2008.01.24 Thursday

マリン15歳

マリンが15歳の誕生日を無事に迎えることができた。
長かったような短かったようななんともいえない不思議な感慨がある。

マリンを迎えた時にはこの老後と言う今のことはまったく考えてもいなかったなぁと思う。いつまでも可愛らしく元気なままいるものだと言う変な希望と言うのか期待というのか、マリンがマリンらしく美しいまま何年たってもそのままでいると信じていたなぁと思い出す。

marin_15year_1.jpg

マリンは今病気を持ちその病気と安穏と戦いながら毎日を優雅に過ごしている。

昔のように颯爽と動くことも出来ないし、痩せた体は6キロにまで落ちた。
骸骨が毛皮を着ているようだけど、それでも目の光は変らない。

洗ってやりたいけれど、調子が悪くなりそうで「そのまま、そのまま」とブラシだけで過ごす。
温かくなる日までしばらくかかりそうだけど、「キャンディーは早く逝っちゃったんだから、マリンはキャンディーの分も長生きするんだよ」とパパに言われたとおり、ずっと長生きして私たちを見守っていて欲しい。

15歳のお誕生日おめでとうマリン!

marin_15year_2.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.24 Thursday

ビックリした(笑)

今日、あまりの寒さで調子が悪かったけど買い物に行かないと灯油もないし嫌だなぁとおもいつつ暗くなってから毎度お馴染みの西友へ・・・

山ほど買い物をして車に積んで、駐車番号を押してサービス券を差し込んでいたら突然駐車場に鳴り響く不気味な音。

「ギギギギギ〜!」「ガガバキッガガガ〜!」

なにそれ!って暗い駐車場の中を見渡してみたら車止めが下がっていないのに脱出を試みる車が一台。

ふつうさ・・・駐車場代をばっくれたくても人目の多い時間帯に人通りの多い駐車場でやるかなぁ・・・???それに絶対あれじゃ車が壊れちゃうじゃん。

思いっきりアクセル踏んでいるらしくそのまま来たら暴走?と思うような大きな音がする。

自分は駐車券を入れちゃっているし5分以内にでないとまた上がっちゃうので
もがいているその車の横を通るのは嫌だなと思ったけど、仕方なく車を出した。私の前にも一台出ようとする車がいてその車も一緒に立ち往生。

しばらくすると車止めが壊れたのか上手い事乗り越えたんだかなぜかその車は二台分の駐車場をまたいで横に止め始めた。たぶん後ろに車が何台もつかえたので寄せたつもりなんだろうけど・・・

運転席をチラッと見たら白髪のおじさんに見えた。

昔ココの駐車場にはおじさんが管理人をしていたので自動で止める今の駐車場の形態じゃなかった。代わってしばらくの間もおじさんはいたけど、いつの間にかいなくなってた。

人と人とのコミニュケーションの場はこんなところにも自動化と言う形で減らされていく。

きっと今日見たあの車止めを乗り越えちゃって自分の車を傷つけてしまった人は、止めるときには上がっていなかった車止めの存在に気がつきもしなかったんだろう。ぶつかった時にパニクって車止めが思い出せなかったんだろう。

おじさんがいたらこんなことにはならなかっただろうに・・・。
器械は安上がりだけどコミニュケーションが取れない。人は人と会話して接触して育っていくのにな・・・優しかったおじさんお顔がちらりと浮かんだビックリ事件だった。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1