2007.08.12 Sunday

嬉しい報告

問題行動の修正を手伝っている飼い主さんから嬉しい報告が・・・

顔を合わすたびに毎回吠えあっていた相手の犬の飼い主さん親子から「何で吠えなくなったの?」と聞かれてしまうようになったとか、

ワンちゃんのいるお宅に遊びに行っていつもは緊張しまくりでヨダレダラダラでおやつも食べられなかったのが、落ち着いて傍にいることが出来、よだれを垂らす事もないので一緒にいる人たちに「すごく落ち着いたねぇ。瞳が優しくなったねぇ。おりこうさんになったねぇ。」と褒められたとか・・・

一緒に行くお散歩で顔を見上げながら歩いてくれるようになって感激していると、あちこちに気もそぞろで名前を呼んでも振り向かなかった子の変わりように満足してくれている。

犬は・・・よほどのことがない限り、飼い主の気持ちの持ちようと「何が犬にとって幸せなのか?」の答えを見出したいと願ったとき、飼い主が行動を変えられるので困っている行動が消えて行く。

つまり、飼い主が改めて自分自身がやってきたことを反省し、間違いがあったと納得して変化を起こそうと努力しない限り、行動は修正できても飼い主の前に出ると元に戻ってしまうのだ。飼い主はやっぱりリーダー(本物の親)でなければならない。

犬は本当に可愛い。ふわふわとした綿毛の塊のような子犬たちを見るたびにこの子の未来はどんなだろうと思う。
年齢に応じた教育をしなければ犬はいつまで立っても子犬のままの暴君だろう。

難しい部分は犬の姿が人の姿と違うからであってそのベールを剥がせれば、年相応に教育は可能だ。犬の母親は人の姿に当てはめないで育てられるからうまく行く(笑)でも人間はイヌじゃないからわからない気になってしまうだけだ。

2ヶ月から3ヶ月はただただ可愛い子ちゃんで育てて十分に良い子のままだろう。だって幼稚園の年少さんくらいでしかないから・・・。4ヶ月くらいになると意のままになる人間と、そうじゃない人間とを区別し始める。幼稚園の年長さんくらいの感じだね。
6ヶ月にもなったら人間で言えばギャングAGEだ。仲間の方がよくて親なんか知ったこっちゃない(笑)小学生の低学年はそんなもんだろう?
なんでも犬にうことを聞いてやっていたらあとでこんなはずじゃなかったって言う事になるスタートを作る時期でもある。

我家は確かに何も教えたりしないで育てると言ってるけど、6ヶ月くらいになる頃には体のどこを触られても平気にするし、名前を呼ばれたら自分のことだってわかるように育てている。勿論、呼んだら飛んでくる子が一番望ましい。やってはいけないこととか、禁止されたんだとかもわかるようになるし、褒められて嬉しくってハイパーにもなる。

持って生まれた性格とかもあるから、犬だって犬としての精神年齢って言うのもあるから、その仔に合わせた方法を使いながら育てるけれど、でも決して妥協はしない。なぜならその時期に正しく伝えてあげないと後から修正するほうが犬にとって大変だと知っているからだ。

でも人間は間違いを犯す。間違えたら正せば良い。ただそれだけで幸せは掴み取れるのだから・・・
優しさも愛情、厳しさも愛情だ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.12 Sunday

レナと氷とロック。

毎日とっても暑いので氷水を飲むことが多い。

今日なに飲むの〜?と傍にいたレナに「氷食べる?」とひとつ上げてみた。

嬉しそうに持って行き、ソファのうえで舐めたり転がしたりしながら堪能。丁度そこにふらふらしていたロック君参上。
良いなぁって眺めていたら、氷がするりと滑って目の前に来た。

当然ゲット!

面白くないのはレナだ。あんたその口の中から出しなさいよ〜!私の氷なのよ〜!とタックルするも、氷はすでにロックの口の中に入るときにはちいさくなっていたので跡形もない。

吐き出せといったって(苦笑)吐き出せないのよもうすでに溶けちゃったから・・・哀れロック君はしばしレナちゃんの怒りを買ってしまい、逃げても逃げても大きな体でボディーアタックされてすごく困っていましたとさ(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1