2008.06.12 Thursday

狼爪切除

今回デイジーの赤ちゃん、トライの女の仔とクリプティックブルーの男の子に狼爪がついていたので切除してもらいに行ってきた。

いつもは杉並犬猫病院でお願いしていたが、前回あんまり値段が高かったので思わずシンバ先生のほうで・・・(苦笑)


4kyoudai_all_080611_1.jpg


今日は朝から体調が悪くて頭がガンガン痛いし、吐き気が伴って異様に眠くて行くのはためらっていたが、子犬の成長は一日で大きく差がでるのでいくらなんでももう1週間過ぎたし行くなら今日だとがんばって連れて行ってきた。

今回抱っこしているのは自分(/_;)
あの泣き声が恐くていつもは聞こえないようにひたすら耳を塞いで待っていたのだけれど、ソウだよねぇ・・・赤ちゃんだって知らない体温にいきなり触られるより暴れることも少ないし、こちらもちゃんと切ってもらう過程が見えてこのほうが良いと実感。あの悲痛な声だけ除けば・・・。

でも今までよりの切った後の仔犬の状況は至極良好だし、何より時間もかからないし出血も切ってすぐ止まっているしいつまでも震えて痛い痛いと泣いたりしないのが幸いだった。仔犬は正直だから獣医さんがこれで大丈夫ですよといっても痛ければ体が小刻みに震え続けるし、場合によっては、か細い泣き声をあげ続ける。
それは小さすぎて影響はないですよといわれてもそうかなぁと思うくらいいたそうだ。

狼爪をとる、とらないは考え方によるもので、たぶん断耳や断尾と同じようなものなのかもしれない。今伝えられている引っ掛けて大怪我をする事に繋がるからと言う理由がなかったら私はショーにでない子はとる必要はないだろうにと思ったりもする。だって生まれて1週間くらいで人生初めての痛みを味わなければならないナンって、あんまりだと思うから。

でも実際は大きくなるまで解らないことが多いから結局は取ることになるんだろうなぁ・・・。耳セットと同じようなもんか。

とりあえず無事に狼爪切除完了しました。
ちなみにメロっ子と他の二頭はついてうまれてこなかったのでいたい思いはしなくて済みました(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1