2007.11.01 Thursday

過保護なのか優しさなのか・・・

恐がりな犬は多い。生まれ持って恐がりな傾向がある子もいるだろう。
でも・・・恐がった対象がなんであるかの確認が出来、それが自分自身に危害を加えるものではないという認識がつくと犬は恐がったりはしなくなる。
但し使った時間と学習する形態で覚える確実さに変化はおきるけど。。。

私は恐がっているものをどう克服させていくかと言う事じゃないかって思う。

私は犬には超甘い。仔犬時代の接触の仕方などはそなに甘やかすの〜って言うくらいじゃないかって思う。そして犬の行動を観察するのが好きだ。
大人になりかけた犬や、完全に大人になってしまった犬でも何かに驚いてびびることもある。そんな時にその場でどう対処するかで犬の反応は変るんだろうなって思うのだ。

1頭で歩くのが恐い犬は仲間がいれば元気に歩けることが多い。
特に仔犬はソウだ。絶対の信頼を飼い主に置けるようになっていれば1頭でも問題はないけど、それ以上に仲間がいれば楽しく散歩できるのなら私はあえて1頭で連れてでることは無い。
そのままず〜っとそうして行く。。。で・・・1頭で歩けないままじゃないの?と思う人もいるだろうが、これがちがうんだよね(苦笑)

頼れる兄貴や頼れる姉貴が一緒にいる事で、知らない間に自信がついてるんだよね。大人になった頃には1頭で連れ出したって、お散歩は楽しいものでお外は良い場所だって覚えてる子なら何の問題も無く歩く。そういう学習をさせる為に他の犬に協力してもらったほうが早いんだわ。

日本は早期教育が激しい。何でそんなに急ぐのか?もっと時間をかけてゆっくり犬の気持ちを尊重しながら大切なものを育めば良いのにと思うけど・・・。
たいていの競技は犬が成犬にならないと参加出来ない様になっている。
つまり大人になるまでに時間を充分につかい、体を作り、精神を鍛え、学習を積み上げて望みなさいって言う意味じゃないかなと勝手に決めている。

飼い主は犬に信頼されなきゃならない存在だ。でも信頼されなくなるように飼い主が行動している限り犬は答えを思わない方向にしか出さない。つまり恐がったままでその表現をなくしてはくれないのだ。
時間がかかるものもあるけれどたいていは思ったほど長い時間は掛からないで理解させられることは多い。仔犬ならなおさらその時間は短くて済む。

昔々、ミールは大通り(環八通り沿いの歩道とか甲州街道沿いの歩道とかの横を通る川が流れるような車たちが)も、突然大きな音を立てて何かが出てくる自動販売機もものすごく恐がった。彼は立派な成犬で、他の部分ではとってもイイコだったけど・・・

彼が走っている車やオートバイの爆音が恐くて、一生大通り沿いを歩けないことや、自動販売機を見るたびに大回りして歩くことを・・・そんなものはまったく恐くないのだと知らせてやりたかった。

アメリカから空輸され、ブリーダー元でしばらくの間暮らしてきて、我家に来てすぐに事だった。人と一緒に部屋の中で寝起きする経験を生まれて初めてすることになったばかりのころの話である。ミールは立派な大人の犬になってしまっていた。

ミールフェイス

私が取った行動は彼が安全である事を確認するまで気長に付き合うことだった。それは仔犬とは違い、時間をかけて繰り返しの作業からしか学ばせられない状態だったからだと思う。

大通りに出ようとするだけでくるくる回りだしたり、逃げるように引っ張ったり、来た道を這い蹲るようにして戻ろうとしたミールが悲しかったから・・・。無理やり歩けばおどおどしながら周りを気にして挙動不審ミエミエである。それじゃ可哀想過ぎる。自信を持って歩くミールは素晴らしく美しいシェルティーなのに、まるで人に追い詰められた野良犬のようだった。
一緒に歩く子達だってなんだこいつ?って顔をして歩調を乱す彼を睨んだりする。
だから・・・重かったけど・・・抱っこして数メートルその場を歩き、次の角でまた静かな道に戻ると言う事を何回繰り返したか知れない。
一緒に連れている犬たちは平然と歩くから回りで見ている人たちの失笑をよく買ったものだ。

大きい子なのに恐いんだネェ〜と何度声をかけられただろう。
赤ちゃんじゃないのにネェ〜って(笑)
どのくらいの時間がかかったのかは当時のことを書き残していないので覚えていないがかなりかかった気がする。
でも、ミールは少しずつだけど激しかった心臓の鼓動が抱いて歩くうちに穏やかな音に変っていく様になっていった。。。
私は犬を抱くとき、恐がっている仔は特に心臓に手を当てながら抱くようにする。そうする事で犬が何に恐がっているかを掴みやすいからだ。それに穏やかになっている時を見つけるのも簡単だからだろう。

心臓の鼓動が激しくなくなればそんなに怖がらなくなって大丈夫かもしれないと学習したと判断する。そうしてようやく下に下ろすわけだ。

最初は固まっても、『大丈夫、さぁ行こう!』と促すと多少へっぴり腰ながらも数歩は歩く。やばそうだなと感じたら『えらかったネェ〜』と抱っこし褒め続けながら次の角までまた抱いて歩く。

そんなことも繰り返し繰り返しである。そのうちに歩く歩数が多くなり、気がつくと角から角へは問題なく歩くようになっていった。

その後は状態を見ながら距離を伸ばしていき、やばそうだったらすぐに抱き上げ、落ち着くならまた下ろして歩いていくようにしてきた。

いつの間にかミールは大通り沿いも自信を持って顔をあげしっぽも揺らしながら皆と歩調を合わせて歩くようになっていた。

自動販売機克服も同じような要領。
自販機を避けているうちは抱っこしてそばまで行く。購入したジュースが落ちる事で出る音に反応している事がわかったら、何度も抱いたまま繰り返しジュースを買って(日に一回だけどね)ジュースが出てくるだけで何も問題は無いねと学習させて行く。ジュースが落ちる音が鳴り止んでジュースを取り出して『ほら、これが出てきたんだよ。お母さん、喉が乾いたから飲むからね(^_-)-☆』と毎回匂いをかがせた。確かに気長な作業だけど、何年もかかることじゃないからさ・・・

10キロを越える犬を抱いての作業は大変だ。だから小さいうちにいろんなものを見つけ出して早く教えてしまうと楽になる。
ミールのように大人になるまでそういった環境下に無かった犬は学習する機会を失っている分、覚えるのに時間がかかる。でも・・・驚かさないように繰り返して行くことは彼らに安心をもたらし学習できるチャンスを生む。

驚かし続けていけばそのとなりにたたずむ飼い主を信頼しようとはしないわけで、自分の行動が犬を脅かしているかそうではないのかの判断がたぶん一番大事なことだろうと思う。

しばらくの間確かに大変だったけど、今じゃミールは私のオンリードッグだ。もう13歳半になった。紳士のミールの知られざる過去は恐い恐いの抱っこ犬である。今はミールには恐いものは無い。あるとしたらやがて訪れる仲間との別れの時だろう。

問題の克服に力を貸してやれてよかったと思う。やっているときは多くの人に笑われたやり方だったけど、ミールにはぴったりの方法だったんだからそれで良い。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.11.01 Thursday

リードの話

日本では飼い犬が外に連れ出されるときはリードでつなげておくという決まりがある。

図らずも犬は人と違い、危害を加えるかもしれないし、逃亡すれば多くに迷惑をかけることも考えられるからだ。動物だから・・・犬は・・・(苦笑)

でも多くの愛犬家は犬だからこそ、問題が起きてもある程度は考慮してもらえるものだと考えているし、逃げたら悲しいのは自分であって他人に迷惑をかけてしまうかもしれないと言う事は思いつかないっていうのが本当のところだろう。

大昔、犬を拘束しなくても良かった時代に今ほど共に歩く人のいう事を聞いていないような犬がいたとは思えない。幼かった記憶の片隅に、繋がれていた犬の姿は無く、飼われている家から逃亡するような犬もいなかったし、テリトリーが広かったことも覚えている。

何で今は放せない様な犬が多くなったのだろう?自由がある生活を学習させられない現状だからなのかなぁとも思ってみたり・・・。ちょっと悲しい部分だ。

私が犬にリードを繋ぐ最初の仔犬の時に『これは決りだからね』という。本当なら付けたくは無いけれど、つけないと君を知らない人が恐がってしまったり、何かあった時に君をすぐに守って上げられないからなんだよという。
それがスタートだ。

成長した彼らが逃げてしまうとか、他人に危害を加えてしまうかもしれないから拘束しているのだという思いはまったく無い。実際、手からリードが離れたとしても教育した犬たちなら動揺することも無いのだ。『あ・・・ごめ〜ん、リード離れてるからちょっと止まって!』といえばみんな止まって待ってくれる。離れたぜ〜ヤッホ〜と逃げてしまうようなことは無い(笑)

ましてや外なのだから、呼ばれてそばまでは来るけれど、『ココまでおいで〜』とか犬にからかわれることも無いわけで・・・そういうTEAMを見ると思わず笑ってしまうのは申し訳ないなと思うこともあるけど、微笑ましい反面、危ないなぁって思う。

勿論教育以前の子犬だと我家だって放れたら冷や汗をかくが・・・(笑)

犬と歩くとき、リードはないものだと思っているとおのずと犬に声をかける機会も多くなるし、同じ速度で同じ思いで一緒に歩くという気分は出来上がるんじゃないかって思う。
そうなっているときはリードは必ずたるんだ状態で犬に圧力がかかっていることはないに等しい。言い換えてみればリードが無い状態で一緒に歩いているって言う事と同じなのだ。この状態を繰り返さなければ犬は飼い主と同じ速度で平行してそばにいるという作業を学ぶことができない。

リードを緩んだ状態で!というのがどれほど大切な意味を持つものなのか、多くは犬と散歩する時に気がつかないものだろう。そのリードは重さが無く例えて言えば毛糸のように軽ければ軽いほど圧力はかからない。
そういう理由で唯一使うリードが我家ではショーリードとなっている。(5ミリくらいの太さのリード)

昔どこかのページに【犬と歩くときは恋人と腕を組んで歩くようにするといい】と書いたことがある。
【幼い子供の手を引いて歩くように・・・】そんなことも書いた覚えがある。

その相手が・・・自分の手を振り払って去っていくようなことがあったらそれは相手が悪いんだろうか?私はその場面に遭遇するときは何か有ったかを考える。
引っ張られる理由。後ろからとぼとぼ付いてくる理由。横に逃げるようにする理由。その理由にあわせてここにいたほうが良いよ〜と教えて行く。

蛍の唄じゃないけれど、あっちのみ〜ずはか〜らいぞ!こっちのみ〜ずはあ〜まいぞ。って言う奴だ。間違いを訂正させたら必ず犬は正しく行動するときがある。その時に褒められなかったらアウト!って言うやつだ。

犬は学習によって賢くなる。学習が間違っていなけれが一番簡単なのだから、教える側は正しいことを犬が理解できるように簡潔に教えなければならないと思う。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1