2007.11.19 Monday

NPA 8 in水戸 DISCDOG

昨日は茨城県水戸市偕楽園でNPAの大会。

次回は水戸は回避だよなぁと考えていたが、皆もでて来るんだし形だけはボルトが成功できそうな所まで持ち込んだし、お産当日でもない限り参加するのも一興?と一応エントリーしておいた。

17日の夕方にめでたくチビッコたちは生まれてくれたので「行ってらっしゃ〜い、ボルトだけ決れば後は良いから・・」と送り出した。


帰るのを待ってビデオを確認。
今回は入賞は出来なかったけど、特別賞を貰ったという。どんな出来じゃい?

ディスタンスはスローのミスも手伝い、高いポイントにはならなかった。5ポイントだからネェ・・・スローの練習してください(^_-)-☆

で・・・気がかりなフリー。

出だしにミスが多い。サンダーを落ち着かせないままのスタートだからだ。
イケイケの興奮状態も犬に寄っては良いのかもしれないが、サンダーやダッシュにはそれが必要ない。
なぜなら気合が入りすぎて冷静にトスを見極めなくなってしまうからだ。
土台・・・人間様はまだまだ未完成で犬が捕り易いDISCなんか投げられてはいないのだから、犬が冷静に捕ろうと判断することが出来なかったらアウトってわけで・・(笑)

幾つかの汎ミスがあったが、とりあえず課題にしておいたチェストボルトは犬が飛ぶのに窮屈だったけれど何とかクリア。
指名されたユウキの肩の荷は多少下りたといった所か?

サンダーとは定番にしたいスキップスローも綺麗に決ってできばえとしてはそこそこって感じだろう。

投げての技術を最近は要求されているので、難しいスローを入れていかないとポイントは上がらない。

でも我家のスタイルはキャッチ率の確定が先だから、まだ出場2回目って言う事でマァマァの出来だと納得している。
投げ方自体は人間側の問題なので、私はクラッシックでも良いから、バタフライや、ジャグリングやスキップスローとか、バックボルト、チェストボルトなどを組み入れてルーチンを組む方が良いなと思っている。

人がやらない技を作り上げることも良いけれど、出されたトスを確実に犬がとってなんぼのもんだろうと思う。
何がかっこいいって犬がDISCをキャッチするからギャラリーから歓声が上がるわけでね。そこのところが一番重要(笑)

ボルトがどんなに高く綺麗に飛べてもDISCを外したらため息が聞こえてくる。
でも単純に投げただけのDISCを犬がキャッチしただけで心がウキウキするものだ。一体感って言うのか?

人によって考え方はそれぞれだろうけれど、我家はいつの日もキャッチ率が高いことを一番だと思う。そのうえに技術を磨く(笑)

次回12月9日のポートパークにはD3でどこまで完成に近づけて出場できるかだ。寒いけど少し一緒にやらないと無理かなぁ・・・。
イメージは出来ているので後は息子とサンダーがついてくるか・・・それが問題である。

入賞は出来なかったけど、特別賞貰ったんだから次はもっとがんばらなくちゃね(^_-)-☆

寅ちゃんがD3で5席?オメデト〜!
プリンは前回よりかなりい感じになっていたけど、もう一歩踏み込みたいなって思う(^_-)-☆
白も前回の大会よりもこなれてきた感があってよかったと思う。

次回は今回の成績を越えていけるように皆さん工夫と練習がんばってください。
寒い中お疲れ様!

NPA水戸サンダー1
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1