2007.03.05 Monday

処方食

ジェニーの病気の発覚とマリンの下痢で最近処方食を調べるようになり使ってみるしかないなと購入している。

マリンにはスペシフィックのCIWのアルミパクのものを使い始めたが下痢は完璧に止まるわけではないけれど臭いはかなり軽減した。
まずくは無いらしい。

ジェニーにはマンマリゾの腎臓・心臓疾患用を病院で分けてもらっている。ほかにはK/dの缶詰もあげてみるがまずいのかまったく受け付けてはくれない。

もったいないなぁと思いつつ年寄り組みにあげたらまずいかなと一応調べて見ると昔と違ってずいぶん種類も増えているし老犬にはこれを使うと良いという説明も多い。
ジェニーのように生まれつきではなくてもいつかは腎臓だって機能は低下するし心臓も肝臓も同じだろう。どのみち多少なりとも使うフードなら良いといわれるものを使ってみようかと思う。少しでも長生きできるように・・・。

しかし調べてみるとマァずいぶんと種類も増えている。

問題が起きたとき、またはその前から使ってみたら良いかもなと考えているものには
【b/d 】 脳の加齢性変化に伴う行動の異常が見られる犬用
【g/d 】高齢犬の健康維持食
大袋が無いのが難点だけど・・・(~_~;)

他にも関節疾患用とか子犬の離乳食とかもでてきている。
手作りにも限界があるのだから、こういうものの利用は頑張り過ぎない為に必要じゃないかなと思う。

K/dとかg/dとは病気になっていない子の予防として使ってもいいそうで老犬にも効果的らしいと言う事だ。
頭も大事だし、運動能力も大事だし、後は少しづつそういうものも取り入れていかなくちゃと考えている。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1