2007.08.06 Monday

ヒロシマナガサキ

ヒロシマナガサキ・・・ドキュメンタリー映画が上映されている。

東京でも岩波ホールで上映されているそうだ。
見に行こうかなと思っている。

戦争は知らない。父や母も疎開経験はあるが戦場にはいけない年齢だった。疎開先での大変な話を良く聞かされて育ったせいか、体験もないのに戦争が怖い。

パパのお父さんは海軍で勲章とかもいっぱい残っていた。よく、夏で水不足になると「人間はな、洗面器一杯の水で歯磨きから体の洗浄まで出来るんだぞ!」と言われたものである。でも・・・その彼も戦争自体の話は一度も聞かせてはくれなかった。体験者ほど、口をつぐむ?

予告でも流れているが、今の若者の多くは広島や長崎に原爆を投下されて多くの命が一瞬にして失われ、生き残った人々がどれほどの苦しみを抱えながら生き延びてきたかすら記憶の片隅にもないのか?

いま・・・戦争を知らない世代が殆どになった。愛国心とか言うものも世界中に比べて日本は格段に低いそうである。

ホームレスの人を「犬や猫と同じ社会の迷惑!」と言って襲撃する子供たちは今の日本で育った。人間の命の尊厳すら理解できない子供が育つ国?

犬や猫の命が軽んじられて当たり前か・・・その先にあるものの恐ろしさは大きな声で騒がれることはまだ少ない。

世界中で唯一原爆を投下され多くの被害をもたらされた経験を持つ日本は、本当はどこの国よりも命の重さを知る人の国にならなければいけないはずだろうに・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1