2008.01.21 Monday

かわいくなってきた~(^O^)/

満腹でネム〜イ子犬たち。

おなかがポンポコリン!

rena_all_20080117_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.21 Monday

かわいくなってきた~(^O^)/

満腹でネム〜イ子犬たち。

おなかがポンポコリン!

レナ仔犬1
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.21 Monday

お山の大将のお勉強

トールはお山の大将だ。
何せ超よ花よと大事に大事に育てられた一人息子な者だから・・・

母親のファンタは群れの中でもかなり上位置にいる犬だし、母性本能はすごく発達した子だから、仔犬に何かあったら大変なことになる。

カクシテトールはひと月にも満たないうちから群れの中にでても誰彼かまわず掴みかかり噛みまくっても側にたたずむファンタがいる限り安全は保証されていたわけだ。

野性の世界ならこのままでもいい。でもこの子はちゃんとした家庭犬にならなきゃいけない子犬だ。

なので・・・ちょっと早いかなぁと思いつつもひと月の声を聞いたので少しは世間の風に当たっていただこうとチビッコダックスのサークルにたびたび入れられるようになった。

部屋の中ではやりたい放題しほうだいのトールもチビッコダックスのサークルの中に入ればやったらやったなりの報復を与えられる。

飛び回って痛い思いをしたり、相手が嫌がることをするとどうなるかとか、噛み付く力加減とか、本当なら同腹の兄弟と共に育つ時に必要な事柄を同時期に生まれた別の仔犬たちから学んでいく。

相手になる仔犬がいなかったら人間が教えて行く作業になるけれど、幸い子犬達同士のほうが手加減がなく覚えは早いので今回は助かっている。

子犬たちを見ていると、人の子と同じだなぁって思う。
取っ組み合いをしたり掴み合いの喧嘩をした経験のある子は、自分も痛い思いとか嫌な想いとかを経験しているので、これ以上やったらまずいとかも悲鳴を上げられたり逃げられたり逆襲されたりしながら、そのうち感覚で知るようになっていく。

でも理論で学んだだけの場合には理性が吹っ飛んだ時に加減ができなくなるに違いない。命の危機感と言うのかそういう部分が欠落した仔になるように思う。経験ってやっぱりとても重要なことだ。

子犬達は成長に合わせて、噛まれて痛い思いをし、悲鳴を上げたら相手はそれ以上噛まないのだとか、逃げることも学ぶし、腹を出すことも学ぶ。

噛み続けるような子犬は親が割って入って逆に噛まれたり、マズルをガブッと咥えられたり、突き飛ばされたり、鼻先でつつかれたり、鼻面に皺を寄せたらどう意味なのかとか、前に立ちはだかれたらどうするべきなのかとか。。。

お勉強にも色々あるのだなぁと楽しく観察させてもらっている。

カーミングシグナルと呼ばれる犬独特の身体や声を使った信号はこういう幼い時期に学ぶのだなぁと本能の偉大さに感動するばかりである。

ま・・・もう少しすればまたチビッコシェルティー3頭が仲間に入りいい勉強になるだろう。頑張れトール!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.21 Monday

お山の大将のお勉強

トールはお山の大将だ。
何せ超よ花よと大事に大事に育てられた一人息子な者だから・・・

母親のファンタは群れの中でもかなり上位置にいる犬だし、母性本能はすごく発達した子だから、仔犬に何かあったら大変なことになる。

カクシテトールはひと月にも満たないうちから群れの中にでても誰彼かまわず掴みかかり噛みまくっても側にたたずむファンタがいる限り安全は保証されていたわけだ。

野性の世界ならこのままでもいい。でもこの子はちゃんとした家庭犬にならなきゃいけない子犬だ。

なので・・・ちょっと早いかなぁと思いつつもひと月の声を聞いたので少しは世間の風に当たっていただこうとチビッコダックスのサークルにたびたび入れられるようになった。

部屋の中ではやりたい放題しほうだいのトールもチビッコダックスのサークルの中に入ればやったらやったなりの報復を与えられる。

飛び回って痛い思いをしたり、相手が嫌がることをするとどうなるかとか、噛み付く力加減とか、本当なら同腹の兄弟と共に育つ時に必要な事柄を同時期に生まれた別の仔犬たちから学んでいく。

相手になる仔犬がいなかったら人間が教えて行く作業になるけれど、幸い子犬達同士のほうが手加減がなく覚えは早いので今回は助かっている。

子犬たちを見ていると、人の子と同じだなぁって思う。
取っ組み合いをしたり掴み合いの喧嘩をした経験のある子は、自分も痛い思いとか嫌な想いとかを経験しているので、これ以上やったらまずいとかも悲鳴を上げられたり逃げられたり逆襲されたりしながら、そのうち感覚で知るようになっていく。

でも理論で学んだだけの場合には理性が吹っ飛んだ時に加減ができなくなるに違いない。命の危機感と言うのかそういう部分が欠落した仔になるように思う。経験ってやっぱりとても重要なことだ。

子犬達は成長に合わせて、噛まれて痛い思いをし、悲鳴を上げたら相手はそれ以上噛まないのだとか、逃げることも学ぶし、腹を出すことも学ぶ。

噛み続けるような子犬は親が割って入って逆に噛まれたり、マズルをガブッと咥えられたり、突き飛ばされたり、鼻先でつつかれたり、鼻面に皺を寄せたらどう意味なのかとか、前に立ちはだかれたらどうするべきなのかとか。。。

お勉強にも色々あるのだなぁと楽しく観察させてもらっている。

カーミングシグナルと呼ばれる犬独特の身体や声を使った信号はこういう幼い時期に学ぶのだなぁと本能の偉大さに感動するばかりである。

ま・・・もう少しすればまたチビッコシェルティー3頭が仲間に入りいい勉強になるだろう。頑張れトール!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.21 Monday

Category: -

誘い上手!

3匹兄弟の子犬達。
なかなか誘い上手に育ちました(^O^)/

モモ仔犬1
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.01.21 Monday

誘い上手!

3匹兄弟の子犬達。
なかなか誘い上手に育ちました(^O^)/

モモ仔犬1
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1