2008.12.02 Tuesday

犬友・来襲

仔犬がかわいい盛りになったら友人が来襲。ま・・・たまたまなんだけどね(笑)

かわいい〜と叫びつつも犬仲間なので安心。近づく子犬を次々抱き上げてああだこうだといじくり回すけど、決して無理やり捕まえたりしない。

仔犬たちの最初は彼らにとっては当りが乱暴なので(苦笑)なんだこの人って顔で解放されるとすたすたと離れるけど、友人のほうからは近づくことはないので結局興味には勝てずにまた近づいて捕獲される(笑)

べらべらと話し続けながらなので子犬に集中するわけでもないせいなのか、犬を知らない人が触った時とはかなり温度差がある。最終的には仔犬たちは友人のそばに行って眠ったりもする。なかなかそこまで打ち解けてもらえる人間は少ない。

もっとも15年も10頭以上の犬たちと踏んだり蹴ったりしながら暮らしてきた経験がモノを言ってるんだなぁとはわかるけど、うちの犬たちはこの友人が好きになる。

この子超可愛い〜と写メールを撮っていたくご満悦だった。シェルティーってマジちっちゃいねぇ〜、おとなしいねぇ〜、愛玩犬だねぇ〜というのが口癖。
あったり前ジャン、ボーダーとは違うんだよ〜と毎回交わす言葉だ。

お互いに違う犬種をやっているけど、お互いに相手の育てる犬を尊敬してみているかなって思う。
久しぶりにマリンを見て「歩けてるんだから大丈夫!」という心強い言葉だ。「昨日さ、死んじゃったかと思ったのよ」と言ったら先日亡くなった子の話をしてくれた。3日間もほとんど昏睡だったんだよって…こうやってああやってこうだったよああだったよと、悲しいだろうにマリンと私の今後のために話してくれる。

そうやって今まで15年付き合ってきた。大喧嘩もしたけど、相手を思ってのことだったから容易に解消した。2年かかったけどね。。。その日以来もめたことはない。

お互い足りないものを補い合いながら付き合えるのが本当の友人なのかなぁと思う時がある。与えるばかりじゃ友人じゃないし、与えられるばかりも友人とは言えない。本当に困っているとき、本当に助けが必要なとき、誰も信じてくれなくなってもこの人は信じてくれる・助けてくれる人が友なのだろうと思う。

大人になってからそういう相手に巡り合うことはとても難しいだろう。今はネット時代であったこともない人でさえ親しく言葉を活字で交わしあうだけで友人だと錯覚を起こすこともある。



人間よほどのことがない限り本当の友人なのかどうなのか分かることもないまま生きていくことは多いかなって思う。人生にはいろいろあるから、どん底になっても、友人を持っている人はきっと立ち直れるだろう。そういう時になって初めて誰が本当の友人だったかわかってしまうのだから人生は面白いなって思うけど…。

あ・・・他の人の話になっていたか。。。気にはなってるからなぁ…(意味深?ちょっとね(^−^))
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.02 Tuesday

叫んで走った理由。

ものすごい声を出して駆け抜けてきたピーター。わらわらとジャイアンもモリーもエリーもチョコも、キナコまで大慌てでピーターの後を追いかける。

大きな子に叱られたのしちゃぁ表現が変。ご飯時のことで台所のほうに侵入して行ったあとなので辛いものでも食べたのかと思ったけど、食べられるはずもないしなぁ…。

飛び込んでいった先はやみくもだったせいか下の息子の腕の中。みんなでどうしたどうしたと顔を覗き込んだけど心臓ドキドキですっていう顔だ。

誰ともなしにジャイアンにやられたんじゃないの?と体を点検したけど噛まれた様子もないしジャイアンを怖がってもいないし・・。

息子が解放するとまだオタついているんでピーターと呼ぶと炬燵をぐるっと回って大急ぎで腕の中に飛び込んできた。「どうしたの?」と聞いたところで人間語は話せないですから(笑)

一応体中探ってみたらウンチがぽろっと落ちた。???なんだ?
急にすっきりした顔になったピーター。

みんなで顔を見合わせて大爆笑だ。「なにぃ〜!この子ったらウンチが固くって途中で痛くて叫んじゃったんだわ!ギャッハッハハ!!」そうです、ピーターはこっそり台所のほうで催して大きなのをしようとしていたんでしょう。そこにジャイアンとかが何やってるのと覗きにきた。ここじゃまずいと思ってやめようとしたけど出てきちゃったらきっと硬くてお尻が痛かったと思われる。そこで「キャン!」と叫んだらジャイアンに「なんだよ!」と迫られてパニックになったんだな(苦笑)そこでたぶん叫んでかけだした…と思う。

逃げ出したけど痛いものは挟まったままだし(苦笑)飛び込んだ先でも取れなかった。ママのところに来たらとれたわけで…

なんだか知らないけど、ピーターにとってはママが救いの神になることが多い。道理でべたべたくっついてくるようになったわけだ。偶然は時として犬の心に深く大きなものを刻むことがある…。なんってかっこいいこと書いてるけど、ウンチの話じゃカッコよく決まらないなぁ(−−〆)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.02 Tuesday

名前を考えましょう!

いい加減3頭の名前を考えないと個体識別が難しくなってきた。おいで〜と呼ぶとみんな一斉に来ちゃうし、ナナちゃんだけが自分はナナだってわかっているだけでほかの子たちはそういう意識がない。仕方がないよ名前がないんだから。

ピーターは自分で名前を決めてくれた。キナコはあんまりにもぴったりだったので即決。

3頭…決めることになろうとは思いもよらなかったけど、このままじゃピーターを「フル」と名付けたあのネーミングセンスでつけられて覚えられちゃったらかなわないからなぁ(苦笑)

で、久しぶりに下の息子もいるところで名前を決めることになった。提案を出し最終的には犬に決めさせようかってことでいくつか出してみる。

ちなみにトライの長男坊は今日久しぶりに立ち寄った友人が名前が決めていないんだと言ったら「ナルト」にすれば?というのでとりあえずそれに決定。キープの女の子は私が抱くたびに「君は誰の生まれ変わりなの?ミール君?」と聞くとペロペロなめてくるので「み」から始まるのにしたいと要望を出す。

まぁ何を聞いたって子犬だから自分に対して反応してくるので喜んじゃって舐めてくれるんだけど、まぁ勝手な思い込みってやつで…。
ミルキィーはもういるし、ミルミルじゃ10画なので没。ミルじゃ芸がないなぁって事でミーナはどうか?いいんじゃないの?一応保留。

ちびっ子ロックはなんかやんちゃっこって感じでいつかどこかで見たような…キャンディーの小さいときやめろの小さい時に激似なんだよなぁと悩む。この際ポピュラーに「ジャック」にしようと言ったら「そんなの日本の太郎とか次郎とかと同じだよ」とあえなく撃沈。そうかなぁ…海外ドラマでよくつかわれてる名前なのに。「ハウス」は?と言いかけて・・・やめた(笑)

じゃぁ…「ソーヤ」は?トムソーヤのソーヤ。いいじゃん。と思うけどまた却下される。ピーターがいるからフックは?フック船長って感じじゃないしなぁ…。

悩んでいるのに息子たちは「ついにデズニー化したか・・・」とか言うし。

まぁパパの提案の「アン」「ポン」「タン」よりましだろうに。結局今日も決め手に欠けて決定できないままなんだけど、今頃いいのが一つ浮かんだんだな。

ちびっ子ロックは豆タンクみたいな子なので「タンク」はどうよ?「ダンク」っていう柄じゃなさそうだし「タンク」なら呼びやすいんじゃないのかねぇ〜?

。。。マジ、うちってネーミングセンスないよなぁ…。早く決めてあげなきゃねぇ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1