2008.08.10 Sunday

究極を考えると?

動物愛護を考え始めると究極は肉食はどうよ?ってことにまで行ってしまう。
もっと先まで突っ込むまら、生き物すべてを想定することになって、植物すら生きているとなってしまい、人は食べることができなくなってしまう。

植物ですら空気と水だけで生きているわけじゃなくて土中に存在する栄養分を吸収して育つわけだから、この地球に生まれた以上ある程度はやむを得ないわけだ。

で話を元に戻して、植物はOKだけど、肉はねという考え方。多くは畜産の現状に問題があるとは思うけれど、単に食べるということについて考えると、これはもう進化の過程で学習してきた遺伝子を持っているのだからどうしようもないというのが答えじゃないかって思う。

人間も究極まで血をさかのぼるとアフリカの1女性にまでたどり着くのだそうだ。つまり、アダムとイブを探すとちゃんといるってことだ。
でもその祖先の前にはもっと分岐した多くの種族がいて、今の人類の祖先は彼女が生き残ったからだという部分で終わってしまう。

その先をさかのぼるとなると、結局は自分たちの子孫がチンパンジー等の類人猿と分岐するところまで行くだろう。

で…そのチンパンジーとのDNAの一致度は98%というのが現代人である。
チンパンジーと言えばバナナとかリンゴっていうイメージで肉食とはほど遠く感じられる。草食だと認識している人も少なくはないだろう。

でも事実は違う。チンパンジーは雑食性で、実は人の子供を食べちゃったっていう例も数多くはないが存在している。
彼らは果物をよく食べてはいるが、実はその生育地域に存在する小型のサルを捕食しているのだ。サルをね…小型だけどね…。もちろんサルだけじゃなく捉えられるものはとらえて食べちゃうのね。肉を…。

この事実がチンパンジーの観察から発見され世界に発表されたのはまだそんなに昔のことじゃないので知らない人も多いかもしれない。

でも…。大昔から受け継がれた肉食の遺伝子は人間の中にも受け継がれてきている。これって逆らってもどうしようもないことじゃないかって思う。

草食獣を家畜化し、堵殺し食する。これは大脳が発達し考える力が生み出したもの。この方法をどうするのが人間らしいのかは変えられることができるけど、肉を食べないのは難しいと思う。

誰の言葉だったか思い出せないけど、「いただきます」という言葉の意味は「あなたの命を私の命に代えさせていただきます」という感謝の言葉なのだそうだ。
だから出されたものはちゃんと残さず食べなくては罰が当たるのだと昔親によく言われたのはそのせいなんだろう。
植物の場合にも、ご飯が食べきれないでもたもたしていると母親に「ご飯一粒も残しちゃだめよ。お汗水流してこのお米を作ってくれるお百姓さんに感謝しなさい!残したら申し訳ないでしょう!」と叱られたことを思い出す。

飽食の時代になって、大金持ちのどなたかは超高級ステーキを焼き真ん中のごく一部分だけ食べるのだとテレビでやっていた。それをあたかもうらやましがったりする今の風潮にはついていけない。

お金があればそんな無駄なことをし、殺された命に申し訳ないことをしてもいいのかと腹が立つ。それは紳士じゃない。

鳥インフルエンザになって焼却処分のなった鶏も、狂牛病になって処分された牛たちも、保健所に飼い主によって持ち込まれ殺されていく飼い犬たちも、みんな人間がやっていることだ。

究極を考えれば自分が何をできるかわからないけど、せめて愛らしい瞳で見つめてくれる犬たちのことで何かできないかと動いてもいいんだと思っている。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.08.10 Sunday

シェリーと陽

元気いっぱいのお茶目なシェリーと、腕白坊主の陽がお嫁に行った。

20080809_shelly_1.jpg20080809_haru_1.jpg


どちらも結構図太い子たちなので新しいドッグライフが始まるだろう。

シェリーのおうちでは天使になった子との子犬の時期の違いの話もあり、生後40日で飼い主さんのお宅に出してしまうブリーダーの存在も知りあきれ果てるばかりだ。何もかもが怖くて育てるのが難しかったとおっしゃっていたその横に、のうのうと寝ているシェリーがいる。

子犬を育てる時の簡単な注意事項をお話しするときにたびたび天使の子の話が出るのはカルチャーショックがあるということだ。

陽のおうちには1歳半になる先住犬がいるけど、いろいろ話をうかがっていると???という状況だ。陽と一緒にやり直したらいいものがいっぱいありそうなのでまだ若いから一緒に教えなおせばいいと言っておいた。

子供さんがまだ小学生の子がいたのでくれぐれも犬をからかわないようにと諭した。自分の大切な子になって欲しいなら騙しちゃダメだよってね。

犬はある意味では人よりも繊細な生き物だから、だました相手を好きにはなってくれない。幼い子供のころに相手に対してまじめな態度で接することの重要性を感じることができるようになり、それに見合った行動を身につけられるのは、犬や猫や幼い弟や妹の存在があってこそだ。

今は少子化のせいで、人間の弟や妹はなかなか得られないから、犬や猫の存在は貴重になる。

からかったり騙したり無理強いをしないこと。子供とはその約束をする。子犬を育てる作業はすべて親の責任だ。子どもが世話をすることを覚えてくれたらと願う親も多いけど、実際には子供は親のすることをまねて育つ。

だから子供にやらせようと思うなら親がやらなきゃ自発的にやるようにはならない。そして犬の扱い方や触り方やすべてのことは親が子供に教えなければならないのだ。

我が家の子犬を希望する人は大人側が子犬が欲しいから迎える家族ばかりである。子供が欲しがるからというのはご期待に添えないと断ることが多いからかもしれないけど(苦笑)

今回も陽君のパパは身を乗り出すようにして私の話を聞いてくれていたし、ママさんは今いる子の扱い方がまずかったのねと大いに反省し、今度は頑張るって言っていた。シェリーちゃんのパパもママも天使になった子への思いをはせながら元気なシェリーをまっすぐに育てていこうとちゃんとお話を聞いてくれていたし、さかのぼればるみ子ちゃんのパパとママも、ナナコとジェニーのご家族も、モエちゃんのご家族も、みんな大人が一生懸命でいてくれている。

犬は人の子と違って一生巣立つことはない。いつまでも幼い子供のまま一生を終える。だから、その犬の飼育に関するすべてのことは子供には託せないものなのだ。それを解ってもらえればと思って話し続ける。

でも実際は・・・注射が終わってお外に出る前に一杯やらなきゃいけないことがあるよと、こういうときはこうするのよとマシンガントークで話すけど、きっと今は子犬が目の前にいて覚えきれないんだろうなぁと思う。

おうちに行って少し落ち着いたら色なことで悩んだりこれってどうよ?と思うことに遭遇するだろう。その時に頼ってくれればそれでことは解決していく。
アンマリ難しくならないうちにとは願っているけど…。

簡単な小冊子には書ききれない子犬の最初の馴致を含めた育て方…。それは子犬たちが我が家を巣立ってから始まる楽しい暮らしの中にあるもので、いつの日かサイト自体をきちんとした形で残していけるようにと思っているけど、今はまだ皆さんに読んでいただかないと他には手がないんですよね(*^_^*)

にぎやかな二人がいなくなりすっかり静かになるかと思ったサンちゃんは前にもまして人が大好きな子になってしまいました。そのサンちゃんも明日にはお迎えです。さみしくなっちゃうなぁ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1