2007.09.14 Friday

天罰の話

池の鯉を眺めていたら傍にすすっとパフィーが来た。

急にパフィーが池に落ちたときのことを思い出し、そういえば君はずいぶんあの頃に比べると良い子になったものだねぇ〜と頭をなぜる。
書き損ねたであろう昔の日記をテキストで残したものの整理の途中にその時のことがあったので貼っておこう。



犬は自力で学習する部分もあるが他からの力が必要なものの方が多くそれは人と暮らすルールを教える場合にはとてつもなく多くなる。

自力で学習するといえば少し前パフィーは玄関から飛び出てテンションが最高潮に達したまま庭を駆け抜けた末に勢い余って池に頭からダイビングした。

私たちからしたらあっという間のことでどうしてやることも出来ない不可抗力によるものだった。

パフィーにとって危険な池だからと埋めるわけにも行かない。
パフィーを伴ってココは危ないんだよと話して聞かせて教えた所で幼い頭に理解することは不可能だ。だからと言って無理やり池に落として学習させるほど私たちは無慈悲ではない(笑)

『危ない!!』という悲鳴に近い人の声を聞くか聞かないかのうちに彼女はあまたから池に落ちたわけだが、彼女についた学習は『危ない』という言葉の時には止まらないととんでもない事が起きるという認識がついた。まさに天罰(苦笑)

『待て』とか『いけない』とか言う禁止のコマンドに加えてパフィーには『危ない!』というコマンドは自身の行動を止めると学習がついて非常に便利になった。(苦笑)

面白いもので小さい声で「あぶないよ〜・・・」というと走り回っていても必ずスピードをおさえる。そして周りに注意深くなる。神様からの天罰はパフィーに生きるための大きな学習をもたらした。

勿論パフィーが池に落ちた後、私たちは大騒ぎしてパフィーをバスタオルにくるめて『かわいそうに』『大丈夫だった?』といたわりの言葉を掛けて目をぱちくりしているパフィーに「すごかったねぇ〜、ビックリしたねぇ〜」と笑ってほお擦りし、充分恐怖感を取ってやったことは言うまでもない。

一体何があったんだっけといぶかしがって池の方に確認しに行くパフィーに「危ないよ〜」と脅かしをかけたことは言うまでもない。
こちらを振り向きながら尻尾を上げてなんだよふん!といいたげなパフィーの態度は笑いを誘い、たいした事はなかったという感覚もあっただろう。

池は動かない。突っ走ってブレーキがかからないほどテンションをあげた事がまずかっただけだ。
今日は同じパターンを踏みそうになったパフィーは窓から見ていた私が「危ない!」といったら急ブレーキをかけて前足を突っ込んだだけで止まる事ができ、得意そうに「大丈夫だったわよ!」と私のほうに戻ってきた。
その内声がかからなくても池の前ではスピードを下げていくことだろう。

犬に学習させると言う事の一例である。
天罰方式とかもあるけれど、如何に意図的であるものを犬には意図的でなくイメージに結び付けるかは飼い主の腕の見せ所であろう。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.13 Thursday

リーダーに必要なこと。

犬と暮らす時にリーダーになることが重要だって言われている。
私もそれには深く同感。でも・・・実際にリーダーになるってどう言う事なんだろうって思った人も多いはず。

私もそのうちの一人で、リーダーにならなければと思っているうちは上手く行かなかった過去がある。
リーダーになるって言うのは実は自分がなろうとしてなるというよりも、従う側がこの人は自分にとってリーダーであると、ついてきてくれるからなるんじゃないかなと思うのだ。

そう考えるようになってからの方が犬との関係はうまく行くようになった。

偉そうに威張ったって駄目だし、厳しく諌めて圧力を掛けても駄目だし、本とかを読んで勉強してもお偉い先生のセミナーに行って貴重な話を聞いたところで、「リーダー」になるってどう言う事なのかわからないまま時間が過ぎた。

先日セミナーでPRIVATEな時間の時にそんなリーダーと言う事について話をしているうちに、自分と同じようにまだリーダーになれていない事は解っていても、ならなければならないリーダーがなんたるかが解らないもどかしさがヒシヒシと伝わってきた。

私の説明は回りくどく、良く聞いてもらえないと勘違いされやすいのかもしれないが、まずどんなものがリーダーなのかという概念を聞き出してみる。

統率力がある。正しい判断が出来る。平等である。意志が強い。力がある。仕事が出来る。
などなど・・リーダーに求められるべき概念は本当に多い。

では自分が従えるとしたらどんな相手であるかと考えると、最終的な一番重要と思う答えは、最初のリーダーの概念にピタリと合う物がない事に気がつく。

つまりどんなに素晴らしいリーダーの資質を持った相手であっても、自分が従うとしたらまず一番重要なことは自分を理解してくれているかと言う事になってしまうからだ。
自分を理解してくれないリーダーには最初の内こそ形的には従えても信頼感は生まれないし、ある一定の時間が過ぎたり、経験を重ねて行くうちに拒否反応さえ起きてしまう。それは行動を共にすればするほど、過ぎる時間が起こす経験から学ぶもので、理解されていない喪失感は従う意思すらなくさせるし、やり遂げようとすることに興味すら失うし、酷い場合には反発まで起こさせるのだ。

逆にリーダーが自分を理解してくれている実感があれば、多少の無理もいとわないで実力以上に頑張れるし、結果をリーダーが喜ぶことに自分自身も満足感が起きる。

知能の高い人間が結構単純に自己中心的な部分も踏まえてそんな感情があるとするなら、犬も同じじゃないかと思って付き合ってきている。

結果は我が家の場合はほとんどそれで何とかなっている。
相手を理解することが最初は必要で勉強も(カーミングシグナルなどは特にね)たくさんしたけれど、最終的には理解することが多くなればなるほどもっと知りたくて観察に余念がなくなる。
知識よりも経験が優先されるようになるのは解明されていない部分が多すぎるからだろう。
解明されているものだけで判断したらまず理解できないから・・・

犬の表現を見てあげられないと犬は理解できるようにはならない。
最初は想像からで良い。こんな感じに思ってるのかな?今こんな気持ちじゃないだろうか?自分だったらどう思う?・・・

嬉しいとか悲しいとか恐いとか寂しいとか大きく分けられた感情表現はいくらでも本などからの知識で間に合うが、もっと複雑な表現を見逃さないようになるのには興味を持って犬を見ていなかったらつかめない。

誰でも、どんな(年齢・性別などなど関係なく)人でも犬という種族の違う生き物と暮らすようになったらやっぱりリーダーにならなくちゃ上手く暮らせない。

彼らのリーダーになる為に必要なことはまず彼らを理解しようとする心を持つことからだ。それが全ての始まりで、全ての答えなのだと思う。

。。。これって人間のリーダーもたぶん同じだと思うんだけどね(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.12 Wednesday

オフ会したい!

とりあえずセミナーが終ったので毎日怒涛の様なお電話が・・・(笑)

で・・・色々考えた結果、やっぱりオフ会兼ねて味連とDISC練をしようと思い立ち・・・

一日貸切れて、アジの道具があって、DISCも出来る平坦で足元の良いフィールドで、なおかつバーベキューとか出来ちゃう場所が良いよねぇ〜?
場所的にはやっぱりあそこしかないだろう?って言う場所は見つかってるんだけど、問題は日程。

9月の次の週、15・16・17のうちセミナーの後始末で1日は潰れそう。ほかの日は出来たら秋ヶ瀬でDISCやりに行きたいなって考えている。天気がよければなんだけどね。

平日は何かと予定がつまりはじめてる。

22・23じゃ予約は無理だろうけど、10月の頭あたりはどうよ!?大会で使われちゃってるかなぁ?

10月14日はNPAの大会で千葉ポートパークは決定事項。
その次の週は横須賀の2Dayのアジ。

その次の週からはたぶんお産が入るので予定をいれずに11月4日はコリークラブで恒例のDISCショーだと思う。(今回は雨でもやらないと悪いからなんか対策考えて・・・)ただのオフ会ならこのショーの後に秋ヶ瀬で集合でも良いんだけどね。

秋ってさ・・・毎週のようにどこかで何かがあるから出たいとおもうと予定組むのって難しい。

とりあえずいつが開いてるか聞いてみよう。平日でも良いか!?
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.11 Tuesday

セミナーでのファミリーたち。

今回のセミナーにはセナ君と泰麒くん&更夜君、マール君がそれぞれの同居のおにいちゃんおねえちゃんと参加してくれた。

受付でスタッフとして仕事をしながらちらちらと芝生を眺めていると、うちの子たちだってすぐにわかっちゃうのよねぇ〜!

あ〜!今セナがタッチ障害やってた〜。ハヤ〜!!!とか、お・・・あのブルーはコウヤだ!とか、マールがすごく進化してるよ〜とか、泰麒がウォーク乗ってる〜とか・・・はい・・・私語多いです(笑)それも自分のうちで生まれた子ばかり目に止まる(笑)

隣にいるリュウちゃんに「やっぱり無理しても連れてくればよかったよねぇ〜」って何回ぼやいたことでしょうか。

もうアジ練始めるかなぁ〜。。。DISCやりに秋ヶ瀬でも行くかなぁ・・・

早く秋風が吹いて涼しくなって欲しいと切に願っています。

で・・・今年中にファミリーオフやりたいですか?(笑)やりたい人が多ければ計画立てますが・・・(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.11 Tuesday

GAJIRA&プリン NPA D2優勝!

本家がへらへらサボっている間になんとダッシュの娘でレインの孫にあたる「爆裂娘プリン」がダッシュに続き親子二代でD2の優勝を果たした!!

シェルティーでは優勝の文字を持っているいのはダッシュ以外に2頭目。だってボーダーたちもたくさん参戦してる結構ハードなクラスなのですから(笑)そうそうシェルティーが参戦しても勝てることは少ないんだよね。

朗報を聞いて「やったぁ〜すげぇ〜!!」と大喜びしている我家だけど、思い起こすのはプリンの生まれたときの事。

GAJIRAさんのたっての願いで生まれてきた子犬たちの中でプリンは足が曲がっていてずいぶんと心配した。どうやら子犬がたくさんおなかの中にいたせいで生まれる時にかなり無理な姿勢で出てきてしまったからのようだった。
GAJIRAさんのドッグスポーツを一緒に楽しむ子になれるのか最初のころは不安があったくらい。渡す頃にはすっかり普通になっていたけど、ずいぶんと注意するようにお願いした記憶がある。もし、DISCが出来ないだけじゃなく、歩けないようだったとしても本当に大事にするのかずいぶんと念押しをした。

目的がある以上、それに添えない仔になる可能性があったら渡す方はずっと不安がある。もし駄目になったら相手にされなかったらどうしようとか、それならうちにおいたほうが良いはずだと思ってみたり・・・

そんなことをGAJIRAさんは見透かしていたみたいだったけど(笑)
今じゃどっちの足だったっけ?と思うくらいどこもなんともない。無理をしないでちいさい頃に十分体力を付けながら育ててくれたからだろうと思う。

だからこそ、GAJIRAさんのたゆまぬ努力と、多大なる愛情との証が今回の結果を導いたんだろうと思っている。
GAJIRAさんチームはプリンの母親マロとドッグスポーツを始めた時から、私から見る限り、「勝ち負け」にこだわっておらず、ただひたすら犬と何かを一緒にすることを楽しんでいるだけだったんじゃないかなと思う。

そしてプリンに良いようにされ!?(爆笑)

でも、問題があるなと思うところを指摘して、色々とアドバイスをすると真面目に受け止めて頑張っている様子が垣間見れる。そりゃぁ言ったとおりにすぐに結果はでないけど、頑張っていればいつかは思った形に変化がおきるわけで・・・(笑)

元気一杯の今が盛りのお嬢さんのコントロールはGAJIRAさんもてこずることが多いと思う。でもDISCを通じて犬の事を理解できるようになったのは、決して目の前の結果や表現で諦めず、彼らからの信号を正しく捕らえ、そのことから犬自身を理解することが深くなって結果に繋がっていく。

嬉しい結果が出た時に驕らず今までどおりの姿勢を変えないで楽しんでくれることを期待している。

末はD1優勝して日本初の海外遠征組みになれるかもしれない!?それだけ性能の高い爆裂娘だ。

ダッシュが引退してはや3年。願ったとおりの結果に万歳しているMAGIC家である。

GAJIRAさん、プリン、良く頑張りましたね(^O^)/
優勝オメデトウ〜!オメデトウ〜!

・・・・・今だから書くけど、うちに残せばよかったなぁ(苦笑)・・・・
頑張れプリン&GAJIRAさん、今度は一緒に参戦するわよ〜!(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.11 Tuesday

セミナー終了しました。

今年で三回目のドッグセミナーが無事に9/8&9/9で終了しました。

回を重ねるごとにリピーターの方が増え、「また今年も宜しくお願いします!」の輝く笑顔でのご挨拶をいただけることは準備をしてきた私たちスタッフに取って大変嬉しいものです。

前日に通り過ぎて言った大型台風の影響もなく、2日間お天気に恵まれて素晴らしいセミナーになったかと思います。

今年は自分たちは実技に参加できずに大変恨めしく思いましたので、来年はスタッフじゃなくて参加者になりたいと切に願っています(笑)

セミナーでの様子は東京西クラブのサイトに写真の整理が出来たら公開する予定です。ただいま、カメラマンをして下さったともちゃんとりゅうさんが頑張って働いてくれています。

また、DOGFAN&ドッグスポーツジャーナルの取材も入っていますのでドッグセミナー掲載号をぜひお楽しみに!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.02 Sunday

誕生日の怪!?

今日は愛しのパパの誕生日だ。
誕生日が来るとお互い年取ったネェ〜って労わりの気持ちが芽生えてしまうようなお年頃だ(苦笑)

さて日曜日だってこともある上に昨夜も朝方4時まで印刷で起きていた私は当然の朝寝坊。

お日様もにっこり顔を出して早、数時間。「おはよ〜・・・」とそれでも眠いまま下の部屋にいき、やおら庭に犬たちを出しながら、洗濯物を干すついでに今年素晴らしく良く実ったブドウを眺める。。。

眺める・・・ながめ・・・ぎゃぁ〜!!!

伸び放題のブドウの枝は庭に作った池のうえで綺麗にブドウの房を下げているが、目の前に見慣れないシルバーに光り輝くうろこのようなもの・・・

一瞬にして頭に閃光が走って「ぎゃぁ〜!!」である。

そうです・・・ブドウの枝に青大将様が・・・

ココに嫁に来てたった一度だけ2メーターはありそうな大きな青大将に遭遇して以来、蛇の巣窟だったという公園は綺麗に作り変えられたので見ることもなくなったし、近所の古い家が取り壊されても、ねずみは見かけても蛇は・・・みない。ゼ〜ッタイ見ない。ゼ〜ッタイいちゃいけない!!

今年はなんか変な年で、庭に山ほどのセミが生まれるし、実ったブドウは買ったときには巨峰ってタックが付いていたのになってみたらデラウエアだったし、都会じゃまず見たこともないトンボが飛んできたり、たいした花も咲いていないのに優雅な蝶が毎日飛んできている。
あげはくらいなら毎度のことだけど、黒あげはにモンキチョウにアオスジアゲハもやってくる。

トンボだっていままでは赤トンボくらいしか見かけなかったのが先日はオニヤンマが来た。黒くて大きなトンボもいたし、ギンヤンマも見た。

あの・・・うち・・・杉並区で住宅街のど真ん中で、近くには幹線道路の環状八号線や甲州街道が走っている都会なんですが・・・。うちの庭だけ別世界!?

シルバーメタリックに輝く蛇を一瞬で青大将と認識したのは蛇って苦手だから・・・恐いので毒のあるものと毒のないものの見分け方とか研究しちゃってるし、写真を見るのは大丈夫なのでしっかりすっかり覚えてる。

シマヘビなら体に黒い筋があるから目の前のお方とは違いがはっきりしている。でも青大将ってもうちょっと緑ぽかった気が・・・
そうかまだ子供かぁ〜。。。

って・・・ぎゃぁ〜!!と叫んだ瞬間にあれもこれも頭の中に駆け巡った(苦笑)

青大将その1
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.01 Saturday

Category: お知らせ

なんとか・・・

ドッグセミナーのスケジュールと敷地図をようやく送れそうです。

個人的に連絡しなくちゃならない人が数人いるのですが、ふと時計を見れば毎度真夜中状態でお礼の電話も出来ていません。

もうしばらくお待ちを・・・(^^ゞ

ツゥ〜か、ここに書いちゃおう!
インディー家、nanaちゃん!!おいしいもの色々とありがとうございます〜!元気がでましたぁ〜!(^O^)/

近いうちに連絡します。

掲示板活用?(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/2