2009.01.27 Tuesday

純血種。。。

マールカラーのチワワに関する登録禁止発表。英ケネルクラブ

というニュースがある。確かにマールカラーのチワワはきれいとは言えないし、シェルティーのように白が入ってたらねぇとは思うけど、この白だって遺伝子的にはいろいろある。

マールであろうとなかろうと、色遺伝子のことを調べていけばいかに純血種が危なっかしく作られてきたのは良く分かるはずだろう。人間の勝手でこんなのがいいよねって作られてきた長い歴史があって、それを踏まえた上で考えなくちゃならない問題の蓄積は大きい。

犬種犬種に特性があるのと同じようにその裏側には問題になるものがたくさんあることを知った上でそれに取り組んでいくことがブリーダーに求められたものなんじゃないかって思う。

そこで…健全性を重要としたスタンダードの改正っていうけど…

シャー・ペイの過度な首・頭部・脚まわりの皮膚のたるみや、ラブラドール・レトリーバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、ダックスフンド、ブル・テリアなどのスタンダードに関する除外・付加・変更が発表されている。


どんなふうに変えるんだろう?

ブルドックとかダックスとかこんなに原種から遠ざけて作っちゃったのに、何をどう変えるんだろう?シェルティーは???
まだアメリカが変えるって言うのじゃないのでシェルティーは影響がないだろうけど気になる。

遺伝子疾患の検査でさえ、特定の犬種で特定の病気しか診断できない現状で…。それが現実。

日本語訳になったものが読みたいなぁと思う今日この頃・・・。英語はできたほうがいいよねぇ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.18 Sunday

ペット税導入より前に・・・・。

何やらペット税なるものが導入されるとかされないとか論議を呼んでいるけれど、犬を飼ったら登録税取られている上にまた税金かよと思う。

犬を飼うことへの責任感の確立のためにっていう部分は素直に共感しているけど、もっとほかの部分でやらなきゃならないことが先にあるはずだって思っている。

そんな折、Yahooブログで知り合いになった方がまた新たな情報を載せてくださっていたので紹介しておこうと思う。熊本県が行動を起こしたのだけど、頑張ってほしいと思う。

こちらです。

犬や猫を飼う人がたくさん増えてうれしいかぎりだが、その裏側にはこんなにたくさんの犬や猫たちが殺処分されているという現実。誰が何をすればこの状況が変わるのは答えがひとつではない分、良い方向へすぱっと変わるのは難しそうだ。

以前も「ペット回収車」のことでいろいろ書いたけど、事情はどうあれ勝った犬や猫への生涯飼育(正しい管理のもとに)できなくなって行政にゆだねたり、無責任な手段を選んだひとにペナルティーを科してほしいと思う。そpのためのペット税なら大いに結構だけど、不幸な犬の殺処分するために使われるお金だったら払いたくはない。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.10 Wednesday

筆ぐるめのバカ!

あったまくる!パパが出張先からある人の住所調べて送ってとメールが入ってから12時間過ぎて・・・やっとおくれた。

な〜んの気なしに起動させようと思ったら、「Fgw Appsは動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しませんでした。解決策がある場合はWindowsから通知されます」というエラーが出る。

???今までこんなの出たことないよ。数回やっても動かず強制終了。インターネットで解決方法を探しても、結局答えは見つからない。
書かれてあるものはやったけど反応はないしね。富士ソフトに電話しようにも運の悪いことにその時はすでに5時を数分過ぎていた。

明日・・・まで待てない(苦笑)

パパへの返事は「筆ぐるめ死亡。只今復旧作業中につきお待ちください。」と・・。

ソフトの入れなおしをしようか考えたがセミナー参加者名簿のデータのバックアップしていないし、0からのやり直しなんって耐えられない。で…友達にヘルプ要請するしかなくなった。

こうしてああしてと教えてもらうまでにこちらの要望を伝えなくちゃならない。とにかくデータが消えるのは困るの一点張りで話すと、何やら筆ぐるめ君はデータのしまい方がほかのソフトと違うらしくてそう簡単には見つからない【もしくは取り出せない】ようになっているそうで…


ううううう・・・もうじき年賀状の季節だちゅ〜になんってこったい。


ソフトの修正をしてもだめ。結局腹をくくってアンインストールして入れなおしてみたけどやっぱりだめ。アップデイトもかけたけどだめ。互換性を変えてもだめ。

同じことで困っているって言うのがいくつかヒットしてるのってソフトのせいじゃないの?あ〜・・・!!

友人も夕飯時だったのでとりあえず全部終わってから連絡するよと言ってくれ数時間後また再開する。

向こうはPCのプロだけど私は実際PCは音痴。下手にいじらないでよと息子には言われつつ、だって使えないんじゃ意味ないじゃんとムカつき・・・。常駐のソフトを止めるって何?どうするの?ウイルスソフトの止め方くらい知ってるわいと動こうとしない息子にムカついて、結局友人の電話が来る時までに言われていたことだけは終了しておく。

あきらめるしかないの?ほかのソフトに乗り換えたほうがいいよねぇ〜でもデータが…何百あるんだって言う位打ち込まなきゃならないのなんってひどすぎる。

友人がもう最後の手段だけど、これでもダメだったら明日ソフト会社に聞くしかないねというしその時にはもうデータも消えてるよねぇ〜と半ばあきらめ馬鹿笑いしつつ「システムの復元」をしてみる。

で・・・起動。できた!!と思ったら今度はナビのなんとかがないから〜って出たきりどうにもならなくなっちゃった。あのねぇ〜。。。いい加減にしてくれないかな。こっちはちゃんとやってるのよ。インストールしなおすのに何十分かかってるのよ。何回やったと思ってるんだぁ〜!!

動かなくなったPCに向かって「ば〜か!」と言って強制的に終了してやった!再起動させてふと考える。

システムの復元をしたらとりあえずは起動したんだから、ここでもう一回インストールし直すっていうのはどうよ?また時間かかるんだろうなぁ…。でもやるしかないよなぁ…。

友人に「また近詰めて徹夜するんじゃないわよ!」とくぎを刺されてはいるけどやろうと思ったら今やっちゃいたいのよね。で・・・やってみた。

ほ〜っほっほっほ!勝ったね(^−^)筆ぐるめ15無事に起動しデータもすべて残っていました。でも…同じ住所録が二つづつ出来上っているのはなぜだ?ないより多いほうがまぁいいかとは思うけど、やっぱり機械はわからない。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.12 Wednesday

オバマファミリーの犬

アメリカの新しい大統領がオバマ氏にきまって、あれやこれやテレビでいろいろやってるなぁとついつい見てしまう。

その中でお笑い芸人のノッチさんが、オバマ氏から公認されるか?っていう番組をやっていたんだけど、普通泣くような番組じゃないんだろうけど、妙に泣けてしまった。


世界を変えるかもしれない新しい指導者の出現にちょっとは期待しつつ、実際に気さくな人柄なんだろうかといぶかしく思う部分もある。遠く日本から来た見ず知らずの客人に、声をかけ握手をしたオバマ氏のにこやかな笑顔になぜかあったこともないくせに、この人本物だって思った。

コンタクトをとるために頑張っていたノッチさんのことも多少はあるけど、自分の国の首相にも期待はしている。庶民の感覚があり、弱い者の立場を公平に考えられる素晴らしい人材であられるように影ながら祈るのみしかできないけれど・・。


そんな折、娘さんとの約束に犬を飼おうと言うじゃないの。ふ〜ん…どこから手に入れるんだろう?歴代の大統領のようにきっと純血種で、名のあるブリーダーから買うんだろうなぁって思っていた。それも今はやりのプードルあたりか・・。

アメリカは日本とは違ってレスキューの状況が整っているし、暗い部分もあるけれど、助け出される犬たちが格段に多い。まさかね…そこからもらってくる何ってことはないよね、きっと。

彼らはどんなに犬が好きでもbreederになることはないはずだ。だったら全国民に対してのメッセージも含めて、子供さんの意見もあるだろうけど、大きな問題の一つである犬のレスキューについて波紋を投げかけられるようにしてもらいたいものだなと考えていた。

・・・!?・・・

保護施設団体からもらうことを希望している!?

それが本当ならやっぱり本物だ!って思うのね。

歴代大統領が飼う犬種は一気にブームになってきた。日本とはちょっと違うのだ。まぁ日本でも一時期ヨーキーがはやったけど、大したことはなかった。メディアがたいして広めないから。映画とかコマーシャルとかドラマとかのほうがずっと影響があるのが日本だ。

でもアメリカは違うよね。全世界に向けて保護施設に行く犬はなぜそこにいるのか?考える大きな要因ができる。

たかが犬のことでも、アメリカ大統領が係わると大きなニュースになるだろう。保護施設自体が一気に注目されるようになる。それが犬たちの幸せに一歩近付くことに変化があればと期待が膨らむ。

素晴らしいパートナーとの出会いがありますように。すべての犬を愛する人たちと同じように…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.27 Monday

地域猫に餌やり禁止令!?@荒川区

今日もまたニュースネタですが…。杉並区では地域猫への関心が高く確か餌やりはOKだったはずだと思いつつ眺めていたお話。

賛成・反対いろいろあるけど、地域猫に餌やり禁止令!?@荒川区「動物愛護法違反じゃないの???」その条例。この場合環境省と荒川区じゃどっちが強いのかなぁとぼんやり眺めていた。

法律には穴がいっぱいあるけど、難しいところだなぁと思う。荒川区ではもともとカラス被害からこの条例が発案されたとかで、うちのほうも被害甚大なのでわからなくもない。

でもなんで地域猫まで?と思う。

杉並区は禁止すれば隠れてやる人が出てくるし、そのほうがよけいに迷惑が大きくなると判断してあえて理解を示したとか。なかなかやるじゃん!それあたりだよ。

確かにうちの近所でも餌やりをこういう風にされると困るんだよなぁって言う状況でやっている人もいるんだけど、テレビに出ていた人はちゃんと敷物を敷いて入れ物に餌を入れて、置く場所のご近所さんに了解を得て、食べ終わるのを待って物を回収していた。(たぶん杉並区の人?)

あれなら文句言う筋合いないと思う。ボランティアでそれぞれができることをやっているのに、そんなことするのなら自分でその猫を飼えばいいじゃんって言う人も出ていた。

私も昔はそう思ったよ。夜、数頭連れて散歩していた時いきなり怒鳴りつけられたことがあって、そのおばちゃんが言うには、犬が来ると猫が事故に会うから夜にここに来るなって言うのよ。

でもさぁ・・・リードも放していないのにただ歩いてるだけで犬を見た猫が逃げて事故に会うってただの言いがかりじゃんと思った。はぁすみませんと言いつつも、うちの犬は猫が好きだから何もしませんよと言うと急に打ち解けてきて(どなったくせに)いろいろ話しだしてきた。

夜に大型犬を放す人がいてその犬に追われて何頭も車にはねられて死んじゃった話とか、自分は何頭も避妊・去勢の手術をさせているんだとか、餌代と手術代が年金で払えないくらいかかるんだとか…。頭の下がるお話だった。

でも、その当時はそこまでするなら助けられる子だけ何頭でもいいから助けてあとはもうかかわらないようにするしかないじゃんと思ったんだけど…。

かわいそうな子を助けたいと願っても、住居問題等が引っ掛かってそうそう思うようにはいかないだろう。皆がみんな持家なわけじゃないし、ペット可の家に住んでるわけでもないのだし。

かといって行政が手を差し伸べるほど日本は裕福ではないらしいし、大金持ちはそんなことには寄付しないみたいだし、おなかをすかせて死んじゃうかもしれない猫たちに何も罪はないのにさ、ご飯あげちゃいけないとか言えるはずもない。

うちだって侵入してきた猫にご飯あげてたこともあるし、子猫が生まれちゃって連れてきたママさんだったから、捕まえようとしたけど親には逃げられ、子猫は洗ってから獣医さんにと思ったけど途中で逃げられたしね。

本来は犬と同じように規制すれば少しは野良猫って言われる猫は減るかもしれない。野良犬が激減したように、昔は飼い犬でさえ捕獲されて処分されてきた歴史がある。

猫だけが自由に外に出歩くことが幸せだ何っていう考えはやっぱり他の生き物も人間社会でかかわる以上規制がかけられているんだから、同じにするべきかなぁって思う。

だって犬だって猫と同じように考えられるんだよ。犬だって自由に歩けてテリトリーを持って生きられたほうが何倍も幸せだろうに。

それにさ、犬は狂犬病の問題があって規制に拍車がかかって早々に今に至っているけれど、狂犬病は哺乳類に感染するんだから犬だけ規制したって予防注射打ったって意味ないのにね。猫だって感染するし、哺乳類のペットはみんな感染する可能性あるのに犬だけだからねぇ〜。。。

法律作るのは政治家の役目だろうけど、選挙ですからお願いしますってメディアを使うくらいならこういうことで新しい法律を作りますよ〜って宣伝しろって思う。こういう形にしていこうと思いますけど穴はないでしょうかねと聞いてほしい。
インターネットがここまで普及し、携帯電話で何でもできる時代になってるんだから、国民の意見を反映させられるでしょう。

飲酒事故で変わった法律だって結局逃げ特だって穴があったから、亡くなった人も大勢いる。一度でパーフェクトにはできないことはたくさんあるけど、おかしいということが発覚したらすぐに直せるようにしておいてほしい。そのための法律なんだろうから。。。ってずいぶん脱線しちゃいましたが。(苦笑)

地域猫のことも、ほかの自治体を参考にはできなかったんだろうか?
それにさ・・・カラスのことから始まったこのお話、個人的には餌をばら撒く人自身を罰金払わせるとか逮捕するとかできるようにすればいいのにって思うよね。だって、公共の場所にゴミをまき散らしていいわけないもん。

取り締まる法律も角度を変えて考えればよかったのに、ちゃんとやっているやさしい人たちが気の毒だわ。猫も大好きな生き物だから、やっぱり捨てる人がいけないんだって思う。だからさ・・・無責任に飼う人を規制してちょうだい。

野良ネコだって皆最初の1頭目は飼い猫だったのだから。西表島以外には日本には野生種の猫はいないんです。(/_;)犬と同じなのよ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.10.23 Thursday

不要ペット回収車

不要ペット回収車???どこの自治体がそんなの使ってるの?

今朝、今ちょっと前、テレビ朝日で放送していた。

9年一緒に暮らした噛んだりしたこともない犬を、モモって名前を付けて飼っていた犬を「手に負えなくなっちゃって」っていう意味がわからない理由でその車に乗せる飼い主。「子供がえさ箱を取ったって何も言わないで黙ってみているような犬なんだよ」そんな子なのになぜ処分されなくちゃならないの?

「野良猫が子猫を産んじゃったから」???野良の子猫何って捕まるもんじゃない。親猫に餌とかやってたからじゃないの?
「水虫になっちゃってね、治療費が大変なのよ。ぜんぜん治らないから処分してもらおうと思って」はぁ???あなたの家族が病気になったらお金がかかるからって処分するんですか?そういうのって家族なんかじゃないでしょう?

「この先にこの子がどうなるか知っていますか?」の問いに「知らな〜い」っていう答え。

どうして???回収するならあなたがここでこの車に乗せるとほとんどはこうして殺すんですよともっと声を大にして伝えればいいのに。あなたが殺すんですよとはっきり伝えればいい。ごみと違って殺すんだよと…。

まるでゴミでも捨てるかのように決まったポイントに止まる回収車にいらない動物たちを入れていく人たち。

愛護センターの人の言葉が身にしみる。
「動けなくなったら今まで飼っていたんだから最後まで看取ってあげればいいじゃないですか。」
「ねぇ・・・自分が老いたときに捨てられたらどんな気持になる?」
「飼い主さんが最後まで家族の一員として飼ってくれればこんなことをしなくてもいいんだよ」

必死に飼っていたひとに思い直してもらおうと意見しても、持ち込む人たちはへらへらと笑い声さえ立てている。

やっぱりね、犬は売る側の問題よりも、買う側を規制するべきなんだ。
処分される場所にいる犬の多くが首輪をしているという現実。今の愛護法じゃ処分される犬が減るはずがない。多少救い出される犬がいたとしてもそこだけクローズアップされてみんな助かってるように錯覚させるだけで、実際の現実をもっと見せるべきだ。

年間39万頭だよ。処分されるペットたちの数。1日約1000頭だってさ。この数の意味わかってる人ってどのくらいいるんだろう?

私がサイトを開いていろんなことを書いているのは犬たちを幸せに最後まで面倒を見てもらいたいから。闘病日記を公開するのは病気になった犬との暮らしはこんなに大変だよと知ってほしいから。でも…その子の名前が呼べる幸せは生きていてこそなんだよ。あの子たちは本当に純真無垢に一緒に暮らす人を愛して信じている。その期待にこたえられないのなら犬や猫とかと暮す必要はないはずでしょう。

私はこれからの子犬にマイクロチップを入れて渡すことにした。登録者を私にしておけばなにかあっても必ず戻ってこれる。処分されるために生まれてきたんじゃないのだからできることをするしかない。飼い主を確定させるために今はこれしかないのだろうと思う。
そして、勝手に繁殖に使われないように相手をよく選ばなきゃならない。私の犬への思いを判る人だけにいつくしんで育てた子犬を託したい。

でも実際はそこまでしたって飼い主に持ち込まれちゃったらどうにもできないのも現実。逃げたり迷子になったりしたのならマイクロチップが入ってるか探してくれるだろうけど、飼い主が持ち込んだ場合はだめなんだ。

自分が飼う犬へどんなことでも自分に責任があるという現実をちゃんとわきまえられる飼い主を選ぶ、それが私が子犬たちにしてあげられるただ一つのことなのだと思う。でもこういうのを見ると途端に不安になる。大丈夫なんだろうか?最後まで大切にしてくれるんだろうか???

不要ペット回収車なんってシステム、いったいどこでやっているのか?昔不要ペット回収ボックスなるものができ、えらい反対が起きたことがあるというのに、日本は分からない国だ。無料で回収なんかするからもういらないやとゴミのように命ある生き物を捨てることができるんだと思う。

よくもまぁ平気でメディアの放送に出てこられたものだ。心底心から何も悪いことはしていないって思ってるんだろう。仕方がないでしょで済むことだと思ってるんだ。あぁ気分が悪い…。

ちなみに今朝はチワワが八王子で次々に捨てられているというニュースもやっていた。ブリーダーが捨てたんだろうと言っていたけど。
こういう輩が存在するからブリーダーって言葉でひとくくりにされるのがいやなのよね。
こういう人と一緒に見られていると思いうとぞっとする!

朝っぱらからなんで泣かなきゃならんのよ。悔しくて悲しくて、処分室に入ったモモちゃんの目が「どうして?」と言っているようで辛すぎる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.08.17 Sunday

いろいろ考えてしまうこと。

ミクシーとかあちこちWEBサーフィンしていると興味のひくようなものがヒットする。

少し前、犬や猫の虐待者とか遺棄者とかを「飼育制限法」を作れれば多少はましになるのにねと意見を述べてさてそろそろ動くかなと思っていたんだけど、現代社会は実際「生ませて売る側に問題がある」と考えられてることが大多数を占めている。

もちろん仰せのとおりっていう事実をたくさん知っている身としては反論する気にもなれないんだけどね・・・。

あるサイトでは「飼育頭数規制法」つぅ〜のを動かそうと頑張っているんだけど、これが発動されたらうちみたいなブリーダーは消えるしかないなぁって思う。

だって他の所みたいに産めなくなった子とか交配できなくなった子とか追い出したりしないからさ…。問題のある子が生まれればうちの子にするしかないし、そういう子は血統は絶えるわけだし。良い犬でお嫁に行ったとしても、万が一飼い主さんに何かあったら帰ってこさせればいいって思っている以上、頭数制限ができたらブリーダーは無理だよ。

もともと、ブリーダーって純血種の意味を知っていてその存続に力を入れている人たちの集団だから、ミックスを生ませて売ったり、繁殖屋といわれる人たちとは違う観念で動く人たちだって思うんだけど、ごっちゃになっているというか、繁殖屋まがいが多いのがまずいんだとは思う。

自分もかかわってくれた人の多くに、犬を入れ替えろとか、いらないものは出せとかよく言われるけど、感性が違うから無理ですぅ〜で笑ってごまかしてきている。

犬は我が子同様だから、いい時ばっかりもてはやして、用事が無くなったらお払い箱って考えは毛頭ないしね。
年寄りが増えて、年月の経過で天使になっていく。これって人の家族と同じでしょ…。責任もって世話をしてあげられない頭数になるまで増やさないって言うのは常識中の常識でさ…。

だから我が家はなかなか若い子を残せやしない。仕方がないと思うけど、でも素晴らしい子を作り、常識ある人に飼ってもらい、犬の社会的地位を高めてもらうということを絶やしたくはないから細々と続けているわけで。

まぁ確かに責任を持たずに多頭(10頭とかの話だけど)飼育してしまう一般の人が対象ですと言うのなら「飼育頭数規制法」も、わからなくはないけれど、考えちゃうよな。

だいたい処分する施設に犬や猫を持ち込む大多数の人間は多頭飼いじゃないことが多いのにね。もっとリサーチして提案してほしいなと思ってしまうけど、ブリーダー崩壊とかニュースになって目につく繁殖屋まがいの問題が多いから仕方がないのかもしれない。

だからさ…。安易に捨てたり、処分に持ち込んだ人や、虐待する人は二度と犬や猫を飼ってはいけない法律を作ったほうが早いんだと思うんだよね。。。
所有者の確定にもっと厳格な決めごとがあってもいいのかもしれないから、マイクロチップの義務化とかやったほうがいいかもしれない。

次の子からはチップ入れて渡すようにしようかな…。

で…例の場所に手始めにとメールで意見述べさせてもらいました(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.08.12 Tuesday

杉並犬猫病院改め…。

ずいぶん久しぶりに杉並犬猫病院へ行ってきた。
少し前に新しくなったお知らせをいただいていたんだけど、老犬を抱える身の上で高度医療を積極的に取り入れる方針ではない我が家にとってなかなか足が向かないでいた。

数年前にも、キャンディーが亡くなった後他の病院へ行っていて随分とご無沙汰した時期があった。何かパターンが似てるかな?(^^ゞ

新しくなった病院は明るくて広々していて診察室もたくさんあって、相談室とかもあるらしい。白と青が基調のすっきりとした病院に生まれ変わっていた。
前に病院だったところはトリミング専門の場所になったらしい。表面だけ拝見してきた。

開口一番広くなったねぇ〜と先生に言うと「でしょ〜!」とうれしそうだった。前は本当に狭くて先生たちが大変そうだったからいい感じだなぁって思う。ちょうど海外の病院に似てる感じ?テレビで見ただけだけどね。

今回は登録していなかった新しい子の狂犬病のワクチンを打ってもらいに行ってきた。初めての先生だったのでいろいろ質問されることを「問題ないはずだから連れてきたの。心音くらいは見てほしいけど、体調良好です。発熱も下痢もなし!でも耳は掃除してこなかったからたぶん汚れてる。でも何もしなくていいからね。」

初めての先生だから…あんまり言わないようにと思いつつ、初めて犬を買った人に対してのように親切丁寧に打つ注射について説明してくれたりするので、ありがたいけど省略してもらうことにした。

体重を計った時に9・5キロの子を見てシェルティーってこのくらいが標準ですか?と聞かれたので体系によってですよと笑った。

小さい子は3キロくらいの子もいるし、大きな子は20キロにもなるような子もいるそうですよ。標準って体型も含めて言ってあげないと、大きな子なのにがりがりでも平気な人もいるし、小さいのにパツパツに太らせている人もいるからねぇ…。

そ・そんなに差があります?と聞かれ、あります!ときっぱり答えていたら今まで良く担当してもらっていた先生が顔を出した。

「お久しぶりです!」・・・う〜。。。ごめんね、今あっちに行ってるのよ(笑)知ってますよ。よく聞いてます(笑)

通っていたころは新米だった先生も今じゃ立派になったなぁって思う。てきぱきと仕事をこなしている様子は頼もしいなと感じた。

おとなしく注射されて、ピカピカの待合室でちょっとだけ動揺しつつ会計を済ませて家路についた。

なんか大きくなっちゃって、なれない感じだわとつぶやくと久し振りだからでしょとパパが言った。

また何かとお世話になることもあるかもしれない。今は色々愚痴こぼしから聞く耳を持ってくれるシンバ先生におんぶにだっこだけれど、最初は院長先生に同じようにいっぱい助けてもらった。

失ったかもしれない命を救ってもらったことも何回もある。
今は次々と独立していく先生たちに「いなくならないでよ〜!」と言ってはみるが巣立っていかなければ新しい人は育たない。

今度はCTもあるそうだし、いちいち大学病院へ行くとかほかの病院へまわらないとということもなくなったようなので安心感は強い。ましてや患者さんに限っては夜中もちゃんと見てもらえるそうだから、つながりはちゃんと持っておくほうがいい。

犬は子供とおんなじで夜中に急変したとか、突然事故にあったとかもないとは言えないし、かかりつけでは手に負えないっていうこともないとは限らない。

大きな病院にカルテを置くことはよいことだと思う。うちはたまたま杉並出身の先生がかかりつけになっているおかげで何かあればすぐに連絡しあってもらえるので大助かりである。犬も人も病院は大事だからねぇ…。

名称も変わり「東京動物医療センター」になりました。癌の免疫療法を石井先生が担当されています。
他にも、歯科・眼科・腫瘍科などなど専門医療も受けられます。確か心臓内科とか整形外科も加わったような???

てな訳で、行ってきました報告でした。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.08.10 Sunday

究極を考えると?

動物愛護を考え始めると究極は肉食はどうよ?ってことにまで行ってしまう。
もっと先まで突っ込むまら、生き物すべてを想定することになって、植物すら生きているとなってしまい、人は食べることができなくなってしまう。

植物ですら空気と水だけで生きているわけじゃなくて土中に存在する栄養分を吸収して育つわけだから、この地球に生まれた以上ある程度はやむを得ないわけだ。

で話を元に戻して、植物はOKだけど、肉はねという考え方。多くは畜産の現状に問題があるとは思うけれど、単に食べるということについて考えると、これはもう進化の過程で学習してきた遺伝子を持っているのだからどうしようもないというのが答えじゃないかって思う。

人間も究極まで血をさかのぼるとアフリカの1女性にまでたどり着くのだそうだ。つまり、アダムとイブを探すとちゃんといるってことだ。
でもその祖先の前にはもっと分岐した多くの種族がいて、今の人類の祖先は彼女が生き残ったからだという部分で終わってしまう。

その先をさかのぼるとなると、結局は自分たちの子孫がチンパンジー等の類人猿と分岐するところまで行くだろう。

で…そのチンパンジーとのDNAの一致度は98%というのが現代人である。
チンパンジーと言えばバナナとかリンゴっていうイメージで肉食とはほど遠く感じられる。草食だと認識している人も少なくはないだろう。

でも事実は違う。チンパンジーは雑食性で、実は人の子供を食べちゃったっていう例も数多くはないが存在している。
彼らは果物をよく食べてはいるが、実はその生育地域に存在する小型のサルを捕食しているのだ。サルをね…小型だけどね…。もちろんサルだけじゃなく捉えられるものはとらえて食べちゃうのね。肉を…。

この事実がチンパンジーの観察から発見され世界に発表されたのはまだそんなに昔のことじゃないので知らない人も多いかもしれない。

でも…。大昔から受け継がれた肉食の遺伝子は人間の中にも受け継がれてきている。これって逆らってもどうしようもないことじゃないかって思う。

草食獣を家畜化し、堵殺し食する。これは大脳が発達し考える力が生み出したもの。この方法をどうするのが人間らしいのかは変えられることができるけど、肉を食べないのは難しいと思う。

誰の言葉だったか思い出せないけど、「いただきます」という言葉の意味は「あなたの命を私の命に代えさせていただきます」という感謝の言葉なのだそうだ。
だから出されたものはちゃんと残さず食べなくては罰が当たるのだと昔親によく言われたのはそのせいなんだろう。
植物の場合にも、ご飯が食べきれないでもたもたしていると母親に「ご飯一粒も残しちゃだめよ。お汗水流してこのお米を作ってくれるお百姓さんに感謝しなさい!残したら申し訳ないでしょう!」と叱られたことを思い出す。

飽食の時代になって、大金持ちのどなたかは超高級ステーキを焼き真ん中のごく一部分だけ食べるのだとテレビでやっていた。それをあたかもうらやましがったりする今の風潮にはついていけない。

お金があればそんな無駄なことをし、殺された命に申し訳ないことをしてもいいのかと腹が立つ。それは紳士じゃない。

鳥インフルエンザになって焼却処分のなった鶏も、狂牛病になって処分された牛たちも、保健所に飼い主によって持ち込まれ殺されていく飼い犬たちも、みんな人間がやっていることだ。

究極を考えれば自分が何をできるかわからないけど、せめて愛らしい瞳で見つめてくれる犬たちのことで何かできないかと動いてもいいんだと思っている。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.08.09 Saturday

いろいろ考えれば…

昨日の続き。

いろいろ考えてみるに、ドッグランの時もそうだったけど、区議会議員あたりに相談を持ちかけたって進展なんかたかが知れている。

何をどうしたら速く動くか。

適任の人を見つけちゃったりして。。。
たくさんの人がダイレクトにコメントを入れて現状はこうであると早急に手を打てと進言すれば変わるかもしれない?

さて反応があるのかどうか自分で試してみなきゃね。カッコばかりでやらない人だったら意味ないし…。

結果はいかに???
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/5 >>