2007.11.02 Friday

本格的な運動を始める時期。

最近はドッグスポーツが巷で大流行だ。ドッグスポーツのようなイベントをパフォーマンスイベントと呼ぶ。

さて。。。ドッグスポーツをするには練習が必要。何を犬と一緒にやるのかで運動のかけ方も変ってくる。

が・・・だ。

問題は運動をかけてもいい時期を飼い主は知っているのかと思う。犬の成長はおおよそ12ヶ月までかかる。つまり生物学的にいうとまだ伸び続けている骨である時期は実はかなりもろい状態で簡単にダメージを受けやすいのだ。

つまり成長曲線が平行になれば徐々に様子を見ながら本格的なトレーニングが始められる。シェルティーなら生後15ヶ月くらいかなぁと思う。

それまでに自転車での伴走や長いジョギングとか、高いボルトとかジャンプキャッチの強要とか、ウィーブポールとか連続したハードルとか、角度の小さいAランプ、犬ぞりとかはやらないに越したことはない。

犬は運動が好きで体を動かすことが大好きだ。でもその要求に負けてまだ固まっていない関節や生長途中の骨に負荷をかけていけば、若いうちはわからない大きな付けが年をとると共に現れるだろう。

実際、犬は10歳を過ぎたあたりでも本当は人で言うなら50歳くらいの動きが十分できるし、それまで鍛え上げてあれば10歳を過ぎたって元気に遊ぶことが出来る。我家のダッシュは11歳半を超えたがまだ楽しくDISCで遊んでいる。

成長期の無理な運動の付けはすぐにはわからない事だから、多くの人は早期教育の果てに運動も同じようにするのだろう。
でも・・・正しい競技には年齢制限を作ってあり、その年齢を越えて出場しなさいといわれるものである。

ただ、大人になって本格的な運動が出来るまでおとなしく家の中でいい仔にしてろというわけではない。平らで安全なクサッパラを自由意志で走らせたり、砂浜なんかを走るのは持久力もつくのでいい運動となる。
家の中の階段の上がりおり程度なら滑らない工夫さえ出来ているなら格好の運動場となる。

右を見ても左を見ても、現在の日本は早期教育系が流行っている。
でも一息入れて、自分は愛犬とどのくらい長い間楽しみたいかを考えて欲しい。素晴らしい成績をたたき出しても故障して歩けなくなったり、年齢に照らし合わせてみてもとても老けてしまったり、あの犬は今どうしているんだろうと探してしまうくらい犬の出入りは激しい。

プロでもない限り、犬が出来なくなったらまるで使い捨てのように次の犬に変えていき、競技に没頭するようになるのはいかがなものかと思っている。
そういうモノをまねることは一般的なの愛犬家には必要じゃないと思うけど・・・競馬じゃないんだからさ・・・。

年をとった時に自分の愛犬が痛みに悩まされ辛い思いをしないように、充分な時間をかけて本格的なトレーニングに望んで欲しいと思う。

まず何よりも、トレーニングの前に飼い主との関係を築いてからがスタートだからだ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.14 Saturday

表現色々。

うちでは家族の大爆笑を買う「伏せ」の仕方がある。
それはコマンドとほぼ同時にバタン!と一気に伏せてしまうやり方だ。

我家の殆どの子がこの伏せが出来ないため、レナが出来るので最近彼女の株があがっている(笑)

それはそれは見事というより他にない気持ちの良い伏せである。
でもこの伏せ方って教えてできるもんじゃない気がするのよね。なんツゥ〜か・・・体のつくりって言うか、関節の柔らかさとかが関係するのかなぁってね。

バッタン伏せはデイジーの子でできる子が多い。グレースがやってたし、ダーナも同じように出来る。
伏せ自体が嫌いじゃないのに気持ちよくやっているのにもかかわらず「バッタン!」と伏せられない子がいる。遅いとかじゃないんだけど・・・

表現の違いって言うのはお手とかでも顕著で、サンダーとか、クリス、メロディーたちはお手は優しく差し出してくれる。
でもデイジーとレナは「バシ!!」と叩く感じで出してくる。

甘え方とか何かを伝えようとするときとか、話を聞く姿勢とか、走ったり飛んだりとかの動き方とか・・・環境遺伝といわれるなかの模倣から学ぶものとは違う、もって生まれた表現の遺伝形質って言うのは面白いもんだなぁと思うのだ。

バネがあるというのかなんというのか(笑)

デイジーの子で「バッタン伏せ」のタイプの子って何頭いるのかしらネェ・・・
レナにエイトとスルーを教え始めた。まだ理解したって感じじゃなくて「???」って言う顔をしている。とりあえずはくぐるけどくぐるだけ上出来か?(笑)スタンドとジャンプが完成したらダッシュ系とはまた違う表現なんだろなとちょっとワクワクして楽しんでいる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.13 Friday

選抜メンバー

ひと月ちょっと後あたりに成果発表しようと決めた「DOGTRICKチャレンジ大会」・・・私は誰に教えようかなぁ・・・

大まかにいろんなことが出来るパフィーは裕貴担当。ロックもなんだかんだと彼が触っているしね。モリーにはまだ無理は掛けたくないので除外。

私のやり方ってあんまりベイト(餌)は使わないで行きたいわけで・・・
でも最近みんなおやつ命ですってなってるからなぁ(苦笑)

とりあえずレナとサンダーは確保。
後は自分のお楽しみで梅ちゃんでもやろうかなって思う。

レナ2007_7


今のところ一度に教えるのが一番多い頭数で2頭なので、それを越えないとまずいだろう?

レナに「アンタやる気ある?」と聞いたら「やりますぅ〜!」と言うのでメンバー確定(笑)
サンダーにも聞いたら彼は「え〜・・・なにやるの?俺が好きなことならやるけどさぁ〜・・・」とちょっと渋り加減。でもあんたもやるのよ!決まりだわ。
後は梅ちゃん。「アンタやる気ある?」「???」
何を聞かれているのか不明でも相変わらずママ好きですぅ〜とへばりついてくる。一応メンバーに入れてやるか。でも一番厄介か、一番簡単か未知数なのが玉に瑕だ。はたしてどうなるのだろう???

明日から特訓の様子を書いて行くかな?うひょひょ〜!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.12 Thursday

お茶会?勉強会?

お久し振りにアジを一緒に練習している数人と勉強会を兼ねてお茶会を開催する。

いろんな症例が出てくるシーザーミランのDVDを鑑賞。
結構笑えるネタもあり〜の、真剣になるほどネェ〜というのもあり〜ので良い勉強になったと思う。

さくらんぼは激ウマだったし、久し振りの温かいコーヒーとチョコレートは乙なものだ。昼ごはんはDominopizza。
ダイエットはどこへ行く???(笑)

梅ちゃん0711

チームの中の一人が転勤で少し遠くに行ってしまうのもあってなかなか会えなくなっちゃうし今のうちに次回は来月にまたやりましょうと言う事に。

それならさぁ・・・課題出しても良いですかね?
いつもあんまり無理なこと言っちゃうのはよくないヨなぁって少ししかこれ次までに教えてねといわなかったけどどうせ暑くてたいしたことは出来ない時期。

もう既にある程度出来るようになったものも完成させるという意味でDOGTRICKを数種類出題する。

さてひと月でどこまでやってこれるかなぁ?
タッチ3種類。シート。スタンドアップ。ターン(お回り)エイト&スルー。
バック。

精度を上げるより、その仔にどうやって伝えれば理解しやすいかを探す旅。
芸は元々好きじゃないけど、人が教えてこれも出来るあれも出来る子って実はすごく可愛い事に気がついた(笑)

今回はとりあえずなのでおやつを使おうが使わなかろうがどんな手段も有りだと言ってある。ルアーが好きならそれも有りだし、報酬性が楽ならそれでも良い。独自の方法でひとつづつのTRICKの伝えかたを変えたって良いワケだし、相当工夫し考えないと行き詰るかもしれない。

でも出来るようにしたっていう自信は確固たる物になるはずだ。
そして教える作業がやらなければならない現実からやれる楽しさへ変るだろう。

お互いに相談しあうのもかまわないし、うちにヘルプ要請もありである。
勿論我家も数種類ある程度出来るところまで数頭チャレンジすることにして・・・(笑)

題して「夏休み★MAGICDOGS★ DOGTRICKチャレンジ大会」

大会に参加したいファミリーは是非当方までメールでお問い合わせください。参考に出来る書籍等お知らせしますよ。

約ひと月ちょっと後、必ず成果発表しますので!乞うご期待!?(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.06 Friday

夏ですネェ・・・

あづい・・・

毎年の恒例だが実は夏の暑い時期にこそ飼い主と犬がいい関係を作るにはもってこいの時期であること良く話すんだけど、これがどうも上手く伝わらない上に春から頑張った分が夏を越えてまたもとに戻ってるという繰り返をすることも多い。

何でかなぁって思うんだけど、暑いから外にいく回数や時間が短くなってしまうからなのかもしれないなと思う。

子犬のうちは何かとかまいがちなお宅でも犬が大人になってしまったり、頭数が増えてしまったりすると以外に要点を押さえて犬をかまってやらなくなるのかなぁって思うけどどうだろう?

訓練が好きな人なら頭数がいればいることを利用して数頭の中の1頭だけを動かすというゲームをやるのは後々効果的な練習である。
外だと誘惑が多すぎてなかなかできない練習も家の中ならうまい具合にできるもので、その分褒める回数が多くなり、最終的には飼い主と犬との間に良い関係の基礎が出来上がる。

毎日の暮らしの中では室内犬として育てて行く為に何かと「禁止」または「制限」の言葉掛けの方が多く、気が付いて見れば毎度のように唱えている「1回叱ったら10回褒めてね」の約束はほぼ壊滅的に達成されることはない。

これを逆転するいい時間が実は夏の間で、暑くて部屋の中にいるからこそ出来るゲームを取り入れてしばし犬との時間を楽しむってわけなのだ。

例えばうちではボール投げが大好きな仔に「探して(サーチ)」を教えたりする。最初こそ投げたらもってこい〜って調子で遊ぶのだが、エキサイトしてくるとアクションが激しくなってしまうのでまずは犬を待たせて犬から見えてるところにココに隠すよ〜と物陰にボールを隠す。

「サーチ」と言う言葉かけと同時に犬を開放し好きに探させる。と言っても最初は場所がわかっているので難なく持ってくるわけだが、投げて取りに行くこととはちょっと異質な行動を要求されるので作業欲の強い犬は盛り上がるのだ。

徐々に隠す場所を難しくして行く事で犬の能力を高め、最終的にはRRさんのうのちゃんみたいになるかもしれない(笑)
数頭いるときは興味のある子と無い子がいる場合もある。
犬種によっても違いがあるけど、1頭でも興味を持つ子さえいればその子を使ってみんな好きにさせていけるものだ。
差が開き始めたら同時に探させたりせずに1頭だけに探しに行かせる様に変えて行くことも大切で、私だって出来るもんと思わせるように自信を付けさせてやることだ。

ソファがあるならそれを使って「アップ」「ダウン」を教えるもの楽しい。
アップでソファに乗り、ダウンでソファから下りる。
こんな簡単な作業でも、人から指示されてする行動と自由気ままにやっている行動とでは雲泥の差である。

犬に何かを教えようと思う時それが遊びである事が望ましいと言っているが、なかなかそう思えない人はTRICKを教えるのが一番である。

お手・お代わり、スタンドアップ(後ろ足だけで立つ)エイト・スルー(足の間を回る)ローリング(犬がコロコロ転がる)ロール(犬が立ったままぐるっと一回転する左・右)バック(犬が前向きのまま後退して行く)タッチ(指定されたものに鼻先をつける)シート(指定された敷物の上に座るか伏せる)
バウ(吠える)カチカチ(歯をカチカチ鳴らす)反省(顔を手で隠す)お辞儀(犬の遊ぼうヨのポーズ、頭を低くしおしりを上げる)ハイハイ(ほふく前進)

ちょっと書いただけでも結構あるものだ。酷く難しそうなんだけど、実は犬が自然と何かの拍子にやっている形のものが大半である。
つまり難しい作業を要求しているわけじゃない事に気がつけばそんなに難しくは無いのだ。

要するに教える側の感覚の問題ってこと。

どの作業にも教え方とかコツとかはあるけど、実際に何も知らない子供の方がずっと上手く犬に作業を教えてしまうことがあるのを知っている人もいると思う。

つまりこうやってよと形を教え、できるじゃんスゴイジャンと喜んでいると言う事に尽きる。そのうえ、そう簡単に出来ないと諦めない(苦笑)一番大事な愛犬だと思ってたりするとかなりしつこい(苦笑)

子供の方が大人よりも数倍素直に喜ぶ気がする。数倍我慢強く犬に付き合う気がする。

でも子供は犬に無理難題を押し付けることもあるわけで、子供たちの純粋な部分だけを上手く思い出して教えて行くことが早道なんだろう。

夏はうまく使えば秋にいい結果が繋がってくれるけど、うだうだしてれば逆戻りの難しい季節なんだなぁ〜(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/2