2008.02.20 Wednesday

個性さまざま・・・そのいち

仔犬たちが徐々に大きくなり始め個性がはっきりし始めてきた。
3ヶ月になるダックスたちが一番はっきりとしている。
かわいい顔の【ネエネ】は人にも、大人の犬たちにもひどく従順だが、兄弟にはこびるような姿勢がない。いつも尻尾を高く掲げ、遊ぶときでさえ主導権を必ずとっている。やっぱり見た目にモモに似ているからもって生まれた性質ももらってきたかっていう感じ。

ミミ⇒モモ⇒ネエネ・・・アルファなのね(苦笑)
こいつらは・・・やたらに頭がいい。
最近ネエネは【お兄ちゃんはどこ?ゲーム】がお気に入りになってきた。ユウキとかママとか言う固有名詞を良く覚え始めている。ダックスの中でもボディーが長いタイプなので腰に気をつけて育てているがハイパーでおてんば娘だ。

チョコはボブには強いけど全てにおいて三兄弟の中では怖がりな傾向が強い。体が一番小さい性なのかなぁとも思うけど、変わった毛色のおかげで人には溺愛されている。聴覚は兄弟の中で一番鋭い。ほえやすくなるタイプなのでおびえる前に先回りして安全だと教えることがほかの子よりも多い。

血統証上はレッドで登録したけれど、もしあるとしたなら【チョコレッド】という毛色に違いない。
彼女の目はダークではないし、鼻の色もレバーに近い。口の中やパッドもレバーのような色だ。こんなレッド見たことないし(苦笑)

メグの血統が入っていないのに、小ぶりでおしゃまで鼻すじに【とさか】もあるし、お気に入りの子だ。

まさに健康優良児って言うのがボブ。耳つきが上なので生意気な顔に見えるけど穏やかでやさしい子だ。男の子だからかしらね(笑)
ボディーががっちりしているし人の言うことを良く聞き分けようとする子なので先が楽しみだ。我が家で初めてのスポーツドックダックスになれるかもしれない。

トール坊ちゃまは相変わらず御山の大将を気取っているが、最近どうもダックスたちだけを相手にしていたときとは情勢が変わってきている。
ちびシェル3頭は最初のうちこそトール君のおもちゃに甘んじてはいたが、やられっぱなしなわけもなく・・・(苦笑)

実際トールには受難の日々が始まっている。
きゃんきゃんわめいていると横からセイランに「ガルル〜」と叱られるし、隙を見て取っ組み合うと1頭を組み強いても後からあちこち引っ張られて結局振りほどくのに苦労する。
気がつけば6頭を相手に遊んでいるんだか遊ばれているんだか・・・

結局避難場所はユウキのひざか私の腕の中となり、あいつがやったとかこいつにやられたとか文句たらたらと訴えかけるのが上手になっっている(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1