2007.06.25 Monday

シーザーミラン

予約注文していたシーザーミランのDVDが到着した。

彼の言う、犬のリハビリと飼い主へのトレーニングは自分も身をもって感じる部分なのでそのシュチエーションごとの解決方法は楽しさがある。いろんな犬といろんな飼い主が登場して面白い。

犬の表情などからイマイチまだリラックスしていないよねと言う部分も垣間見えるが犬たちが伝えられなかった意図をわずか数分で伝えて行く彼はやっぱりカリスマトレーナーだ。(*^^)v

自分だったらどのくらい時間がかかるかなとか考えながら、自分だったらどういう方法を持ち込む?とか犬に対しての部分はお気楽に見ているけど、色んな飼い主さんたちが登場する中で一番参考になるのは自分に足りないと思う部分。自分だったらウッと詰まる部分で、ソウだよねぇ〜そこはそう行くんだよねぇ〜・・・と共感することしばしば(笑)

問題行動を起こす犬について的確な情報を得るためにはやはり実際に自分の目で見て確認しないと直せない。自己申告を信用することほど恐いものはないからだ。(苦笑)土台自己申告が正しく伝えられるくらいなら、犬を正しく観察出来るだろうし、勘違いは起こらないわけで・・・問題行動は起き得ない。

攻撃行動があるような子はなおさらだし、何よりもどんな問題行動でも彼らのテリトリー内で見て見ないと本当の姿は見えないしね。飼い主によっては可愛いあまりに目をつぶっちゃって攻撃行動自体が何かの理由を付けて正当化しちゃったりすることもある。

実際・・・問題行動は飼い主自身がそれを受け入れて問題なのだと認識することが一番重要で、それが把握できていなければ最終的には直せないんだろうなと思うことが多い。

それとどのみち、飼い主自身が犬を扱えるようにしなくてはならないのが一番の問題だろう。1日目の成果には目を見張るものがあるけれどその後の継続によっての結果と飼い主との生活がどれほど変ったかとかの数ヵ月後、数年後の結果を見たいなって思う。アドバイスされたことを続けていれば結果は完璧のはずだから(笑)

飼い主のスタイルとか年齢なども考慮しながら何をどう変えるのが大切なのか、はたして出したアドバイスが続けられることなのか、いまやカリスマとなった彼には聞いてくれない、やってくれない飼い主はいないだろうから成果は素晴らしいものになるはず。羨ましい限りだ(~_~;)

彼の方法論の中で誰もが使える技は『散歩』だ。毎回のように口をすっぱくして唱えている事。これってね・・・つまりは散歩するとき数十分だけ毎回必ず飼い主の指示に従わせ続けるって言うのがポイントなんで・・・。
ただ闇雲にお散歩してるから大丈夫って言うわけじゃないのよね。

うちのようなフリー散歩はまったく効果には繋がらない。(苦笑)当たり前です。スタイルの違いだからしかたがない部分だけど、要するに『けじめ』をシーザーミランは散歩で作れと言ってるんだろう・・・違ってたらすいません(苦笑)
散歩でけじめを付ける方法は誰でも簡単に使える技だから大いに利用するべきだと思う。

いつか行けるものなら彼の経営するドッグサイコロジーセンターに行って見たいなぁって思う。ロスにあんなに広い場所を維持できるって一体一回の講習料っていくら貰うんだろうなぁ・・・なんっていやらしい想像?

彼のやり方だったら1頭一日って感じだからそれ相応なんだろうけど、レスキューしてきた犬たちをあんなにたくさん所有しているんだからまったく頭が下がる。医療費とか年をとった子達ばかりになった時大変だろうなぁとしみじみ思ったり・・・。

たくさんの犬たちと暮らす人間は似たり寄ったりでそれなりに苦労してるから、カリスマトレーナーのシーザーに是非一度会って見たいと思いながらDVD鑑賞した本日でした(*^^)v
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1