2009.01.23 Friday

音に馴らす【音での反応を止める】

最近はトレーニング用のCDとかも売っているけど、我が家は節約犬育ての流儀なので、もっぱら使うのは人も一緒に楽しめるテレビとか、ラジオ、自部の好きな音楽とかを流すって言う感じだ。

あえて聞かせるという状況を作る風でもなく、おそうじするときはQEENとかマイケルジャクソンとかのアルバムをかなりの大きさで流したり、お茶するときはテレビがついてるしね。そんな毎日。

そういえばなぜかQEENのアルバムの最初にみんな一斉に「???」という顔で聞き耳を立てるなぁと思ったら、雷の音に似てる気がした。
犬は人よりも聴覚が発達していて、聞き取れる音の領域がはるかに違う。だから偽物と本物の音の差を聞き取れる子もいるわけだ。

いろんな音を聞かせ続けることで鈍化させることも可能でなくはないが、実際犬が反応を起こすには一つの刺激で起こすわけじゃない。
必ずそこには強化子が存在する。

犬のしつけが難しくなる原因の一つに飼い主が強化子を悪い方向に使ってしまうという点に尽きるだろうと思う。これだと事実上禁止をかけても止まらないだろう。

たとえばうちではストーブの灯油がなくなるとスイッチを消すわけだが、毎回同じパターンで、【スイッチを消す→灯油の缶をとりだす→部屋のドアを開ける→玄関のドアを開ける→外に出る→灯油を入れる】という具合なのだが、外に出るという強化子を持つモリーは<灯油の缶をとりだす>で、すでに反応を起こす。

スイッチを消すで反応が起きないのはスイッチを消した音だけでは外に出るに直結しないからだ。つまり寒くなければ急いで灯油を入れに外には出ないからだ。また、いつも外に出るためのドアを開けるというのも強化子の一つなので灯油缶を出す音がするとことさらエキサイトしてしまうのだ。

こういう状況を回避したければちょっと策を練る。簡単にいえば灯油を入れ替える時にはモリーは外に出られなくすればよい。犬の持って生まれた性質によって方法論は異なるがちょっと特殊なモリーには過剰なストレスをかけない方法を使いたいので彼女が想定しているいつものパターンを変えてしまうという方法をとる。

つまり灯油の缶を出すがいつものドアを開けずに別のモリーが想定していないドアから彼女が気がつかないように持ちだして外に出てしまうのだ。そのドアは外には直結しない構造のため、モリーは最初から興味を持っていないドアだ。

戻ってきたときはいつものドアから入っても外には出れないことを理解しているので騒ぐことはない。これを10回繰り返したらいつもの方法を1回入れてという具合に条件を変えていく。この繰り返しによって灯油の缶を持ち出した時の過剰反応【吠えたり走り回ったり】は徐々に抑えられるようになっていくわけだ。

つまり、犬が人にとって困った行動を起こしているのは人が犬にそれをしてもよいと強化しているにすぎない。

理論を知っていれば逆にこういうことなのかという理解の重なりを生み、理論を知らなければ単に工夫すれば何とかなるということであり、しつけは難しくも何ともない楽しいゲームだといえる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.22 Thursday

4頭一度の子育ては…

[仔犬] ブログ村キーワード

耳セットも無事に終了し、穏やかな日々を送っていると書きたいところだが…。4頭一度の子育ては今までに経験のないことで、何をどうやったらそんなに毎日楽しいのやら皆目見当もつかないほど仔犬たちは元気だ。

あの子もこの子も3カ月のときにはもうこんなだったのになぁと、4カ月ならこのくらいまでわかっていたかのになぁと遠い目になってしまう毎日。お元気なのはいいんですが、確かに手が足りない(笑)

本来教育係をかって出るはずの若手軍団ですら子犬の暴走にはあきれ顔だ。その中になぜか子犬と一緒になって遊べる奇特なお方が…それはお預かり中のボチャ君。

室内での、きればしり大会はこの上もなく楽しいそうで、体は大人なのにまだまだ子供なんだなぁと思わせる一幕だ。どこぞに預けた際には血便やら嘔吐やら大変なことになったそうだけど、うちでは毎日ご飯はうまいと完食し、雨の日だって遊ぶことには事欠かない毎日を過ごし、結構筋肉もつき始めた。

もうじきお迎えだね。4頭と遊べる日もあと少し。家に帰ったら静かすぎてさみしくなっちゃうかな?
大きな子犬が帰ってしまっても、奴らはきっと相変わらず爆走して暮らしていくだろう。そろそろ楽しいだけじゃだめなのよって教えなくちゃならないけどねぇ…。

お座り、握手、おいで、待って。何んとな〜く理解できているようになった4頭。静かに・いけないはほぼマスター?張り切り過ぎると聞こえないこともあるけど、まぁ仕方がない。持ってこいはピーターとキースがいい感じにでき、女の子のマオとキナコはまだまだもらったものは私のものだもんと、戦利品と遊ぶ道具の区別がついていない。

本来性別は関係ないのだろうけど、育てる時期に性別の違う者同士が2頭ずついることで今までに感じなかったものを感じられるのはなかなか面白い。お外もどちらかといえば男の子たちのほうが早く順応している気がするし。

子犬育ては大変な作業を伴うけれど、それが4倍でも今までに見えなかったものが見えるのは楽しいものだ。早く若手の子たちのようにどこにでも連れていけると自信が持てる子になってほしいものだ。いつになるかなぁ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.20 Tuesday

耳セット

今回はまじめに耳セット慣行中。ショーに出すわけじゃないからなぁと気を抜いたら最後、私の場合は耳セットはその気持ちになった時点で失敗する(苦笑)

耳セットはその犬の耳の厚みによっても難しさが異なるけれど、結局はいかにまめに張り替えをしているかで勝負が決まると思う。実際、犬はなぜそんなことをされなければならないのかの理由は死ぬまで理解できないだろうことの一つだ。そんな嫌なことを幼い時期から拘束してまでやり続けるのは何かしら絶対的な目標がなくてはうまくいくはずがないのだろうと思う。

私自身はシェルティーの耳が立っていようとセミプリックイヤーに出来上っていようと、犬の価値が下がるわけではないという認識が強いので、世間体も気にならない性格上、目標がなくなったら気が抜けて適当になってしまうのかなぁと思っている。

ただし大人になって毛が密になっていない時期には耳がおれていたらもっとかわいらしく見えたかなぁとか思ったりもするんだけれど。
いつぞや見知らぬシェルティー飼いの人に、「お耳もセットもしてもらえなかったのね、かわいそうに」と言われた時はさすがにムカッとしたけど、確かにシェルティーというシルエットを考えれば耳が折れているのは必定で、「やってもらえなかったかわいそうな子」といわれても仕方がないのかなぁと思うこともなくはない。その上きっとどこぞのペットショップで買った子としか思われなかったんだろうな(苦笑)

でもな…ショークオリティーがあると感じない時や、ほかの能力のほうが秀でてると感じたり、サイズが明らかに出てしまうと思うと、気が乗らないことも事実。

今回ピーターは明らかにサイズオーバーだろうけど、マオとキースはしっかり作ろうと決めたのでドッグショーに出そうと出すまいと3頭ともまじめに続けている。通常この寒い季節なら3週間くらいは開けられるけど、新生児がいる部屋の温度で、子犬同士の噛みつきあい、引っ張りあいの激しい遊びの繰り返される我が家では2週間も持たない。

また今日も張り替えだ…。マオちゃんは耳の張り替えが嫌いなのでまたご機嫌とるの大変だなぁ…。でも頑張ろうっと!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.20 Tuesday

無関係化とは。

ちびっ子軍団は日ごとに色なことを学んでいく。その中で使われるコマンドを無関係化させない配慮は先々を考えれば非常に重要なことだろう。

我が家は多くの犬たちと暮すことで実に多くの経験値を得ることができ、コマンドを使うタイミングをつかむこともその中から得たものだと思う。そのせいか、教えたいなと思う作業は気持ちのよいほど簡単に犬に伝わる。

しつけの失敗の多くはコマンド(言葉が一番簡単)を動作に連動させるタイミングだと思う。あまりに瞬時でも犬が理解するかどうかに多少なりとも不安が残るが、それでも、遅いよりはずっといい。

なぜならコマンドと動作の連動に一定の(犬が動作に連動する)以外の時間が経過してしまうと直結しないからだ。一度や二度なら犬の知能はばかにはできないので修正は簡単だが、たびたび繰り返されることで効果的なはずのコマンドは無効となる。

コマンド無効の繰り返しが続けられればこれは「コマンドの無関係化」を犬に理解させることになる。要するに形に準じた使いやすい言葉が繰り返しの作業の時点で犬には効果のないことを繰り返してしまうと言葉の意味そのものが犬には伝わらなくなるというものだ。

本来「無関係化」という犬への理解はトレーニングには欠かせない方法論の一つなのに、全く逆に使うことでしつけを難しくしてしまうのだ。

逆を言えば音に敏感だった場合、その音が犬にとってなにも起きない平常のものと理解させられるように無関係を作り上げれば音に反応しなくなる。同じ繰り返しの作業でも犬にもたらす効果は使い方次第で全く別の形を織りなしていくのだ。

マオもキースもピーターもキナコもいい感じで無関係化をうまく使い、馴致の促進に効果をもたらしている。そして別の形に関して無関係化を排除して理解させていくこと・無関係化させないことの両方を使い3カ月になったばかりなのに頭の中でいろんな点が打たれ始めた。

あと少し点を打つ作業をこなし、どの子がどのようにその点と点をつなげる能力を持っているのか楽しめる日も近そうだ。4頭そろうと暴走族化するがもうちょっとの辛抱といったところだと気長に楽しんでみようと思う。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.13 Tuesday

恐るべしピーター!

3連休のある日パパが興奮して、【今日ピーターがすごい事したんだぞ!!】と話してくれた。今、私はアリスっ子に目が離せないのでお休みだったからパパが子犬たちを見ていたときのことだ。

何気なく走り回るちびっ子軍団を見ていると、ピーターと目が合ったらしい。すると彼は目の前にいるサムの背中を台にしてパパに飛びついてきたのだそうだ。

【そんなのピーターはいつもやってるよ】とこともなげに言うと、【あのなぁ・・・サムの背中を台にするっていったってサムが立っていたんだぞ!!その上に俺に向かってドッグキャッチさながらに飛び込んできてさ、びっくりして手が出なくてそのまま飛び降りたら「何で抱っこしないんだよ〜!」って責める目で見たんだからな!】だそうである。

・・・サムの立っている背中を台にした。。。そのぉ〜・・・立っているってサムの背中だったら40センチ弱はあるよ・・・そこからパパに飛びついた・・・で、ちゃんと着地したってか?ボーダーの子犬じゃないんだからさ(苦笑)

ピーターはまだ4ヶ月になっていないって言うのに。恐るべし!そういえばボールに対する欲もとてつもなく強いなぁとおもっていたし、とる気満々だとソファだって飛び降りるときに軽く1メーターははねてる。
つい先日は抱っこして肩に乗せていたら突然肩を蹴ってビョ〜ンと床に飛び降りてしまって肝を冷やしたこともあったっけ。

ビビリな子だと思っていたのに何がいったいどうしたのやら。子犬のうちは多少ビビリのほうが扱いやすいんだけどこんなに無謀な子犬でどうしよう?(苦笑)

ピーターは持って生まれた頑丈な体の分、何でもやることがダイナミックなシェルティーになるのかもしれない。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.02 Tuesday

叫んで走った理由。

ものすごい声を出して駆け抜けてきたピーター。わらわらとジャイアンもモリーもエリーもチョコも、キナコまで大慌てでピーターの後を追いかける。

大きな子に叱られたのしちゃぁ表現が変。ご飯時のことで台所のほうに侵入して行ったあとなので辛いものでも食べたのかと思ったけど、食べられるはずもないしなぁ…。

飛び込んでいった先はやみくもだったせいか下の息子の腕の中。みんなでどうしたどうしたと顔を覗き込んだけど心臓ドキドキですっていう顔だ。

誰ともなしにジャイアンにやられたんじゃないの?と体を点検したけど噛まれた様子もないしジャイアンを怖がってもいないし・・。

息子が解放するとまだオタついているんでピーターと呼ぶと炬燵をぐるっと回って大急ぎで腕の中に飛び込んできた。「どうしたの?」と聞いたところで人間語は話せないですから(笑)

一応体中探ってみたらウンチがぽろっと落ちた。???なんだ?
急にすっきりした顔になったピーター。

みんなで顔を見合わせて大爆笑だ。「なにぃ〜!この子ったらウンチが固くって途中で痛くて叫んじゃったんだわ!ギャッハッハハ!!」そうです、ピーターはこっそり台所のほうで催して大きなのをしようとしていたんでしょう。そこにジャイアンとかが何やってるのと覗きにきた。ここじゃまずいと思ってやめようとしたけど出てきちゃったらきっと硬くてお尻が痛かったと思われる。そこで「キャン!」と叫んだらジャイアンに「なんだよ!」と迫られてパニックになったんだな(苦笑)そこでたぶん叫んでかけだした…と思う。

逃げ出したけど痛いものは挟まったままだし(苦笑)飛び込んだ先でも取れなかった。ママのところに来たらとれたわけで…

なんだか知らないけど、ピーターにとってはママが救いの神になることが多い。道理でべたべたくっついてくるようになったわけだ。偶然は時として犬の心に深く大きなものを刻むことがある…。なんってかっこいいこと書いてるけど、ウンチの話じゃカッコよく決まらないなぁ(−−〆)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.01 Monday

無法地帯

仔犬が40日くらいのときはある意味で子犬部屋の中は無法地帯になる。母親はおっぱいを吸わせる時以外は子犬がうざったいのでさっさとサークルを飛び越えて逃げ出すし、一緒に広い部屋に出しておけばまとわりつかれないようにソファの上から高みの見物を決め込む。

ほかの犬に脅かされたとか仔犬が悲鳴を上げたとかがない限り守ろうとしたり面倒を見ている風はあまりなくなってくる。

この時期の仔犬はやりたい放題し放題で兄弟げんかもすごくなってくる。それってマジに怒ってるんじゃないの?って言う時になってようやく母親が仲裁に入ったりするのだけれど、人と一緒に暮らす犬の場合には人が止めたら止まってくれないと困るわけで、ナナちゃん始めまだ名無しっ子(これから名前を決めるんだけど)4頭のバトルはなかなかすごくなってきた。

「キャン」とか言うかわいいものじゃなくて「ぎゃぎゃぎゃ〜!」というのがほとんど(笑)

キナコとピーターも同じようなものだけど、もうだいぶ前から言葉でやめるようになってきた。ナナちゃん達はまだまだ(笑)

一回り大きい組が優勢でちびっ子たちは力負けする代わりに気が強くなってきた。いつものおせっかいおばちゃんのメグが子育てを買って出てくれえるけど、このメグ母さんは甘いから・・・・。

よって無法地帯に規律を作るのは私の役目だ。最近ナナちゃんが私を見る目が変わってきた。ねっ転がっていても無謀に顔や頭に飛びついてこなくなりつつある。

何せこの子たち、顔だろうが頭だろうがやりたい放題だったので「いやなものは嫌です!」と拒否したら最初こそ「何でよ〜」とチャレンジしてきたけど、ようやく理解したらしい。

このおばちゃん・・・やりたいようにはさせてくれない。
そうです…世の中好きなようにやりたいことだけやって生きられるわけじゃありません。嫌がることをやっているとそのうち痛い目に会っちゃいます。

大したことじゃないけれど、噛む力加減とか、飛びつくタイミングとか人の言葉を聞こうとするとか少しづつ学ぶのが子犬たち。教えていないことは学べるはずもないし、手がかかる時期になってきた。でもこの時期が一番かわいくつい見てるだけでよくなっちゃう時期でもあるかなぁって思う。

このまま下の部屋に下りてきたらダッシュ君にめいっぱい叱られるからね…。
頑張っていろいろ学んでくださいよおちびさんたち!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.30 Sunday

歯の生え換わりのときに…。

今日買い物のときに小次郎と会った。なんでも犬歯が1本とれないって…。見事にちゃんと生えちゃってる隣に残っちゃってるちびっ子犬歯。

実際の話ず〜っと取れない子も中にはいるけど、上の犬歯はかなりたってからぽろっと取れることがある。うちのノンちゃんは何と2歳になってから両方とも残っていたのが抜け落ちた。骨とか食べるようになったからだったかもしれないけれど…。

普通仔犬の乳歯の生え換わりは4・5カ月くらい。我が家のキナコやピーターもまだまだ先の話なんだけど、せっかくなので書いておこう。人の子供の歯と同じであんまり心配しなくたってちゃんと抜けわかることが多い。でも残留乳歯になるとその後歯石や歯垢がつきやすくなったり歯槽膿漏になりやすかったりするので残ってしまった歯は抜いたほうがいいといわれる。

できれば残らないで綺麗に生え換わってくれれば…

というわけで子の生え換わりに時期に何かできることはないか?

我が家の場合にはうまくいかなさそうかなと思うとたいてい「へちま」を使う。おもちゃタイプのものでもいいけどかなり壊されてしまうので人が体を洗う時に使う普通の「へちま」を買ってくることが多い。

これで子犬と遊ぶわけ。

噛みついて引っ張って振り回して〜とやっているうちにあら不思議、なかなかとれそうもなかったはずの歯がすっぽり取れてくれちゃうんだなぁ。

へちまには仔犬の乳歯がからみつきやすいみたいでそのせいで引っ掛かって取れるんだろうと思う。

野生の犬には二枚歯や残留犬歯は少ないはずで、獲物を食べることで取れちゃうんだろうね。人が飼う犬はそういうことが少ない。特に小型犬は…我が家の仔犬たちは生の骨とかもかじらせてもらことがあるのであまり残留乳歯にはお目にかからないけど、友人に生の鳥の首の骨でもあげれば取れるよとはさすがに言えなかった(苦笑)

お腹壊しちゃっても困るし。

一緒におもちゃ売り場に行って「これこれ!」とおしえ、でも色とかついてるんで人用のほうがいいかも〜と話して別れた。今晩あたり小次郎はへちまと格闘しているだろう。(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.28 Friday

いたいのいたいのとんでいけぇ〜!

ピーターとキナコは一緒におっぱいを飲んで育った、いわば同じ釜の飯を食った(笑)義兄弟だ。

犬種も違うし性別も違うし大きさもかなり違う。

キナコがとっても小さかった時はやられ過ぎないように少し手をれていたが今ではほとんど問題なく上手に遊べるようになった。

ガ…やっぱり犬まかせだけだと問題は起きる。

今日も爆走して大いに楽しんでいたお二人だったが、そこにちびっ子番長のチョコが参入し、3頭絡み合って微笑ましく遊んでいた。でもまだキナコだけが強く噛むことの加減が完全ではないので、たまにチョコに痛みを与えられることがある。もちろん怪我なんかしない程度だけど…。


キャ〜ンという悲鳴をあげて目をしばしばさせながらその場からは逃げ出すけど、シェルティーと確実に違うのはおおげさじゃない部分だろうと思う。特にキナコは精神的に強いのやら痛かったけど「キナコ!」と呼ばれたら「おかぁちゃ〜ん!」とぶっ飛んで戻ってくる。

抱き上げて「あぁかわいそうに、姉ちゃんとピーターのやられたのか?痛かったねぇ〜・・・いたいのいたいの飛んでいけぇ〜」と抱き上げてキスした時にはすでに痛かったことは忘れている。結構うれしくなっちゃったりしてくねくねし始め尻尾はぷりぷりである。

これがシェルティーだと、たいてい超ブルーになってあいつがやったのだとばかりにやった相手を一生懸命見ようとするし、痛みが強かったらしばらく震えていたりする。でもやることはおんなじ。「いたいのいたいのとんでいけぇ〜」で、震えが止まって心拍が普通の戻ったらお尻をぺちっと叩いて遊んでおいでと放してやる。

ダックス同士でもシェルティー同士でもみんな混ざっちゃっていても、子犬も大人も一緒に遊ぶことは毎日の日課のようなものだ。その中で犬に任せておいてもよいこともたくさんあるけれど、「ママが一番好き!」な犬になってもらいたかったらやっぱり助けたほうがベストだって思うね。

助けられた経験が次には助けを求める行動につながる。この人と一緒にいたら安全だとか、やさしい声をかけてくれるとか慰められたとか、痛いのが収まったとか仔犬のうちにいっぱい接触から覚えることはたくさんある。

犬同士のつきあいかたのマナーをおぼえるためには犬同士に任せることも大切な部分はたくさんあるけれど、群れのリーダーを認識させたり、保護者が人間だと覚えてもらうことが必要なこの時期、人の兄弟げんかと同じく、親が仲裁したり行動を禁止したり助けたりしなくてはならないのは同じことだ。

キナコはママが大好き。ピーターも同じくだ。でもそれはごはんをくれたり遊んでくれるからだけじゃない。ダメなものはダメと止められるけど、困った時に痛かった時に助けてくれるから好きなんだよね。

「いたいのいたいの飛んでいけぇ〜」は息子たちが幼かった時によく使った言葉だけど、子犬育てにもよく使う言葉なのである(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.02.11 Monday

仔犬部屋

ようやくレナの子達もひと月を過ぎたので、やんちゃっ子のトールと爆走3チビダックスと一緒の部屋に入れることにした。

恐いモノ無しのレナちびたちもそろそろ教育のお時間だ。

子犬同士も兄弟だけだと一番強い子はそのまま自分の力加減をわからずに生意気になってしまうし、やられっぱなしの子犬もまた気ばかり強くなったりもする。

体が大きなトールもダックスだけよりも良い勉強に成るだろうし・・・。ダックス達にはそろそろ制限もかけないといけない時期だし、何より丁度良いのである。

thol_boku_0205_1.jpg

チビダックス達は揃って聞き分けの良いおりこうさんになってきて、トールもまたそれを見習うようになった。

夜は子犬部屋に入れて中に私様の布団を敷いておくが、わいわいと騒いでいても【ネンネしなさい!】と言うとしぶしぶと布団の上に乗って丸くなる。ダックスはシェルティーと違って小さい頃から上目遣いなどするのでこれまた見ているほうは可愛くて仕方がないのだが、ぐっとこらえて笑わないようにする。

仔犬は人の笑顔にはとてもよく反応する。
こちらが喜んでいる事をこんなに幼い内から理解しているのかと驚かされる部分だ。
だから聞いてほしいことがあってそれをすばやく実行させたい時には笑いながら言ったら聞こうとはしない。
遊ぶの〜?って勘違いするんだろう。

チビの癖に夜目が利く子犬たちは部屋を暗くした所で、もうネンネでしょといわなければエキサイトした状態だといつまでだって騒いでいる。
3ヶ月にもなればいい加減聞いてくれなきゃ困る(笑)

ダックスにならってトールも少しづつわかるようになり、私が布団に後から入っていっても最初こそ【来た来た〜!】と大騒ぎするが横になってしまい枕を抱え込み【ネンネしなさい!】といえば枕元で丸くなって眠るようになった。
ダックス達はそそくさと布団の中に入り、チョコは腕枕がお気に入りだ。

レナの子犬達はどんな風に一緒に寝るだろうか?
今日が初めてだから騒ぐかなぁ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/2 >>