2008.11.26 Wednesday

動物取扱責任者研修

今日は動物愛護管理法に基づいた取扱責任者研修に立川まで行ってきた。なんと三好先生とばったり会う。
そのうち慰労会やりましょうねと話して早速中へ…。

今日は600人も来ていて壮大である。結構若い子が多いんだなぁと思いつつ隣の人と話をしてみた。1年に1回くらい産ませているので登録したんですけどねぇ〜と苦笑い。実際この法律ができてやることが山のようにあってずいぶん窮屈だなぁと思っていたけどみんな同じ思いなんだなぁとちょっと安心。

今日は新人さんはいない研修だったのか変なテストはなかった(笑)でも東洋大学の教授の話はとっても為になったし、今まで見逃していた点も見えて1年に一度の研修もちゃんと意味があるのねと痛感。

実際この制度になっていても登録していない業者という人たちはそこかしこにいる。特に店を構えていないインターネット上には多いし、ネットに出てこないものはもっと多いかもしれない。

今日のヒットは登録業者以外のところと子犬の仕入れや販売をしたり、繁殖に関わると業者が罰せられる。。。最初からそうだったんだろうけど、私はそこの部分は見逃していた。これって怖いよね。知らないでかかわっていると発覚したら罰せられちゃうんだね。

登録している人同士は登録証を見せあわなきゃならないじゃん。

それと先日の八王子で捨てられていたチワワたちはみんなおうちが決まってもらわれていったとのことだった。

蛇にかまれたオジサンは逮捕されたそうだし、ブルセラが出た業者はもう登録抹消されたけど残った犬たちに最善の方法で生きさせていく方向で頑張っているということだった。やたらイメージの悪い動物愛護センターだけど、こうしたことに力を入れてるんですと伝えたいんだろうなって思う。

ただ、多くのクレームに対応する話の中で難しいなと感じる部分は多い。
法的には物である犬や猫たち。いくつかの事例を出しながら消費者センターの人もいろいろ話してくれた。

考えさせられる部分も多く、子犬の飼い主さんになる人との契約書をもう少し詳しく作り直す必要もあるのかなぁと思ってみたり、サイト上にページとして載せておかなければならないことも出てきた気がする。

仔犬を買おうと考えている人にこういうことを気をつけて確認しなくちゃいけないのですよと書いてあるところは多少はあってもなかなか見つけられないだろう。

特に猫の話で、法律で規制はしていないけれど室内飼いの勧めをしていかなくてはならない旨は勉強になった。

情報は流し方一つでどうにでも動く。ちゃんと提言しておかないとまずいことっていっぱいあるんだなぁと勉強になった。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1