2007.07.30 Monday

問題行動修正の一例

犬と暮らす時に飼い主が困ったなぁと思う行動をココでは問題行動として捉えて書いてみようかなって思う。

タマタマ掲示板に質問が来ていることもあるし、現在進行中で電話対応で修正をかけているパターンもあるし、書き残すことは大切だしね(^^ゞ

さて・・・現在進行中の問題行動は「犬を見ると吠え掛かる」&「姿は見えなくても塀越しなどに吠えられると応戦してしまう」というもの。犬は3歳のオスである。
散歩の時間は充分取ってあり、家族からもよく愛されて、どちらかといえばちょっと過保護気味のお坊ちゃんである。

さて・・・実際に彼の行動パターンを読む為に幾つか質問をさせてもらった。


  • 飼い主が話しかけた時すぐに振り向いたり、近寄ってきたり等の反応はあるか?(その際に食べ物等を与えているか?)
  • 散歩時に飼い主のどこを歩いているか?(前か横か後ろか)
  • 問題行動を起こした時にどういう対応をしてきたか?(叱る(言葉をかける、叩く、引き綱を引く等)、立ち止まる、無視する、抱く、座らせて行き過ぎさせるなどなど)

    以上の3点だ。

    これを聞くことによって飼い主と犬との関係は大雑把だが見えてくる。
    この犬の場合、溺愛型の典型的なパターンで、飼い主から自分へのコンタクトに関して自分の都合の良いときしか反応しないでも暮らせてしまっているという事実が見えてきた。。。マァ多かれ少なかれ問題行動がある犬の典型的なパターンではあったけど、得てして難しくはなさそうである。(笑)

    こういう場合にはまず犬からの勝手な意思表示を受け入れないことがまず第一である。ココがうまく伝えられなければ飼い主側からのコンタクトは有効にはならず、呼べど叫べど犬からの反応は決して良いものは帰ってくることはない。

    飼い主には溺愛型の犬に対する極一般的で時間のかからない解決に向けての直結型の飼い主も犬もかなり気合を入れてやらなければならない方法と、飼い主の忍耐が必要で時間がかかりともすれば勘違いさせやすいが犬にとっても飼い主にとっても比較的楽な方法とのどちらか選択をしてもらうことにした。

    つまり問題行動を直すことができるのはあくまでも飼い主しかいないので、その飼い主が治るまで続けられない方法を無理強いしても意味がないからだ。

    人にはそれぞれ使える時間と行動を起こすための生まれ持ったセンスや理解力、判断力、決断力などが違う。
    飼い主のことをある程度把握できる環境でなくては電話対応などで修正をかけられないのは当たり前だが、幸い飼い主の犬に対する感情や決断力と行動力を知っていたし、犬自身が3歳のオスであるコトを考慮してので速攻型のほうが良いと思うと言う事だけ進言する。

    ある程度やり方を説明して出来るかどうかの確認をする。それは出来ないことを中途半端にやり、途中放棄してしまうことは犬にとっても飼い主にとっても不幸でしかないからだ。

    方法論を選ぶのは飼い主自身だけである。(^O^)/

    さて、こういう事をして欲しいと幾つかの犬に対しての飼い主の行動を変えてもらい、ある程度の実力行使も理解してもらいさっそく次の日の朝の散歩から実行開始である。
    数回繰り返しても反応がないのならすぐに連絡をするように言っておくと、真剣さが強く朝の散歩終了後に連絡が入る。
    一回目で効果があったらしめたものでやり方に間違いがないという証明みたいなものだけど、はたして結果は万々歳であった。
    続きを読む>>
    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
    1/1