2008.08.08 Friday

犬や猫に厳しい社会をかえたい。

昔、道路で轢かれて死んだ猫や犬を見て「かわいそうに…」というと、一緒にいた親に「そういうことは言っちゃいけないんだよ、かわいそうだと思うなら何で助けてくれないんだって化けて出てくるんだって」と言われたことがある。

幼かった自分にはその意味は理解できないまま、怖いという感情だけくすぶり続けていた。

時を経て、大人になってかわいそうな犬や猫に遭遇する時が多い。死体になってしまったものもあるだろうし、捨てられているものに出会ってしまうこともある。今ほど犬たちにかかわる以前はずいぶん猫も保護したし、迷子の犬を飼い主が現れるまで預かったりもした。

そのころ、おさない子猫の飼い主探しをした関係で、たくさんの猫の保護をしている団体と知り合った。代表の方はその当時でも随分なお年で、私ができなくなったらこの会は終わってしまうわねとほほ笑む上品なおばさまだった。渋谷のすぐ横の高級住宅街で綺麗に整頓された部屋に数頭の猫たちが侍っていた。

大阪から送られてくる目のない猫を羽田まで迎えに行ってもらえたら助かると言われ、パパと二人で受け取りに行った。そして連れ帰りお渡しすると「無事にここまでこれたのだからもう大丈夫よ、きっとあなたは幸せになれるわ」といって見た目にはとても顔をすりつけられないようなその白い猫を愛撫された。

その時なんとなく母から言われたあの怖い言葉の意味をこの人なら教えてくれるのではないかと問いかけた。その人は「お母さまはね、自分がその猫ちゃんの体をお墓に入れてあげる気がないのだから、できないことで相手が期待してしまうような言葉はかけちゃいけないって言いたかったんだと思うわ」と言われた。

あぁそうか・・・。可哀そうにって思うのなら行動しろっていうことなんだ。
直接行動できないのなら、かわいそうに思う子が現れないように他のことでいいからやらなきゃいけないっていう意味なんだ。

妙に納得した。大人になってから勉強になったと思うことだった。

レスキュー団体の方はつづけて言う。

「こういうことってね、とっても難しいのよ。人はだれかが代わりにやってくれるのならそれにすがってしまうのよね。自分では飼えないけれどなんとかしてくださいと持ち込む人はたくさんいるわ。情にほだされてみんなかわいそうだと受け入れてしまったら結局は助けられる子まで助けられない状況に追い込まれるのよ。あなたもこれからもこういうことを目にすることがあると思うけれど、今回限りでおやめなさいね。こういう不幸な子が減っていかないのは助ける人がいないのではなくて無責任な人がお金を出せば簡単に買えてしまったり、かわいそうという気持ちだけで家に連れて帰ってしまったあと、結局手放すことが多いからなのよ。捨て猫でも野良犬でも命はみんな同じでしょ?飼育するってことはその責任が果たせる人の特権でなくてはならないわ。そうでないとこの先もずっとずっと不幸せな生涯を送る子がいなくならないのだからね。」

白髪の老夫人の言葉は私のバイブルになっている。

だから今でもレスキューには慎重だ。自分ができる範囲をちゃんと把握しておかなきゃならない。相談されることの中には「なんとかして助けてあげたいけどできなかった」というものもあるし、「助けちゃったんだけどどうしよう」というものもある。助けられなかったことへの後悔をずっと思い続ける人もいる。

そんなとき私は意外に冷たい発言をする。

「そんなにかわいそうだと思うならその子の生涯を背負ってやればいいじゃないって…。保護しようと思えばどんな手段だってとれるのよ。どうしても連れてくることができなかったっていうのは背負えないってわかっているからなんだからそんなに悲しまないほうがいい。それよりもそんな状況にした人がいることを、その人が犬を買える今の社会を変えなくちゃって思ってほしい。」

「助けだす気があれば相手の要求する金額を払ってでも連れもどせばいいだけ。相手を罰することは法がすることで救出とは全く別に考えたほうがいい」

自分ながら冷たいよなって思う。でも自分がレスキューしてきた経緯の子たちはそうして受け入れた子が多い。今は生ませた子たちがたくさんいるからもし万が一災害とかあった時にはその子たちが一時的にでも戻るかもしれないので心を揺さぶられるようなことにつき当らない限りかかわり合いのない犬や猫をレスキューすることはないだろう。

日本の法律では犬や猫は拾った人に所有権が発生する。つまり、誰が捨てたかわからない犬や猫を抱きあげたとたんに最初の所有者になってしまい、やっぱり連れて帰れないなと地面に置いたときには最初に捨てた人になってしまうのだ。日本の法律は最初に捨てた人に罰が与えられる。そういうことを知っている人は少ない。

放棄されたり、虐待を受けていたり、施設に保護されていたりする犬や猫を自分のもとに救い出したいならその子の一生を背負わなくてはレスキューは完成しないのだと思う。そしてそれは今現在そんな状況に置かれた犬猫の数からはすべての日本人が一頭ずつ引き取ってもまだ余りある数だろう。そして一向に減っていかないに違いない。それほど生き物は無責任に買われ無責任に放棄されるちっぽけな存在なのだから。

どうして今の日本には飼育制限をかける法律はないんだろう。私はモモを救い出してきた時、この人たちには二度と犬や猫を飼えないようにしてほしいと思った。でも今、そんな法律はどこにもない。

繁殖する側をいくら制限したところで、買う側を制限しなければ不幸が減るはずはないのに、何か大きな反対されるような問題があるんだろうか?
もしも厳しくすることで放棄犬や捨て猫が増えるというのが理由なら、動物専門の警察のような組織を作って取り締まって罰金をレスキューした犬や猫の飼育費用に充てればいい。放棄犬が減るまでには相応の罰金が集まるだろう。
そして殺すためにではなく生きさせるためになら多くの寄付も集まるだろうし、そういう施設への寄付をした人たちに減税してくれればもっといい。


こんなことは毛皮と同じだ。毛皮にかかわる多くの情報が公開され、海外からの発信ではあったけどそれでも、こんなことしてまで毛皮が人間に必要なのかってことだ。その有無がはっきりしたとき毛皮の販売は激減した。買う人が減ってしまったからだ。だからその業者も一掃されたじゃないか。

犬や猫も同じだと思う。かわいがって大切に子供のように育める人もたくさんいる。反面そうじゃない人ももっとたくさんいる。

値段ではなく高いとか安いとかで買える買えないが決まるのではなく、雑種であろうと純血種であろうと価値が高かろうと低かろうと、命の重さは同じだ。最初から犬や猫の生涯をちゃんと最後まで背負えるかどうかわかるはずはない。安易に飼ってしまってしつけもできずに人に迷惑をかける(吠え続けるとか噛傷事件を起こしたとか)ようになって保健所に持ち込むことがあったり、いらないからと捨てたりわざと逃がしてしまったり・・・。

だから、どんな理由にせよ、生涯を背負えない人物にはその理由に応じて相応年数かもしくは一生愛玩動物を飼育できない法律が立法施行されれば良いだけだ。もし破られれば相応の懲役なり罰金を与え、手元にいる生き物を取り上げればいい。

そうすれば引っ越したから飼える環境で無くなった等の安易な保健所で処分されるような犬や猫はいなくなるし、みだりに繁殖し放置するような輩も減ってくるだろう。みんなが払う税金を使って犬や猫を殺さなくて済むのだ。

私のように繁殖にかかわる側の人間は生ませた命に責任を持たなければならないとするべきだ。万が一にもこの人なら大丈夫と渡した相手が飼育困難な状況になった時に引き取って面倒をみなければならないことにすればいい。

そうすれば犬や猫はボールペンやハンドバックや車や電化製品や人が使う品物のように使い捨てをされることもなくなるだろうし、飽きたから変えられる何ってこともなくなるだろう。

今は繁殖する側の各個人にゆだねられたものでも、意図的に命を生み出すのなら、自分の手から離れればいいという考えの下の繁殖を制限すればおのずと問題は軽減する。

厳しい話だけど、売れるから産ませるという公式は、誰でも安易に犬を買うことができるという公式は、生ませる側の作るものではない現実を早く認識する時代になれば、書いた意味もある。

今は自分ができることをやり遂げていくしか不幸を避ける対応方法はない。
私にできることはやっぱり自分の産ませた子を幸せにしてくれる飼い主さんたちを探し当てることだけで、約束を実行してもらうように働きかけるだけしかない。自分の関係のない犬や猫たちには本当に申し訳ないけれど何もしてあげられない。誰かに何かを頼んでやってもらう主義ではないから自分の身で行動を起こす。

でもこうした意見を述べて自分の産ませた犬たちを守ろうとしているだけで、関係のないところまで首を突っ込んでいると誤解されることが多いのは悔しいことの一つだ。

でもいくら誤解されても、自分のポリシーは変わらない。老婦人から頂いた有意義なバイブルになるあの言葉の意味は心の中に深く深く浸透しているから。

犬や猫を虐待する人がいると聞こえてくることとか、道路上で轢き殺される愛玩動物を見ることとか、捨てられて悲しげな声をあげる子猫の姿を見ることがなくなるように…。

自分に関わっていないことには直接は何もできないし、やらない。
かわいそうな子たちに救いの手が述べられるように、祈ることしかできない。

そしてそれがもし万が一私の産ませた子であったならどんなことをしたって助け出しに行く。それが私の産ませた命に対しての責任の取り方だから。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.17 Thursday

気になって仕方がない&誘拐事件!?

どうやったら法律は変えられるのか?気になって仕方がない。

法律は政治家が立法するんだけど、そこまでに一般人の希望がどうやって到達させればいいんだろう?世の中山ほどこれってコウ変えたほうがいいんじゃないのって言う法律ってたくさんある。
でも一向に政治家さんは変えてくれない。なんで???

署名活動とかしている人たちもたくさん見てきたんだけど、署名して集めたのはどこに持っていくの?

話は変って犬の誘拐事件。

3年前「寂しく」飼い犬盗もうとして逮捕、出所後また同じ犬盗む
7月17日8時1分配信 スポーツ報知


 3年前に他人の飼い犬を盗もうとして逮捕され、刑務所から出所したばかりの男が、再び同じ犬を盗んで御用となった。動機について「1人で寂しいから犬を盗んだ」と語っているという。

 愛知県警中川署は16日までに常習累犯窃盗の疑いで住所不定、無職の小林直人容疑者(43)を逮捕した。調べでは、同容疑者は6月21日夜から22日夕にかけ、名古屋市中川区の男性会社員(53)の車庫内につながれていた飼い犬のコーギー(雄・12歳)を盗んだ疑いを持たれている。

 小林容疑者は2005年3月、この会社員宅から同じコーギーを盗もうとして見つかり、逮捕。今回は犯行の2日前に出所したばかり。調べに対し「自分はひとりぼっち。寂しいから同じかわいい犬を盗んだ。犬はえさを与えるだけでなつく」などと供述しているという。

 持参した牛すじでなつかせてコーギーを“お持ち帰り”し、犯行後は同区内の銭湯へ。その際、付近に犬をつないでおいたが、入浴中に逃げられたという。同署がコーギーの行方を捜している。

 小林容疑者はこの10年間で飼い犬の窃盗を約20件繰り返し、今回の逮捕は3度目だという。3年前の事件では当時の警察の取り調べに対し「かわいい犬と散歩したかった」「パンを与えて懐かせて盗んだ」などと供述。犬への熱すぎる思いは刑務所暮らしを経ても抑えられなかった。


やっぱりね・・・。他人から食べ物をもらっても良いってことになっっちゃってたのね(/_;)うちもキャンディーがこれと同じ事でキャンプ中に誘拐されそうになった。運良く見つけたから良かったけど、心臓が止まりそうなほど心配だった。その日から人から食べ物はもらわないように必死になって教えたっけ・・・。
最近はかなり甘くなっちゃっているので今日のこのニュースを心に留めてきっちりしなくちゃね。

誰でもどんな犬からでも好かれているって感じたいからつい食べ物あげたくなっちゃうんだけど、それって言い換えれば大多数の人に好かれる為に配り物してるのと同じなんだよね。中身で勝負しなくちゃ!(爆笑)

犬達も食べるのは大好きだからおやつとかは必要だけど、飼い主がOKも出していないのに、犬だからって食べ物を勝手に与えるのは良くないと思う。人の子だったらしないことを犬にはしているうちは【犬の命】が【第三の生命体】と認識しにくいように思う。

逆を言えば飼い主の方が気にしないのが変。
OK出してもいないのに食べ物に釣られることに怒りは感じないんだろうか?私は嫌だからやめさせようって思うけど、真逆に人から食べ物をもらうことを喜ぶ人も多い。私は凄く不思議・・・。

飼い主のいる犬は公園の鳩ポッポや池にいる鯉じゃないので飼い主の承諾なしに食べ物をあげたり、貰ったりするほうが変だと思う人が増えないとまずいよね。

犬は食べ物なんかなくたって自分のことを好きな人なんだと解れば、よほど犬のルールを無視したり、無理やりなことさえしなければあちらから寄ってくる。触らせてもくれるし気にいると一緒に遊んでもくれる。

犬は人の思い通りになるのが一番いい犬と思う人も多いようだけど、食べ物ありで他人の思い通りになるのが良いとは思えないけどね(苦笑)あ・・・勿論作業犬は別よ、パートナーがコロコロ変るんだから。

うちで生まれてくる仔達は飼い主さんたちだけ見てくれることを強化した血統を持った子が多いので、他人にベタベタする子は少ないはず。だから飼い主は頑張って自分で教えるのだし、人任せにすると上手くいかないこともあるだろうなって思う。でも自分が頑張っていろんなことを教えて育つからこそかわいさも何百倍にもなるわけで(^_-)-☆
もっともその任せる人が育ての親の私たちは除外されるけど(^O^)/
生れ落ちたその日から一緒に寝て育った仔犬達はしばらく会わなくても数日一緒にいればうちにいたときと同じに戻るから記憶力は凄いなって思うんだわ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.02 Wednesday

洗濯機用糸くずフィルター

洗濯機のごみ取がちぎれた!
ネットで探しても名前がわからないからヒットしない。散々探しまくった後ようやく見つかった。あれってね・・・【洗濯機用糸くずフィルター】って言うんだってさ。くず取ネットとかにしておいて欲しいよ。

名称が違うとヒットしないネットの不便さもなんだかなぁって思うけど、誰でも思いつくような名前にしておいて欲しいのはもうワタシがおばさんだからでしょうかネェ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.06.26 Thursday

天の助けか?・・・。

昨日珍しい人から電話が入った。

「久し振りだネェ〜。どうしてた?」から始まった会話は、彼女の家に犬が家族として迎え入れられたと言う知らせだった。

「息子がさぁ、駄目だって言うのに貰ってきちゃってさ・・・。前にも犬じゃないんだけど途中で育児放棄しちゃって、結局ワタシが面倒見るはめになってね・・・。」

「お気の毒に・・・・(笑)」

「でさぁ・・・3ヶ月になるから注射しに行こうと思うんだけど、フィラリアの薬とかって貰った方がいいの?」

「そうだなぁ・・・。環境によるけど・・・。室内で飼う犬なの?それとも外で飼ってるの?」

「家のなかだよぉ〜」

「それなら慌てる必要は無いけどね、時期的には貰う時期よ。これから暑くなってそう外に出す機会は減るだろうから、早くしなきゃと慌てなくてもいいけど。子犬の場合には手間だけど、毎月獣医さんで体重を測ってもらいながら薬の量を加減してもらうといいんだよ。大きさが確定したら薬の量も確定するけど、これから成長するでしょ?」

彼女の家には昔外飼いのビーグルがいた。その子のことを思い出しながら話す。

「で・・・犬種は何?」
「実はさぁ・・・。ダックスなのよ、ダックス。アヤコンチから貰えば良いのにさ、本当にごめんね。」

思わず苦笑した。
全くなに言ってるんだか・・・。(笑)毎度会うたびに、「ボーダーコリーが欲しい」「ピットブルがカッコイイ」「ロットワイラーってどうよ?」とのたまっていたって言うのに、来た犬はダックス(笑)

散々、あんなの犬じゃないとか、嫌いなんだよねぇ〜とか言ってたくせに(爆笑)

相談されるたびに友達だからはっきり言い続けてきた。大きな犬を飼うのはいいけど部屋の中で人と一緒に暮らさないなら、今の世の中難しいよと・・。
欲しい犬種の傾向はわかるけど、家族構成とか犬の為に使える時間とか良く考えた方がいいよと・・・。
この犬種はこういう犬種だからコウいう事ができないと問題が置きやすいんだよと出される犬種名が変るたびに苦笑いしながら答えてきた。

彼女はちゃんとそれを覚えていて、「色々言ってたけどさぁ〜(笑)」と笑っていた。

犬は彼女の家に来て直ぐなのかと思ったら、もうひと月も過ぎているようだ。
どうも、連絡するには「犬の事」だから敷居が高かったらしい。

「いい子になっていないと連絡できないと思って・・・。ようやくトイレが8割かた成功するようになったのぉ〜」嬉しそうだ(^_-)-☆
「イヤサ今まで読まなかったけど、仔犬の育て方はどこに書いてあるのよって毎日読んじゃってるよ(笑)」

「あっはっは!(笑)」

犬はいつも人と人とを結びつける不思議な力があるなと思う。彼女とは子供同士が仲良くなったのとは全く関係なく親しい付き合いをしてきた友人の一人だけれど、ここ数年は買い物なんかであって立ち話をする程度に落ち着いていた。

昔は良く一緒にのみ歩いたし、泊りがけで遊びに行った貴重な仲間だ。私たちが犬を家族に迎え入れた頃、最初の数年はマリキャンとともに一緒に遊んだが頭数が増えるにつれ、又子供も大きくなり、私は飲むのをやめたので会う機会は激減した。彼女も仕事を持ったし、数年前親しかった友人の死によって仲間が集まったが、そのなかで悲しいことだったけどひときわ集まれてよかったと言ってくれた人だ。

又これからは犬の事で会う機会も増えるだろう。
そう思っていると・・・。

「パソコン調子悪いんだって?言ってよ〜!私そういうの出来るんだからさ・・・。」
アァ神様、救いの天使が・・・。と思うじゃん。その後が悪い・・・

「業者に何万も払うなら私に払いなさいよ〜!部品代なんかたかが知れてるんだから〜!」

「・・・言うと思ったよ。全くネェ・・・。何でアンタに何万も払うんだよ、これからの犬のしつけのアドバイス料で帳消しじゃん!そんなこと言うと困った時にもう教えないからね!」

こんな会話が成り立っちゃう楽しい年下の友人が犬との暮らしで又人生を変えて行くのか楽しみが又ひとつ増えた。
そして器械音痴の私に頼もしいサポーターが出現したのだから、犬のつながりって捨てたもんじゃないよねぇ!と思うのである。(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.06.13 Friday

ミックスでも可愛い!

どうしても郵便局まで行かなきゃならずに車で家を出た帰り道、浜田山で不思議な犬を発見。

プードルなのにしっぽが長くて足が短い。しっぽはダックスそっくりの形でプードルのしっぽじゃないのよね。でも毛とか顔つきとかはまさにプードル。
ちなみにワイヤーのダックスじゃありません(笑)

なんかネェ〜妙に可愛いなぁっておもちゃったわ。

万が一にもそんな純血種がいたらきっと気に入っちゃうんだろうなぁ・・・(笑)
それはなぜかって言うと、私の場合仔犬の時期に体の一部を切っちゃう犬種が駄目なのね。嫌いなんじゃないけれど、それをしないと認めてもらえないスタンダードが嫌なわけで、ドーベルマンとかボクサーとか、好きなんだけどしっぽ切ったり耳切ったりが嫌なわけ。それならそのままのシェパードでいいじゃんって思うわけよ。

ちなみにうちにいるのは切ったり張ったりしない(笑)ポメとダックスとシェルティー。

小型犬で散々悩んだのはココだった。ヨーキーも好きだけど、しっぽ切るじゃん(/_;)プードルも同じよね。チワワだったら毛のあるポメの方が好き。
元気一杯のジャックラッセルもしっぽ切るから、ピンシャーとかも・・・。

切らないで良い犬種って結構少ないのねって思ったなぁ・・・。
で毛のあるほうが好きだから・・・必然的にポメ。
ダックスは本当は好きじゃなかったの。変な体型で人が作りましたって体だったから。今じゃ可愛いけどね(笑)

プードルでしっぽ切らなきゃ良いのよねと思っていたけど、その足の短さが妙に可愛かった。長くてふさふさで、フリフリしてたから・・。

スタンダードって考えちゃう。結局は人間が勝手に決めたものなんだヨなぁって複雑な気持ち。バイブルじゃなく法律みたいに変えられるものなのに悪しき伝統はなかなか揺らがない。海外じゃ動物愛護の観点から断耳や断尾を禁止する国も出てきているけど日本はいつになったらそうなるかネェ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.06.13 Friday

かろうじて・・・。

瀕死のハードディスクながら何とかかんとか仕事はしてもらっています。
困るのはやたらにフリーズすること。
特にインターネットはお手上げです。タブを一気に閉じようとしたらフリーズ。一ページずつ閉じても途中でフリーズ。書いた内容を送信しようとしたらフリーズ。バカヤロ〜といいたい(/_;)

印刷機能は何でだかストップ状態だからもう外した。新しい物を買おうかとも思ったけど考えたらそっちの問題じゃなかったのよ。だいたいデータ開けないんだからお話にならない。

でもあれを使ったらこれを使ったらと四苦八苦した結果、うちで取った写真を加工するのは何とかなったので子犬の写真をアップできるようになった。
印刷はやっぱり不可。

7月になれば・・・7月になれば・・・きっと良い事あると思うのよね(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.06.03 Tuesday

瀕死のハードディスク!?

先日、ウイルスバスター2008を入れた途端に異様に重くなっちゃったうちのパソコン。困ったのが印刷できない。写真が開けない・・・。
ドッグセミナーの事もあるし、子犬のことも更新しなくちゃならないのに、インターネットしか使えていない。そのインターネットでさえ開くのが異様に遅かったり開かなくなっちゃったりすることもある。

メモリー不足ですとエラーメッセージが出るので、お店でメモリー足してもらえばいいやと・・・。(素人ですから)

パソコンの無料診断をしてくれる所に持っていったら簡単な状況じゃありません、かなり深刻ですよと言われ???。
なんと、もううちのパソコン君、瀕死の状態でハードディスクが壊れかけているとか・・・(/_;)

へ?メモリー不足じゃないんですか?ハードディスクごと交換が安全?
いくらかかるのよ〜・・・。リカバリディスク?そんなもんどこにあるのかわからないよ(/_;)

お見積はリカバリディスクがあったとして、ハードディスクを交換してついでにメモリー増設して、たぶん自分じゃできないからデータも移行してもらいましょうって・・・7万円近くなりますよってさ。

7万!?7万!?・・・今無理です。

だってね・・・4月5月だけで獣医さん代もろもろがすでに18万です。これからマリンでまだまだかかるのに、動いているパソコンの修理に7万はないだろうよ・・・。でもパソコンが壊れたらお手上げだしさ何とか安く上げられないか検討した結果(笑)思いついたのはリュウちゃん。

速攻電話するしかないでしょ?

で・・・結果は?

やはりかなりヤバイ状態には違いはないだろうとのことなのでとりあえずデータのバックアップだけしてくださいって言われても、写真とかファイルとかはできるけど筆ぐるめってどうやるの?メールはどうやるの?

やれることだけやれば多少費用が軽減できるはずだけど、頼りないオーナーですから、あれもこれもできませんです。長電話に付き合ってもらった結果に結局電話じゃ埒が明かないので仕事帰りによって貰う事になりまして・・。

本当にいつもありがとうね(^O^)/


ミールがなくなって以来何も手につかないので酷い状態の我家きていただきました
あれもこれも取っておいてねとお願いしつつ、一応もう6年も使っているのでハードディスクは変えたほうが無難との事。で、たぶん(笑)自宅でできる範囲だからがんばってみたら?と応援されつつ、部品代だけでいけるならと急にがんばる気になるなる。

明日ヤマダ電気にでも行って物色してくることにした。

しかし・・・我家は犬だけじゃなくパソコンまでおなじなのかい?

店員さん曰く、この状態で動くことの方が不思議です・・・。
ミールもマリンも同じ事を獣医さんに言われたなぁ・・・。

どちらも私の為にがんばってくれているんだと感謝しつつ早く何とかしなくちゃならないわ(/_;)
何とかがんばってくれ!マイパソコン君!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.08 Thursday

お気に入りの海外ドラマ

ここ数ヶ月お気に入りの海外ドラマができた。
【OC】というドラマだ。

海外ドラマは色々あってあれもこれもかじってみたけど、始まりは【24】だった。これは面白いんだけど、心臓がどきどきしちゃいっぱなしなのよね。
他にも、色々みてみたけど、ありえないだろ〜って言う未来形のとか、グロいサスペンスとか、レズとかホモとかはぁ〜???って思うようなものが多くて、自分的にヒットしたものといえば【Dr,HOUSE】くらいなものだった。

j_airis_1.jpg

ところが【OC】の1話目で主役のライアンも良かったけれど、サンディー・コーエンの実直さと息子のセスに完璧やられちゃった(苦笑)
現在シーズン2に入り、マリッサは役柄的に今は好きじゃないけど、サマーは女の子らしくてかなり好感が持てる。またジュリー・クーパーもなくてはならない役どころだし、キルスティンもいけてる。セレブの家族の物語の中に格差社会にことも組み込まれ、人としての道についても考えさせられるものがあったりで一回でも見逃したら泣きたくなる(苦笑)

もうじきシーズン2が終わり、3が始まるらしい。
若者たちのやり取りの中で自分もそうだよねと気がつかせられることもたくさんあるし、夫婦としてのあり方や信頼関係や学びながらほんわかした気持ちになれるいまどきのドラマにしては私的には大ヒットのドラマだ。
土日はやっていないので月曜日から金曜日の夜11時からの1時間は大切なリラックスタイムになっている。

皆さんも良かったらご覧ください!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.25 Friday

プリンターが・・・

一度に1000枚近く印刷をするとたびたび調子が悪くなるうちのプリンター。昔はこんなことなかったのになぁ・・・。

クラブの仕事でプリントすることが多いけど最近特に思うのは両面印刷ができるタイプのプリンターならもっといいのになってね。

紙代節約、送料節約、何より手間が楽になるはず。でも買うのは自腹だし、そのうち自叙伝でも出す折には(爆笑)買い換えましょう。

って事で、騙し騙しただいまようやく封筒に印刷中ですが、二枚できたら紙詰まりの繰り返しでいささか閉口中です(/_;)
これじゃ一枚ずつ手書きするのとそう時間が変わらないじゃん・・・。

以上愚痴でした。(~_~;)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.24 Thursday

あぁ勘違い…。

ある日のこと、道端で立ち話をしていると可愛い中型犬のパピーを連れたお散歩の主婦が傍を通った。

パピーは人懐こい子なのか?私を見て飛びついてきた。
「あっはっは!かわいいですね」と汚されたくなかったのですかさず犬の前足をつかんで防御した。一緒に話していた人は犬は苦手である。
気がつくと私の後ろのほうへ避難。

パピーは目ざとく逃げた人物を面白い相手と判断し果敢に飛びつこうと大暴れである。首閉まりますけど…そんなのお構いなしだ。

飼い主さんは苦笑いで、「この子は人が大好きでぇ〜!なぜか犬が好きな人だってわかるらしいんですよ〜」

あぁ勘違いです。子犬は犬が好きな人だとかわかってて動いているんじゃないんです。だってその証拠に後ろに隠れた人は犬は嫌いですから・・・。

子犬は他人さまが自分に危害を加える相手でない経験をたくさん積んだから、わ〜いわ〜いと飛びついても良いものと知ってるだけですよ。
前足を取られたことでそのあとは私には飛びつこうとはしなかったでしょ(笑)

確かにね、私はシェルティーの絵の描いてあるTシャツを着ていますから、犬好きはバレバレですが、それは飼い主さんが思ったことで犬が思った事じゃないですよね。

勘違いは時と場合によって飼い主の都合のいいようにどうにでもなるものだ。

ハーフチョークでのお散歩にこの勢いだったら言っておいたほうがいいのかなと思って一つ忠告する。

「これじゃ首輪が抜けることがあるから危ないですよ」と伝えたら「もう一度逃げられたことがあるんですよ〜」とにこやかに笑っておられる。

ひきづられながら去っていくパピーを何事もありませんようにと見送った。


我が家の周りにはやたらに犬が増えた。あっちでもこっちでも小型犬も中型犬も大型犬もある一定の時間が来るとお散歩の嵐だ。
10年後、15年後、この子たちと会えるかな?

流行りすたりや、一時の衝動で買われた犬たちでないことを祈るのみ。
一昔前マリン世代の子たちはあの子もこの子もすでにほとんどいない。
大半は手放されたとか亡くなってしまった。

寿命を全うできるように大切に育まれる犬たちはパピーのころと数が変わってしまう。その現状の怖さをかみしめつつ、新しい子犬たちが幸せに暮らしてほしいなと願いつつ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/5 >>