2008.06.18 Wednesday

世界大会選考会

今年もアジリティー世界大会派遣選考会の季節がやってきました。
以前、アトムがチャレンジしに行った大会です。

今年グレースにもこの大会に参加できる知らせが届いたそうです。
諸事情を考慮した結果今回は参加を見送ることになったとの知らせを貰い、一番行きたかったのは何よりnanaちゃんだったろうになぁと心が揺れました。

ブリーダーはこの組み合わせの仔達はきっと結果が出るだろうと、こんな子が生まれるかなあんな子が生まれるかなと夢を描いて生まれ来る日を待ち望みます。

グレースもアトムも、今回が最後の御産になったデイジーと、2006年の子が最後になったダッシュとの間の子供たちです。
同じ組み合わせの前胎、同胎、後胎たちがアジリティーやDISCDOGや訓練・ショーと様々な分野にチャレンジし、結果を残してきました。

絶対評価はどの子も皆100点満点でしょう。でも相対評価は他の人たちからの評価だからなかなか満点とは行きません。

私は自分が繁殖した仔達で飼い主さんがプロではないのに、相対評価を受けに行く気概を持ってチャレンジをしてくれるチームに特に感謝しています。それは結果はどうあれ、相対評価を望めるまでがんばったと言うそのチャレンジ精神と、きっと花が開くだろうMAGICの犬を外の世界に連れ出してくれたことをチャンスを与えてくれたと解釈しているからだと思います。

特にグレースはドッグスポーツを主にがんばっていこうと決断した我家にとって、飼い主さんとがんばって相対評価を得に出て行った一番最初の子です。
彼らのスタートが今のMAGICを支えていて、多くの極普通の飼い主さんたちが結果を楽しめる原動力になった事は間違いないでしょう。

今年は残念なことに選考会にチャレンジできないそうですが、グレがまだ若く走れるうちに又大きなチャンスが彼らチームに与えられることを願っています。世界に羽ばたけるかどうかは、仕事の都合や体調や多くの社会人として暮らす人に当たり前にやらなけれならない諸事情がうまく噛み合った時がその時にピタリと会うかどうかです。
私にとってはグレはいつもnanaちゃんを見つめ、楽しそうな顔でよりってアジや訓練やDISCを楽しんでくれていれば充分なので、選考会にいけるまでの成績を収めてくれたことだけで感激しています。

来年はきっと私の夢も叶うかな?私の夢は国内でかなえられることだけど、たくさんのうちから生まれ育って嫁いでいった仔達がいないとできないことなのでその結果をもたらす中にきっとグレがいると確信し、楽しみに待っているのです。
nanaちゃん&グレース、宜しくお願いしますね(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.18 Sunday

とっぷもついに!

昨日の夕方とっぷのママから電話が入いった。

なんだかぼそぼそと「棚ぼた。棚ぼた」とか言っている。
なにが???と思ったらAG3で3席に入賞しお立ち台に乗ってきたとこのと。

「やったじゃん!やっぱりね!いつか必ず乗ると思っていたよ〜!」と大喜びしているのに、「CRした犬が3頭しかいなくてその中では一番ビリだった…(/_;)」となんとまぁ愁傷なことを…。

「あのねぇ…素直に喜びなさいよ!とっぷはママと一緒にアジを走って結果が出たんでしょ?だいたいCRした犬がそんなに少ないっていうことはまじめな子じゃないとクリアできない難しいコースだったんじゃないの?」


「あっはっは〜そうだよねぇ〜!とっぷはえらい!」
「あっはっは〜そうだよ〜!とっぷはすごい!」

アジリティーだけじゃないけどドッグスポーツの本質は勝った負けたじゃなくて飼い主と一緒に楽しくやっているかが重要だと思っている。その結果は練習した分や出場した分につながって結果として出てくるものだと思っている。

とっぷは練習ではもっと速く動くのに本番では間違えないようにちゃんと走ろうとスピードを乗せないで走るタイプの犬だった。
私には彼がマリンのように見えて仕方がなかった。まじめ生一本でこちらの要求へ正確に答えることを本望と思うような忠実なタイプの犬だ。だから、スピードはそのうち付いてくるよと伝えてきた。

お立ち台に立つ犬は正確にこなしたうえに速くゴールした犬から順位がついてくる。まず大事なのは正確にこなせたかの方だ。とっぷの今までの成績を見ればCRが多く確実に段階を上ってきているのが分かる。

暴走してもこなせるゲームから段階が上がるごとに正確性に問題があればしくじる回数も増えていくに違いない。切れて走ってしまうようだったり犬だけが障害物をクリアすることを楽しんでいて気持の上で飼い主を置き去りにしていくようになるとCRは難しくなるはずだと思う。

だからアジリティーにはチャレンジするゲームに段階がありクリアしないと上には上がらせないようになっているんじゃないかなぁと漠然と考えてきた。

飼い主とともに楽しみながらチャレンジする喜びを得た犬たちに応援は尽きることはない。嫁いだ子たちはみなうちにいる子の中のこの子に似てるかもなと思わせるものを持っている。充分なものも足りないものもあるだろうが、納得できる時もできない時もあるだろうが、勝っても負けても愛しい友人と楽しかったねと家路についてほしい。

ママに素敵なプレゼントをしたとっぷを大いに褒めつつ、パパさんにもおめでとうと伝えて欲しいと付け加えた。家族ぐるみで犬を大切にしている家族はたくさんある。とっぷのパパさんもかわいいわが子の成績を十分に喜んでいるだろう。結果報告ありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.05.15 Thursday

やったねレオン!

久しぶりにセーブルのレオンのママから電話があった。
マリンやミールのことを気遣ってくれたお見舞いの言葉の後になんとレオンがJKCのアジリティー競技会1度に参戦し6席になったとのこと。

一緒に練習していたのはもう1年も前だ。最近はうちはすっかりアジはご無沙汰している。でもレオンはゆっくりとママと楽しみながら練習を続けていたようで相対評価を受け結果につながった。

私とレオンのママとの付き合いはセーブルのレオンからが始まりで、その後ミルキィーとフィオと家族になって今は3頭のMAGICシェルティーと暮らしている。
まだ手のかかる子供さんもいるし、お仕事も持っている中、犬のための時間を作って頑張ってくれる彼女にはいつも感謝している。

むかしむかし、まだ彼らが犬と楽しむ術をまったく知らなかったころから、家庭犬として良い子に育ててくれれば言うことはないけれど、もし興味があるのなら性能はいい犬たちなのでぜひ何かにチャレンジして、【MAGIC】の犬はこういう犬ですよと相対評価をもらってくれたら嬉しいなと話していた。

この当時のメンバーが実際のMAGICファミリーの基礎の人たちだ。我が家はみんなに全てお付き合いしてあげられないから楽しむものは好きなものをやればいいし、ファミリー同士を合わせて仲良くしてもらうように仕組んだ(笑)のは一人で行くより誰かと一緒に行ければ道も広がるだろうなと、良い意味でのライバル&仲間としておつきあいして仔犬の飼い主さんたちが友達になれたらいいなと思っていたからだ。

思惑通り(苦笑)この当時に子犬を連れて行った人の多くが人も犬もフレンドリーで壁を作らずいい仲間になった。
数年前MAGICの犬を飼わなかったら知り合うことも無かった人たちが友人となっている。

時間の経過と共にそれぞれに事情が異なり会う機会も減っただろうし我が家自体も昔以上に出歩けなくなってきた。
みんながやっているアジもなかなか進まないままだ。結果はみんなに出してもらうからうちはいいのよと笑いつつ、その中で訓練所にも行かず地道に練習し続けたレオンがAGで結果につながったのはこの上も無く嬉しい出来事だ。

本来は5席入賞だったのにアクシデントで8席の犬が5席に繰り上がったとかで、写真も撮ってロゼットももらって大喜びだったのに没収されてしまったとかを聞くとJKCも後から判定変えるなよとかむかついてしまう。

競技は競技で、審査員の言うことが絶対出なければ誰だって文句を言いたいことがたくさんある。ビデオを見直して実はこうでしたと言ったら結果が変わるのなら、参加者全部ビデオを撮って毎回見直して問題の無い状況だったか確認しなくちゃ不平等だ。

野球だったら乱闘!?(苦笑)

結果は5席が6席に下がったってレオンが頑張ったことには変わるものじゃない。
私が喜んでいるのは忙しい中をやりくりしてレオンと共に自分がどのくらいレオンと頑張ったかを【絶対評価】にとどめずに【相対評価】を得ようと出場してくれたことにある。

うちの犬はMAGIC自身が連れ出して結果を持ち出す機会の少ない犬舎だ。できるものでいいから頑張ろうというのがコンセプトで家にいる多くの犬たちに負担をかけられない事情があるのでこの先も同じまま行くだろう。
でも、ごく普通の人が犬を飼う楽しみの中で公式な場で犬の能力や賢さを見せてくれるように成功してくれる人が増えれば、それは細々と仔犬のころからこうしたらいいヨああしたらいいヨとアドバイスをし続けてきた私へのご褒美になる。

私は10年後も同じように犬にまみれて多くの人にこの子達で楽しみませんかとブリーダーを続けているだろう。
たまには誤解されつつ、嫌われつつ、苦言も申しつつ、正しいと思うことを伝えていき続ける。

犬と暮らして数年後に、この犬をもらってよかったといってもらえるように・・・。

レオンママ&パパさん、そして頑張ったレオン、これからもゆっくりでいいからたまに参加してすごいだろ〜!って結果を見せてください。結果を知らせてくれて本当にありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.04.07 Monday

やるじゃん!グレース(^O^)/

nanaちゃんから携帯でメッセージが入った。

大阪ブロックアジリティー競技会からヨレヨレで帰宅したそうだ。

3度のジャンピング・ノーミス完走10席。
3度のアジリティー・ノーミス完走1席。

やるじゃん!グレース!!(^O^)/

何度も言うようだけど、競技のアジなら3度が勝負どこ。
それまでの過程は3度に向けて築き上げて行くもの・・・。

それぞれの完成は確実に仕上げて早く3度に行くものもあるだろうし、
3歩進んで2歩下がるものもあるだろうし、
ある程度のところからなかなか上手く行かなくて止まるものもあるだろうし様々なはずだ。

私は、うちで生まれた仔犬たちがみんな家庭犬として申し分のない犬に育ってくれた上で、いつの日か飼い主の期待通りにお立ち台に立つ日を夢見ている。

そしてもっと欲張ってみれば、
AG3度のお立ち台の上が全て我家から巣立っていった犬である日が来ることだ。

nanaちゃんとは知り合ったのはグレースが生まれた2002年。今年2008年なのだからもう6年にもなる。
この間、nanaちゃんはグレースとの結果を毎度報告してくれて来た。
実際に見せに連れて着てくれたこともあり、このチームのつながりには感服していて彼らに講釈をたれるような事は殆どなかった気がする。

ただこういう事があったんですよと聞かされたことに対してグレはこういう子だからこういう表現になると思うよ〜と補足したくらいである。

nanaちゃんはグレースの全てをそのまま受け入れてくれていて、どれほど慈しんでいるか離れていたって実感できる。答えは犬が見せてくれる。あのまなざしはnanaちゃんにしか向けられる事はなくそれは飼い主の一番欲しいものだろうと思う。

家庭犬として申し分なく可愛がられた中に、若く美しく元気な時期に飼い主と共に何かを楽しんでいける犬ほど幸せなものはないだろう。
その犬がもたらす結果をどんな形であってもその子が充分がんばった結果なんだと思えるようになってこそ、勝った負けたと、できたできないと一喜一憂することなく心から楽しんでいるといえるのではないかと思っている。

グレース!これからも怪我をしないように一杯楽しんでがんばって頂戴ね。
nanaちゃん、グレースと共に得られるだろう素晴らしい結果をまた首を長くして楽しみに待っています。

お知らせをありがとう〜!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.03.21 Friday

ドラハ、お疲れ様&おめでとう〜!

滋賀のドラゴンハットで西日本の連合競技会があった。

とっぷ君はCRだったが入賞は逃したそうだ。でも3度に上がり確実にCRできるようになってきた彼の真面目さは飼い主が培ってきた歴史の証だろう。
その真面目さの上に練習で出すような楽しさあふれたスピードが伴えばまず入賞してくるに違いない。
今はママとアジリティーをすることに集中し、アジリティーをすること自体に場所や集まる相手が関係ないほどハマっていない彼なのだろうから、あと少しの工夫でそれが変化を起こしてくることを願っている。



DISCDOGの世界だと、戦う相手がD1のクラスになれば犬種の違いによる性能の差で世界に羽ばたくボーダーやオウシーに互角に張り合えるシェルティーはまだ存在していない。それどころか、通常の入賞だってなかなかママならないのが実情である。ここら辺はサイズの違いがなく競技するので難しい部分だ。

成績はどうでも良くても、結果から得られる飼い主の満足感は、結果が伴えばこその部分は大きい。つまり・・・。結果は得られればい良いと言う単純な発想のつもりでいても、チャレンジするからには良い結果であったほうが飼い主は嬉しいものだ。これは一緒に行動を共にする犬にとってはとても重要なことになる。

私たちは自分たちがそういうモノを持っている事を感じていたので、ダッシュと楽しんでいる間にD1に上がる事は求めなかった。
いつもダッシュがすごいねと言ってあげられるだけで良いと思い、彼がD1に出ても私たちの失望を感じて喜べないだろうと知っていたからだ。

最大限出だせた能力がその犬の全てなら、それを一番喜んであげたいと思うのは今も昔も変らない。。。

今の若手のDISCDOGたちはダッシュの楽しんでいた時代とはまた違っている。
シェルティーでもDISCができるのだと教えてくれたダッシュから、その分野で彼よりももっと高い評価を得られるだろう能力を持つ犬達が数頭現れてきた。

今はまだ全てを引きしてこれ以上は望めないという子たちではない。それはこれから新しい時代を作るだろう希望にあふれた新芽の犬達ばかりだ。
完全に出来上がるまでには相応の時間がかかりその結果を得る頃には犬と楽しめる時間は残り少ない。

3歳までに飼い主との健全な関係を確定し、5歳で開花させ、6歳7歳でピークを迎え、8歳9歳で衰えを感じ引退へ繋がっていく。

多くの犬は生後二ヶ月程度で飼い主と共に生活を始める。
思えばとても長い時間だ。。。
でも過ぎてしまった時間はとてつもなく短い時間に過ぎない。

残された穏やかに過ごして行く時間は、光り輝いた時間と同じくらい残されている。

我家には残された時間を穏やかに過ごす老犬の方が多くなった。

だから若い犬達で楽しんでいる人についつい時間を大切に使って欲しいなと願ってしまう。何も出来なくなる時間は考えているよりも長くある。だから何かができる時間があるうちに多くを犬と楽しんで欲しい。

その楽しむ中で健全な、強靭な肉体を作っておけば、病気とも闘えるし、ツ〜といえばカ〜と答えられる幸せな暮らしが出来上がるだろう。

競技会が終りみんなの結果を聞く事は大きな喜びのひとつで、飼い主と、私たちが産ませたあの子たちが幸せに暮らし大好きな人と楽しんでいるのだという事実であり、感謝の念に絶えない。

今週末は久し振りに水戸の大会までお供することになった。私も出場犬じゃないロックと楽しんでこようと思う。個々の所あまりに時間がなかったから・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.11.24 Saturday

アジ組み大活躍!

今日は岡山県瀬戸内市でFCI西日本インターナショナルアジリティー競技大会が行われた。

3度に昇格したとっぷのママから今日はMAGICファミリーお立ち台4人でしたよ〜!と、嬉しい知らせを貰った。

まずは何より最短で3度に昇格したとっぷの結果に喜んだ。

真面目系のおりこうさんに仕上がったとっぷはママの期待に完璧にマッチしていない事(スピードとかエトセトラ)もたまに見え隠れし、悩んだり喜んだりの繰り返しの中で今日の結果をもたらした。

ほれほれ〜と当たり前に昇格したのではないことを悩み相談(苦笑)を受け付け続けてきただけにやったじゃん3度昇格オメデト〜!という気持ちで一杯である。いろんな問題を前に、何より前向きに見直すことと自分の犬を信じてやることが大切だと知っているとっぷのママだから、まだまだ色々あるんですけどネェ〜と笑いつつとっぷのガンバリを褒め称えているに違いない。


我家はというと・・・しばらくはDISCの方しかいけそうもないので、白&寅&プリン&コースケ&ジェットと共に本家サンダー&ロックは頑張ってきます。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.11.10 Saturday

夢の達成にリーチ!

京都のとっぷが本日平塚の競技会でAG2度CRで二つ目のポイントゲットしましたよ!と連絡があった。

4兄弟(クリス×ダッシュの同腹男の仔だけの全てアジドッグ)のなかで1番に3度の道へ近づいた。
途中経過をよく伝えられているだけに嬉しさもひとしおである。がんばれば必ず犬は答えてくる!

DISCではAIRMAGIC流に言うと、黒い弾丸【白】を筆頭に空飛ぶブルーの【プリン】二代目爆走伝説【サンダー】に黒い稲妻【雷】爆裂スナイパー【寅】白い稲妻【コースケ】白い弾丸【フィオ】未完の大器【ロック】リトルエリー【モリー】とか勝手につけて呼んでるんだけど(笑)スター候補続出中だ。

ダッシュから出る頭脳型暴走系(笑)、エリーから出た切れ気味爆走系、デイジーからでたバネ強爆走系、レイン⇒ファンタ系から来るボーダー並みの集中力強烈系・・・
それぞれがそれぞれに面白みがあり完成するのも大変だろうけど、飼い主の人生を変えていたら私の夢は少し叶ったことになる。

DISCも親子でD2優勝をプリンがやってくれ、後に続け〜!と気合バリバリである。いつかみんなD1で戦えたらこれまた最高だし(^O^)/

それもみんな飼い主さんたちが我が家から嫁いだ仔犬たちを丹精こめて育て上げ、競技という土俵に上げてくださり、そのうえにあの子たちの秘められた能力を開かせる努力をしてくださった結果である。

私の夢のひとつは、うちの子達が共に暮らす飼い主さんの人生に関わって何か変化を起こしてくれること。
そういう犬と出逢ったことがあるから、そういう犬を作りたいと願っている・・・。その夢は殆ど叶ったも同然だけどこれからもまだがんばっていく指針ともなる。

次に生まれてくる子たちはどんな子達でどんな飼い主さんと出逢わせてくれるのだろう。とっても楽しみである。

とっぷくん、AG2CRオメデトウ!3度まで後ひとつ。がんばれ〜!(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.10.21 Sunday

横須賀2Days結果(*^^)v

晴れ男の驚異的な影響?で前日の雨もすっかりあがり、そりゃマァ素晴らしく良いお天気。

今日はサンダーのJKCデビュー戦!
朝早いのは苦手な我家も先週のDISCで多少がんばり、4時半起床でなんとか横須賀に6時半前に到着した。

ありがたいことに、ニート&リスキー家が我家の場所を取っていてくれ、とっぷのママとりゅうさんが荷物運びをしてくれたので大助かりだった。ありがとうございます(*^^)v

初めてなのでとりあえず走る順番&コースどりだけ間違えないように〜って真面目に見て歩く。サンダーならコウ来るからココでスイッチかなぁとか、イヤイヤココじゃ間に合わないでしょとか、検分して悩むなって言うのにね(笑)

・・・いや今日はじめてですから・・・(苦笑)

なぁんって謙虚だったのは最初だけだ。

標準タイム25秒、コース全長73m、旋回スピード2・81のコース。

いざ他の犬たちがミディアムクラスを走り始め、自分の番が回ってくる。
犬のスピードの感覚って見ていると速いとか遅いとかよく解るので妙に感動(笑)

で・・・余裕ぶっこいて・・・サンダーを定位置に待たせてどれどれ何秒だった?とタイムの確認(苦笑)

その姿勢がサンダーにはゴーサインと勘違いされ、振り返ったらスタートを切ってハードルをひとつ飛んじゃったサンダーと目があった(/_;)
たぶん私は「ぐぇ!」って顔をしたんだと思う。
サンダーは「あ・・・戻る?」という顔をしたので逆走されたら秒殺だし、そのまま行くしかないから先のハードルを指差して『アップ!』と叫んで走り出した。

横須賀2Day2

ほぼ平行のハードル二基をを飛ぶとカーブしたトンネル。
足が遅くて着いていけないのでそのままバックスイッチに走りつつ、『シュート!』のコマンドをサンダーの背中に投げる。
駆け抜けたトンネルからすぐに又ハードルが一基。その先にカーブした黒トンネル。
ここら辺は問題なく離れた位置からコマンドでいけるので楽勝〜って走る(笑)が・・・その先に続くハードル3基のうち、一番遠くのハードルに入る時にちょっと引きすぎてサンダーはバーに足をかけてしまった。

もう5点減点じゃん(/_;)一秒でも早く走るしかないよサンダー!直線コースは3基のハードル。アップじゃ速くならないのでゴーオンに変えて後ろから声で押す。併走してやれない苦肉の策だ(苦笑)

結果・・・14秒32で減点5秒のため19秒32でカウントされ4席だった。バーを落とさなければ2席だったのにね(笑)サンダーの旋回スピードは5・10だった。

続いて二日目。
標準タイム33秒、コース全長90m、旋回スピード2・73のコース。

横須賀2Day1

今日はサンダー、雷が走る。
検分に入った時にちょっとやばいかもという部分がある事に気がつく。
サンダーが走るのが早いのか私が走れないのかはどちらでも良いとして(笑)
トンネルを抜けてすぐにフロントスイッチで行くのが王道だけど、それだと二本先のハードルを飛ばないだろうなと予想する。
サンダーのサークルは広いが、私は走る時にサンダーを見ないで走るし、サンダーはまだまだ私を見ることが多く、体の向きによってはここは飛ばないんだねと判断してしまうことが多い。
フロントで逆側を走った時に足が遅い私の場合にはサンダーから見たらそのハードルは飛ばないで次にと見えてしまうはずだと思えた。

で。。。とっぷのママやセナのママからのありがたい助言をぶっ飛ばし(苦笑)王道を捻じ曲げてあえてそのまま次のハードルまでサンダーの左側を行くことにした。

失敗は繰り返さない。それが自分のポリシーだから、昨日の自分にとっては痛恨のミスだった、バーを落とさせてしまったコマンドの出すタイミングの注意と、『待て』がちゃんとさせられなかったことだけは必ずクリアをしようと決めてフィールドに入る。あとは野となれ山となれだ(笑)早々入賞するはずも無いだろうし、今日は特別速い子がいるときいたし・・・

スタートの位置に立ってサンダーに『マテだよ!』と言って通常は立たせたままスタートをさせるが念のために座らせておく。
さていよいよと自分がスタートする位置まで出て行こうとするとなぜか審査員のひとがタイムがどうとかで一時中断(/_;)

そのままサンダーは待てそうなのでもう一度『待て』と言ってホイッスルを待った。
1番のハードルをひとつ飛んだ先に2番左入り口のカーブした黒トンネル。
念を入れてトンネルの出口あたりに待機してスタートを切った。

横須賀2Day3

丁寧にトンネルに入れて出てきた先のハードルを二本続けて飛ぶサンダー。
私は3番と4番のハードルの間でバックスイッチにして先まで追わずに5番6番ではサンダーの右側に回る。

が・・・6番のハードルでサンダーがカーブして7番にはいるところでもっとオーバーランするとの予想をうらぎられ(笑)危うく蹴飛ばしそうになる。
サンダーはいつものことなので気にもしないでそのまま爆走(^^ゞ
次のハードルを越えてシュートのコマンドでトンネルに入る。

ココで又私の悪い癖が・・・。

走っているとこの速さならと欲が出る(笑)で・・・この先を確実にと思いつき、やらなきゃ良いのに、トンネルから出てくるサンダーを待って先にある3歩のハードルに送り出してうしろからコマンドで押す戦法に・・・。

結果は自分の予想とは逆効果で最後のハードルの時にはサンダーはスピードを殺してしまった。ごめんよ〜・・・お母さんは足が追いつかないんだよ〜・・・(/_;)そのまま爆走してよかったんだよ〜・・・。

後から気が付いたのはサンダーを待って左にスイッチせずに右のまま先に走っていてあげたらもっとスピードを上げて追ってきたはずだった。
トンネルを抜けて着たサンダーが次のハードルを抜かさないように『確実に!』と思ったことが実際にはサンダーの勉強にはならなかったなぁと思う。

結果は17秒37。旋回スピード5・18
1番の犬との差は1秒51。その仔の旋回スピードは5・68。

返す返すも残念だった。もっとサンダーを信じろよ!と大いに反省の2席だった。

初日はリボンもなく(/_;)たった一回しか走れなくて不満タラタラのサンダーだったが、二日目は二席の赤いリボンを貰いナチュラルハーベストの缶詰を副賞に貰ったので、サンダーはそれはオレのだよねぇ〜と喜んでいた。
デビュー戦にしちゃ、いい出来だったよねサンダー!オメデトウ!

DISCもアジも入賞するなんってママがビックリだよ(^_-)-☆
レベルが上がっても又がんばろうね(*^^)v特にアジはママが足を引っ張らないように練習しなくちゃネェ〜。。。(笑)


横須賀2Day4
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.10.19 Friday

晴れ男!

明日はいよいよJKCデビュー・・・。と言ってもアトラクションだけなんだけどさ(笑)

よりによって又雨降ってるし(/_;)
関西勢もみんな来るって言うし、MAGICのアジリティードッグが勢ぞろいするんだから、頼むよ〜・・・

でも・・・絶対大丈夫って自信あるんだ!(アジじゃなくて天気だけど)

うちのパパはかなりの晴れ男。

明日は絶対雨が降らないでサンダーは走れるはず!他の仔までは影響が及ばないかもしれないけど(苦笑)

明日天気になあれ!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.29 Saturday

申し込んだけど・・・

10月20日21日連荘のアジリティーの競技会の申し込みをしました。

・・・が・・・出場するにもまだ1度は無理だよなぁって言うレベルなのでアトラクションだけに参加することに。

実はまだ未確定なんだけどその日の近くでお産があるかもしれないのでアトラクションだけなら諦めもつくかという部分もありで・・・。(苦笑)

あとはなぁ・・・練習が出来ないまま行くのがたまに傷な感じ。

6日のオフ会で少しは練習できるけど、その後はDISCDOGに返り咲かなきゃいけない。(笑)つまり6日以降は練習はDISCのみになる予定。14日NPAの千葉ポートパークの大会に出る予定だし。

・・・早く若手が出来るようになってれば良いんだけどこれからだしなぁ・・・今はサンダーのみなのでとりあえず出れそうな所は申し込んだって事で(^_-)-☆

早く1度に出られるようにならなきゃネェ・・(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/4 >>