2009.01.06 Tuesday

病院へ…

アリスの赤ちゃんが急に吸いつきが悪くなった。心なしか呼吸がおかしい気がする。新生児だから病院へ連れていったって何がどうできるはずがない場合も多いけど、ここまで頑張ったのだからもしも肺炎なら注射で持ち直せるかもしれないし、おおいそぎで病院へ連れて行った。

小さな体のレントゲンを撮って確認してもらうと肺炎にはまだなっていないらしい。でもやっぱり飲めていないのでおなかは空っぽに近い。夕べ大量のうんちとおしっこをしたからなおさらなんだろうけど…。

大丈夫だと思うよと言われても、やっぱりいつもの元気なこの感じがしないので体に悪いことはないからと抗生剤を打ってもらい念のために一緒の補液もしてもらった。

飲めていないから脱水してる可能性があったから。

先生も今元気そうでも急変することは確かにあるから念のためだねと話す。
痛かったせいでピーピー泣かれて身が縮こまる思いがした。アリスはおっぱいが張りすぎて以前のファンタと同じ状態だ。まだ微妙に発熱しているので抗生剤と消炎剤を飲ませる。1頭しか子犬がいないときは多かれ少なかれ乳線炎みたいになってしまうけど通常なら子犬はバンバン飲みだすのでそう心配することはない。たいていファクターで炎症が治まってしまうんだけど、今回は子犬が小さ過ぎて飲む量もないに等しいから仕方がないかな…。

アリスは食欲もあまりないので、高い缶詰を食べミルクを飲んでいる。カロリーは十分だろうけど、早く普通の御飯食べてくれないかしら。

呼吸が整ってきた子犬がおっぱいに吸いつき少しだけ飲めたようなのでちょっと安心した。ぐったりしてからじゃ間に合わないのは何度も経験済みだからとりあえず先生に診てもらえたし希望通り注射も入れてもらったから後は様子を見てみようと思う。

仔犬を見た後裕貴に頼み、踵を返すようにキナコとキースの予防注射にまた病院へ舞い戻る。キナコは3回吐きもどして超ブルーなのに、キースは車は楽しいらしい。タンクがゲロゲロだったのに、同じ兄弟でも違うもんだなぁと思う。

キースは日を追うごとに良くなった気がする。2カ月になる時に犬を見れる友人に「見に来てよ!」と言ったのに適当にあしらわれたままだからこの際あの人に見てもらうかな(苦笑)

そんな期待を少しだけ持たせてくれるこの時期は子犬を見る目もちょっと違ったりする。問題はやっぱりサイズ。マオちゃんはOKなんだけど同じ腹でも微妙に一長一短あるものでこういうときは好みが優先が一番かもね。またサイズ測っておかなければ…。今週の連休はお外解禁だ。マオちゃんだけ来週までお預けだけどね。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1