2008.11.26 Wednesday

動物取扱責任者研修

今日は動物愛護管理法に基づいた取扱責任者研修に立川まで行ってきた。なんと三好先生とばったり会う。
そのうち慰労会やりましょうねと話して早速中へ…。

今日は600人も来ていて壮大である。結構若い子が多いんだなぁと思いつつ隣の人と話をしてみた。1年に1回くらい産ませているので登録したんですけどねぇ〜と苦笑い。実際この法律ができてやることが山のようにあってずいぶん窮屈だなぁと思っていたけどみんな同じ思いなんだなぁとちょっと安心。

今日は新人さんはいない研修だったのか変なテストはなかった(笑)でも東洋大学の教授の話はとっても為になったし、今まで見逃していた点も見えて1年に一度の研修もちゃんと意味があるのねと痛感。

実際この制度になっていても登録していない業者という人たちはそこかしこにいる。特に店を構えていないインターネット上には多いし、ネットに出てこないものはもっと多いかもしれない。

今日のヒットは登録業者以外のところと子犬の仕入れや販売をしたり、繁殖に関わると業者が罰せられる。。。最初からそうだったんだろうけど、私はそこの部分は見逃していた。これって怖いよね。知らないでかかわっていると発覚したら罰せられちゃうんだね。

登録している人同士は登録証を見せあわなきゃならないじゃん。

それと先日の八王子で捨てられていたチワワたちはみんなおうちが決まってもらわれていったとのことだった。

蛇にかまれたオジサンは逮捕されたそうだし、ブルセラが出た業者はもう登録抹消されたけど残った犬たちに最善の方法で生きさせていく方向で頑張っているということだった。やたらイメージの悪い動物愛護センターだけど、こうしたことに力を入れてるんですと伝えたいんだろうなって思う。

ただ、多くのクレームに対応する話の中で難しいなと感じる部分は多い。
法的には物である犬や猫たち。いくつかの事例を出しながら消費者センターの人もいろいろ話してくれた。

考えさせられる部分も多く、子犬の飼い主さんになる人との契約書をもう少し詳しく作り直す必要もあるのかなぁと思ってみたり、サイト上にページとして載せておかなければならないことも出てきた気がする。

仔犬を買おうと考えている人にこういうことを気をつけて確認しなくちゃいけないのですよと書いてあるところは多少はあってもなかなか見つけられないだろう。

特に猫の話で、法律で規制はしていないけれど室内飼いの勧めをしていかなくてはならない旨は勉強になった。

情報は流し方一つでどうにでも動く。ちゃんと提言しておかないとまずいことっていっぱいあるんだなぁと勉強になった。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.24 Monday

ショックだったこと…。

土曜日に、たけしの日本の教育白書2008という番組をとても楽しみにしていた。

食事時間帯なのでどうしたって全部は見れないからとビデオに録画しておいたはずなのに…チャネルが違っていてゆっくり見ようと思って巻き戻したら入っていないし…。すごくショック。

我が家はこういう番組を見ながら大いに盛り上がる。もともと子供たちを育てている途中で、うちはほかのうちと違うとよく言われてきた。私たちが当たり前でしょうと思うことが世の中ではどんどん変わっていて、良くも悪くもアメリカの10年前を歩いているんだからと言っていたことがどんどん実現してしまっている昨今。

日本は日本らしく大切にしなくちゃならないものがあってそれはそれなりに表現したほうがいいと思うのに、なかなか反発も多いんだなぁって世代の相違というのか、解釈の違いって言うのか考えさせられる番組だって思っている。

途中はじっくり腰を据えてみることができなかったけど、最後のほうで体罰うんぬんで決まりを作らないと守れないっていうのはどうなのかっていう意見が出ていたけど、モラルハザードの今の時代にあえてどうするという時にだれもが分かる決まりを作ることってすごく難しいんだなって思った。

モラルって多くの人がそうだよねって納得できるものなのに、いつの間にかいったもん勝ちの社会になってしまって被害者が異常に強い立場に立てる状況は多くなっていると思う。
日本人はもともと謙虚な民族で「耐えがたきを耐え、忍びがたきをしのび…」なぁんって言うのが似合っていたけど、今じゃそんなことせせら笑われてしまうに違いない。

クレーマーといわれる人々がいたり(当人たちはそう思っていないところが味噌)大したことじゃないのにすぐに裁判沙汰にしちゃうし、義理とか人情とか友情とか親しいのか親しくないのか、もう何でもかんでも利害関係びっちりだったり、こんな世の中悲しいねっていつも思ってる。

世間体とかご近所の目がとかいう感覚はさらさらなくなったんだろうなぁ…。でも、そういう人達ばかりの世の中になったらどんな世知辛い世の中になるんだろうか?

今日も、社会保険庁が解体されて病院が無くなっていく〜的な番組を見たけど、選挙のためには子供でも分かりそうな問題もわからなくなっちゃうおバカな大人のやってる政治じゃよくなるはずもない。コマーシャルなんかやってる場合かって毎度怒ってるんだけどね(苦笑)

自分さえよければいいっていう考え方なんとかならないもんかしらね。それにしても番組見たかったなぁ…。

そういえば日曜日にやっていたカンボジアの小学校を作ろうっていう企画のオークション。あれってすごいなって思った。題材があれば多くの人が協力を惜しまず、大金を湯水のように使い寄付ではなく欲しいものを手に入れられて、なおかつ人の役に立てられる。
うまくやったら日本の経済立て直せるんじゃないのかな?知名度が高いってすごいことなんだねぇ…。って、私も欲しいのがあったけどあんな金額になっちゃったら手も足もでないわ。でも心のこもった絵って素晴らしかったなぁ。私もまた時間ができたらゆっくり絵を書こう・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.14 Friday

ノックアウト!

友人が遊びに立ち寄った。買い物行くけど一緒に行かない?とのお誘いだったけど、二か月足らずの仔犬がここに出してるから今はいけないと断ったら、「子犬いるのぉ〜見せてぇ〜!」と上がってきた(笑)もう大きいからいいよと思いつつ上がってもらったらシェルティーっ子じゃ無くてキナコに釘づけになる。

【ひゃぁ〜可愛い〜!】あの・・・そんなに急に抱きあげたら…と思う間もなくキナコを抱いてる。でもキナコちゃん、いい性格しているせいか、一人っ子でシェルティーにもまれて育ったせいか全然へっちゃらなのだ。チョコとは大違い(苦笑)同じ血統なのにね。「娘が仔犬を探しているのよ、これ見たらこの子がいいって言うにきまってるわ」・・・って一人暮らししたらの話じゃなかったっけ?だいたい一人暮らしじゃ無理でしょ…子犬育てるのって大変なんだよ。

と言いかける間もなく、朝此処に連れてきてさ…子供の保育園みたいに育ててもらって夜連れかえるってどうよ!?という提案が・・。娘のためにっていうよりもあなた自身がノックアウトされただけでしょ(笑)ひとしきりかわいがって触りまくって最後は寝られちゃってお茶のみに発展してしまった。数時間寝るとまた起きたキナコをかまい十分堪能して帰って行った。


可愛いといえば、パパですらキナコに向かって「お前、このままなら置いてやってもいいぞ!」なんていうくらいかわいいからね。各いう私もチョコの着古しの洋服をキナコに着せてあげようと思ったらあんまり小さくてぶかぶかだったのでつい500円のサイズ1号っていうのを買ってあげちゃった。ピヨちゃん印のふりふりの黄色いお洋服を着たキナコはまた一段と可愛くなった。

夜遅くパパが帰ってきたらその姿を見て、「なんだ変な服!」…(/_;)
男と女の見え方ってこうも違うかねぇ…。友人も大絶賛だったのに。まぁダックスのちびっ子は着せ替え人形するにはもってこいだ。一種の馴致もかねて縮んだチョコの洋服引っ張り出してまた着せてみようっと。


とはいえ・・・なかなかかわいく写真が撮れないのが玉に瑕だよなぁ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.09 Sunday

キナコと同じなのに…。

昨日、SVで買い物の帰りに性懲りもなく子犬が並んでいるところを見に行ってみた。最近はいろんな犬種が売られているけど、シェルティーもいたし、プードルとダックスとチワワは相変わらず多くてよく売れていく。

また違う子が入ってるなぁって思いつつ、ずいぶん小さいなぁって思って覗き込んだ。誕生日が書いてあったのを見てびっくり。だって・・・うちにいるキナコと同じ日にちだった。

キナコはわけあって生まれた日にちを公開することもなくサイト上に載せても来なかったけど可愛いちびっ子ダックスだ。ちょっと不思議な毛色をしていて現在成長中である。9月26日に生まれてきた。姉妹の子はいろいろあって天使になった。

キナコ昨日で43日。まだ6週だよ。あんなにちっちゃいののなぁ…キナコはお気楽でいいね。毎日楽しくおてんばしてる。キナコ公開してみましょうか(笑)


kinako_200810_26_1.jpg

kinako_20081101_2.jpg

kinako_20081105_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.30 Thursday

防犯か苦情か…。

家の前にいたらたまたま知り合いが通りかかった。見慣れない犬を引いているので新しい子?って聞くと、近所の犬を一緒に連れてきたのよ〜と笑ってる。

そうよね…笑うしかない状況だったもの、「@腰痛めないでねぇ〜」と笑って見送った。胴輪なんか何の苑で友人を引きずってものすごい勢いで去って行った。ごく普通の柴犬のミックスみたいな子だったんだけど、そんなに大きくないのに力は強そうだった。

見送って家に入ろうとすると近所の人が来たので久しぶりにおしゃべり。どうやら犬のことで苦情が来たらしい。まぁ…確かに夜中にあれだけ外で吠え続けたらたまにはいわれるかもなぁって思った時もあったけど。。。

うちの近くは意外に物騒だ。一時前はよく痴漢(抱きついたり、見せちゃうタイプ)が出たし、ひったくりもあった。
うちの一角以外はあちこちと空き巣に入られてるし、お巡りさんが来てここら辺は犬が吠えてるんでは入れないんでしょうねと笑ってたけど、確かにまぁあやしそうな人がうろうろしてたら吠えてくれないと困るよなと思う。おばちゃんちの犬が吠えるおかげか、最近へんな人が減った気もする。

パトカーだか宣伝カーみたいなのがよく回ってるんだけど、効果があるのかないのか、何かあればそのあとは頻繁に回ってくれるけどしばらくしたらもう来ないし(笑)

年々高齢化社会になって、うちの近所もお年寄りが多くなった。みんなまだちゃきちゃきしているし、今日は話したおばちゃんは75を過ぎてると言ってたけど、よく考えてみれば私がここにきてからもう25年以上たってるんだから、仕方がないといえば仕方がない。

ほどなく取りかかったまた近所の人が話に加わって結局井戸端会議になった。おばちゃんの家のすぐ近くの人らしく、「お宅のワンちゃんが吠えてくれるからうちのほうもやられないのよ、きっと!」と慰めていた。

外飼いなので昔は意地悪されて石を投げられたりしたので余計に吠えるようになって大変だったとか話は長くなる(笑)その子も結局18歳まで生きたけど、最後は行方不明になって帰ってこなかった。うちでも捜索のお手伝いとかしたんだけどねぇ…。今の子はその子はいなくなった後しばらくして人に押し付けられたとかで新しく着た子だ。

「あんまり苦情を言われるのなら夜だけ家に入れてあげれば?玄関でもいいし。」と提言したら、それじゃ番犬の意味ないじゃないのと言われて…。

う〜ん…難しいよね。うちはみんな家の中だけどさ、でも防犯にはなっていると思うんだけど、確かに近所の防犯に一役買っているかどうかは定かじゃないかも。苦情はない代わりに・・・。

とぼんやり考えてたらどんどん話が進んで、ペット回収車のテレビを見たって話に変わっていった。

あんなのひどいわと泣きそうな勢いだ。「あなた知ってるの?ひどいのよ!ガスで殺しちゃうんですってよ!!」

はい…見ました。そうですよ毎日1000頭以上も殺されてるんですよ。知ってますって。。。

「連れて行ったら1週間しか置いてもらえないのよ。助かる子も助からないわ!」

いえいえ、違いますよ。よほど性質の良い子でセンターの人の目にでも止まらなければ持ち込まれた犬の場合には即日処分っていうところは山ほどありますよ。迷子とかで捕獲された犬以外は飼い主が名乗り出る可能性がないわけだから、というより飼い主からの要請なので、収容した犬が多ければおいてはもらえないんですよ…。

おばちゃんに説明したところでどうなるもんでもない。泣かしちゃいそうなので黙っていた。でもさ・・苦情を言われたからもう飼えないって言う理由で持ち込まれる子だっているんだよね。

めそめそしながらあの子は私と一緒に死ぬのよって言い聞かせてるんだって話すおばちゃんならきっと大丈夫だろう。

犬は人の役に立つ。今はおばちゃんの家を守って頑張ってあげてね。近所の人が感謝してくれてる何ってそうざらにはないのだから恵まれているよね。
できれば怪しい人が歩いていないときは夜中はあんまり吠えないでね。猫は無視していいんだからさ。(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.25 Saturday

寄る年波に勝てず…

今週は結構大変な1週間でした(−−〆)

ドッグセミナーの前の晩、睡眠時間1時間半。セミナ−では懇親会で盛り上がっちゃって結局寝たのは1時過ぎ。朝は早くから起きちゃって5時半には目が覚めた。家に帰ってきてその晩はご飯を食べた後9時前にダウン。ごみ出しの日だったので何とかかんとか起きだして起きちゃえば一日やることはたくさんある。

翌日、ちょっと心配だからと獣医さんへ…。まだまだですよね〜とお気楽にいたら夜中に生まれちゃってその晩結局子犬をおっぱいにつけたりなんだかんだで徹夜。

さすがに水曜日は死んでたけど早々犬たちは寝かせてくれないのでぼんやり一日過ごし…。寝れないのなら何かするしかないとサイトを作り始めてみるけどあんまり進展せず。

普通3日もたてばここら辺で回復してくるものなんだけど、毎年毎年どんどん体力無くなっていることを痛感。木曜日にごみ捨て忘れるくらいだからね。。。(/_;)獣医さんいも生まれました!って連絡するの忘れちゃったくらいだからネ(/_;)参ったなぁ…先生ごめんなさい。

30代のときはこんなことなかったのよね。35でも大丈夫だった。40過ぎたあたりで少し疲れが残ることもある気がするかなっていう程度。45過ぎてなんかずいぶん体力ないなと思いだし…あと一声で50になるこの年は…すっかり体力無くなってるじゃん!

やっぱり年には勝てないつぅ〜ことです。

と、その中で何とかかんとか、ようやくプロフィール完成しました。次はMAGICSTYLEです。こちらはもう少しで完成。あと数枚描き上げれば…

今回のサイトリニューアルは一つずつカテゴリーを開けていくことにしたので時間がかかりそうですが読む人にもそのほうがいいだろうなという配慮付(苦笑)

何せうちのページはやたらにだらだら書いてあるから読むの大変なんだそうで。仕方がないです。マシンガントークのままこちらのサイトも制作しているのは私なのですから(苦笑)

ひと昔前、全部読むのに丸々1週間かかりましたって言われたことがあったっけ。ブログじゃなくてサイトの中身をちゃんと読んでくれる人が一人でも多くなりますように(笑)。。。一応読みやすいように努力してはいるんですが文の量は変わっていません、あしからず。<(_ _)>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.02.23 Saturday

春の嵐か?

なんだってまたスゴイ風で・・・

今日ってアジの大会あったんじゃなかったっけ?みな大丈夫かなぁ・・・。
ドッグウォークで落ちたりしていないかちょっと心配。

今日は車が二台とも出たので皆を出して遊ばせようと思ったけどあまりの風の酷さに断念した。

買い物に行って空を見上げたら茶色い・・・。こんな空はじめて見たわよ!
黄砂じゃあるまいし勘弁して欲しい。
目はゴロゴロするし、自転車はぶっ倒れて買ったばかりのバスケットは持ち手の所が割れたし・・(/_;)

なので室内で写真撮影。なかなか可愛い写真が取れました(笑)
動かなければ取れるのよね(~_~;)

neene_0222_1.jpg

ネエネ隊長!最近美貌に磨きがかかって来ました。

runar_0222_1.jpg

ルーナ君!超可愛い!

seiran_tf_0222_1.jpg

セイランとトライの女の子。
貴方たち女の子ですよね。【出せだせ〜!】ってサークルをよじ登ろうとしないでください。無理なのはわかっていますが、もう少しおしとやかになさい。

最後にのんびりしているサム君。
20080219_sam_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.02.09 Saturday

お払い

昨日大宮八幡にお払いに行ってきた。

ミールの病気は良くなるように、息子の厄払いもかねて・・・

神前って言うのはなぜか妙にピンと張り詰めた気がするものだ。
寒いのもあるのかもしれないけれど、日本人なんだなぁって思う。

神様仏様と言うけれど、辛い時に頼るのはなぜか神様なんだなぁ・・・。

どうか嫌なものを取り払ってくださいとすがるような気になる。
見えない何か大きな力が働いてくれることを望みながら・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.07 Friday

天才チンパンジー?

天才チンパンジー 大人よりも賢い!?

って言うニュース。

大人よりも賢いって変な表現だなって思う。
このチンパンジー、アユム君というらしいんだけど、映像で見れば確かにものすごい動体視力と記憶力と的確な動きだ。あれじゃトレーニングを積んでいない人間なんか追いつくはずもない(苦笑)人間の子が持つ特殊な能力に似た物だそうだけど、フラッシュ暗算ができる子とおなじような気もしないでもない(笑)

でもこの子の母親は長い間研究の為に同じようなことを繰り返しトレーニングしてきた結果を人に伝えてきた天才といわれたアイちゃんで、アユム君は生まれてすぐから母親に張り付いたまま、こうした器械に慣れしたしんで着ている。当然アイちゃんよりもずっと幼い時期からこれが普通の事であるかのように知らない間に楽しみ(やったらおやつがもらえる)として受け入れて人では考えられないように単調な作業を繰り返してきているはずだろう。

だとしたら・・・結果はうなづける結果に違いない。

同じことをトレーニングを積んでもいない極普通の人間の大人にやらせて結果がこのチンパンジーの方が格段に上だったとしても、学んでいる期間と練習時間が同じでない限り比べることは出来ない。

人は高度な知能を持った代わりに確かに失ったものもたくさんあるけれど、比べる時は同じ条件をつけなければ不公平だ。

同じような作業でフラッシュ暗算というものがあるけれど、瞬間的な記憶力と共に計算もしなくてはならない。ものすごい子供たちがたくさんいる。大人になっても鍛錬している人たちはやっぱり素晴らしい結果を出している。

つまりどういう学習をどのくらい繰り返しているかによって結果は変ってくるって事なんじゃないのかなと思ったりするわけだ。チンパンジーにその能力があると解った成果は素晴らしいけど(^_-)-☆

他の生き物たちにもそういう能力がどの程度あるのかを調べ、出てきた結果を神妙に人間が受け入れるかって言う事が重要じゃないかって思う。

人間は確かに知能が高く他の生き物たちとは比べ物にならない生き物に進化している。でも他の生き物たちだって人間が理解している範囲を超えた能力を持っていないとは限らない。ただ・・・誰も調べないからや形として研究発表されて証明されていないものが多いだけで・・・。

アユム君というチンパンジーの子供もそうなんじゃないかなって思う。自然の中で弱肉強食の世を生き残っていかなければならない彼らに備わった能力は、彼らには必要な能力だけれど、人が知能を得た事で必ずしも必要に迫られなくなったものが多いんだろう。

でも中にはイチローみたいに子供の時から鍛錬した結果にものすごい動体視力を持っている人間だってまだいたりする。人の脳は殆ど使われていない部分のほうが多いとか聞くし、どんだけぇ〜?って感じなんだろうな。

人はそれぞれに興味をもつ分野が違い、興味がある分野には長けていく。
それはたぶん遠い昔の本能で生きていた時代の名残というか、その人それぞれに必要なことなのかもしれない。

どちらにしても、人間が一番と思っていた数字を認識するとか単語を理解しているとかいう知識という部分において他の種族にもそれが鍛錬すれば理解させられるのだと言う部分においては素晴らしい研究成果だろう。

このチンパン君のように犬もまだまだ未知数の生き物で現在のようにどちらかといえばペットとして人間と同格には重んじられていけない実情を考えるに、こうした研究をして貰えて結果が出てきたらなぁと思ったりもする。

研究とか実験とか言う言葉は好きじゃないけれど、能力がどれほどのものなのかを知るための研究は必要じゃないかって思うのだ。
その結果が出てくれば学者が証明したと言う事で多くの人たちがもっと犬への認識を変えるに違いない。

そんな日が早く来ることを願って・・・アユム君がんばれ!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.06 Thursday

伝え方と捉え方

<学習到達度調査>日本人の学力さらに低下?

こんなニュースが走った。去年も順位が下がってどうのこうのって言ってたなぁと思いながら、このニュースに関して偶々車でラジオを聴いた。

ニュースを読むと学んでいない事を要求されているのだから下がっても仕方が無いと書かれているけど、ラジオでは違う見解だった。

日本人は元々勤勉で努力家な種族なのだそうだ。でもココ数十年の飛躍的な社会変化で対応するべき部分が欠落するような変化がおきていると言っていた。

例えば数学などはゲーム感覚で数字を並べながら問題を解けてしまったりする事が非常に多く見えるのだそうだが、証明しなければならないような問題が解けなくなったりすると言っていた。何でも原因と結果の間にあるものを見つけられないとか言っていたような・・・?
また問題文自体の読解力がない場合には解けない様に作られている問題が苦手なのだそうだ。

それは・・・従来には極普通にあった人と人とのコミュニケーションから学ぶチャンスの少なさに原因があると解説者は語っていた。そして現代社会に蔓延っている便利になったもの達の利用によって大きく得るものがある変りに失っていくものがあるんだとも話していた。

確かにそうだなぁと思う。
読み書きそろばんと昔は良く言い、活字になった本を知識の吸収の為に読み漁ったと思うし、わからない単語は辞書を引いた。こうしてキーボードを叩いて書かれる文章ではなく自身の手で言葉を選び他に読む者に通じるように配慮し文章を考えて構成して自身の手で文字にして残してきた。言葉にして出てくるままに文章に変えて行くという作業も文字にして書くという作業が伴ってこそなのだそうだ。確かに・・・!

実際キーボードを叩いて書き残したものの記憶はあまり残らないけれど、ペンを使って紙に書いたものはどんなに時間が立っていても内容の大まかなことを覚えているものだ。。。
脳にインプットされる経緯が違うのか、記憶に残る作業は体を動かした方が伝わると言う事なのかと思う。体を動かすと言ってもキーボードを打つような単調な作業ではなく文字をペンで書くという難しい作業だからこそなんだろうなぁ。

相手の話している事を確実に聞き取り、解釈する能力はラジオの時代のほうが高かったかもしれない。

今は。。。便利な世の中になって人と人との付き合い方にも大きな変化が出てきた。あんまり考えなくても生きていけてしまう時代っていう感じである。

インターネット上で書き込みしあう間柄だったりしたらすぐに知り合いだと思い込むし、ざっくばらんにある程度を語り合えたらすぐに友達に昇格する。
私の思う知り合いって相手のことをある程度いろんな部分において知っている事を言う。でも・・・自分をさらけ出して無防備に付き合えない間柄っていう感じだと思っていた。
友達って言う以上はそこそこ長い付き合いがあってお互いに相手を尊重できて思いやりを持って対応できる間柄にまでなった相手を指している。

どちらの場合も実際に面識があるわけで会った事もない人を知り合いとか友人とか早々いえないんじゃないかって思うんだけどね。

言葉の意味が希薄になってきたし、そういう状況だから出会い系とか言うものでトラブルのおきやすくなるのかなぁとも考える。思い込みって言うか勘違いって言うか・・・

時代は確かに変っている。どんどん便利になって外に出なくても買い物はできるし、人と実際に声を交わして話さなくてもコミュニケーションが取れているような気にさえなっていく。そんな状況の中で勘違いが勘違いを産んで行くのは必然かもしれないなって思うのだ。

言葉の読解力・・・難しいけれど母国語で書かれているものならば理解できる様でありたいと願う。そして伝えたことが伝えたままその先に伝わって欲しい。それは文章だけではなく会話でも同じことだ。そう願うのは今の時代にはふさわしくないのだろうか?

改めて日本語を見直すいい機会だなぁって感じたニュースだった。
どんなに難しい物事でも、まずは伝えられている意味が理解できていなかったら解決は出来ない。文章になったものを読みこなす力や話している内容を理解する能力をもっと高くしていきたいなぁと痛感させてもらえて結構感謝しちゃったりね。(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/8 >>