2007.12.15 Saturday

Category: -

ようやくひと月

可愛いチビッコたちはとりあえずつけた名前を覚えた。
男の子は【ボク】女の子は【ねぇね】チョコの子は【チョコたん】・・・安易な名前だ(/_;)

可愛いなぁって思うのはやっぱろ哺乳して育てたせい。毎日私はあかちゃんの部屋に布団を敷きこみ枕元に子犬の入る箱がある。
私が部屋にはいるまではおとなしく箱の中に3頭いるのに、入っていくとママだママだ〜とワラワラと起き出して来る。

もっとも私が入ればたいていはミルクかご飯だから、当たり前といえば当たり前なんだけど、何より可愛いのはその後寝るときのこと。

寝る前にも最後にミルクをたっぷり飲む。そしてウンチとおしっこをして寝る準備完了だ。モモに綺麗にしてもらい多少ピヨピヨと鳴きながら箱とは反対の私の布団めがけてよじ登ってくる。布団の厚さが仔犬には結構な段差なのだが、ヨイショヨイショとよじ登ってくるわけだ。

違うほうを見ていて着そびれたりするこの名前を呼んであげると小首をかしげてしっぽをフリフリ駆け出してくる。可愛いったらありゃしない。まだひと月なのにネェ〜・・・哺乳効果抜群だ(笑)

そして私のわきの下あたりに3頭固まって就寝となる。
タマランのネェ〜。。。。。

でももうじきファンタの子が生まれるので子育て部屋の移動をすることになった。もうじゃれるようになっているので静か過ぎる場所よりも大人の犬達の気配がわかり始終見ていられる場所の方が育つことへより良い環境が整う。

かくしてこっちだあっちだと改造中の部屋をまた改造し、何とか子育て部屋は収まる所に収まった。今まで使っていた毛布を入れると不安げだった子犬達もおとなしく寝箱の中ですぅすぅ寝息を立て始めた。

これからは写真を一杯取っておこう。パソコンのデスクの位置も変えたので座っている場所からも体を移動させることなく観察できるようにした。なかなかいい配置だ(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.15 Saturday

ようやくひと月

可愛いチビッコたちはとりあえずつけた名前を覚えた。
男の子は【ボク】女の子は【ねぇね】チョコの子は【チョコたん】・・・安易な名前だ(/_;)

可愛いなぁって思うのはやっぱろ哺乳して育てたせい。毎日私はあかちゃんの部屋に布団を敷きこみ枕元に子犬の入る箱がある。
私が部屋にはいるまではおとなしく箱の中に3頭いるのに、入っていくとママだママだ〜とワラワラと起き出して来る。

もっとも私が入ればたいていはミルクかご飯だから、当たり前といえば当たり前なんだけど、何より可愛いのはその後寝るときのこと。

寝る前にも最後にミルクをたっぷり飲む。そしてウンチとおしっこをして寝る準備完了だ。モモに綺麗にしてもらい多少ピヨピヨと鳴きながら箱とは反対の私の布団めがけてよじ登ってくる。布団の厚さが仔犬には結構な段差なのだが、ヨイショヨイショとよじ登ってくるわけだ。

違うほうを見ていて着そびれたりするこの名前を呼んであげると小首をかしげてしっぽをフリフリ駆け出してくる。可愛いったらありゃしない。まだひと月なのにネェ〜・・・哺乳効果抜群だ(笑)

そして私のわきの下あたりに3頭固まって就寝となる。
タマランのネェ〜。。。。。

でももうじきファンタの子が生まれるので子育て部屋の移動をすることになった。もうじゃれるようになっているので静か過ぎる場所よりも大人の犬達の気配がわかり始終見ていられる場所の方が育つことへより良い環境が整う。

かくしてこっちだあっちだと改造中の部屋をまた改造し、何とか子育て部屋は収まる所に収まった。今まで使っていた毛布を入れると不安げだった子犬達もおとなしく寝箱の中ですぅすぅ寝息を立て始めた。

これからは写真を一杯取っておこう。パソコンのデスクの位置も変えたので座っている場所からも体を移動させることなく観察できるようにした。なかなかいい配置だ(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.12.15 Saturday

ケージトレーニング

我家では殆どの場合犬達はケージの中でご飯を食べている。人の食事の時間とは別の時間帯だ。頭数が多い分仕方がないけれど、それでも「おいしいかい?」とか「今日はごちそうだよ〜」とか「ごめん、今日はカラカラになっちゃった」とか毎度のごとく犬達に話しかけてご飯を配る。他の仔に配りながら食べ始めた仔に「今日のご飯はいかが?」と聞けばおいしい時は尻尾をパタパタ振って顔を見つめ、「おいしいよ〜」と答えてくれるし、カラカラしかあげないと「ちぇ!今日はこれかよ〜」って言う顔をして見る。「ごめんネェ〜」と笑いつつ、終った子には「ご馳走様ね」とご飯の入れ物を出す。

ご飯自体は手作り食もあるし、ドライフードのみもあるし、スープかけご飯だったり、缶詰が乗ったご飯だったり日によって色々だ。

???と思う人もいるだろう。昨日書いたことと違うと思う? 昨日書いたのはこうした習慣があっても、時と場合によってみんな揃って部屋の中で隔離されることなく一緒にご飯を食べる事も出来る様に育てていますよと言う事。
ケージに入れないでご飯をあげたほうがいいって言うわけじゃない(苦笑)
ケージに入れてご飯をあげている事によって見失うものがあると思うよと書いた。私はご飯の時間も犬に話かけて育てていますよとかね。(^O^)/

みんな揃って並んで食べていれば、早く食べ終わる子もいるし、なかなか食べない子もいるので、ちゃんと見ていないと「もういらないなら食べてあげるね」と余計なお世話をする子もいる。すかさず「それは○○ちゃんがまだ食べてるんだよ」と声をかけられない状況の時はケージに入ってもらうのだ。

人がそばにいて食事を与えているときには、犬同士がご飯を争ってけんか腰になったり唸りあったりなんって言う事は我家では頭数が多くても決してさせないししないし、したら確実にしかって学習させる。最初からソウいう事をしない子もいるし、最初の時だけはやたらに犬には突っかかる子もいるがそれは家のルールを学ばせれば済むことだ。(笑)教えなければ犬が勝手に覚えることはとても少ない。

特に私たち家族が彼らが食べている途中に体を触ろうがご飯を採り上げようがに対して威嚇行動なんかケージに入れてない時にこそ起きたことがない。
リーダーに対して餌を奪い取ろうとか守ろうなんっていう考えの持ち主は犬には存在しないからだろう。こんなことからでもリーダーになっていく要素はつかめるのだ。

通常3ヶ月くらいから徐々に大人の犬達と一緒に1頭でケージに入れてご飯を食べるんだよと教え始める。硬いフードもある程度食べられるようになったあたりからだろうか。
最初は食べている間見ながら声をかけて、食べ終えると「ハイ、ご馳走様だね。」とすぐにケージから出す。大人の子と違うのはここら辺。

食い意地の張った子は(笑)ケージ=ご飯という公式をすぐに覚え、ご飯だとわかると大人の犬達と同じように率先してケージに向かい、その日に入るケージを待っておいしいご飯にありつくわけだ。我家は頭数分のケージを置いてはあるが誰がどこと決っているわけではない。

ヒートの子は上になるし、体の大きな子は下だし、仔犬の時は上のほうだ。
おとなしくしてられる子から先にいれてもらえたりするのでご飯の順番も決めていない。なんたって3階建てだからね(笑)やり易い順番になったりする(^O^)/

でも中にはケージ=閉じ込められたという公式を作る子犬もいる。こういう仔犬はほかの子に比べてご飯を食べ終わった後少しづつ中にいる時間を伸ばして行く作業に時間がかかる。閉じ込められたのではなくみんな同じようにしているよねと少しづつ時間をかけて理解させ、嫌な思いをしないようにしながらでもこちらの要求を通して行くのだ。
ドアを閉めることに抵抗がある子は最初から締めたりはしないが折を見て犬の態度を見て少しづつ締めてみたり開けてみたりしながらドアが閉まることに抵抗がなくなるのを待つ。殆どの子はドアが閉まることへの抵抗はない。ご飯を食べられる嬉しい気持ちのほうが優先してしまうからだろう。(^^ゞ

我家は最初こそすぐに出してあげているが通常は食休みと言って数十分以上、ご飯の入れ物を出してから待てるように教えて行く。本来の目的は実はこっちにあるからだ(^O^)/
勿論犬によっては食べてすぐにトイレ〜とかお水が欲しかったぁ〜とかご飯を食べる前にしていた作業によってケージの中にいられる時間は違ってくる。
毎日の作業だし、観察していればたいていわかるが、中には朝からまだ大はしていなかったのよ〜ッという子もいたりする。

毎度おとなしい子がご飯を食べ終わって少ししたあと、中で吠えるときはたいていヤバイ状況が差し迫っている。
だからご飯の後に吠える子がいるときは一度吠えるのをやめるように促すが数回声をかけても黙らないと、何かしらあるんだと出して様子を見る。
何もなかった時は又ケージに戻されるし、何かあった時は早く出してあげればよかったねと謝ったりもする。何もなくて出して〜と騒がれることが殆どないけど(笑)それは必ず出してくれることを約束してあって犬達はその約束が守られることを知っているからだ。

犬は自分たちがしなくてはならないことに意味があればたいていは受け入れてくれるが、その意味を保てない状況の時はコンタクトを取りに来るし、それを受け入れる相手かどうかで自分たちを理解するかを判断していると思う。

ケージから出すときにも騒いでいると出られない。(苦笑)良い子から順番ねといわれそんな抽象的なやり取りの中で少しづつ私からの要求が何であるのかを学んでくれる犬を賢いなぁと思う。

ケージは犬が自分のテリトリーとして確約されたもので、犬の為に必要な安心できる場所となるものだといわれている。でも私は家の中に関しては疑問を持っている。

犬のテリトリーは自分の家の中全てだろう。それなのにそのなかで犬だけの聖地があると言うのはどうだろうか?
ケージはあくまでも人の都合で犬の行動を制限できるための入れ物でしかなく、そこに安住の思いをもてるというのはうちの子たちには1頭にも見せられた事がない。ベッド代わりに使っているわけでもないので(笑)
下の段のケージはいつも開放されたままだけど、ケージに入ってくつろいでいる姿など見たことはない。また何かにおびえたり驚いたりした時ですら人に寄り添うことはあってもケージに逃げ込むこともないのである。

そんな状況なので私はケージは犬のために必要なテリトリーだと考えたことはない。

が・・・ケージはとても便利なもので、そこに静かに入っておとなしくしていられる犬であったら人にとってこの上もなく都合の良い事だと思う。
家庭外に連れ出したとき長い時間待たせなければならない場合は数多く起こり、家庭という彼らのテリトリーから出た時にいつも使っているケージは安心できる場所に変っていく。

ケージに入れなくてもその場で長い時間動かずにいられるほどのトレーニングを受け、実際に行動できる犬なら(マットの上とか指定した場所で飼い主がいなくなってもそのままで場所を変えずにいられることが絶対の条件として埋め込まれた犬)公共の乗り物とか、公共の場所とか、入れ物に犬を入れておくルールがある場所以外は、ケージは必要ないだろうが・・・。(笑)なかなかその条件が整った犬とはあったことがないし人はそこまで頑張る前にケージを使う方が多い。

だからケージに入ることや長い時間そのなかにいられるように教えることはとても大切なことになるわけだ。

ケージには入れても、吠え立てていたり動き回っていたり、果てはドヨヨ〜ンと完全に気持ちがブルーになってしまうようではただ隔離したに過ぎないわけだ。ケージが安心できる場所に変化するまでには良いことが起きる場所であってかまわないと思うし、そういう方法論を利用したほうが犬の理解は早くなる。でも最終的には犬が望む、望まないに関わらず人の都合で犬の行動を制限することに変りはないのだから、静かに良い子で中にいるという飼い主からの要望を受け入れる姿勢を作らなくてはならない。

ケージの中にいても外にいても飼い主がそれは吠えたり騒いだりすることをやめてと言ったらやめられるようである事が一番重要だ。ケージトレーニングというのはケージに自発的に入るとか、長い時間静かにしていられるかと言う事ではなく解釈している私は私の犬達にそのように教えている。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1