2009.01.23 Friday

ダイソンくん負傷

[掃除機] ブログ村キーワード
もう10年も使っている我が家のダイソンくん。最初は紫色と黄色の色が気に入らなくてなんじゃこんな掃除機とののしっていたのに使ってみたらあら大変、こんな掃除機見たことないわっていう位の優れもの。

今まで使っていたミラーの掃除機なんって月とすっぽんだって思った。ところが10年も使い続けていればあれやこれやと壊れるところが出てくる。最初はホースが切れた。でもダイソンに連絡したらすぐに交換してくれる。次は犬たちにコードを噛み切られた。このときはさすがにもう買い替えないと直せないよなと減なりしたが、さすがダイソン、ちゃんと治してくれるのだ。

その後…・不覚にもごみ捨ての際に中にある黄色の部品まで一緒に捨ててしまってまた焦る。これじゃ動いてもゴミがたまりません。でもちゃんとアクセサリとして販売されているので新しいものを付け替えて問題なし。

今回は本体の持ち手のところがプラスチックなので劣化していたらしくボキッと折れた。うちは使い方荒いからそのほうが問題なんだけど折れちゃったものは折れちゃったから・・・

今回はやっぱりもう駄目よねぇ…でも今8万もする掃除機なん買える状態じゃないし、かとって掃除機なしの生活はあり得ない(苦笑)
で…頼みの綱のダイソンに電話して聞いてみたらちゃんと取り換え部品があるので大丈夫ですよだって(^◇^)

まじめに…高かったけど、色は変だったけど(アメリカっぽくて)製品とその会社は素晴らしい。10年も本体部分の故障がない電気製品なんて、特に掃除機のように毎日頻繁に使うものはなかなかないと思う。そして、多少壊れようともちゃんと治して使えるところは他のどんな製品にも真似してほしい部分だなぁと思う。

最近のものはコンピューター制御とかなんとかっていろいろ質めんどくさくなってしまってちょっと知ってるからチョチョイと直せるっていうのが少なくなった。車とかもそうよね。

高かったけどダイソンにしてよかったなぁと実感しています(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.21 Wednesday

競走馬キーストン

キーストン彼の話は優駿の門というコミックのアルフィーとして実在する話だ。

競走馬、特にサラブレッドは人の誘導なしには動けないといわれるほど繊細な生き物で、骨折などしたらその激痛を我慢することなどできるはずもない。キーストンはレース中ゴール手前300メーターで骨折し、騎手は投げ出され落馬する。

競馬が心から楽しめないのは万が一に起こるこの類の事故をたまたまレース観戦中に目の当たりにした時からだった。大好きで応援していたテンポイント・ライスシャワー・サイレンススズカがこの世にいないのはどれもレース中の事故で、予後不良とされた。テンポイントのときは自分はまだ子供だった。ライスシャワーの時はショックでしばらくレースが見れなかった。ようやく気分が落ち着いてみられるようになったらサイレンススズカだった。

彼らが獣医学が発達した今でさえすぐに安楽死される現実は走らない馬が処分されていることと相応しているのかもしれない。サラブレッドは経済動物だから。

そんな非情な事故に見舞われたキーストンという馬は激痛をこらえて騎手を気遣ったという逸話の持ち主である。痛みに耐えられるはずのないサラブレッドが落ちた騎手を気遣う・・・。そのきずなの深さはコミックの中でさえ涙が流れ落ちる感動を呼び起こすのに、実話なのだ。

生き物と暮すということに持つべき気持ちの原点は彼らが自分たちと同じ生き物であるという認識を持つことで始まるのだと思っている。解明・証明されていないだけできっと彼らには自分たちと同じような心がある。
人間と付き合うのと同じように生き物と付き合っていけたらね。そんな心を失わないでいたいと思っている。

優駿の門はお気に入りのコミックで、現在アルフィーに始まったシリーズはボムクレージー・アイカのシリーズを終えて白馬のピエタに変わった。実際今回のシリーズの白馬ピエタのエピソードも実話から持ち込まれたもので感動的な話なのだ。

競馬には夢とロマンがある。その夢とロマンの中に実話が存在し、儚いサラブレッドの命の重さが一層増して感じられるんだろう。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.18 Sunday

ボクらの時代

日曜日の朝、こんな番組がやっている。

ボクらの時代
今日のゲストはミュージシャン矢野顕子×コピーライター糸井重里×スタジオ・プロデューサー鈴木敏夫 だった。

同じ世代なので同感する部分も多いんだろうなと思いつつ、大きく共感したものが2つあった。

ひとつは、大切なことだったら相手と言葉を交わして話す、及び目を見て話すべきだということ。忙しいご時世だからこそ会って言葉を交わしあうことはなかなか難しいけど、せめて言葉を耳で聴き感情の変化をとらえながらコミュケーションをとらなければ、自分の感情も相手の感情もうまく交わらなかったり、最悪だったら誤解されることもあるわけだ。

それは人それぞれに能力の違いがあるからのほかならない。だから、その能力の違いがはっきりしてしまう「文章を作成・内容の読みこなし」というメールなどの利用よりも生まれて間もない時から学習して能力の相違が少ない、コミニュケーションの利用のほうが有利だというものだろうと思う。

そして機械的なものよりも個人の特定が簡単なもののほうがまだ相手に気持ちが伝わると…。つまり携帯メールとか、パソコンから送られるメールとか、紙で送られる文章にしても、「手書き」に勝るものはないと・・・。

私もどの部分においても大きく共感している。インターネットの普及や携帯電話の普及は社会に大きな変化をもたらしたけど、人間同士のコミニュケーションにとってはマイナスの部分も大きい。

毎日のように書くブログのようなものや、サイトに発信してある情報も、機械的な文字でしかないけれど、公の場に自分の意見を配信すると考えればこの方法は素晴らしいものだけれど、個人間では一方的すぎて選択するかしないかで読み読まないすら決められる、相手にとって都合のよい方法論なのだと思う。

今日のゲスト3人が口をそろえて、大切なことは相手の感情の変化がその場でわかる方法が一番ですよねと言っていたことに大きくうなづき、自分を振り返っても相手を大切だと思えばこそ、電話も使うし、時間を割いて会おうと行動を起こしていることを実感した。手紙を書く作業も同じなんだろう。


また、糸井氏がどなたかに言われた話でまさしくそうだと自分も痛感していることの一つに、「どんなことでも、10年毎日続けていたらプロ同様のレベルになる、才能じゃなく…。」というものがあった。

このポイントは毎日続けているという部分で、10年間の中に毎日続けていたかがカギだろう。確かにどんなことだって毎日必ずやっていれば10年という長い月日を飽きることなく続けられる物事に対しては「専門家」顔負けになることは当たり前だと思う。

人は与えられた能力の中の何が特出するものになるかは誰にもわからない。10年間毎日ひたすら続けられるとしたらそれは才能というよりも興味という部類で、その興味が10年間持続するほど楽しくかかわれる作業なのだろう。それが自分にとってなんであるかを見つけられ・障害を越えて続けられる幸せな人が今回のゲストたちのように「世界でたった一つの花」になるのだろうなと思った。

10年間毎日…このMAGICWORLDも休むことなく今年の10月で10年を迎える。パソコンに10年間毎日座り続け、キーボードを打ちつけてきた実感はあまりない。
でも、確実にキーボードは早く打てるようになったし、話しているかのように文章をその場で打つのはお手の物になった。
書いていく内容の犬についての多くの知識は、始めたときの比にはならないほど膨大で、今はそれをどうここに表現するか悩むこと自体スラ楽しい。

どんなことでも始めたばかりのときはみんな素人で初心者だった。そことを忘れることなく、得てきたことのありがたさを生かしていくことができれば人間として少しは頑張ったなって思えるかもしれない。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2009.01.01 Thursday

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。今年はどんな年になるでしょうか?
年末ジャンボ宝くじは30枚買って3900円当たりました。微妙ですが900円だった時よりはよしとしましょう。

息子は300番違いの当選番号に泣き、なかなか幸先良いスタートではありませんが、徐々に良いほうへ向かっていると信じて今日を迎えています。

東京は良いお天気に恵まれて暖かな元旦です。犬たちも一緒におもちを食べたりお正月料理を楽しんでいます。

年賀状もこれから楽しみつつ読まさせていただきます。みんなどんな子になっているかな?

今年もよろしくお願いします。(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.30 Tuesday

みなさまよいお年をお迎えください。

今年もあと残すところ一日となりました。
みなさんにとって今年一年はどんな年だったでしょうか?

我が家は看病に明け暮れ、最愛のミールを失い、今年はもうだめかと思ったマリンが頑張り抜き、良かったり悪かったりの一年だった気がします。今でもまだミールがいないことの不安はぬぐい去ることができません。

ミール以外にも失ったものがたくさんあって、精神的にかなりきつかった日々もありました。49歳になるまで人間不信という言葉とは意外に無縁でやってきましたがそんな経験をする年になるとは思いもよりませんでした。

でもたくさんの人の応援は悲しさや悔しさを別のものへ変換させてもらったように思います。理解者の皆様には心から御礼申し上げます。

素晴らしい名犬と出会えたこと、サイトを続けてきてよかったと思えること、新しい子犬の飼い主さんたちの中に同じ感性の人が存在すること、AIRMAGICを立ち上げることが出来たなどなど、うれしいこともたくさんあります。

MAGICWORLDは来年10周年を迎えます。
今年経験した多くのことを踏まえて、改めて初心に帰り、自分の犬を愛し、そのスタイルを続けていこうと強く心に誓っています。
多かれ少なかれまたいろいろあるのでしょうが、私は私であるままに継続していくのだと思います。

よかったらまたこのサイトを応援してください。
みなさま、よいお年をお迎えくださいね(^−^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.22 Monday

パルボ流行?

沖縄県にパルボウイルス流行警報

10ヶ月間に145件の報告が入ったとのことなのでご注意を。ウイルスは目に見えないの0で気をつけないとね。しかしパルボなんかワクチンでほとんど抑えられるものなのになんで流行るのか?いまだに抗体がついていなくても打たないでいる人も多いのだとびっくりする。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.17 Wednesday

黒にんにく




楽天で黒にんにくを購入。実は近くのスーパーので店で一回買ったことがあって食べてみたらなかなかイケてる代物だった。味はプルーンみたいな感じ。ちょっと甘い。

まっくろでぎょっとするんだけどこいつが食べると疲れが吹っ飛ぶのよね。効能はいろいろあるらしいけど、アミノ酸が豊富なんだとか。
疲れたときはファクター頼みの我が家だけど、今回犬たちが飲んじゃうので自分にまで回らなくて黒にんにくになったわけで(笑)先日はクラブの集まりで役員の皆様に「食べてみそ!」と強制的に食べさせた。なぜか若者には不評なり(笑)一部には大いに共鳴してもらい少々満足したりして(^◇^)

テレビでも紹介されて大反響とか。一個入りも売っているのでお試しあれ。ただし多少はに肉の匂いしますのでご用心(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.06 Saturday

トロッコの話

ナショジオでこんな問いかけがある。

トロッコがやってくる先に5人の人が立っている。あなたはトロッコをもう一方の線路に動かす分岐点のレバーの場所にいる。レバーを動かせばその先に一人の作業員がいるが5人は助かる。レバーを引かなければ作業員が犠牲となる。あなたはどうしますか?


この問いはどこかの番組で…たぶんたけしの教育白書だったかでもやっていて、その時はこの問いに対する答えを子供にどう伝えるかというものだった。

我が家では家族でこれを見ていたので大いに盛り上がった。さぁあなたはどういう答えを出しますか?



我が家はたいていこういうときなぜか真っ二つに分かれる。考え方が似た者同士が二人づついる家庭なんだろう。

私と息子一人はこんなの簡単じゃん、レバー引くしかないでしょう?犠牲は少ないほうがいいし、レバーを引いた先にいるのは作業員なんだから。関係者にあきらめてもらうしかないよね。でもさ、レバー引かれて殺されちゃうのはかわいそうだけどねぇ〜。これってある意味人はどういうところに罪悪感を持つかっていうものを試している問題なんじゃないの〜とか言っちゃって。

パパともう一人の息子は考え込む。そして彼らの答えは何も手を出さないというものだった。これには結構驚きながらもある意味ではそれが正解なのかもしれないとも思う。
天から与えられたことはそのまま受け入れる。そういう姿勢だってことじゃないかなと…。私のように無駄にあがき、ある意味では多少の罪悪感を持ちつつ、それでも5人の命を救ったじゃないかという誇りのような優越感を得たいと考えるごく一般的な人間としての感性を見透かされたような答えだった気がする。

でもさ・・・5人は死んじゃうのよね。いいのかな?


ナショジオでは多くの答えが私と同じものの選択であると言っている。海外の話だろうけど。ただしこの問いかけにはもうひとつの手段を加えられまた考えさせられるのだ。

トロッコのレバーの前に見物している見知らぬ人がいると。その人間を突き飛ばせば5人も作業員も両方助かる。レバーを引いても死ぬのは一人。突き飛ばしても死ぬのは一人。さぁどっちを選ぶ?

この答えはほぼ100%レバーを引くというものだそうだ。人間は、直接手を下すことを恐れるらしい。人の体に触れて死にいざなうことよりは機械に触れたことで人が死ぬほうがまだましだと考えるのだそうだ。

。。。複雑だなぁ…結果は同じなのに罪悪感が違うなんって…。自分の意思で人を殺しちゃったのは同じなのにね。そうは思わないですむらしい。


教育白書でのこんな答えがありましたよというもののなかに父親が息子に向かって話した答えがあった。

お父さんはきっと何もせずに見守ってしまうだろうと思う。でも、もし5人の中にお前がいたら迷わずレバーを引くと思うよ。


。。。なるほどねぇ…それは当たり前だと思うよ。私だったら?きっと作業員が息子だったら間違いなく見守ってるね。こういう時にさえ犠牲は少ないほうがいいとは思わないくらい家族は大切に思うものなんだ。

5人の中に息子がいるのではなくて作業員が息子だったらこのお父さんの答えはいったいどういうものなんだろうなと聞いてみたい気もしないでもない。私と同じだったらちょっと安心なんだけどなぁ…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.12.02 Tuesday

犬友・来襲

仔犬がかわいい盛りになったら友人が来襲。ま・・・たまたまなんだけどね(笑)

かわいい〜と叫びつつも犬仲間なので安心。近づく子犬を次々抱き上げてああだこうだといじくり回すけど、決して無理やり捕まえたりしない。

仔犬たちの最初は彼らにとっては当りが乱暴なので(苦笑)なんだこの人って顔で解放されるとすたすたと離れるけど、友人のほうからは近づくことはないので結局興味には勝てずにまた近づいて捕獲される(笑)

べらべらと話し続けながらなので子犬に集中するわけでもないせいなのか、犬を知らない人が触った時とはかなり温度差がある。最終的には仔犬たちは友人のそばに行って眠ったりもする。なかなかそこまで打ち解けてもらえる人間は少ない。

もっとも15年も10頭以上の犬たちと踏んだり蹴ったりしながら暮らしてきた経験がモノを言ってるんだなぁとはわかるけど、うちの犬たちはこの友人が好きになる。

この子超可愛い〜と写メールを撮っていたくご満悦だった。シェルティーってマジちっちゃいねぇ〜、おとなしいねぇ〜、愛玩犬だねぇ〜というのが口癖。
あったり前ジャン、ボーダーとは違うんだよ〜と毎回交わす言葉だ。

お互いに違う犬種をやっているけど、お互いに相手の育てる犬を尊敬してみているかなって思う。
久しぶりにマリンを見て「歩けてるんだから大丈夫!」という心強い言葉だ。「昨日さ、死んじゃったかと思ったのよ」と言ったら先日亡くなった子の話をしてくれた。3日間もほとんど昏睡だったんだよって…こうやってああやってこうだったよああだったよと、悲しいだろうにマリンと私の今後のために話してくれる。

そうやって今まで15年付き合ってきた。大喧嘩もしたけど、相手を思ってのことだったから容易に解消した。2年かかったけどね。。。その日以来もめたことはない。

お互い足りないものを補い合いながら付き合えるのが本当の友人なのかなぁと思う時がある。与えるばかりじゃ友人じゃないし、与えられるばかりも友人とは言えない。本当に困っているとき、本当に助けが必要なとき、誰も信じてくれなくなってもこの人は信じてくれる・助けてくれる人が友なのだろうと思う。

大人になってからそういう相手に巡り合うことはとても難しいだろう。今はネット時代であったこともない人でさえ親しく言葉を活字で交わしあうだけで友人だと錯覚を起こすこともある。



人間よほどのことがない限り本当の友人なのかどうなのか分かることもないまま生きていくことは多いかなって思う。人生にはいろいろあるから、どん底になっても、友人を持っている人はきっと立ち直れるだろう。そういう時になって初めて誰が本当の友人だったかわかってしまうのだから人生は面白いなって思うけど…。

あ・・・他の人の話になっていたか。。。気にはなってるからなぁ…(意味深?ちょっとね(^−^))
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.11.27 Thursday

レインボーブリッジ

カテゴリーのレインボーブリッジ(虹の橋)に手を入れはじめた。堅苦しいのばかりだと飽きちゃうから(笑)

でも…一番疲れるページだったことを忘れてた。書くって言うことは読むって言うことで、泣き疲れたのでここら辺でまたほかのページに移動して…また改めてにしないと身が持たない。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/8 >>