2008.05.08 Thursday

Category: お知らせ

ようやく再開。

我が息子ながらなかなか面白いじゃんと楽しみにしていた〔アニマル川柳モリーマイラブ〕が、青天の霹靂とも言うほど突然の出来事に翻弄され、瞬く間にひと月何も更新されないままになってしまった。

マァね・・・。彼の人生決める一大事だったから更新できなくてもそりゃかまわないんだけどさ・・・。

楽しみにしているこちらとしてはちと辛いのよね。

なかなか書かないのに業を煮やしていたけどいつしか見にも行かなくなっていた。

が・・・再開してるじゃん!

アニマル川柳はこちらです(^_-)-☆

マリンのいいお顔が映ってる。いつ撮ったんだこんな写真?
あら蘭ちゃんたらお布団の中から・・・

家族といえどもレンズを覗いた者と覗かない者の視点の違いは嬉しくもあり愉しくもありなのです(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.08 Thursday

お気に入りの海外ドラマ

ここ数ヶ月お気に入りの海外ドラマができた。
【OC】というドラマだ。

海外ドラマは色々あってあれもこれもかじってみたけど、始まりは【24】だった。これは面白いんだけど、心臓がどきどきしちゃいっぱなしなのよね。
他にも、色々みてみたけど、ありえないだろ〜って言う未来形のとか、グロいサスペンスとか、レズとかホモとかはぁ〜???って思うようなものが多くて、自分的にヒットしたものといえば【Dr,HOUSE】くらいなものだった。

j_airis_1.jpg

ところが【OC】の1話目で主役のライアンも良かったけれど、サンディー・コーエンの実直さと息子のセスに完璧やられちゃった(苦笑)
現在シーズン2に入り、マリッサは役柄的に今は好きじゃないけど、サマーは女の子らしくてかなり好感が持てる。またジュリー・クーパーもなくてはならない役どころだし、キルスティンもいけてる。セレブの家族の物語の中に格差社会にことも組み込まれ、人としての道についても考えさせられるものがあったりで一回でも見逃したら泣きたくなる(苦笑)

もうじきシーズン2が終わり、3が始まるらしい。
若者たちのやり取りの中で自分もそうだよねと気がつかせられることもたくさんあるし、夫婦としてのあり方や信頼関係や学びながらほんわかした気持ちになれるいまどきのドラマにしては私的には大ヒットのドラマだ。
土日はやっていないので月曜日から金曜日の夜11時からの1時間は大切なリラックスタイムになっている。

皆さんも良かったらご覧ください!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.08 Thursday

Category: -

我が家のアイドルは問題児・・・。

我が家で一番オチビがみんなのアイドルになるのは常だけど、今回はダックスの仔犬であることと、一時期怖がらせてしまう状況においたことで、人や音や犬が怖い臆病者にしてしまったことから、なかなかアイドルとまでは行かないでいた【チョコ】。

choko_080425_1.jpg

優しい飼い主さんと巡り合えればと願っていたけれど、いやはや自分たちでも手を焼くほどなので、1回目のお見合いが不発に終わった後数人から有り難いお話が来るも、嫁がせた後に飼い主さんが途方にくれるようではまずいと全てお断りしてきた。

その中には獣医さんの紹介もあったが、こういう状況なのでお渡しするのが不安ですと正直に話したら、そんなブリーダーはいませんよと笑われた!(笑)
確かに・・・。飼い主さんを探すつもりの仔犬に良いお話が来たっていうのに、こういう問題があるので大変だからと断るつぅ〜のもなんだかね・・・。

でも実際、ダックスは飽和状態であちこちでレスキュー騒ぎも起きているし、捨てられたり逃げたら探してもらえなかったり、保健所等に持ち込まれることが多い。

うちの【モモ】でさえ、信頼していた友人夫婦がどんな訳があったか知らないが離婚になって、そのとばっちりでご飯ももらえないまま餓死寸前まで虐待されたくらいなのだから・・・。あんな状態にされるダックスを見るのはもう二度と嫌だ。

犬は飼い方次第で良くも悪くもなる生き物で、ちびのうちに怖がるトラウマをつけてしまったのが私たちならそれを解消するのもまた私たちでなければならないと考えている。

かくして問題児で居残ったチョコ。
問題が発覚してから一月が過ぎ、少しづつ改善してきている。【馬鹿な犬は嫌いだ】とパパや直哉に言われるのはまだ毎日だけど、ゴールデンウィークでみんなが一緒にいる時間が多くなったらずいぶんと変化してきた。

パパや直哉も私の言う【チョコは怖いといっているんだから叱ったり大きな声を出したり、手を差し伸べるのはやめてね】ということの意味がつかめてきたようで、彼女に吠え付かれないためにはどうするのが一番なのかわかってくれたようだ。
そしてついにチョコは一番接触の少ない直哉の口を舐めるまでになった。

チョコの問題は怖いことでパニクッてしまい、誰が信頼できる相手なのか混乱を起こすことにある。
私は経験則からチョコの気持ちはすぐにつかめるが、男3人は自分たちが何もしていないのに吠え付かれたことに腹を立てる。
顔を見たのに吠えてきたというが、顔を見たからほえたんだよ・・・とは言えない(苦笑)

危険だという認識は犬がとても強く刷り込まれる生き物で、危険ではないという認識がつくのはとても時間がかかる。その上にほんの些細なことで最初についた認識のほうがすぐに顔を出してくるので行ったり着たりの繰り返しになってしまうのだ。

私がチョコからの信頼を得るのが早いのは、問題行動であることを認識しつつ彼女を怖がらせないで落ち着かせる方法をとるからなのだ。
幸いチョコはダックスらしくがっついた子なので私の手元に呼び寄せたり抱くことにリラックスさせるのにおやつはとても効果が高かった。
私の傍にいれば安全だと気がつけば後はおやつは必要ないのでほとんど使わないでも平気だ。
抱いていても大きなハスキーをみれば警戒警報を発令してくれるし、犬を飼ってから赤面する事態になったのは久しぶりだけど、リラックスするようになだめすかして納得させている。こういうときはまだまだおやつも必要だ。

そんなこんなの問題児のチョコも、家の中で年寄り軍団と一日を過ごしているせいか体がなまって仕方が無いのだろう。
彼女独特の一人遊びを決行する。

夕べは犬用の小さなベッドをひっくり返してかぶったまま、ぐるぐる回るので、まるで【ガメラ】のようでみんなの大爆笑をかった。
あまりに面白かったのでビデオを撮ろうとしたら興味がこちらに向いてしまって同じことはしてくれなかった。
しばらくすると、買ったばかりのイチゴのおもちゃを一人で投げて一人でとって・・・ヒットエンドランだ。

突然爆走し始めてスライディングをしたら立ち上がり、なにを思ったのかでんぐり返しをし始めた。

胴の長いダックスがでんぐり返し・・・たいてい記録には取れない。でもふと気がつけばひざの上ですやすや眠り、問題児は明らかに我が家のアイドルになってきた。

どんなにシャイになってしまった子だって愛情をいっぱいかけて時間の許す限り寛大に見守る忍耐強さで、正しい方向に導けば愛らしいかわいい犬になるに違いない。

良い子になったらきっとちびのときはあんな子だったのにねぇと笑える日が来るだろう。その日までチョコも我が家の住人もみんなで協力して頑張るのである
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1