2008.07.30 Wednesday

ナナコ&ジェニーのお嫁入り。

メロッコのお嫁入り第二弾。

白馬からはるばるお迎えにやってきてくださったナナコとジェニーのパパとママは、思っていた通りのご夫婦だった。
彼らに我が家を教えてくださったAFCに通うSさんも同席、そのSさんを紹介してくれたユノママも一緒にみんなで集まった。ひとしきり子犬たちを遊ばせて、大人の犬たちを見せながらも話が尽きることはない。

私が今回ナナコ&ジェニーのオーナーになる人に望んだことはたった一つだけだった。

ただただかわいがってください。。。

きっと優雅な美しい娘に成長するだろうナナコとおてんばでおきゃんなお茶目な娘に成長するジェニーとの姉妹の違いを堪能し、個性の違いを楽しみにして彼らから得られるだろうしあわせを十分に堪能してくれるご夫婦だと、何度も電話で話しながら、犬だったら嗅ぎ取れるような匂いのようなものを感じた人たちだ。

私たち家族が最初にマリン&キャンディーを望んだように、娘として家族として最愛のパートナーとして人生を一緒に生きることを願っている匂い。亡くなった前のナナちゃんを人生の同志と表現した彼女。

その匂いを持つ人と巡り合えたことをとても感謝している。

マリンが私の娘になってもう15年半が過ぎた。いつのまにか15年半という時間の中でマリンは娘であり大事な人生のパートナーだった時期を経て、残された時間を苦しかったり痛かったりしないで安穏と送るような年齢になってしまっている。
でもそんなマリンを抱くときに、声をかける時に、目の前にいるふわふわのかわいい子犬たちとその姿がダブる不思議さを暮らしてきた歴史に幸せがいっぱいだったからなのだろうとぼんやりと振り返る。

犬たちの寿命は人が90才まで生きるとしてもたった6分の1だから。。。
元気で楽しく暮らせる時間はもっともっと短い。

多くの人は私たち家族のように多くの犬たちと暮らすことは不可能だ。
だから1頭1頭との時間を大切に育んで喜びの大きな時間を続けてほしいと願っている。

元気でハイパーなチビジェニと綺麗なナナコがいなくなって、やけにさみしくなった。見送るときに久しぶりに涙がこみ上げてきて「バイバイ〜!」と声ばかり元気に送り出したが、誰もいなかったらきっとママさんに抱きついて「この子たちと幸せにしてください」とすがりついていたかもしれない。

いつになっても、いくら空威張りして、もう2ヶ月にもなると早くお迎えに来てくれ〜って思うのよと豪語している割には、さみしくてさみしくて、心臓がキュンとなる。

巣立った子たちがその家庭それぞれの色に染まり、○○家の子ですって顔をするようになったときに、送り出してよかったと思う私たちだから、送り出してから長いおつきあいをつけられることを切に願っている。

そのうち、予防注射も終わり、ご夫婦で草刈りをして広くなったという畑で飛び跳ねている写真が届くことだろう。
元気で楽しく暮らすんだよ!パパとママの言うことを聞けるおりこうさんにおなり。いつかきっとお父さんとメロちゃんロックを連れて白馬に遊びに行くからね(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.29 Tuesday

高級果物で。。。

義理の兄の訃報、義母の7回忌、義父の23回忌と立て続けにバタバタしまくった我が家に普通じゃ買えない(苦笑)超高級果物の「マンゴー」が数日前に送られてきました。それも海外から!(喜)

我が家では全員生まれて初めて生のマンゴーなるものを食することに!
冷蔵庫でしっかり冷やし、わくわくしながらマンゴーカットで食べました。

強烈においし〜!!(^^)!(^◇^)(*^_^*)

が…。

数分後…下の息子がなんかのどが痛いと言い出します。
「風邪ひいたんじゃないの〜!」てな感じで全く意に介せず残りの3人は次の日も次の日も堪能しました。


たくさん送ってもらって大感謝です。

我が家ではパパが帰りが遅いと果物まで出てこないことが多く、ついに大事にとっておいた最後のマンゴーを本日夕食後、疲れたから高級果物を食べようと言いながら夫婦で舌鼓を打ちました。

数時間して異変が…

実は私にはアレルギーがあります。卵とチョコレートです。今のところ他には反応したことがなく、卵も生で食べても一つや二つなら問題が出ません。チョコレートも板チョコ半分くらいまでなら大丈夫でした。
反応が出るほど食べると決まって同じような場所に一杯湿疹ができてかきむしることになります。インフルエンザの予防注射は子供のころ死にそうになったのでいまだに打てません。

人物とは違い(苦笑)繊細なこの体は自身の体に問題が起きそうなものを食べると、二の腕や鎖骨の近くあたりにぶつぶつと…(/_;)

あっという間にぶつぶつと…。

ネットを見ながらメールチェックとかしているとそのいつもの部分がやけにかゆいのです。蚊にでも刺されたかなぁと思ってちょっと掻いたりしているとだんだんあちこちかゆくなって、見ればいつものところに一杯湿疹が…。

鎖骨から首筋にかけても出始め、頭もかゆいし、耳までかゆい!
ぶつぶつはじんましんみたいに膨れるものあるし、点々で異様にかゆいぶつぶつも混じって出ます。

いやだ〜!!なんで〜???今日はチョコも食べていないし、卵だっていつものひとつしか食べてないのにぃ〜…。

はっと気がついて検索したら…マンゴーは漆科の植物で人によってはアレルギーが出るのだそうです(/_;)私は食べた感じから桃(バラ科)かと思っていたのに…。

うえぇ〜んかゆいよ〜。。。頭の中にも何かぶつぶつできてる〜(/_;)

下の子は最初の一回以外食べません。危険だとか言っちゃって…。そうです、きっと君は正しかった。

おいしかったのにぃ〜…おいしかったからまた送ってねぇ〜って言ったのにぃ〜(/_;)もう食べれない…あぁショック(>_<)自分の体が恨めしい…。

今までマンゴーの入ったデザート食べても問題なかったのになぁ…生は強力なんですかねぇ…あぁショック…(>_<)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.28 Monday

予防注射第2段

今日はるみ子ちゃんの予防注射とノンちゃんの抜糸に行ってきた。

ノンちゃんはお利口にじっとしていたのですぐに綺麗にとってもらって終了。
るみ子ちゃんは車の中でひとしきり楽しんだあとだったせいか診察台の上に置かれても平気のへっちゃら。

先生にもMAGICさんのシェルティーはみな強い子ですよねぇ〜と笑われるほど注射されたことも気にならないらしい。
皆がみんなってわけじゃないけど、私が連れていく時にビビりまくって注射するのが大変だったことは確かにほとんど記憶にはない。
多少震えたり、固まった子は今まで生まれてきた子犬の中に数頭いたけど(笑)

今回はモエ、ナナ、チビジェニ、るみ子ちゃんまでは注射に気がつかないで終ってる(笑)

もちろん注射する時にはひたすら話しかけて注射から気をそらし、針が刺さるときはことさら気をそらしているからだろうと思う。終われば偉かっただのすごかっただのかっこいいだの、ひたすら誉めたたえられて気分は盛り上がり始めちゃうくらいだ(笑)

チュウーして抱っこしてほおずりするわけだけど、それもまた子犬がされることに慣れているから受け入れられる作業だ。

巣立った後獣医さんが怖い子になったと聞くこともあるが、立ち会ってみると犬は私を頼っているときには大人しく診察されているので、もしかしたら飼い主のほうが動揺してしまい犬に伝染しちゃうから怖がってしまうのかなぁと思ってみる時もある。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.24 Thursday

予防注射第一弾。

メロッ子達の予防注射に行ってきた。

モエちゃん2・3キロ。ナナちゃん2・2キロ。ジェニー1・2キロ。
ついにジェニーがモエちゃんの半分を越した!
ご飯を食べていない体重がこれなのでもう日にちも十分待てたし、予防注射もOKが出るだろうと受診することに…。カメラを持っていて注射される顔を撮ってこようと思ったのに、うっかり忘れちゃった((+_+))

車の中ではいたって平気なジェニー。彼女は先週も乗っているのである意味慣れている?度胸が据わっているっていうのか強いちびっこだ。
ナナちゃんはちょっとだけブルーな気分。
モエちゃんはちょっと、ちょっとブルー。

吐くこともなくよだれを垂らすこともなく震えることもなく30分のドライブは終了。検便をしてもらい、心音確認、体重測定、触診で完璧ですというお返事でいざ注射打ちます。

3人ともわからないうちに注射終了。

車の中でも獣医さんのところでも何かにつけて話しかけられヤバそうな雰囲気の時にすぐに気持ちをこちらに向けさせてることは効果絶大だ。
指先で鼻の頭を触ったり目を見つめていい子ねぇ〜と優しい声をかけ、まったくたいしたことはしていない。
でも子犬には大したことじゃないことがとても重要で、不安が不安を増長させなければ多くは問題は消えていく。

ようやく予防注射も終えることができ数時間たった今もおかしな兆候もなくご飯もぺろりと平らげてようやくお昼寝タイムに入った。数日中におかしな変化が起こらなければお嫁入りだ。

ジェニーはナナちゃんのおうちに嫁ぐことになった。元ジェニーよりもキャンディーにそっくりなチビジェニは生まれた時からナナちゃんとともに生涯をすごす。

3キロにも満たない子かもしれない。ジェニーのように体に問題があるかもしれない。長生きできないんじゃないか。いろんな思いが交差する中、ナナちゃんのママたちならきっと大丈夫だという確信が持てて、お迎えの日をずらしてもらいめでたく一緒に嫁ぐことになった。

我が家のマリンとキャンディーのように仲睦まじく幸せに暮らしていくだろう。

この子たちは8月のお盆過ぎに2回目の注射を完了し、約1週間後からお外に出られる。でも今は暑いから涼しいお部屋でいっぱい飼い主さんたちに甘え、信頼関係を強いものにするための大切な時間としてこの暑い時間を使ってほしいなと思う。

子犬の時間は本当に短い。その短い時間を有効に使えれば大人になった時に素晴らしい関係が出来上がっている。ママやパパに呼ばれたら遊んでいてもそれをやめてすっ飛んでくるような子になったら完ぺきだ(*^_^*)

人も犬も暑いさなかのこの時間を有効活用して部屋の中で出来ることを十分に楽しんで子育てしてもらいたいなと思ってる。

犬は自分を自分として認め、受け入れてくる相手を信頼する。その信頼を得るためには物や道具・食べ物の類は必要なくただひたすら子犬と同じ目線での遊びに興じられるかだ。

メロッ子達は通常の子犬よりも理解力が早く単純よりは少し複雑だ。調度人の幼子と同じ感覚で付き合えば必ず心を開いてくる。犬だと思って扱うと(笑)手痛いしっぺ返しを食らうのでお迎えの日にはその話をしなくちゃと考えている。

子犬の個性は血統でおおよそ決まるので、どのような対応がその血統に効果があるかを伝えられればなぁと思っている。
来週にはお迎えで、もうこのかわいいおてんば娘たちと暮せなくなるかと思うと久々にちょっぴりセンチになってしまうのだ…。



chibijyeny_080721_4.jpgnana_080721_3.jpgmoet_nana_080721_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.23 Wednesday

義理の兄が亡くなりました。

今年、1月の検査では問題ないとされていた義理の兄が3月にはすでに手遅れと診断され、昨日まで自宅で散歩までできていたのに、今日の夕方亡くなりました。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.22 Tuesday

野生のヒヒから学ぶこと。

面白いネタを一つ。

いまね、ある野生のヒヒの群れが野犬の群れから子犬を誘拐して育てて、その犬を仲間として暮らし、ほかの野犬の群れから襲われないような番犬として役立てているそうだ。

面白いことにその形態はまさに人と犬との関係そのものだ。
最初こそ嫌がる子犬だったけど、いつしかヒヒの群れの一員としてほかのヒヒと同じように毛づくろいされたり一緒にえさを捕食して行動を共にしていく。
その中で繁殖が行われ犬たちもヒヒと同じように数が増えるが、その犬たちは自分たちの役目をこなしヒヒはその恩恵を被る代わりに自分たちと遜色ない待遇を与えて共存しているというものだ。

この群れの中では現代の人間が犬に対しておこなうような「食べ物」や「遊び道具」を使って仕事をさせることはない。
彼らは協力して互いに位置関係を正しく認識しうまく暮らしている。

ヒヒと犬という全く別種の動物であるにもかかわらず、相手を思いどおりにしようというものではなくお互いの利益のために相手とどうかかわっていくのが最善なのかをちゃんと知っているようだ。

犬と暮らすためには多くの行動学を知る必要があるといわれてきて、私も随分勉強してきた。でも実際の犬たちの行動や一緒に暮らしていく中で学べたものは犬の行動学だけでは学べないものばかりだった。

最近は行動学も勉強し続けてはいるが最大の関心事は彼らの社会学だ。
子犬たちが何から何を学び、人はそれを使うことはできないのかを知るためには彼ら自身の社会学を知らなければならない。

ダーウィンの進化論では説明のつかない多くの謎は、またリチャード・ドーキンスによって解き明かされている部分もあるだろうと分厚い本をめくっている。

生物の行動学や社会学は日々進化している。今まで人が未知のものとして観察もせずに想像で語っていたものが多くの研究者によって解き明かされたものは多い。その中で特に目立つのは行動様式の研究よりも彼ら自身が仲間や周りのものとどうかかわって生きているのかを解き明かすもので、それを生き物の社会学と呼ぶ。

私は犬以外の生き物にも多くの興味があるので毎回カルチャーショックを受けつつ、今まで学んできて正しいと思っていたことが覆される喜びを感じている。それはまさしく目の前の犬たちが繰り広げていく毎日の生活の繰り返しの中に見えるものであり、心を真っ白にして見つめればたやすく学べる生き物としての基本だったのかというほっとした思いだ。

純血種を作るために淘汰してきた悲しい歴史も、多くの先人達がこれが正しいと言い伝えてきたことも、これから何がどう違ったのかが見えてくる時代になるだろう。今は社会学から使える犬たちへの自分の思いの伝え方で頭がいっぱいなアハ体験中に違いない(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.21 Monday

初お庭。

みんな揃ってはじめてのお庭です。
あんまり暑い日が続くのでなかなか出せませんでしたが、いざ出してみるとあんたたち何者?っていうくらい怖がらない。

普通おろされてすぐは困るのに、爆走してるのはだれ?
撮った写真はほぼみんなぶれていてあんまり使い物にはならなかったけれど、中でよさそうなものをアップしておきましょう(*^_^*)

moet_080721_1.jpgnana_080721_1.jpgchibijyeny_080721_1.jpgdb4m_080721_1.jpgharu_080721_1.jpgrumiko_080721_1.jpgshelly_080721_1.jpgniwa_080721_1.jpgchibijyeny_080721_2.jpgdb4m_080721_2.jpgharu_080721_2.jpgmoet_080721_2.jpgnana_080721_2.jpgrumiko_080721_2.jpgshelly_080721_2.jpgshelly_080721_3.jpgchibijyeny_080721_3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.19 Saturday

北海道でコラボ!

AIRMAGICのスタッフGAJIRA&PURINが北海道に上陸します。今回は多くの方々のご協力をいただき、みんなでDISCDOGを楽しみましょうとコラボが実現しました。

シェルティーでもシェルティーじゃなくてもDISCが楽しいDOGスポーツであることを皆さんにお伝えできたらと願っています。今回はセミナーではありませんので、優雅に空を舞うプリンをご堪能いただけたらとおもいます。

又他にも北海道を基点に活躍されているスーパーDOGたちが登場しますので是非遊びに来てください。

詳細はこちら↓

img82_080729cm.gif
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.17 Thursday

気になって仕方がない&誘拐事件!?

どうやったら法律は変えられるのか?気になって仕方がない。

法律は政治家が立法するんだけど、そこまでに一般人の希望がどうやって到達させればいいんだろう?世の中山ほどこれってコウ変えたほうがいいんじゃないのって言う法律ってたくさんある。
でも一向に政治家さんは変えてくれない。なんで???

署名活動とかしている人たちもたくさん見てきたんだけど、署名して集めたのはどこに持っていくの?

話は変って犬の誘拐事件。

3年前「寂しく」飼い犬盗もうとして逮捕、出所後また同じ犬盗む
7月17日8時1分配信 スポーツ報知


 3年前に他人の飼い犬を盗もうとして逮捕され、刑務所から出所したばかりの男が、再び同じ犬を盗んで御用となった。動機について「1人で寂しいから犬を盗んだ」と語っているという。

 愛知県警中川署は16日までに常習累犯窃盗の疑いで住所不定、無職の小林直人容疑者(43)を逮捕した。調べでは、同容疑者は6月21日夜から22日夕にかけ、名古屋市中川区の男性会社員(53)の車庫内につながれていた飼い犬のコーギー(雄・12歳)を盗んだ疑いを持たれている。

 小林容疑者は2005年3月、この会社員宅から同じコーギーを盗もうとして見つかり、逮捕。今回は犯行の2日前に出所したばかり。調べに対し「自分はひとりぼっち。寂しいから同じかわいい犬を盗んだ。犬はえさを与えるだけでなつく」などと供述しているという。

 持参した牛すじでなつかせてコーギーを“お持ち帰り”し、犯行後は同区内の銭湯へ。その際、付近に犬をつないでおいたが、入浴中に逃げられたという。同署がコーギーの行方を捜している。

 小林容疑者はこの10年間で飼い犬の窃盗を約20件繰り返し、今回の逮捕は3度目だという。3年前の事件では当時の警察の取り調べに対し「かわいい犬と散歩したかった」「パンを与えて懐かせて盗んだ」などと供述。犬への熱すぎる思いは刑務所暮らしを経ても抑えられなかった。


やっぱりね・・・。他人から食べ物をもらっても良いってことになっっちゃってたのね(/_;)うちもキャンディーがこれと同じ事でキャンプ中に誘拐されそうになった。運良く見つけたから良かったけど、心臓が止まりそうなほど心配だった。その日から人から食べ物はもらわないように必死になって教えたっけ・・・。
最近はかなり甘くなっちゃっているので今日のこのニュースを心に留めてきっちりしなくちゃね。

誰でもどんな犬からでも好かれているって感じたいからつい食べ物あげたくなっちゃうんだけど、それって言い換えれば大多数の人に好かれる為に配り物してるのと同じなんだよね。中身で勝負しなくちゃ!(爆笑)

犬達も食べるのは大好きだからおやつとかは必要だけど、飼い主がOKも出していないのに、犬だからって食べ物を勝手に与えるのは良くないと思う。人の子だったらしないことを犬にはしているうちは【犬の命】が【第三の生命体】と認識しにくいように思う。

逆を言えば飼い主の方が気にしないのが変。
OK出してもいないのに食べ物に釣られることに怒りは感じないんだろうか?私は嫌だからやめさせようって思うけど、真逆に人から食べ物をもらうことを喜ぶ人も多い。私は凄く不思議・・・。

飼い主のいる犬は公園の鳩ポッポや池にいる鯉じゃないので飼い主の承諾なしに食べ物をあげたり、貰ったりするほうが変だと思う人が増えないとまずいよね。

犬は食べ物なんかなくたって自分のことを好きな人なんだと解れば、よほど犬のルールを無視したり、無理やりなことさえしなければあちらから寄ってくる。触らせてもくれるし気にいると一緒に遊んでもくれる。

犬は人の思い通りになるのが一番いい犬と思う人も多いようだけど、食べ物ありで他人の思い通りになるのが良いとは思えないけどね(苦笑)あ・・・勿論作業犬は別よ、パートナーがコロコロ変るんだから。

うちで生まれてくる仔達は飼い主さんたちだけ見てくれることを強化した血統を持った子が多いので、他人にベタベタする子は少ないはず。だから飼い主は頑張って自分で教えるのだし、人任せにすると上手くいかないこともあるだろうなって思う。でも自分が頑張っていろんなことを教えて育つからこそかわいさも何百倍にもなるわけで(^_-)-☆
もっともその任せる人が育ての親の私たちは除外されるけど(^O^)/
生れ落ちたその日から一緒に寝て育った仔犬達はしばらく会わなくても数日一緒にいればうちにいたときと同じに戻るから記憶力は凄いなって思うんだわ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.07.16 Wednesday

器物損壊罪

昨日の続きです。

器物損壊罪って法定刑は【3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料】って知っていますか?

最愛の仔を目の前で蹴り殺されても、今の日本はこんな法律なんですよ。
動物虐待の罪には問われないで器物損壊罪なんです。

もっとも動物愛護法第四十四条  【愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。】
とそうは変らないですね。
警察が動き逮捕できたのだからまだいいのかもしれませんが、亡くなったチワワちゃんのことを教訓として法が改正されることを願います。

そうじゃなきゃ浮かばれないでしょ・・・。こう言う事ってみんながさわがないと変わらないんですよ。飼い主さんの悔しさが身に詰まされます。

対岸の火事のように思う人が多いのかもしれないけど、いつ自分の身の上に降ってくるかもわからないんです。自分の意見を述べる事はとても大事です。
インターネットはそのためにあるのですから・・・。

確かに犬の嫌いな人もたくさんいます。だからそういう人が嫌な顔をしないでいられるような犬を育てていくことが社会を変える大きな原動力になると 思っていろんな情報を載せてきました。
自分は犬が好きでも他の人が全て犬が好きなわけではない世の中で私たちは生きています。だからこそ考えなくてはならないこと行動しなくてはならないことがあるのだと思います。

ちなみに今回のケースは生後4ヶ月の超小型犬チワワの事件です。蹴り殺した犯人に吠え付いたわけでもなく、追い抜いてわざわざ戻って来て蹴ったと言う情報です。チワワは内臓破裂で亡くなりました。
あんまりです・・・。酷すぎます・・・。

通り魔と同じじゃないですか・・・。ただ犬だっただけで・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/3 >>