2007.11.23 Friday

ハウリングの効用と犬の本能

先日ある番組でオオカミの研究者の話をやっていた。
その学者さんはオオカミの群れの一員になって研究したいという願いを、自身の手によって育て上げた狼たちからかなえることが出来た。

それまではどの群れにも拒否され(当たり前なんだけど)途方にくれていたという。
面白いなぁって思いながら見ていた部分のひとつは狼たちのリーダーになりきる為に食事も一緒に取るのだそうだ。リーダーは一番良い部分を一番先に食べなければ威厳を保てないから生のレバーを取り出して加熱しまたもとに戻していかにも先に内臓を食べてるんだぞ〜って見せ付けるのだそうだ。においに敏感なオオカミなので他のものは食べられないと言っていた。

実際ちょっと笑っちゃったんだけど(笑)

【オオカミと生きる】の著者ヴェルナー・フロントは超位オオカミとしてアルファ狼とは別の立場で3つの群れの頂点に立つことが出来た。彼は今回の学者さん(名前忘れました)のような食事を一緒にとるという行為はしていなかった。与えることはしたけれど・・・

食べ物もオオカミと同じものしか食べないなどというハードな状況ではなかったようだし、解釈の違いで行動がコウも変るんだと勉強になった。

ふ〜んと思いつつ番組を続けてみていたら、その学者さんはオオカミとヒトとの問題(家畜を襲われる)を解決する為に、ある方法を見つけ出したのだそうだ。

それはハウリングによって家畜にオオカミを近づけさせないというもの。

彼の観察に寄ればオオカミは自分たちの群れよりも数が多い群れが近くにいると遠ざかる習性があるのだそうだ。
つまりは種族保存の本能によって無益な争いを避けていると言う事だろう。
どうやって見えない相手の群れの数を特定するか・・・

それがハウリングだった。

実験は功を奏し、農場近くにいる群れの個体数の確認をした後それ以上の数のオオカミのハウリングを流したら襲ってくるオオカミはいなくなったという。

ソウだよねぇ〜。。。って思う。

ドッグランで見知らぬ犬同士が飼い主を置き去りにして仲良く遊ぶのってやっぱりおかしいんだ(笑)
本能に矛盾していることの強要はどこかに歪みをもたらす。

なかなか勉強になった面白い番組だった。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.11.13 Tuesday

世の中狭い(笑)

以前、獣医さんにセミナーを開いている獣医さんにうちのサイトを資料として使いたいという申し出があった。
遺伝のこととか獣医さんたちに知ってもらわなくてはならないことに使えるのだというので喜んで承諾した。

先日関西でその資料を持っていた獣医さんとファミリーの人が遭遇し、どこかでみた記事だなぁと思ったそうである。
色々話すうちに・・・それって自分の犬のブリーダーのサイトですよと話すと驚かれたそうだ。あのサイトですよねぇ〜・・・って、あのサイトって何?(苦笑)

世の中狭い。犬の世界はもっと狭い。その上シェルティーという特定犬種になればもっと狭い(笑)

悪いことは出来ない仕組みになっているんだなぁってつくづく思ってしまった(笑)
良い仔にしていようっと・・・(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.29 Saturday

カラー研究

いま、毛色にまたハマりだした。

一度はもうまだ学者にも解明できていない事なんだからお手上げだ〜いとほぼ投げ出した毛色の話。

いやぁ解明できたからって何がどうなのって聞かれても、何もどうにもならないんだけどね、知りたい〜って欲求を抑えられない(苦笑)

毛色の中でも難解といわれているアグーチのシリーズ。
でもこれが解明できないと何でだよ〜って言う事ばかりになる。

確かになるほどと思うことも書かれているところがあるけど、実際にはそうならないじゃんと言う事もあって悩み研究中なのだ。

難解にしたのは人間。いろんな配合しまくったせいで今じゃわけのわからない状態にしてしまっている。でもこんがらがった糸をきらずに何とかほぐしたい。

解明してやる〜!(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/2