2007.12.18 Tuesday

一人っ子

昨日の夕方ファンタの子が生まれてきた。

骨量のあるがっしりした足の短いタイプ。お饅頭みたいな子(^_-)-☆私の好きなタイプ。

でも少ないとはいえ兄弟がいて育つものと思っていたのに、後から生まれてきた子は時間がかかりすぎてしまってみんな天使になった。

詳しくはこちらへ・・・

ファンタは良く可愛がって面倒を見てるけど、いつもなら一杯いるのに手持ち無沙汰って言う感じである。
でも運が悪かったら1頭も手元に残らなかったかもしれないトラブルに見舞われたけど頑張った子がいてくれて良かった。

頑張れチビッコ!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.18 Tuesday

トラブル・・・

第一子誕生後、最初こそ良い感じに陣痛が起きていたのに途中でぴたっと止まってしまった。
やたらにファンタが震える。お産が始まってしまえば多くは震えたりはしないのに、何でかなぁといぶかしく見つめていた。

気になって心音を探ると聞こえるような聞こえないような・・・ファンタンの呼吸音のほうが大きい上に寝転んでくれるわけもなく横から探るしかない。

5時過ぎに生まれた後7時前に獣医さんに連絡しようかどうしようかずいぶんと悩んだ。あんなに大きな子がちゃんと生まれてきたんだしファンタの顔つきはしっかりしているし、まだ2時間しかたっていないし・・・

夜じゃなければ悩みもせずに待つだろう。でも夜は長い・・・悩んでいると陣痛が来るので結局電話しないまま時は過ぎて行った。

途中夕飯を作ったり交代で食べたりパパが帰ってきたりとあわただしかったがファンタは相変わらず仔犬をよこせと騒ぎ立てながら来た陣痛はすぐに止まると言う事を繰り返して行く。

夜10時を過ぎたあたりで破水した。これなら大丈夫・・・ソウ思っていたのにいくら探っても他の心音が聞こえない。後2頭か3頭はいるはずなのに・・・

思い返せば昨日の朝から様子がおかしかったんだ。いつもなら順調につく陣痛が上手くついていなかったといえばいなかった気もする。
微弱だったのかもしれないとしたら丸1日経過している。

最初の子がちゃんと生まれてきたこと自体が奇跡みたいなものだったのかもと不安がよぎり始めた。
自分たちができることは今はじっとファンタに任せて待つだけだ。ファンタ自身の状態が悪いなら即刻帝王切開もありだが、子宮内で赤ちゃんが死んでしまっているのなら破水もしているし時間はかかってもでてくる。1頭目があんなに大きくても出てきているのだから待とうと思った。

夜中1時過ぎ・・・。ファンタが急に立ち上がり強くいきむとするっと子犬が出てきた。袋ごと綺麗に出たけど胎盤の色がおかしい。ファンタに任せずに採り上げてすぐに袋を破り蘇生を試みたが聴診器で拾いたかった心音はもうすでに止まっていた。綺麗なフルカラーのブルーの女の子でぱっと見た目にはまだ血色も良くそんなに前に死んでしまったようには見えなくて諦めきれずに長い間マッサージをした。。。でも一度止まった心臓は回復することはほぼ無い。

蘇生は呼吸しなくても心音がある限り続けていけば助けられることはあるが、心音が止まっていたらどうにもならない。

時間がかかりすぎた・・・ただそれだけなんだろうと思う。全ての条件が整っていれば犬は最初の子を産んだ後、丸一日過ぎてからも無事に赤ちゃんを産むことがあるが、今回は条件に恵まれなかった。

あと1頭はいるはず。心音は4つ合ったようにも思うけれど頭数が少ないとおなかの中で動くので同じ個を拾った可能性が高い。レントゲンを撮らなかった以上触診と心音を探って残りを確認するしかない。今は夜中なのだから・・・

軽い陣痛が起きてくる。でもそれ以上にはならない。結局最初から今回のお産は微弱陣痛だったってことだ。前の2回のお産は頭数がいた事で仔犬は大きくなりすぎずに丁度良い大きさでひしめき合っていたから上手く出て来れたんだろう。
いつも多頭数生む子が頭数が少ないとトラブルが起きるときがあると言う事をお産がなかった分、できたことが嬉しくてすっかり忘れていた自分が悪いんだと思う。ファンタに・・・ごめんね、もっと気がついていたらよかったねと謝った。

夜が白み始めてもファンタは赤ちゃんを抱いたままうつらうつらと眠り時折体を震わせている。たぶん後1頭。もう亡くなってしまっている事は解っているけれどなんとか上手く出てきて欲しいと願う。
赤ちゃんが生まれているのにいまさら帝王切開などしたらファンタが可哀想だし赤ちゃんだって可哀想だから・・・切った貼ったの痛い思いをしないで何とか無事に・・・

ソウ思いつつも病院が開く時間まで待って出てこなかったら行くしかないよなぁとぼんやりとファンタを撫ぜていた。

朝・・・7時半。パパを会社に送り届けに行く間裕貴がファンタを見ていてくれた時にトライの女の子が生まれてきた。たぶんブルーの女の子が亡くなった時と同じくらいに亡くなっていた様でするっと綺麗に出たが血色はまったくなかったと言っていた。
でも・・・もしかしたら助かるんじゃないかってマッサージをしてくれたという。ブルーの子みたいに期待できなかったのであそこまで長くはやらなかったという。

ファンタの顔つきもほぼ普通の感じに戻った。大変なお産だったね・・・みんな無事に生きて生まれてきてくれていたら素晴らしく美しい子たちだったよ。
骨量もあって柄も綺麗で何でこうなってしまったんだろう・・・
モモの赤ちゃんが小さくて大変だったから、ファンタには欲しい欲しいというままにご飯をあげすぎて赤ちゃんが大きくなりすぎちゃったのかもしれないね。ファンタは頑張って産んでくれたのに、助けてあげられなくてごめんね。

たった1頭になってしまったけれど元気で綺麗な男の子がいてファンタの悲しみが少しでも減ってくれればと思うよ。ごめんねファンタ。そしてありがとうファンタ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.18 Tuesday

トラブル・・・

第一子誕生後、最初こそ良い感じに陣痛が起きていたのに途中でぴたっと止まってしまった。
やたらにファンタが震える。お産が始まってしまえば多くは震えたりはしないのに、何でかなぁといぶかしく見つめていた。

気になって心音を探ると聞こえるような聞こえないような・・・ファンタンの呼吸音のほうが大きい上に寝転んでくれるわけもなく横から探るしかない。

5時過ぎに生まれた後7時前に獣医さんに連絡しようかどうしようかずいぶんと悩んだ。あんなに大きな子がちゃんと生まれてきたんだしファンタの顔つきはしっかりしているし、まだ2時間しかたっていないし・・・

夜じゃなければ悩みもせずに待つだろう。でも夜は長い・・・悩んでいると陣痛が来るので結局電話しないまま時は過ぎて行った。

途中夕飯を作ったり交代で食べたりパパが帰ってきたりとあわただしかったがファンタは相変わらず仔犬をよこせと騒ぎ立てながら来た陣痛はすぐに止まると言う事を繰り返して行く。

夜10時を過ぎたあたりで破水した。これなら大丈夫・・・ソウ思っていたのにいくら探っても他の心音が聞こえない。後2頭か3頭はいるはずなのに・・・

思い返せば昨日の朝から様子がおかしかったんだ。いつもなら順調につく陣痛が上手くついていなかったといえばいなかった気もする。
微弱だったのかもしれないとしたら丸1日経過している。

最初の子がちゃんと生まれてきたこと自体が奇跡みたいなものだったのかもと不安がよぎり始めた。
自分たちができることは今はじっとファンタに任せて待つだけだ。ファンタ自身の状態が悪いなら即刻帝王切開もありだが、子宮内で赤ちゃんが死んでしまっているのなら破水もしているし時間はかかってもでてくる。1頭目があんなに大きくても出てきているのだから待とうと思った。

夜中1時過ぎ・・・。ファンタが急に立ち上がり強くいきむとするっと子犬が出てきた。袋ごと綺麗に出たけど胎盤の色がおかしい。ファンタに任せずに採り上げてすぐに袋を破り蘇生を試みたが聴診器で拾いたかった心音はもうすでに止まっていた。綺麗なフルカラーのブルーの女の子でぱっと見た目にはまだ血色も良くそんなに前に死んでしまったようには見えなくて諦めきれずに長い間マッサージをした。。。でも一度止まった心臓は回復することはほぼ無い。

蘇生は呼吸しなくても心音がある限り続けていけば助けられることはあるが、心音が止まっていたらどうにもならない。

時間がかかりすぎた・・・ただそれだけなんだろうと思う。全ての条件が整っていれば犬は最初の子を産んだ後、丸一日過ぎてからも無事に赤ちゃんを産むことがあるが、今回は条件に恵まれなかった。

あと1頭はいるはず。心音は4つ合ったようにも思うけれど頭数が少ないとおなかの中で動くので同じ個を拾った可能性が高い。レントゲンを撮らなかった以上触診と心音を探って残りを確認するしかない。今は夜中なのだから・・・

軽い陣痛が起きてくる。でもそれ以上にはならない。結局最初から今回のお産は微弱陣痛だったってことだ。前の2回のお産は頭数がいた事で仔犬は大きくなりすぎずに丁度良い大きさでひしめき合っていたから上手く出て来れたんだろう。
いつも多頭数生む子が頭数が少ないとトラブルが起きるときがあると言う事をお産がなかった分、できたことが嬉しくてすっかり忘れていた自分が悪いんだと思う。ファンタに・・・ごめんね、もっと気がついていたらよかったねと謝った。

夜が白み始めてもファンタは赤ちゃんを抱いたままうつらうつらと眠り時折体を震わせている。たぶん後1頭。もう亡くなってしまっている事は解っているけれどなんとか上手く出てきて欲しいと願う。
赤ちゃんが生まれているのにいまさら帝王切開などしたらファンタが可哀想だし赤ちゃんだって可哀想だから・・・切った貼ったの痛い思いをしないで何とか無事に・・・

ソウ思いつつも病院が開く時間まで待って出てこなかったら行くしかないよなぁとぼんやりとファンタを撫ぜていた。

朝・・・7時半。パパを会社に送り届けに行く間裕貴がファンタを見ていてくれた時にトライの女の子が生まれてきた。たぶんブルーの女の子が亡くなった時と同じくらいに亡くなっていた様でするっと綺麗に出たが血色はまったくなかったと言っていた。
でも・・・もしかしたら助かるんじゃないかってマッサージをしてくれたという。ブルーの子みたいに期待できなかったのであそこまで長くはやらなかったという。

ファンタの顔つきもほぼ普通の感じに戻った。大変なお産だったね・・・みんな無事に生きて生まれてきてくれていたら素晴らしく美しい子たちだったよ。
骨量もあって柄も綺麗で何でこうなってしまったんだろう・・・
モモの赤ちゃんが小さくて大変だったから、ファンタには欲しい欲しいというままにご飯をあげすぎて赤ちゃんが大きくなりすぎちゃったのかもしれないね。ファンタは頑張って産んでくれたのに、助けてあげられなくてごめんね。

たった1頭になってしまったけれど元気で綺麗な男の子がいてファンタの悲しみが少しでも減ってくれればと思うよ。ごめんねファンタ。そしてありがとうファンタ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1