2007.08.30 Thursday

日本の犬は幸せか?

犬と暮らすことに大きな責任を感じ、その犬の生涯を幸せに暮らさせてあげようと考えている飼い主は多い。
私が犬を飼い始めた頃から考えたらそういう素晴らしい人たちはたくさん増えたと思う。


でもその反面、いまだか弱き犬達の虐待行為もなくならないし、飽きたら捨てたり手放したり、しつけもろくにしないで問題犬にしてしまったり、無責任な飼い主は後を絶っていない。飼い主だけじゃなく、無責任な繁殖家も減ってる気配も見えてこない。

犬にも心があるのに、それに気が付かないまま暮らしている人も多く、ただのアクセサリーと化している犬たちも良く見かける。
人間の都合によっては命さえも奪われたり、最低限必要なことすらも与えられない犬たちだってまだまだ存在している。

そういう子たちを一体誰が産ませたのか知る術もない。自分のものになったらそれで関係無しって言う風潮も未だに根強いのかなとも思うし・・・実際泣き寝入りしている人も多い。逆に騙されて渡してしまうケースもあるし、命あるものの受け渡しには本当に注意しなくちゃならないことは多い。

かたや教育熱心な飼い主も多くなったけど、させられている行動の意味すらも理解できないまま条件反射的に行動を作られ、それが正当化されている現状は本来の犬の姿をゆがめているようにさえ思ったりもする。

原理はひとつだと思うのに、どうしてこう、人間だけを有利にして同じ特性を持つ群れ族のそれなりにある知能の高さにあわせた暮らし方が出来ないかと考えさせられてしまう。犬って本当にスゴイ生き物なのになぁ・・・

新しい情報に惑わされ、マニュアルにがんじがらめにされていけば、見えてくるはずのモノさえ見えなくなる。だいたいマニュアルどおりにやったら犬が正しく教育されるならロボットにやらせておけば良いのにさ(苦笑)同じ犬が出来上がるだろうに・・・。

犬が家族の一員なら家族は人も犬も含めてひとつの群れ。大人も子供も赤ちゃんも老人も・・・みんな一まとめにひとつの群れだ。
アクセサリーは群れじゃない。付属物。その違いを知る人がイヌと暮らせるんだなって思ってる。飼うんじゃなくてね・・・

願い事はただひとつ。日本にいる犬たちがみんな幸せになれますように・・・もっともっと犬についての理解が深まりますように・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.27 Monday

梅ちゃんヒートが来る!

何とかカンとか生きている(苦笑)
実はどうやら胃の調子が激悪で、日によっては死にそうになる。でも今はそう言ってもいられないのでこなすものだけこなしてる。

電話対応はそれなりに出来るんだけど体と頭を動かすのはけっこう大変な状況。
ようやく涼しくなったって言うのに今日は犬たちもまったくかまって上げられなかった。

ダッシュの子を待っていてくれた人に返事も出していないし、子犬の問い合わせには数日立ってから返事を返しているような感じで、何はともあれセミナーが終らないと安穏とした優雅な日は帰ってこなさそうだ。

レナやロック、梅ちゃんの誕生日もお祝いしないまま時が過ぎて気が付けば梅ちゃんにヒートが来た。かなりブルーな感じである。おなか痛いのかしらね?

梅ちゃんはあんまりかまわないまま着ちゃったせいで犬たちに依存している。
いつも一緒じゃない老犬組みの部屋に連れてくるととたんに不安そうにするし、部屋を出ようとするとヒュンヒュンと鳴き続ける。
相手は誰でも同じ反応で、何が何でも二階が良いらしい。

かまわないことのリスクの大きさを改めて痛感しつつ、野放しで犬に興味を持たない飼い方と近いんだなと思いながら梅ちゃんの心を開かなくちゃならない重要課題が出来た。
パッパラパーのままのロックももう1歳。
爆裂娘のままに至るレナももう1歳。
依存症っぽい梅ちゃんは7ヶ月の終わりだ。

色々やらなきゃならないことに追われながら、精神的には空虚な時間を過ごしてきたこの約3ヶ月の時間は私にとって自分を取り戻すために貴重な時間だったような気もしている。でも、犬たち、特に若い子たちに取っては腑抜けになってるママはリーダーとして認めにくそうだ。当たり前か・・・

セミナーが終ったら自分と犬達の為の時間を取り戻そう。もうじき秋風が吹いて涼しくもなるだろう。精神的ショックも少しは緩和される時期に入るだろう。レインが生まれたとき、愛ちゃんの事で空白になった一年は、キャンディーの時に半年になり、スズの時に4ヶ月になった。来月で3ヶ月。自分自身を立て直さなきゃならない時期が近づいている。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.25 Saturday

爪切り耳掃除&体高測定

毎日暑くて嫌になっちゃうけど、今日はうだうだ寝ている犬たちを1頭ずつ手入れをして見た。
なかなかヒマがなくて息子頼みだったんだけど、やっぱり爪がネェ〜。。。

夜中に水を飲みに歩く音が気になっていた数頭は魔女の爪になっていた(/_;)

あまりの暑さの上に二階の部屋は若者だけになったこともありフローリングにしてある。年寄りや子犬がいるときは危険防止のためと構成を狂わせないために絨毯敷きなのだが、フローリングの方が冷たいし水拭できて気持ちが良い。

が・・・夜中にカチャカチャ音を立てて歩かれてるのが気になっていた。爪が伸びすぎ状態ですっていう証拠だからね・・・。

めったに血がでるような切り方はしないんだけど、音がするほどまで伸びてしまうと血管も長くなっていて、血を出さないように気をつけても1・2本は「ごめ〜ん・・・」と言う事になる。

そうならないように豆に切らない私が悪いんだけど、勘弁してもらってそこそこ短くさせてもらった。

子犬の時から恐がらせないようにしつつ、でも動いちゃ駄目だし逃げられないと理解させて我慢模させているとは思うけど、仰向けで4歩足の爪をパチパチと切れるとき、どの子もみんなイイコだなぁって思う。

最初から意図的に痛い思いをさせずに、ホールディングも正しいやり方で犬に伝えられれば爪切りなんか実は簡単である。勿論反射的に足を引っ込めたりする子も中に入るけど「良い子ネェ〜エライネェ〜」の褒め言葉にはどの子もみんな好きなことじゃないけど仕方がないと納得してるんだと思う。

ホールドが上手く出来ずに恐怖感をつけてしまったり、逃げられるという経験を積ませてしまうと簡単に爪切りなんかさせない仔になるのは当たり前だろう。

手入れもしつけの一部である。飼い主のいう事を聞ける仔にすると言うのは何もトレーニングで技が出来るって言う事じゃないわけだ。

犬は自分が嫌なこととかやられたくないことがあった時に餌では釣れない事もある。

ホールドもある意味で餌を使わない伝え方だし、本当は正しいやり方をきちんと学べれば良い方法なんだけど、まともに使えている人を見た事がないのは悲しい現実である。

信頼関係を結ぶ・・・これが犬が大人になる前に育まれなければならない最大の問題だろうなと思いつつ、「ハイ次は○○ちゃん!、こっちにおいでぇ〜」と猫なで声を出し、ヤバイと気がついて自発的に来ない子は強制連行し、すべての子の爪切りを終らせた(^O^)/

今度この位まで切っておいた方がいいのよ〜って写真乗せたほうが良いかもね(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.25 Saturday

レナ&ロック

ようやくレナもロックも1歳になったのでお手入れ(耳掃除と爪切り、パットの毛を切って、ブラッシング。)にあと、丁度カリスマ君が来ていたので体高を測ってもらった。

見た目には一回りロックのほうが小さい。自分で以前測った時にはロックが37センチでレナが38センチだった。8ヶ月か9ヶ月くらいだったかなぁ・・・?

ところが本日の測定値はロックもレナもまったく同じ38・5センチだった。

え〜・・・同じですか?

確かにレナは毛量が多く首の後ろの毛はグルーミングしなくても立ってるし、前足の角度が深い。ロックは毛も抜け始めているけど上毛がかなり固いタイプなので立たせるのに苦労するタイプ。レナに比べるとキ高の位置が少し前かなとも思うけど・・・

同じかぁ・・・マァ良いサイズなのでヨシとして(笑)
ロックは男の子なのでこの後2歳まで伸びたとしてもオーバーしそうではないしレナもそろそろヒートが来るだろう。女の子はヒートが来ればほぼサイズは止まる。

それにしても見た目にはレナのほうが大きいな・・・そうか胴が長いんだわ(*^^)v 赤ちゃんの時にはそんなに変らなかったのにね・・・。


ロックあかちゃん

レナあかちゃん
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.24 Friday

こーすけ!

ダッシュとクリスの息子のコースケです。
家が近いので週に2回預かっています。なかなか大感じになってきました。
パパのダッシュと1歳の記念写真を撮りました(^O^)/

コースケ&ダッシュ1

コースケ顔1



コースケ&ダッシュ2コースケ&ダッシュ3
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.20 Monday

つぼにハマる

我家は「24」が大好き。

もうすぐシーズン6がレンタルされるとかでワクワクしている(^^ゞ

さて、そのせいなのか最近「24」のコマーシャルをしてるんだけど、これがまた「ツボ」にぴたっと思いっきりハマってね。

知ってます?

「オレはジャックバウワ〜!指図は受け〜ない〜!!」
「オレはジャックバウワ〜!そしてみんな〜道ずれ〜!!」

いやぁ見た人にしかワカラナイだろうこのフレーズはあまりにも的確すぎて大爆笑です(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.20 Monday

贅沢な・・・

なかなか食欲が戻ってこないミール。
缶詰が良いと言ってしばらくは食べ、今度は見るのも嫌なのと顔を背ける。
ご飯が食べたいと付きまとって炊き立ての白いご飯をフ〜フ〜してくれとせがみ、せっかくゆでた鶏肉をさも嫌なものを見るように鼻先で押し戻す。

本来犬ってたんぱく質がたくさん必要なんですが・・・
貴方あれもこれも嫌ですって・・・。(/_;)
豆腐も駄目だし卵も嫌です、食べるのは果物と炭水化物。

ダメモトで開けたレバー缶も結局どうでもいい奴らの胃袋の中・・・


でも、そんなミールは実は贅沢な犬だったことが判明!
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.19 Sunday

ダッシュ君のこだわり

先日キャンプに行ったダッシュ君。
彼には毎日やらなければならない儀式のようなものがある。

それは10歳を境に始まったものだが、ご飯を食べた後に「美味しかった踊り」と我家で呼んでいるものである。

彼は食事が終った後、絨毯たたみフローリングを問わず、どこでも顔から崩れ落ちるように床に寝転び、まるで体でも痒いんじゃないだろうかというようにゴロゴロと転げまわるのだ。
別にアレルギーがあるとかじゃないし、どこかが痒いわけでもない。

背中をこすって顔なんか恍惚とした表情である。

さてこの毎日2回行われる儀式をキャンプに行った時はきっとクサッパラで思う存分やるのだろうと思っていたのだが・・・。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.17 Friday

改めて命日・・・

キャンディーが逝ってしまって9年。あの日の後悔を繰り返さないように毎日が過ぎている。

この腕の中で眠らせられなかった後悔は今も胸の中に重く残っている。
判断の甘さや無知への懺悔や心残りがあると言う事はこう言う事なのかなぁと思う日だ。

キャンディーとの早すぎた別れは悲しみが大きく残っているけれど、彼女がいたという事実は紛れもなく、その血のつながりが多くのファミリーを生んだ。

キャンディーの血を直接受け継いだ子は6頭。
キャンディーの子の中で我家で血をつなげたのはダッシュだ。我家で生まれたダッシュの子犬は33頭。
そのうちのメロディーとソフィーが血をつなげている。メロディーの子のパフィーが母親になる日が来たらキャンディーから始まった代は4代目にもなる。

キャンディーは自分の孫までしかみれなかったけど、マリンは今も健在だから、今年ロックが生まれた事で曾曾ばあちゃんになった。

マリンとキャンディーを迎えた日には思いもよらない展開だ。
あの子たちがいたから今があり、より多くの素晴らしい飼い主さんたちと巡り会えて来た。
それはこれからも続いていくだろう。

キャンディー!君と出会えて本当によかったと思っているよ。君へささげる言葉はいつも「ありがとう!」ただそれだけで伝わるよね・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.17 Friday

Category: お知らせ

ご意見募集中!

動物愛護・管理関連法案の改訂版について意見募集(07/08/10)

昨年改定された動物愛護法が改定される。
まだまだ改定していかなければならな部分が多いと感じている法律だけど、昔ながらの考え方では到底今の現状には太刀打ちできないわけで、理想の動物との共存を目指しているものにとっては少しでも改正されていくことは喜ばしいと感じている。

でも、ココで多くの人たちの意見が出されていかなければ検討されることも少なくなり改正は遅遅としてしか進まないと思う。

元は人の都合ではあっても作業犬が放されていなければ結果が出せないことなども理解させられるように変化がおきている。(たぶんこれはその分野の方々の努力によるものだろう。)

原則として犬の放し飼いは禁止されているものの、警察犬や狩猟犬などの使役犬、野生動物による被害対策用に訓練された犬などを考慮して、新たに除外規定を明記。

また以前から切望していた正しい管理をされて教育をされた犬達の自由に対しても解釈の相違はあれど、喜ばしい進展である。

★犬や猫などの動物を飼う所有者・占有者の責務として、犬や猫など家庭で飼養される動物の適正飼養・保管について基準を定めた同案に、"次の場合であって、適正なしつけ及び訓練がなされており、人の生命、身体及び財産に危害を加え、人に迷惑を及ぼし、自然環境保全上の問題を生じさせるおそれがない場合はこの限りではない。"との規定が設けられる予定。

ずいぶんと前から言ってはいるが、社会は何も大きな力が働かなくても変化は起こせる。実践し、結果を見せて行くことがどれほど大切なのか、地道な努力も捨てたもんじゃないわけだ。

また「動物の処分方法に関する指針の改定(案)」もでているがこちらもまだまだ首をひねるような法案のままの気もしている。

犬と暮らしている多くの人たちは殆どが愛犬家といわれる犬をいとおしく思う人たちだろう。
大事な愛犬たちの為に、その仔に関わる祖先の子やこの先に続くであろう子孫達のためにも、乱繁殖を防止し、1頭でもガス質で窒息死させられたりするような子が減るように一人一人が働きかけていかなければならないと思っている。

そのためにも私も意見して行こうと思う。今回は<動物愛護管理基本指針(仮称)(素案)>のなかに販売者に対しての決め事は出来たが生産者に対しての決め事がまだない。そのことに触れて意見したらどうかと思っている。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/3 >>