2007.07.29 Sunday

犬の顔

28日の土曜日、菊乃ちゃんと雪乃ちゃんがやってきた。
九州にいることが多くてなかなか実物を見る機会がなかったがこちらに戻っているとの事で久し振りに連れてきてくださった。

最近じゃ2頭ともアジを飼い主さんたちと満喫していて今月はDOGFANにも掲載されていたし、今後の活躍が楽しみである。

老犬部屋と化した下の部屋でみんなに嗅ぎ回られていささか憔悴気味の菊乃ちゃんといつもはこんなにおとなしくないんですよ〜と言われるほどネコをかぶっていたらしい雪乃ちゃんである。

さて御代の犬の顔・・・菊雪ママが菊乃ちゃんがデイジーにそっくりだと信じて疑わないのを横からそうじゃないと思うけどなぁ・・・と多少反論(笑)
実際今がほぼフルコートのデイジーとご対面してもらう。

顔の形とかつくりが違うでしょ?色とか柄とかは当然似てはいるけれど、顔って色や柄が似てることじゃないんだ。菊乃ちゃんはどちらかと言えばダッシュに似ている顔である。

遺伝傾向っていうのか組み合わせによって何度も同じ組み合わせをしていると一種の法則みたいなものが見えてくる。

デイジーとダッシュは相性が良いというか活躍する子が多く生まれるので長い間同じく見合わせしかしていない。
前回だけ「ベガ」を交配してようやく我家にデイジーの子「レナ」が残った。こいつはなぜかアメリカチャンピオンのお子なのに(苦笑)まったく持って母親にしか似ていない(爆笑)大きくなればなるほど、愕然とするくらいデイジーにそっくりになっている。デイジーのブルーマール版なのだ。

デイジーとダッシュの間に生まれてくる子犬の殆どが顔はダッシュになる(笑)毛質とか構成とかはデイジーに近い子もいるが顔ばかりはほぼダッシュになってしまう組み合わせだ。たぶんマールが唯一デイジーに似た顔の子じゃないかって思う。

雪乃ちゃんはファンタの子である。ファンタは2回お産をして2回とも交配の相手が違う。でも生まれてくる子犬の傾向は前回も今回も同じだった。
非常にファンタに似た子(性質とか見た目とか)が1頭ずついる。それ以外は父、母のそれぞれの部分をいろんな形で受け継いできて兄弟の雰囲気がまるで違い、大きさは半分が小さくて半分は標準といった感じだ。稀に大きくなる子もいるがスゴ〜クって言う感じまでじゃない(笑)
ファンタの子は成長した後に実際に会う機会が殆どないままなので写真でしか眺めていないため実際にどれほど似ているのかはよくわからない。
性質とか性格とかは実際に見ないとワカラナイし(笑)

雪乃ちゃんはたぶん性質はファンタそのままのようだ。性格は飼われた環境で多く異なるが夢中になるものがあれば嫌なものもいとわないおおらかさはファンタ譲りなのだろう。顔つきもよく似ている。きっと富山に行ったインディーと良く似てるんだろうなと思う。

MAGICの犬は世間一般では大きいと思われているようだが、ファンタの子に限ってはアジのミニクラスサイズの子が多くでる。
キキちゃん、蘭ちゃん、雪乃ちゃんに続き、ピース、インディー、セディア君たちが同じようなサイズだろうか。

産んだ子犬の半数が小さいって言うのもそういう遺伝子が働くのかなぁと思う。

さて顔に戻って・・・犬の顔って種々様々に見えるようで実際には良く観察できないとその違いまで見えるようにはならない。
例えばパグとかダックスとか同じ柄にでる毛色の犬に関してみてすぐにその違いがつかめる人は少ないかなぁって思うのだ。
見るポイントが違うというのか?

極端に言えば狐とか狸とかカエルとか魚とかカラスのような鳥類にも顔の違いとかがあるのだが、そこまで見極められるようになるにはよほど観察力に優れていなくては難しい。

犬好きが高じて変わり者の部類に入ってしまうと、犬の顔は見分けが付くのに、人様の顔が見分けが付かないと言う事もある(笑)私などは名前ですら同じようで今でも飼い主さんたちに、「苗字を言われても覚えきれていないのでワンちゃんの名前を言ってください」とお願いしているくらいなのだ。

かくして菊雪ママも菊乃ちゃんはダッシュ似だったのねと大いに納得された。
だって横に並べてみたらさすがによくわかるものね(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.02 Monday

ビリーズブートキャンプのお邪魔虫

なかなか思うように進まないビリーズブートキャンプだが、それなりに続いているのは結構面白いから。
ま・・・今のところ30〜40分まではついていけるんだけど、一番最初の奴が完全にできるまで先には進めない(苦笑)

日々母ちゃんと兄ちゃんズがやたら陽気に「やるぞ〜」と始めるので最初はオタオタした犬たちも今は遊んでくれるわけじゃないのねと知り至っていい子にしてくれる・・・はずが、老犬たちはそうは行かない。

そこにいたら踏むからぁ〜というすぐ傍で寝に入る奴はいるし、何でそこからでてくるのよ〜!ってわざわざお傍に寄らせてくださいって擦り寄ってくる。

ウ〜ンこれじゃ若者部屋でやるべきか・・・いやいや、奴らと一緒にやったとしたら偉い目に合うに決まってる。(苦笑)私たちよりエキサイトして大騒ぎは間違いない!

我家のブートキャンプは根性とか努力よりも単なるお邪魔虫の方が分が良い訳で(笑)その内WEIGHTになってくれそうな蘭ちゃんはまだ無理だって言うのに、抱っこしてくださいって腹筋してるひざに乗ってくる。

どうせ載るなら終ってから背中にでも乗っていただけたほうが何倍もありがたいんですが、動かないのは興味ないらしく・・・。

さてビリーズブートキャンプ。最後までPerfectにやり切れる日が来るのは一体いつだろう?(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.06.26 Tuesday

余計なお世話しました。

今日スーパーの駐車場でなにやら夫婦で愛犬の顔を一生懸命タオルでぬぐっている。
買い物したものを車に運び込みながらちらちら見てるが一向に拭き終わらない。犬は中型犬でシェルティーよりも少し大きめだがかなりの毛量。

まさかネェ・・・熱中症とかじゃないよねぇ・・・

気になって何回も振り返ってみるが犬は横たわったままだし顔なんか支えられて拭かれてるし遠めじゃ良くわからない。

結局・・・おせっかい婆のわたしはカーとを置きに行きながら傍に近寄って声を掛けた。

『こんにちわ、ワンちゃん具合でも悪いのですか?』

『いやぁ〜あんまり顔が汚いのでふいているんですよ〜』とにこやかな返事。

犬の顔を見るとちょっとばてた感じだけど車酔いかなって言う風にも見える。

『あぁソウなんですか、具合が悪いのかしらと気になったもので・・・すみませんでした。じゃぁ。』

車酔いなら別に問題はないし、犬の目が死んでたらヤバイかなって思ったけど大丈夫そうなのでくるりと背を向けて自分の車に戻りかけた。

すると後ろから投げかけられる声・・・

『犬飼ってるんですか?』

『えぇ。』振り向きながら答える。

『何頭?』

『・・・ブリーダーやってるのでたくさんいますよ。(~_~;)』

『ブリーダーさんなんだぁ〜・・・。犬が好きなんですね〜!』

にこやかにうなづいて笑いながらその場を去ったが車の中でふと考える。

ブリーダー=犬が好き。どうでしょう?最初はみんなソウだろう。でもいつの間にかそうじゃなくなる輩は多い。
見も知らずの人の犬の事を心配しちゃうのもどうかとは思うけど、なんか引っかかる言葉だったなぁ・・・。

実際・・・愛犬家とブリーダーには大きな隔たりがある。そのことは自分の中で大きな矛盾点だし、いつの日か犬に携わる人の全てが本来の愛犬家という言葉の意味を持ったものになって欲しいと思う。

先日も海外のニュースでネット販売の子犬で詐欺に会ったとかいうのをやってたしね。やっぱりハンドバックとか時計とかと同じ感覚の人が買う側に多いのは事実だし、売る側もだからこそ成り立つ商売なんだろうなってちょっと悲しい気もする。

犬がモノとして扱われなくなる日が早く来るといいなぁと思いながら家路に付いた。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.06.24 Sunday

ドッグセミナー申し込み受付開始。

ドッグセミナーの案内を早く送れと催促されて数日・・・ようやく休み返上で家族総出で、そのうえファミリーなんだから暇だったら頼むよ〜ととりゅうさんまで借り出してようやくとりあえず完了。

そのためには多くの犠牲が払われたのは言うまでもない(苦笑)

行くはずだったアジ練の視察も断念し、NPAのセミナーにもいけず、朝から晩までプリンターと封筒とサインペン。
途中締切日を入れ忘れた事に気がついて余計な手間がかかるし(/_;)

でもマァ何とか送る準備は整ったのでその内到着するでしょう(笑)

今年は9月の初旬にしか日程が取れなかったので、代表と色々話し合ってドッグプールを設置するとか、テントをたくさん張るとか、ナイターが出来るように交渉してもらうとか策を練ってある。
ようやく今年で3回目に突入したドッグセミナーだから、初心者だけでなく少しかじり始めた人たちにも楽しめるようなセミナーになるように頑張ろう!

是非是非皆様のお越しをお待ちしております

ネット上でも申込書を配布できるようにしたので、ダウンロードしてお使い頂ければ・・・

東京西シェルティークラブ・ドッグセミナー申込書のページはこちら

8月20日締め切り。宜しくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.05.11 Friday

かわいい〜(^O^)/

夜遅くともなるとみな寝てしまうのでちょっとイマイチ体力が余ってしまうレナちゃんはおもむろに一人遊びを始める。

今日は10センチくらいの木を持ち出してきて上手いこと立てておく。(かたずけておいたのに器用に引っ張り出してきたんだけどね・・・)まずはそれを遊び相手に見立てて伏せながら腰を高く上げて誘うパフォーマンスをする。
二・三度繰り返した後、急にびょ〜んと横に飛んだりなんかして見ているこっちはかなり面白い。

但し見ていると言っても私の背中越しにやっているのをさり気な〜く覗くといった感じであるが・・・

見られたと気付くとすぐに私の傍にやってきてママボール投げてとしつこいので、できるだけ見ていない不利だ。
だいたい夜中にボール投げなんかしたら大騒ぎになっちゃうしね、あなたママに持って帰ってくるの50%くらいじゃん。100%になってわめかなくなったらいくらでも付き合ってあげるわよ。

今度はダンベルを持って来てまだおきている梅ちゃんに「いいだろ〜!取ってごらん。」と誘っている。
梅ちゃんにはちょっと重い木のダンベルだが、誘うのはいいですがそのまま重いからって落とすのやめようよ・・・
下の部屋でMARINたちが寝ているんだからさ・・・
マリンは耳が聞こえないからいいけれど、パパ達は驚くんだよ・・・。

梅&松の暴走時は下の部屋にいるとものすごい音なんだしね・・・。

梅ちゃんは私が布団をベッドに敷くとピョ〜ンと飛び乗って狐みたいに一人で飛び回る。バスッと飛び込んだらすぐに飛びのいてまるで掛け布団のしたには獲物でもいるみたいである。
羽根布団なのでふくらみがあるのが面白いのか、毛布だけのときは同じ遊び方ではなくひたすらもぐりこんでうねうねしまくる(笑)

ダックスはシェルティーと違って形が変わってるせいで同じように動いているのだろうけれどかなり笑える奴らだ。
ジャイアンやシンちゃんは大人になってしまっているせいかベッドの支度が出来るまでは興味がないらしい。でもベッドが出来上がってさぁ寝るぞというときには速攻這い上がって定位置で丸くなる。

犬の寝床もそれぞれで決まっている子もいれば決まっていない子もいる。
ダックスが殆ど占領するのでシェルティーたちはソファアの上やらベッドのすぐ横やらテーブルの下やらで寝ることが多い。

しかし・・・サンダーとロックはダックスが乗る前に俺はココで寝るんだと頑張ることが多くなった。
それは毎晩交代でヒートの子がいる時にダックスの数が減る為に一緒に寝た経験が続いたせいだろうと思う。

でも・・・その日の乗り具合によっては最後は邪魔ですと私に落とされてしまう事の方が多いかも・・・(苦笑)
そのときのサンダーの悲しそうな顔は暗いので見えないから気にしないことにしている(^^ゞ

いつかキングベッドにすることがあったら?一緒に寝ようねサンダー!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.05.03 Thursday

ちょっと面白かった話。

ちょっと面白い話しが有る。

犬は未来を予想することは出来ないのだそうだ。
言われてみればソウだよねって思う。年を取ったらどうしようとか、明日はこうやって過ごそうとか考えているとは思えない(笑)

どんなに辛くても嫌でも自殺しちゃおうとは考えられない生き物だっていうのも聞いた事がある。

ある意味では人は未来を予想するから辛いこともあるんだけれどその点犬は気楽なのかもしれないなって羨ましくもある・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.05.03 Thursday

名犬ラッシー症候群

”「名犬ラッシー症候群」=犬が自分から家庭の人間社会のマナーを学ぶと期待をしている飼い主の病気のことです。”

前々から気になっていて検索掛けてみたら1件ヒットした。

ふぅ〜んって言う感じ(笑)
確かに多いかもしれないな。

犬はさ・・・人間と暮らすためにこういう子であって欲しいと願われることはどの子も同じだなって思うんだ。でも、ソウいう子にするためには犬自身からなっていくものじゃないんだよね。

どんなにいい子だったとしても教えた記憶がなかったとしても、必ず彼らに必要な点を打ってあるから人が気が着かない中で伝えられているものがあると言う事だと思う。

どんな犬だって名犬ラッシーになれるよ!
そのために必要なスキルを彼らに与えて上げられればね(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.05.01 Tuesday

ドッグコミュニケーション

巷ではアニマルコミュニケーションなるものが大流行だけれど、私は多くの生物と暮らしていないからハテナって思う事が多い。

何でそんなこと解るのかなぁとか、犬がソウいう事言うかなぁとか不思議って思う内容が多い。つまりは私はそう言う方面の勉強をしていないので理解できないのかもしれないと考えている。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/2