2007.07.14 Saturday

表現色々。

うちでは家族の大爆笑を買う「伏せ」の仕方がある。
それはコマンドとほぼ同時にバタン!と一気に伏せてしまうやり方だ。

我家の殆どの子がこの伏せが出来ないため、レナが出来るので最近彼女の株があがっている(笑)

それはそれは見事というより他にない気持ちの良い伏せである。
でもこの伏せ方って教えてできるもんじゃない気がするのよね。なんツゥ〜か・・・体のつくりって言うか、関節の柔らかさとかが関係するのかなぁってね。

バッタン伏せはデイジーの子でできる子が多い。グレースがやってたし、ダーナも同じように出来る。
伏せ自体が嫌いじゃないのに気持ちよくやっているのにもかかわらず「バッタン!」と伏せられない子がいる。遅いとかじゃないんだけど・・・

表現の違いって言うのはお手とかでも顕著で、サンダーとか、クリス、メロディーたちはお手は優しく差し出してくれる。
でもデイジーとレナは「バシ!!」と叩く感じで出してくる。

甘え方とか何かを伝えようとするときとか、話を聞く姿勢とか、走ったり飛んだりとかの動き方とか・・・環境遺伝といわれるなかの模倣から学ぶものとは違う、もって生まれた表現の遺伝形質って言うのは面白いもんだなぁと思うのだ。

バネがあるというのかなんというのか(笑)

デイジーの子で「バッタン伏せ」のタイプの子って何頭いるのかしらネェ・・・
レナにエイトとスルーを教え始めた。まだ理解したって感じじゃなくて「???」って言う顔をしている。とりあえずはくぐるけどくぐるだけ上出来か?(笑)スタンドとジャンプが完成したらダッシュ系とはまた違う表現なんだろなとちょっとワクワクして楽しんでいる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1