2008.12.15 Monday

女は強し!

パフィーっ子たちは4匹兄弟なのでピーターの比べたら強〜い子たちだ。中でもナナちゃんは一番体が大きいから最初からナンバーワンを誇っている。

そして飼い主さんが既に気が付いているようにかなりのお転婆さんだ。最近は彼女の強さに気が付いたピーターが狙いをつけられると先に抵抗するようになった(笑)

でもたいていはその抵抗むなしく突撃され、ほうほうの体で逃げ出すというのが日常。

2008_12_13_1.jpg2008_12_13_2.jpg

女は強いんだ。これは毎度のこと。仔犬を選ぶ時に女の子がおとなしいから欲しいという人がいるけど、うちからのアドバイスは女の子は強い子が多いですよと言ってしまう。おとなしい子とか優しい子っていうのは実は男の子のほうに多いくらいだから(笑)

引っ張りっこするにしたって顔をなめるにしたって優しいなって思うのは男の子。…いや、おんなの子だって可愛いですよ、ええ、女の子だってね。(笑)

2008_12_13_3.jpg


パフィーを遊びに誘うナナちゃん。あのぉ・・・それって普通ママが先にやるんではないでしょうか?ナナちゃんたらおませだねぇ(笑)

2008_12_13_4.jpg


これ女の子の形相。

2008_12_13_5.jpg


これ男の子。

写真とるのも結構大変なのよ〜!(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.06 Sunday

デイジーッ仔内覧会とちびジェニの話。

今日はシェリーちゃんと陽(はる)君のおうちが仔犬たちとご対面の日。
るみこちゃんのおうちだけ来週になって2家族が来られた。

狭い我家に今までとは違って老犬がうろうろするもっと狭い空間の中で内覧会である(苦笑)
この際仕方が無いとテーブルもどけ、とにかく人と犬がうようよする中に仔犬たちが登場する。

nairankai_080705_1.jpg

やっぱりひと月なので直ぐにおねむだ。抱っこもまだまだ無理っていう子犬達の写真を頑張って撮られていたけど上手く撮れただろうか?

17日先に生まれたメロッ仔達が登場すると一段とにぎやかになった。特にチビジェニはハイパワーなのでみなの笑いを誘う。
両ご家族は、サムやミミ、蘭たちがベタベタするのを堪能して、母犬父犬を見て納得しただろう。この親にしてこの子あり?

この育ての親家族だからコウいう子が育つ(笑)
どちらのご家族も優しそうでたくさんの質問があって、この仔達の為にきっと良い環境を作ってくれるだろうなと嬉しくなった。
今まで知らなかったことを知り、これからも育てて行く中で【暮らす】と言う事に重点を置く犬への接触を一杯覚えて欲しいと思う。

いつかこの仔達とツーカーの仲になったとき、【MAGIC】の犬を選んでよかったと思ってもらえるようにお渡しするまで頑張って育てておきますね。

ひとつだけ懸念していたシェリーちゃんのアンダーショットだったこともこんな感じですと最初に見せて説明し、ご理解いただいて無事に家族に迎え入れてもらえるとのことでホッとしている。少しでも治るようにナゼナゼしておくかなぁ・・・。

うちは、規約には小うるさいことを書いているけど、この子だから欲しいと思ってもらえないのだったら予約してもらったとしてもキャンセルしてもらうことにしている。勿論預かったお金も直ぐに返却する。
生まれて直ぐにはわからない欠点が後からわかることもあるし、今回のように両親や親戚から考えてアンダーがでないと思っていたことから気がつくのが遅かったような場合にはなおさらだ。
大きくなってからこれじゃぁと思われるのだったら子犬が可哀想だから、最初から渡さない方が良い。

普通の生活が無理なほど酷いものがある仔犬が絶対に外には出さないし、そういう仔犬はそうは生まれては来ない。命の価値は同じだと思うから、欠点がある無しに関わらず、この子が欲しいと、この子と生涯をともにくらしたいと思って下さる人に託したい。だから無理をしないで欲しいのだ。

人気絶頂のチビジェニも何件か問い合わせを頂いているが、お断りしている。

可愛いからではなく、あまりに標準より小さいことがどこかに問題があるのじゃないかと不安になっているし、後々連れて行かれた飼い主さんたちに悲しみを早く訪れさせたら自分が辛い。今は元気でもジェニーのように発病して心配で胸が張り裂けそうになったり、大金が掛かる事だってあるかもしれない。

せめて獣医さんで健康診断をしたうえで太鼓判でも押されない限りお嫁には出せないだろう。こんなに小さいから予防注射だって直ぐには打てない。ジェニーの時のように4ヶ月くらいまで親からの免疫に頼らなければならないこともあるだろうし・・・。

可愛いだけじゃ犬とは暮らせない。1頭の犬と暮らすからにはその生涯に責任を持つって言う事だから・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.05 Saturday

内覧会にて・・・。

2日の日にメロッ仔達の内覧会をした。内覧会って言っても、もえちゃんのご家族がいらっしゃったのみだが(^^ゞ

パパさんもままさんも丁度可愛くなったチビッ仔達を目の前にして瞬殺されていたらしい。そりゃマァ45日くらいの仔犬はハイパワーじゃないし可愛いことこの上ない。もう少し待たないとお迎えできないのは歯がゆいだろうが、我慢していただくこととして・・・。

moet.jpg

ナナちゃんのご家族は見たら連れて帰るといいそうなので迎えにだけ行きますとのことで、それもひとつの案。こちらには実物が見れない分とパソコンをしないそうなのでご友人たちの協力でサイトの内容やらナナちゃんの成長振りを知らせていただいているとのことなので、【新しいプリンター】で今までとったものをプリントアウトして送ってあげようと思う。

パソコンができればデータの方がいいのだろうが、久し振りの写真になった仔犬たちはパソコンで見るよりいいもんだなぁとアルバムの良さを思い出させる。明日には付くかな?きっと喜ぶだろうなぁ・・・。(^O^)/

nana.jpg

仔犬達には飼い主さんのいろんな思いが寄せられている。
もえちゃんもななちゃんもその思いをちゃんと受け止めて飼い主さんたちの一番になれる仔に育って欲しい。

チビジェニの可愛さにやられたママさんの笑顔が印象的な内覧会だった。

 chibijenny.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.06.24 Tuesday

ジェニー再来?

とても心配だったチビジェニは姉妹とは雲泥の差ながらなんとな〜く育っている。写真を撮るたびにふとした瞬間が【ジェニー?】って思うくらい良く似ている。

パパに言うとこの子は置くのよと断言しそうなのがばれているらしく、【気のせい気のせい】と笑い飛ばされているけど、ゼ〜ッタイ生まれ変わりだと思うんだ。

ジェニーが天国に逝ってから丁度一年近くなって、メロから生まれてきた。ジェニーの誕生日にはミールが天国に帰り、嫌が追うにも思う出だすようになっているし。。。

ジェニーの生まれ変わりに見えませんか?

chibijyeni_080623_10.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.07 Wednesday

ようやく再開。

うっかりリンクし忘れていたこちらのブログも再開します。
今月中過ぎには待望のメロディーとロックの赤ちゃんが生まれます。
しばらくは妊娠状況など書こうかな?

記事が面白かったらブログランキングのボタンを押してくださいね!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.05 Monday

セディアがきた。

5月3日・・・。はるばる大阪からセディア家が顔を見せにきてくれた。我が家から巣立ってはじめての来訪である。

sedia_080503_3.jpg

運がいいのか悪いのかセディアのお迎えのときもたまたまドッグショーで、会場で落ち合って我が家に来てもらったんだった。それが今回も同じく・・・。(苦笑)

大人になったセディアはメロディーの子かと見間違うほどそっくりで、ママのファンタにはぜんぜん似ていない。父親が同じパフィーのほうが似てるかな?
おなかの大きなメロディーとは並べないままだったけど何枚か写真を撮ってみた。

sedia_080503_1.jpg

sedia_080503_2.jpg



お耳がぼさぼさだったのでちょうどはさみを出してあったのでアベル君もセディアもおおよそカットしていい男になったと思う(苦笑)

実際に見せてもらってこういうところで困らないか?など聞きつつ、アジはどのくらいやっているのかとか、犬に対しての対応の仕方に勘違いがあるよとか、毎度おなじみの爆裂トークで数時間が過ぎた。
秋にはデビューするのかなぁ?
私ばかり話して、あまりいろんなことが聞けなかったけど(苦笑)聞きたいことはあまり無かったみたい?

どんな犬にも共通だけど、飼い主の所作は大きく影響を与えるものだ。飼い主が犬からの答えを認めない限り、思ったように変化はおきにくく時間ばかりがかかってしまう。
今回、彼らにとって良かったのか悪かったのかはわからないが指摘した部分に変化をおこせれば格段に関係が変わるだろうと思う。

モリーよりもほんのちょっと小さいセディアはとてもかわいらしかった。軍団との遊びにはちょっと引き気味で、唯一トールには果敢にチャレンジしていたなぁ・・・、実際からだが同じくらいの大きさだったから?
でもトールのほうが顔がでかかった(爆笑)今度会うときは弟のほうが大きくなっちゃっているだろう。

all_080503_1.jpg


また遊びにおいでね・・・今度は外で一緒に遊べるようなときに・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.04 Sunday

ひさしぶりのドッグショー!?

ファンタの子トールがドッグショーに参戦した。

thol_080503_1.jpg

thol_080503_2.jpg

thol_080503_3.jpg


当日朝4時起きで出かけた江戸川の川原。
何故に雨???それもかなり降っているし止む気配なし・・・。

前の日に洗ったから他所はふんわりしているけど、トライだし吹かせようもない毛だし、とりあえずがんばって走れればヨシ・・・だったんだけどさ。

ハンドラー@リュウを前日の朝8時から2時間半も特訓したのよ・・・(笑)

なのに・・・相手がいなかったらと言う願いも空しく、ケンチェリーさんの【大関?】と当たって敢え無く撃沈しちゃった。

初めての発電機の音にようやくリュウちゃんとステイができるかなまで持ってきたのにたびたび座り込むトール君。先に走る大関君に引きずられるように思いっきりギャロップ(笑)

1週間様子を見つつマナーを教えたけど、おやつ地獄の後遺症にはかなり参ったかな・・・。事あるごとに座ればいい事があると学習しちゃった仔犬にそうじゃないんですよと伝えるには私だと1週間じゃ難しい。そのうえで当日引く人は飼い主でござい・・・。((+_+))大丈夫かなぁとかなり不安(笑)

恐いことがあっても気にしなくなるように持っていくことや、おやつの魔力の形を変化させるのは刷り込みの度合いにもよるだろう。ファンタの子だけに一度覚えたら忘れませんから・・・彼の場合(笑)

元気に愉しく合宿を楽しんだトール君には申し訳ないが、いつかリベンジしに私と組んで再戦できたらなぁと思う結果のショーだった。
実際トールの事は自分は気にいっている子だから(^_-)-☆

ちなみにベビーキングに輝いた対戦相手のケンチェリーさんの大関君はすごく良い犬だった。ショードッグです、ボクは!と言う子。
バッチリマナーも入っていて軽やかにギャロップせずに走れる様に育っていて、きっちりステイできる。【さすがだなぁ】と頭をかいてしまった。
1週間の付け焼刃で勝てるような相手じゃありません(笑)
勉強になりました・・・。(~_~;)

※雨の中、ケンチェリーさんのテントに入れてもらい貴重な時間を過ごさせてもらい感謝します。ありがとうございました!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.28 Monday

大活躍!

4月25日、ダッシュが12歳の誕生日を迎えた。
この父親の誕生日を祝ってくれるかのように子供や孫たちは大活躍だ。

白はD1で決勝戦進出で7位という好成績を収めた。
プリンはファイナル権ゲット!
サンダーも雷も寅もジェットもコースケも練習の甲斐あって前回より数段良い表現の大会だった。

ユノは訓練協議会でポイントをゲットし、8位という成績までついてきた。

ダッシュはもうとっくに華やかな世界から引退し、子供も望めなくなっているけれど、子供や孫たちが彼の楽しみを引き継いでくれているようでとても嬉しい。

ミールが具合が悪くなって病院へ駆け込んでしまったので大会には参加できなかったがみんなからの嬉しい結果を聞くことができて感慨にふけっている。

私たちが望むことは、私たちが産ませた子犬が新しく飼い主さんになった人たちの人生を変えるようなパートナーになって欲しいというものだ。

数年前、仔犬たちの飼い主となる人とであったとき、NORIちゃんもGAJIRAさんもユノママもりゅうさんもみんな犬とドッグスポーツをやって楽しむんだ〜!と最初から考えていたわけではなかったと思う。ごく普通に愛らしい犬を家族に向かえ、素敵な生活を送ろうと思ったはずだ。

結果は後からついてくる・・・。

私たちの望む結果は仔犬を渡してから数年後について来るようになった。
それもみんな飼い主さんたちの犬への愛情の賜物だと思っている。

紆余曲折あるなか、へこたれるときもあるし、たくさんの仲間ができ叱咤激励される中で培われてきたものもあるだろう。ふと下を見れば期待に満ちた目を輝かせる大切な愛しい存在の愛犬が傍にいる。その愛犬とこれからも大いに人生を楽しんで欲しい。
勝ち負けの結果も必ず後からついてくる。勝っても負けても楽しかったねと愛犬の健闘を称えて揚げられるようにこれからもみんなの活躍を楽しみにしている。

素敵なお誕生日プレゼントがいっぱい届いたダッシュは今日も元気で頑張っているから。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.18 Friday

不思議な毛色のチョコちゃんのこと

我が家に居残りに決定したダックスのチョコちゃん。

もう5カ月になりました。外出先で思わぬ洗礼を受けてしまった彼女は超極端な怖がりに変貌し、パパや直哉にさえ吠えかかるというエライお嬢さんになってしまいました。

お客さんや知らない人ならいざ知らず、家族にこれじゃただの困りもの。抱いていても吠えるほどになり、むりやり抱けばおしっこちびっちゃうって…(/_;)
繊細とか敏感とか通り越してドシャイっていうやつです。

あの日の前はこんなにひどいシャイさは見えなかったのにきっと彼女に無理をかけた結果だろうと受け止めました。
一緒にいた私を信用していないのも当たり前…。助けてもらえなかったという記憶はかなり根強いものです。

こちらからしたら大人しく人に抱かれて神妙にしているし体も震えてもいなかったので大丈夫だなと思ったんだけどねぇ…。チョコにしてみればすくんじゃってるほど怖かったのに、ママは助けてくれないでこともあろうか人に渡したのはママじゃないのよってことなんざんしょ…。そうですとも…。

失った信頼を取り戻すのは大変。
私を信頼できると認識させるのに1週間かかった。
とりあえず名前を呼べばおおよその時は吹っ飛んで戻り大喜びで飛びつくようにまで立て直したが、気になるものから離すことと、裕貴が安全だとわからせるのに約1週間。パパと直哉は家にいる時間が少ない分そのほかに1週間の時間がかかった。

買い物に連れて行けば遠くを歩くハスキーを見て「うぉぉぉぉ〜ん」と警戒吠え…(/_;)カートに乗れるはずもなく抱いているのに人と目があった危ないわとばかりに「うぉぉぉぉ〜ん」…(/_;)
他犬種みんなだめで、個体識別はっきりしてるのねと思うようにダックスもポメもシェルティーもうちの子じゃなければ全部だめ…。

Jマートの中で余りのビビり具合に開き直って「あのねぇ、だ〜れもチョコちゃんのことなんか見ていないのよ、なにもされたりしないでしょう?」と話しかけていたらキョトンとして顔を見上げている。

犬連れの人が「うちも同じですよ〜」と笑いかけてくれるが動揺は隠せない。

いや…うちは…うちの場合はこれじゃまずいんです…。とは言えるはずもない。

特別待遇になったチョコは我が家に残るダックスとは裏腹にまるでシェルティーを育てているかのように手をかけることになった。
寝れば抱っこし体をまさぐられ、それでも爆睡する子に変化した。最初こそ多少なりとも吠えてはみるものの、いさめられれば我慢できるようになっても来た。
二度目に連れ出したJマートでは一度も吠えないで買い物ができたし、お散歩も大好きなかわいい子になってきた。

まだまだ怖いものからの逃避癖は消えてはいないけれど、もう少しママが安全と理解できればもっと変化するだろう。

チョコの毛の色はまるでアイリッシュセッターの様な毛色で鼻鏡や口吻はレバー色だ。目の色もエキゾチックなうすい茶色で外国人に見える。
毛色のことを調べているがチョコを何色と呼べばいいのか未だにわからない。
血統証上はレッドで登録したが…。配列式もどう書けばこの色になるのだろうと悩むところだ。

怖がるようになってから、食も細かったがようやく手のひらから食べさせ続けてだいぶ食べられるようになった。
まだほかの子が御飯の入れ物に近づくと大急ぎでかきこむように食べたりするところがあるが時間の経過とともに変わるだろう。

何かの因縁があって我が家に残ってしまう子犬がいる。それはなぜか生まれたときにこの子はうちの子になるのかもと不思議な感覚がわいたことを思い出させる。チョコは生まれた時にきれいな色の子だったのでそうはいってもきっと飼い主が一番最初に決まる子だよなと思うことにしてきた。桃の最後の子だしなぁと思いつつ…。

5カ月になった今…チョコはうちの子になっている(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.15 Tuesday

プリンと栗ちゃん。

我家から巣立ったプリンと栗ちゃん。
プリンはDISCの大会でパフォーマンスを2度やると言うアクシデントの中思ったような成績は振るわなかったが、良い経験を積んできたようだ。
きっと次のFINALではこれをバネに飛躍してくれるだろう。

その姉妹の栗ちゃんがママになる為に二度目の交配のチャレンジに来た。
優しいパパとママから離れる時に栗ちゃんは超ブルーになる。

我家の犬達ともトラブルはないものの、YUUKIにべったりへばりつき、私の顔を見ると『おうちに帰して頂戴』と訴えに来る・・・。お話の出来る賢い子だ。

犬は苦手ではないらしいが、背中に手をかけられるのは許せない性質らしく、マリンやレイン、ファンタのような子だなぁと思う。
ベガの明るい元気な性質が頭の良い栗ちゃんとの間に交わってきっと良い子が生まれてくるだろう。
イケメンベガとの赤ちゃんが見られるか見られないかは後ひと月しないと確認できないが、首を長くしてキリンになりそうなパパとママの期待にどうか応えられると良いなと思う。

前回しくじったロックの初めての赤ちゃんは、もしかしたらできていそうな感じである。エリーの時に直前で亡くしてしまったあと、ベンの娘のアリスちゃんは不受胎だった。

ベガと並べて写真を取ってみたが案外似たところもあるのねと嬉しいロック様である。ショーに出すか、5歳まで待つか、色々悩みどころだけれどファンタに続く私のお気に入りのロックから新し命が生まれることが楽しみで仕方がない。

メロディーのダッシュから貰った頭の良さと気の強さに、ロックの陽気で明るい性格が受け継がれてきたら楽しい子だろうなと思う。5月から6月に掛けてまた忙しくなりそうだ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
<< 2/6 >>