2008.04.01 Tuesday

サンダーの時間。

なかなか練習している割には成長が見えてこない我がサンダーチーム。手を離すには少し早すぎたらしい?

結果がどうのと言う気はないけれど、いつまでたっても結果が同じままって言うのは成長していないってことと同じだ。
結構面白くない・・・。(苦笑)

大会の少し前、久しぶりにサンダーと1対1で接触したときにあまりの奔放さに絶句した。

犬は自分の都合よくできることを知ったらその前に学習をつんでいても、その状況が重なってこなければ戻らない。
サンダーは裕貴とともにDISCをすることの楽しみは見出したけど、それは自発行動としてのみであってそれを裕貴が受け入れてくれたからこそ飼い主とともにという一番重要課題を置いてけぼりにしていけたのだろう。

犬の育て方にはさまざまな方法論があるが、我が家は子犬のときは自由におおらかに育てるのがモットーである。
それは・・・家族が全て犬の専門家でもなく、ただひたすら犬が好きで犬にかまってほしくて、犬の一番になりたい人たちで構成されているからだ。

この部分においては裕貴のほうが私よりもずっと上手だ。犬の心をつかむのがうまいというのか自然体で犬は彼を受け入れていく。

でも実は、こういう家族を持てばおのずと好き勝手なことをやらかしてくれ、こうやって育てたいのになんって言う理想はぶっ飛ぶことになる。

そんなもの食べさせちゃ駄目だよ〜!犬をからかったらいけないんだよ!引っ張らないでよ!そんなに叱らないで!餌で釣るな〜!・・・家族を犬たちの教育にとって都合の良い人にしようとしたところで土台無理な話である。

だって彼らは私と同じように犬たちにとって一番大好きな人になりたいためには手段は選ばないのだから(苦笑)

そして結果は犬に都合よく使われるように変化を起こす。
子犬のうちはそうでもないけれど大人になったら・・・結果は明白である。

実際、犬たちが大人になって従うべき人を選ぶときにその人しか見えなくなることない。
犬たちだってやさしくしてくれる人、気分をよくしてくれる人、わがままを聞いてくれる人は必要なのだろうから、多少はおお目に見てやったほうがうまくいくのだと思っている。

その寛容さを持てた人がたぶん犬たちが従う相手なのかもしれないと感じることは非常に多くある。媚びたらアウトだし(苦笑)

サンダーに「キャッチしろ!」という命令を反故にすることがキャッチしないと楽しくならない、暴走して好き勝手にできないと思い出させるのは犬にこびていない自分には簡単なことだ。犬が教えられていたことを思い出すためには単純明快にしてやればいいだけである。



庭で数回繰り返したらサンダーは思い出した。

先日の大会でフリーの点数は久しぶりに高く上がった。
私は意地っ張りなのでファイナルではもう一回り成長したサンダーに結果を持たせてやりたいと思っている。

それはいろんな事情で時間を使えなかった彼に大切な時間を取り戻すためにだろう。今年4歳になってしまうサンダー・・・。のんびりゆっくりやってきたけれど、そろそろ本領発揮しよう。頑張れサンダー!(エイプリルフールじゃないからね!)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.01 Tuesday

ちびっ子登場!

今日は耳のセット直しに青藍とルーナがきた。

前回爆走の後に一瞬の隙をついて部屋におしっこをされた経験から(苦笑)本日は庭でいいから出すものを出してからねとドシャイのチョコと一緒に放牧していると、少し遅れてルーナ到着。

3頭入り乱れて全開大爆走の始まりとなり、いつまで待っても疲れそうにないので捕獲して耳セット。
二人ともかわいがられて育っているようでなかなか堂々としたシェルティにお育ちである。

ちょうど予防注射も終わったところなので、今までなかなかお散歩のスタートの教え方を伝えられなかったが、ジャストチャンスなので塚山公園に出向いていった。

二人とも抱っこのお散歩を十分にしていてくれたようで、人も吹っ飛ぶかと思うような暴風の中、何事もないかのようにルンルンである。

ついついシェルティーには固まっちゃってお地蔵さんになるこが多いんだよ〜と説明するが、たぶん理解できないだろう(笑)それくらい堂々として立派なものである。

公園の入り口で下におろしたが行きたいほうへ爆走〜!

リードは引っ張らないこと。かといって子犬の行くほうへついていくのではないこと。飼い主自身の行きたい方向へ、仔犬をどうやって誘導していけばついてくるのか、ちょこたんも初めてのお散歩でちょうど良い。

実践が一番なので見ながらやりながらで公園のなかへ・・。

一つ一つこういう風に、そうじゃなくてこんな感じと伝えていくとほどなくいい感じに歩けるように変っていく。
多少は苦労はあるだろうが実はこれが一番大切なのだ。

トレーニングでもないのに、3ヵ月半くらいの小さな仔犬が飼い主の顔を見上げて楽しそうに横を尻尾を振り振り歩けるようになるのを見るのは胸が熱くなる。

一緒に歩くという簡単な行動は如何に犬に飼い主と歩くことが楽しいかを教えるときに難しくもなり簡単にもなる。
彼らの気持ちを尊重し、はっきり言えばどうやってうまくだまくらかすかが勝負の決め所で、犬と何かをするために大切な第一歩である。

飼い主に従順で、言うことを良く聞く理想の犬に育てていくためには2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月の幼い時期に大切なことがたくさんある。

言葉で書けば簡単に終わってしまうことだけれど、実は長い時間をかけて細やかに子犬を観察し、時には拘束し、時には犬となって一緒に遊びほうけ、時には叱責し、時には抱いたまま寝かせてやれば良い。

犬は形にはめるものではなく飼い主の接触の態度ひとつで自由に形作られていくもので、真っ白なキャンバスだった仔犬の色はその家庭の色に染まる。

おてんばな爆発娘の青藍と、穏やかな割にはやる気満々のルーナのやんちゃ振りを堪能させてもらえ、うれしいひと時となった。

途中、何も教えていないレナも参加したので外であのダイナミックな伏せをするかしらんと試してみるとものの見事にやってのけた!あんたって子は・・・デイジーの娘なのにぶっ飛んでるのね。仔犬たちの図太さはあなた譲りだったのかしらね・・・。

あまりの強風によろめきそうになりながら先が楽しみになってきた子犬たちとの再会だった。

ところで・・・産後で禿げたレナはとってもスレンダーでなぜかプリンにそっくりに見えた(笑)次期DISCDOGになるのか?
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1