2007.07.01 Sunday

ダッシュとお買い物。

パパが勤続30年で会社でお祝いしてもらったというので、我家でもてんぷらPARTYでもしようよと買い物に出かけた。

久し振りなので本来の目的とは逆方向の三鷹のJマートにも行ってきた。せっかくだからとパパにべったりのダッシュをお供に連れて・・・

Jマートは犬をカートに乗せてお買い物ができる。
でもダッシュくらいの大きさの犬を乗せるにはちょっとイマイチのカーとだったのが、久し振りに行ったら深さのあるカートを発見。

これならダッシュもリラックスして載っているなとさっそくお乗りいただくことに・・・。

土曜日ながら数ヶ月いっていないだけなのに、なんか犬が多いなぁ(笑)
小さい子供たちはダッシュを見て「ラッシーだ!」と嬉しそうに近寄ってくる。ほほ〜・・・子供って素直なんだな・・・見た目にあの形だから「ラッシー」って思えるんだ。ブルーマールだと良く「何犬ですか?」と聞かれるし、「シェルティーですよね?」と確認されたりすることが多いのに、なかなか見る目のある子供たちである。


ぶらぶらと買い物をしつつ、ダッシュを乗せてパパがカートを押し私は買い物のカート。なんかつまらん!(苦笑)

でも・・・たぶん一番つまらなかったのはダッシュだよね。すげぇ〜仏頂面だったし(苦笑)
買い物が終って少しだけ駐車場をパパと歩いてくるダッシュは嬉しそうである。
そうよねぇ〜、ちゃんと俺は歩けるぜって言いたそうにも見えてるわ(^^ゞ

その後も買い物に連れまわされてパパと私は満足したけどダッシュには不評な一日と相成りました(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.01 Sunday

微妙な関係?

老犬部屋にいるとなんとな〜く微妙な関係だなぁって思うことが多い。

御年13歳を過ぎたミールも徐々に耳が聞こえにくくなって着ていたので老犬部屋の住人となって約ひと月。
やっぱり殆ど聞こえなくなっている。

ミール1

ダッシュは聞こえるときと聞こえないときがまばらにある。

マリンはまったく聞こえていない。

頭ではわかっているんだけど、人間なかなか順応できないもんだ。
聞こえていないから振り向きもしないし、吠えてるのもやめてくれないのに、途中までついつい声で何とかしようと行動している。

あぁ聞こえていないんだって思い出してようやく犬達の傍まで行って『やめてね』とアクションを起こしこちらの意図を伝える。

なんか昔々良くやっていたヨなぁって思う。子犬育ては耳が聞こえていない犬に起こすアクションに似ている。

聞こえていないわけじゃないから、数回繰り返すうちに自分が言われているんダナとか、こういう事を言っているのかと理解するようになるし、そのためにこちらに注意を向けてくれるようになる。

やりたくないことの時はわざと聞こえない不利とかもするけど、正直者の犬たちは耳だけはこちらに注意しちゃうから『アンタ聞こえない振りしたでしょ〜!』と嘘を見抜かれてしまったりするわけだ。

聞こえなくなってしまった老犬たちにはその動作がまったく無い。
聞こえたり聞こえなかったりする日があるダッシュは酷くブルーである。
後ろから声を掛けて耳が動いたら聞こえてる日。動かなかったら聞こえていない日。

聞こえないと言う事はいつも名前を呼ばれ何かにつけて飼い主が自分の存在を認めているという実感がなくなると言う事なのかなぁと思う。
物思いにふける時間が多くなったダッシュが少し悲しい・・・。

実際、ミールもダッシュも体を触られることを昔以上に喜ぶようになった。
家族に警戒心など微塵もない彼らは、後ろからいきなり触っても『なぁに?』と振り返ってくれるので神経を使わないで済んでいるが、気が小さい子だったらそうは行かないだろう。

体を触る事で安心感が得られるのならそれは素敵なことだけど、見た目に綺麗で若々しいままの彼らとは聞こえないというリスクや体力的にかなり劣ってきたという事実が私たちの頭の中に確実に植え込まれる時間が短すぎてつい微妙な関係になっているんだろうなぁと思う。

どいて!という言葉が聞こえなくなった彼らはどこに行くのも傍にいたいらしく付いて回って可愛いことこの上ないのだが、料理で油を使っているときとかは勘弁して欲しくお断りするのだけど、気が付くとすぐ後ろに寝そべっていてその内熟睡しちゃうのが玉に瑕の毎日である
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1