すことにした。登録者を私にしておけばなにかあっても必ず戻ってこれる。処分されるために生まれてきたんじゃないのだからできることをするしかない。飼い主を確定させるために今はこれしかないのだろうと思う。
そして、勝手に繁殖に使われないように相手をよく選ばなきゃならない。私の犬への思いを判る人だけにいつくしんで育てた子犬を託したい。

でも実際はそこまでしたって飼い主に持ち込まれちゃったらどうにもできないのも現実。逃げたり迷子になったりしたのならマイクロチップが入ってるか探してくれるだろうけど、飼い主が持ち込んだ場合はだめなんだ。

自分が飼う犬へどんなことでも自分に責任があるという現実をちゃんとわきまえられる飼い主を選ぶ、それが私が子犬たちにしてあげられるただ一つのことなのだと思う。でもこういうのを見ると途端に不安になる。大丈夫なんだろうか?最後まで大切にしてくれるんだろうか???

不要ペット回収車なんってシステム、いったいどこでやっているのか?昔不要ペット回収ボックスなるものができ、えらい反対が起きたことがあるというのに、日本は分からない国だ。無料で回収なんかするからもういらないやとゴミのように命ある生き物を捨てることができるんだと思う。

よくもまぁ平気でメディアの放送に出てこられたものだ。心底心から何も悪いことはしていないって思ってるんだろう。仕方がないでしょで済むことだと思ってるんだ。あぁ気分が悪い…。

ちなみに今朝はチワワが八王子で次々に捨てられているというニュースもやっていた。ブリーダーが捨てたんだろうと言っていたけど。
こういう輩が存在するからブリーダーって言葉でひとくくりにされるのがいやなのよね。
こういう人と一緒に見られていると思いうとぞっとする!

朝っぱらからなんで泣かなきゃならんのよ。悔しくて悲しくて、処分室に入ったモモちゃんの目が「どうして?」と言っているようで辛すぎる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.22 Wednesday

生まれた!

朝からなんとなくよすがおかしかったパフィー。ちょっと早いかなって思うけど、最初の交配日から数えて60日だし、一応レントゲン撮ってこようとシンバ先生のもとへ。

車が少し苦手のパフィーなので多少息が荒いのは仕方がないかなぁと思いつつ病院へ着いた。ほどなくレントゲンを撮ってもらい診察。4頭の立派な逆子の赤ちゃんを確認。まだ今のうちなら問題なく出られるけどあと1週間も出てこないようなら切腹間違いなしだねとあと数日かしらと言いながら家に戻った。

でも車に乗った刺激もあるから万が一にも今夜かもと冗談言いつつ…。

で・・・今夜でした(苦笑)

夕飯を食べて裕貴はパフィーと一緒の部屋に待機。11時になって次々と子犬が産まれてきた。パフィーは今回が初めてのお産なのにすごくいいお母さんだ。まるでベテランみたいに上手に処理してくれたのでこちらはすごく楽だった。逆子だったけど、するっと出てきてくれて最後の子だけ正常位だったのに胎盤がうまくとれないというおまけがついた。

生まれてきた子はみんなトライ(苦笑)

第一子トライ女の子ちょっとじみ目。第二子トライ男の子かなり派手目第三子トライ男の子まぁ派手?第四子トライ女の子地味。

パフィーがきれいなブルーなので1頭くらいブルーが生まれるかなと期待していたが今回は残念でした。
ブルーマールをお待ちの皆さんごめんなさい。確率通りにはいきません。

でもみんな無事に生まれてきたのでちょっと安心。そう思いつつ前回のファン他の子のことがあるので2・3日は目を離せそうもない。

しかしまぁ…セミナーのときじゃ無くて助かった。こんなに早くなるとは思いもよらず。後ほどかわいこちゃん達の写真をアップしましょう。
お疲れさま、パフィー!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.20 Monday

第4回ドッグセミナー参加

今年4回目の開催の運びとなったドッグセミナー。私自身は事務局としてかかわりあってもう4回目になる。こういう企画を立てたからと聞かされて手伝う事になったのはクラブの事務局をしているからで、本当はただの一般参加者として参加したいのが本音。参加費払ってるのに仕事がある・・・毎回(笑)
縁の下の何とやらは得意分野だからセミナー前後の見えない仕事は負担とは思わないけど、やっぱりあの広い芝の上で犬と一緒に遊べるか遊べないかは大きな差があることだ。今回は目いっぱい遊べたので満足してる(笑)

前日までバタバタしていて睡眠時間1・5時間でりゅうちゃんとジェット・雷・サンダーを乗せて早朝5時に出立。運転怖いけど、高速だしすいてるし何とか到着。遅刻しなくてよかったぁって言うのが最初の感想。だって受付すべてが私が到着していないと何もできないのだから責任重大なのだ。

回を重ねているので順調に7時半から受け付けもはじまり、8時半には開会式が始まりヒルズのセミナーが始まる。終了して写真撮影。次は犬を連れて実技練習だ。

第2回目のときに、毎回自分たちも参加費を支払っているのだから仕事がない時には一緒に遊ばせてもらいたいなとお邪魔させていただいて、面白いなと興味を持ったアジリティー。その年の冬にすかりはまって練習場所を確保してサンダーに障害を教えて楽しむようになったドッグスポーツの一つである。

うちはいろいろ事情が起きるのでたやすくやりたい事が出来る家じゃない。具合の悪い子がいれば練習なんかできないし子犬が生まれれば家を空けられない。そんな事情の中でアジは最近すっかりお休みになっていた。

丸々1年以上、アジらしいアジをやらないままだけど、せっかくあの進藤先生にアドバイスをもらえるんだものまたやりたいね、やらなきゃ損だよと、参加者の人たちといろんな話ができて親しくなれることも楽しみだし、やるのが一番でしょうと、今回のセミナーは一緒に楽しんできた。もちろん、全部は受けられなかったけど途中参加で。(*^_^*)

初めてのドッグウォークで亀になってへばりついていたサンダーはもういなかったけど、完璧に覚えたはずの障害のコミットはすっかりぶち飛んでいて初めてやる犬みたいになってた(笑)

できる犬ができないねと笑われつつ、前にもましてついてきたスピードとこちらの体の向きへの判断の良さでコースを回るのならなんとかなっても気になるのは障害を覚えていない感覚。

ためしに離れた位置から障害を指して進むように言っても「え?何?どれどれ?どこに行けばいいの?」。。。あ・・・だめじゃん(/_;)

進藤先生にも物を全く見ていないねと苦笑いされ(笑)左様でございます状態。パートナーの体力も底をつき始め、ますますパワーアップのサンダーは爆走する。あ〜・・・アジではない。これってアジじゃないジャン。

サンダーと休んでいるときに、「あのさ、アジもね、ママとやっているんだよ。君だけが暴走してどうするんの?早く行ければいいのじゃないのよ。ゆっくりでもできて早くも出来て・・・違う?違わないでしょ?ちゃんと聞いてよね。」と話して聞かせる。

横にいる参加者の人が笑って聞いてる(笑)

話されているサンダーといえば、小首をかしげて「???」。。。う〜ん・・・「ちょっとおバカになってるよね、あなたさ…。(−−〆)」

制限もかなり甘くなっていて、最初のうちは動かないで待てないじゃん。クルクルクルクルくるくるくるくる回るんじゃないのよ!バカたれ!

あぁ・・・甘くするって怖い(/_;)未完成とか教えていないとかの次元じゃないもん、こんなのさ。

で…ハードルの高さをなおしに行くときとか、かなりの距離を離れるときにも、ノーリードで立たせたまま待たせておくようにする。そばではほかの子たちが練習中。
動いたらぶっ飛ばしの刑だぞって気迫で「ちゃんと待っていなさい動いちゃダメだよ!」と言ってコースの端までいってなおしつつチラミしてもとりあえず待っていたサンダー。完璧に飛んじゃったわけじゃなさそうだけどまじめに修正しなくちゃコントロールできた安心できる犬にならないなぁとやれやれっていう感覚が残った。

アジができるっていうのも大事なことだけど、しつけの部分がおざなりの犬は自分の犬だったら困るからというのが私の感覚。しつけられていませんっていう表現されたんじゃ直すしかないでしょ。君のことだよ、サンダー!(笑)

コースを回ることも大切だけど、一つ一つの障害を後ろからコマンドコントロールできるか確認し、全部できなくて少し失望しつつ、今日の課題が見えたので各自で練習していいよと言われた時間にたくさん練習してみた。

タッチ障害は2年前に初めてやった時にランニングコンタクトのほうが犬の体にとっても問題が起きにくいし、次への障害に向けての行動も早くできるし、走り抜けを覚えさせられるならこっちのほうがいいと選択した方法だったけど、今回は止めると決めた。

爆走してギャロップで走りこんでくる犬をタッチゾーンで止めるのはそう簡単じゃない。おやつとかおもちゃとかを使わないで教えるんだから、静止のコマンドの利用しかないわけで、かけるタイミングを見つけないとすごく手前て減速しちゃうし、かといって間に合わなければ飛ぶしね。とことこと、ゆっくり歩いてきてくれる犬ならコントロールもできるけど、どこら辺でスローにさせるかはこちら次第。

そのうち僕はここで何をどうしたらいいの?ってわからなくなっちゃうし。
爆走しちゃいけないの?って違うんだよここまではいいんだけどさって…伝わらない(/_;)
それでも少しづつだけど、ドッグウォークはなんとかなんとかっていうところまで持ち込んだけど、うのちゃんみたいに華麗にはできていない(苦笑)あんな風にできるのがまず目標。良いお手本がいるので精進しますですハイ(笑)

Aランプはさすがに体力的に持たなかったのか何度も繰り返した後、最後はてっぺんで減速してたので中止にした。悪いイメージつけたくないし、さすがのサンダーも疲れたんだろう。

何せバスケットをやっていたころのリターンダッシュよろしく、タッチ障害の練習の度に何回ダッシュして走りぬけしたことやら。夕方には死んじゃうかもしれないっていうくらいへろへろになった。この年になって動いた当日筋肉痛になるってなかなかないのよ(笑)

ふつうは次の日じゃなくて1週間後位になんかからだが痛いなぁって言う程度にしか動かない年ですから。。。

ウィーブはぶっ飛んじゃうのでエントリーをスルー。そうじゃないからここから行ってごらんとやらせるとまっすぐ暴走。。。
あの・・・ウィーブって聞こえていないの?ですねぇ…。聞こえていません(笑)そばまで行ってウィーブはどれって聞くとこれですっていうのに、離れると走る〜…って違うでしょ君。
横にいれば通れるのじゃ出来てるって言わないんだよ。あぁ前途多難。

色んな意味で一緒に動いて多くの収穫があった。涙が出るほどお笑いし、サンダーとぐちゃぐちゃに遊んだのは久しぶりだ。小首をかしげるサンダーがかわいくて、少しづつこちらの意図を聞くんだったねと思い出そうとしている愛犬はかわいくてたまらない。

きっと参加者の人たちも同じなんだろうなって思う。

参加者の中には「MAGICさんですか?」と聞いてこられる人もいて、サイトを参考にしていますと言われてちょっとうれしかった。

このドッグセミナー以外にはたぶんサイトを見ている人の多くに私の恐ろしい失態の数々を見る機会がある人はいないだろう。親しい人の前以外では犬と一緒に何かをやる姿など見せることもないし、まず失敗させて(して?)立て直そうとする部分など見せることは通常はない。

同じように悩み同じように何とか犬に伝えたいと孤軍奮闘している部分は伝わったか、ひどいなぁと思われたかはわからないが、本人自身は爆笑しながらひどすぎるよねぇ〜とおお笑いしつつたくさん楽しんだ。

なんたって参加者の人たちのほうがず〜っと上手だったんだ!(^−^)

二日目は体力が尽き果てて、Discまで練習はできなかった。人がいなくなったらスローイングだけやっておこうとか、ボルトのバリエーションつけておこうとか計画したものは皆出来ず仕舞いだったけど、アジを午前中少しやって、後は撮影の仕事に専念。

アジリティーは初めてですという人たちが、二日間の講習で競技会ビギナーなら出れるねというレベルまでできるようになってしまった人が続出だった。

私が参加したグループは多少なりともやったことのある人、このセミナーのリピーターたち、世界大会の選考会にも出場しているチームなどが混在し、コース自体はAG1のちょっとむずかしめの奴だったが、ヒルズ杯はタイム争いになるまでにみんな急成長。すごい成果だなぁって思う。ほとんどが完走だったし!

訓練も見事に飼い主が頑張ってとても素晴らしい結果を出した子ばかりだったし、飼い主さんたちが粘り強く頑張っていた。
ハンドリングもまるでショーと同じようにじょうずに犬を表現して素晴らしい出来だった。どのクラスにも入ってみたいなって思うセミナーになった。

自分自身の収穫に、参加してくれた中に素晴らしい犬がいてかなり興奮した(笑)こういう子も参加してくれるんだってすごく感動した。自分なりの評価が先生の評価と変わらないことにちょっとうれしく思ってみたり、繁殖をしている自分にとって収穫は大きかった。また会いたいなぁ、あの子。。。

昨年は仕事のみに専念した分、参加者の人たちとの交流もすくなかったが、今年は参加した分懇親会でも多くの人といろんな話をして楽しめたし、たぶん私にとっては今までで一番有意義なセミナーになった。

人の顔は覚えられないけど犬の顔は覚えてる。そんなことで最後の最後まで今日初めて会ったと思った人がずっと前に知っていた人だった何っていう失礼もあったけど、そこはお許しいただくとして(笑)これがMAGICですのでごめんなさい。<(_ _)>

最後に成果発表の表彰式を録画・撮影してあるので、これから東京西シェルティークラブのサイトにセミナーの開催報告のために資料の作成等やまほど残った仕事がある。今回もマリさんが写真を撮ってくれているのでこちらも楽しみだ。

発表会の爆笑コメントやら、参加者の明るい笑顔がたくさん載せられたらいいなぁと思っている。参加しない人がセミナーの開催報告を見て楽しいセミナーなんだなって知ってもらえるように作れたらうれしい。

実際のところ毎回仕事は本当に大変だから、もう事務局降りたいって思ったことが多かったけど、参加者としてみたらすごくいセミナーなんだよなって実感して、リピーターが増えてる現実をかみしめている。

また来年会いましょうって参加者同士、合言葉のようになったドッグセミナー。楽しい二日間でした。(^−^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.13 Monday

時間がかかっていたわけ。

受け付け名簿作らないとね。エクセルを起動しておおよそできたけど印刷をかけるとこれじゃ見た目が違うのよ。

パパがいたのでここをこうしたいけどと教えてもらいつつ、やってもらったんじゃ覚えられないでしょ…。へぇ〜こうなるんだ、はぁ〜いろいろできるんだね!結構びっくり(笑)

何せパソコン使いだしてから約10年。ビルダーさまと筆ぐるめ君は使い慣れてはいてもエクセルとかワードとかはからきし興味なしで何とかやってこれちゃったからね。これからはもっと使わなくちゃ。

そういえば先日メールの移動をするのに友人にこれって時間かかるんだよと嘆いたら、「あんた何やってるの?」って聞かれてこうやってさと実演すると・・・

コントロールキーとAを押せばすべて選択するんだよと言われ、すげぇ〜と感動(笑)コンピューター大好き人間の彼女いわく、あんなホームページ作ってるのに、こんなの知らない何って信じられないとさ。

しょうがないじゃん、今のPC便利にできてるからね。何も知らなくたっておおよそ使えるのよ。ただし時間がかかるんだけどね(笑)毎度勉強になります。いい技教えてもらったって喜んでたらここに出てくるでしょ、ほら横にねと、日本語の横にはキーの押し方が出ていたわ。
知らないって怖い(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.12 Sunday

休日8時間労働。

パソコンのパーティーションとかいうのを友人に直してもらうのでリカバリかけたのと同じ状態のPC君。とりあえずインターネットがつながってメールが主力のものだけつながるようにまでしてもらって終了。

で・・・あとから気がついた。見ていたページのアドレスがどこに入れてあるやらわからない。参ったなぁって・・・少しづつ立て直していたんだけどはっと気づいたドッグセミナーの資料作成他もろもろ。

筆ぐるめ君を立ち上げて住所録を元に戻したまでは良かったけど、何が悪いんだかすぐに途中で終了しちゃう。意味ないじゃん。インストールのやり方がまずいの?なんだかわけわからん。
使えない筆ぐるめをあきらめて、先日作ったエクセルの名簿を出そうにも、データ移行した場所とは違うところに保存したらしくて見つかりませんから・・・。

データが多すぎて、捜索するもすでにお手上げ状態。なんてこった(−−〆)

あとからもらったものを打ち込まなきゃいけないのに、資料も送らなきゃいけないのに、1からやり直し…。筆ぐるめがうまく動かないので住所を印刷するシールも私には打ち出せない(/_;)

こんなことならエクセル勉強しておけばよかった。通常すべてソフトに頼った生活だから、こんなもんなんだなぁ…。
結局仕事はすべてアナログに変更。

実動8時間。郵便局の本局まで出向いてようやく発送が終わったのは夜だった。
本当は練習場所も確保してあって風のない、いいお天気だったからいっぱい遊ばせてあげられたのになぁ…。また次の機会だね。ヨーグルト一口で嬉しそうにしてる君たちで本当によかったよ(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.10 Friday

体重

あれからひと月上たっちゃって、すっかり計るのも忘れていた体重。ドッグセミナーの会合の時にケンチェリーさんと会ってすごく痩せてたのでビックリ!
いいなぁ…私も一応頑張ってたんだけど途中なのよねと苦笑い。
「3キロまでは早かったんだけどそのあといまいちかもって言ってたら「食べるの全部半分にしたらいけるわよ!」との頼もしいお言葉。

今のところ炭水化物を減らしてるんだけどって言ったらやってみなさい!って言われた。でもなぁ…食べるの減らすって大変(苦笑)私の場合できるとは思えない(笑)


で…家に帰ってきてからなんの気なしに計ってみた。どうせ落ちていないよねってね。

が…あれから2キロ落ちてるじゃん!うひゃぁ〜!そういえば何んとな〜く軽い気もしないでもない。あ…やばい。夕べもういいやってごはん食べちゃったっけ。明日っからまた戻そうっと。

そうか…私の場合気がつかないように少しづつ落ちてたのね(^◇^)
まぁ目標体重にはほど遠いけど、一応5キロ減ったんだからなかなかだわ。

あと…15キロ落ちれば(爆笑)昔のスレンダーな体系に戻るんだけどね。。。
一月半で5きろか。頑張ろう!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.09 Thursday

老老介護に思うこと。

うちの前で車いすに乗った老夫婦がけがをした。

たまたま近所の家の車の警報装置が鳴り響き、たまたまその音がクラクションを続けて鳴らしているかのような音だったので、近所の人たちがみんなぞろぞろと出てきて「いったい何事???」と音の出所を探そうとした。

でも、目に入ってきたのは頭から血を流したお年寄りと、乗っている車いすを一生懸命抑えているおばあさんだった。

交通事故かと思ってびっくりして「救急車呼ばなきゃ!」といったらすぐ近くの若奥さんがもう電話しましたって言ってくれた。

みんな心配そうに見守る中、なかなか救急車は来ない。「車にぶつかったのか?」「血は止まったのか?」みんな心配していろいろ聞いたらどうやら道路の形状上橋のほうが下がっているのでバランスを崩して車いすを倒してしまっての事故だったらしい。

大したことはなそうだけどやっぱり頭を打っているし早く救急車って思っても音は聞こえど来る気配はない。
たまたま通りかかった友人がどうしたのと聞くので簡単に事情を説明したら、たぶん入ってこれないのかもしれないからうちの方の道から来るはずだからこっちだって言ってくるよと走ってくれた。

数分後救急車到着。とりあえず一安心だ。おばあさんは車いすを家におき一緒に乗って行ったけど、ニュースとかで老老介護に時代で大変だという話題をみじかに感じてしまった。

確かに散歩とかに出かけると車いすでお散歩されているご老人とよく出会う。
気にしていなかったときは押している人の年齢まで気にしなかったし、老夫婦が日向ぼっこなどしていると、私たちもあんな風にいつまでも仲良くしていたいなってのんきに眺めていた。

でも…若い者と同居していないのだとしたら不安は大きい。うちはパパの両親とずっと同居していて両人の最期をみとってきているので、いつか二人きりになってしまうって考えたこともなかった。

子供の数もめっきり減って、核家族化が進んで、両親と一緒に住むことが減ってきてそしていつの間にか老老介護になってしまうんだろうか?

人の寿命も飛躍的に延びて子供といえども70歳で95歳の親の面倒を見なくちゃならないとか聞くとその下はどうつながっているんだって不安になる。

年金特別便も届いて内容がすっかり違っているし、まったくどうなっているんだか…。解散、するのしないの?
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.08 Wednesday

お知らせ

五反田・浦安でこんな情報が出ています。お心当たりの人はよく読んで対応してください。

情報はこちらから
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/2