2008.03.03 Monday

流血事件!

とんでもないことが我家に起こった。
それは私がトイレに行ったホンの数分の間のことだった。

毎度のことながら私がトイレに立つとマリンがドアの前に必ず着いてきて、出て来るまでワンワンと呼ぶようになっている。
多少ボケてきたのか、私がドアの外に行くとご飯になると勘違いしているらしい。。。なのでしつこく吠えるわけだ。

トイレの中で聞こえてくる声が変にくぐもったと思ったらいつも吠えないノンがやたらに吠え続ける。そしてひゃ〜ぁんひゃ〜ぁんと言う聞いたこともない声が聞こえてきた。

あわててトイレを飛び出た時に思ったのはミールに何かあったのかと思った。
良くなっていたのに急にひっくり返ったとか、死んじゃったとか・・・胸がバクバクした。

ドアを開けて右手にミールが寝ているのを確認してほっとするまもなく足元を見たらマリンが血だらけになって倒れてもがいていた。
私の顔を見て泣き続けていたノンが泣き止む。

一瞬で頭の中がパニック!

「だれかきてぇ〜!!」と悲鳴のように叫び倒れたマリンを抱え起こした。

周りを見ても血がついている犬はいないし、どこから出血したのかを確認しようとしてもマリンが暴れて良く見えない。
裕貴が飛び降りてきてようやく耳の辺りからの出血と口元からの出血が解った。

ふと横を見るとエプロンが真っ赤に染まったモリーが困った顔をして側に立ちすくんでいる。

あぁ・・・となんとなく全容が見えてきた。

モリーが・・・たぶん滑って倒れて立ち上がれないで叫んだマリンが恐くて、のしかかって攻撃したんじゃないかと思う。聞いた事のないような音には異常に反応する子だからありえなくはない。恐くて攻撃した・・・?
もしかしたらマリンの側にいて、倒れてくるマリンが自分を攻撃したと勘違いしたか?


他にはマリンを攻撃するような素因がないし、今まで一度たりともちょっかいを出したこともないし・・・。
倒れたマリンはモリーに攻撃をするような事はない老犬でここ数年威嚇のしぐささえ失われている状態なのだし・・・。

何もなくただ吠えているMARINにいきなり攻撃を仕掛ける事はありえない。

見てないのだから何がどうなったのか確証ははないけれど、とにかくマリンを抱き上げて病院へ急行する。裕貴にモリーを洗っておくように頼み・・・。



病院で落ち着いてから噛まれたらしい場所を探ったがガブリと牙が入った場所は一箇所もなくあちこちに歯があたって切れたような箇所が見つかった。
毛が長いから血だらけで死んじゃうかもと蒼白になって駆け込んだ。
私からしたらものすごい出血に見えたけど・・・

病院で先生が当たって切れちゃったんですねと笑顔で説明してくれているうちにようやく気持ちが落ちついてきた。殆どの出血は止まっている。

肉がなく骨と皮膚しかないようなマリンの体は普通なら傷にならないようなものでも切れてしまうくらい弱くなっている。耳の後ろと目の上とからの出血が多かったせいで白い毛が真っ赤になって慌てさせられた。。。

顔を床に押し付けられたらしく歯も2本抜けた。そのせいで口元からも出血があったようだ。ぐらぐらしていて引っ張ったら取れるかなと思うような歯だったので思わず不幸中の幸いと笑いが出た。

傷を見つける為に剃っちゃって良いですからと頼んだので、多少顔がハゲになったけど、抗生剤で何とかなりそうな軽いものだったのが幸いである。

それにしても我家で流血事件がおきるとは思いもよらず、また、パニックを起こしたモリーへの対応も今後どうして行くのが良い方向に向くのか検討中だ。

15歳にして初めて攻撃されたマリンのフォローも含め、足元を滑らないように工夫しなくてはならないと痛感した。

しかしビックリした。心臓が止まるかと思ったわ・・・・。
マリンは食欲も旺盛で薬もちゃんと飲むしそんなにショックが大きいようには見えない。ビックリさせられたけどマリンがおかしくならなくて良かった・・・。

ふぅ〜・・・偉いひな祭りだ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.09.15 Saturday

そばが好き!?

ようやく涼しくなってミール爺さんの食欲がもどったと思ったらまた食べない(/_;)ついでにモリーも食べない・・(/_;)

昼にそばをゆでて食べてると目の色を買えてやってきたご両人。

「それ食べたいです」って言うんだけどネェ・・・

「これそばだよ。食べたことないじゃん!うどんじゃないのよ。」と言っても、ウルウルした瞳で頂戴光線を発する。

う〜ん・・・食べたいって言うんだからいいか!とおきらくな感性ですので上げちゃいました。
食べる食べる、もっとくれって一人前くらい食べちゃった。

ラーメンとかうどんとかそうめんとかはよくあげてたけど、そばも行ける口ですか。そばのほうが体には良いんだしまたゆでてあげるからね(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.20 Monday

贅沢な・・・

なかなか食欲が戻ってこないミール。
缶詰が良いと言ってしばらくは食べ、今度は見るのも嫌なのと顔を背ける。
ご飯が食べたいと付きまとって炊き立ての白いご飯をフ〜フ〜してくれとせがみ、せっかくゆでた鶏肉をさも嫌なものを見るように鼻先で押し戻す。

本来犬ってたんぱく質がたくさん必要なんですが・・・
貴方あれもこれも嫌ですって・・・。(/_;)
豆腐も駄目だし卵も嫌です、食べるのは果物と炭水化物。

ダメモトで開けたレバー缶も結局どうでもいい奴らの胃袋の中・・・


でも、そんなミールは実は贅沢な犬だったことが判明!
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.03 Friday

季節厳しきおり・・・

毎日のように犬の訃報が届く。また知っている子が亡くなった。
そのうちの1頭はミールの息子だ。

先日ミールが具合が悪くなったばかりだったし、その子はミールの子で一番そっくりな子だったからかなりショックだった。もう1頭も思い出深い犬でうちの女の子の父親である。

花屋さんに近づくと社長が飛び出てきて「また?」と聞くのが日課のようだ。
ジェニーの時にお花を送ってくださった気のいい社長さんだが、あまりに続くので「犬もこの暑さで具合が悪くなっちゃうんですかネェ」と悲しそうにしてくださる。

我家がココを利用するようになって最初の内はずいぶん驚かれたけど、今は「家族ですものネェ〜」と犬が亡くなった時に御花を贈ることを商売抜きで共感してくださるようになった。
なにせ、キャンディーが天使になった時が始まりで、ぼろぼろに泣きじゃくりながら店が閉まる寸前を無理やり飛び込んで、たくさんのカサブランカを購入したのが始まりだった。

急激な温度変化と日本独特のこの湿気の多さは年老いた犬たちだけでなく、健全な犬達の体調も崩す。人間だけじゃない。犬のほうがずっと分が悪い。脱げない毛皮を着ているから・・・

炎天下の中、上半身裸同然の飼い主に連れられて、長い舌を出しながら散歩?させられているプードル。よろけそうになりながら自転車引きされてるラブラドール。あの子たちはそれでも散歩することが幸せなのかな?エアコンの利いた車に乗って病院に行く途中や犬たちが寝る時間を見計らって買い物に行く時に眺める人と犬との風景は私には考えられないものがたくさんある。

犬は人のように洋服を脱げないのに・・・歩いている場所は気温よりも数度高い。くれぐれも熱中症には気をつけて・・・

先日フーちゃんを見送りに行った慈恵院では平日だというのに朝早くから数頭順番待ちがあった。
亡くなった事情はそれぞれ違うだろうけど、あまりに多い訃報は悲しみと共に空しさと苦しさが交錯する。

ミール13歳と1ヶ月。マリン14歳と6ヶ月。ダッシュ11歳と3ヶ月。
今はまだ毎日何とかやり過ごしているけれど、寒い冬よりも今、この夏と言う季節に一番神経を使っている。まだ一緒にいたいからちょっと食欲が落ちれば心配だし、眠る時間が長いと気にかかる。体を揺り動かしても起きなかったりすると心臓がバクバクしてしまう。ようやく立て直したミールも今日は食欲が少し落ちたので鳥の胸肉をゆでたものだけにすると復活してきた。
体の調子が崩れない程度に好きなものを食べさせるようになるのは年老いたら仕方がないと思う。食べられるうちが花だ。

長い間シャンプーもしていなくて暑くなったら洗おうと思っていたけれど、体への負担を考えると洗わない方がいいんだろうなという結論に達してしまう。
ブラシを痛くないように当ててゆっくり若い子を扱うように乱暴にはせず、汚れた引っかかる毛は無理してスリッカーなど使わずに切り取るようにして・・・綺麗にならない場所は拭いてあげて多少臭ってもいいやって思うようになった。

今日はマールが来てくれたけど、マリンとミールの汚さに少し驚いたかなぁ・・・(苦笑)ごめんね(~_~;)

そんなこんなで今年の猛暑を乗り越えられるかなぁ・・・

あんまり訃報が続くのでぽそりとパパに「マリンとミールはこの夏乗り切れるかなぁ・・・」というと「大丈夫じゃないの、この感じなら!」と明るく答えてもらってほんの少しほっとした。

季節厳しき折・・・皆様ご愛犬、ご自愛くださいませ・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.02 Thursday

ダコタ永眠・・・

モリーのパパのダコタが7月31日永眠した。忙しくてブログを見ていなかった(/_;)

愛らしいモリーを抱く時にダコタの素晴らしさを痛感する。本当はせっかく貰った大切な血だから繋げたかったけど、小さいモリーに無理はさせたくない。

あちらこちらでダコタの子を見る時強い遺伝なんだなぁって感激していた。特に私はこの毛質が好きだ。

今年は知っている犬達の訃報が多い。でも・・・名犬と言われた子たちでさえ現役時は知られていてもその後行く末を知ることは数少ない。

そのなかで大事に育まれてその生涯を終えられたことを知ることができるのは数頭だ。ダコタもカルロスも有名犬だった。

あの子もこの子もきっとママに会えて良かったよって言ってくれているに違いない。ジェニーに逝かれたばかりなのに、次々と知った子たちが天使になって・・・そう思っていても悲しすぎる・・・。

ご冥福をお祈り申し上げます。合掌
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.08.01 Wednesday

オヤスミ、フーちゃん・・・

マリンを我家に迎えた半年後に今では20年来の友人が「私もブルーマールのシェルティーが欲しい!」といって、同じブリーダーのIWASHIMIZUからフーちゃんがやってきた。

我家のマリ、キャンとフーちゃんと子犬の頃からドッグショーの興じたり、一緒に訓練競技会に行ったり、フーちゃんのお産を取ってあげたり・・・キャンプにも一緒に何回も行った。

泳ぐのが得意だったバイブルーのフーちゃんはスゴイ美人だった。マリキャンとは親戚筋に当たる子で小柄で毛量の多い綺麗な子だった。
確かAMCHコスモの娘だったはず。

フーちゃん


毎晩一緒にいっていたお散歩もフーちゃんの最愛のパートナーのマークが亡くなった後めっきり行かなくなったっけ・・・

遊びに行くと大歓迎してくれて可愛かったフーちゃん。頭のいい子で訓練が良く出来たよね。

そんなフーちゃんが突然具合が悪くなったのは先週の金曜日。ママが仕事の帰りにうちに寄ったときすごく落ち込んで「今まで黙っていたんだけど、フーちゃんが危ないのよ・・・」
すごくショックだった。ついこの前あったときは元気で「おばちゃん来たの?」とご挨拶してくれてとっても綺麗だったから「マリンとは雲泥の差だネェ〜、フーちゃんは年をとっても元気で綺麗だネェ〜」と言ってたばかりなのに・・・

フーちゃんは綺麗なまま今日天使になりました。
マリンより半年くらい後に生まれた子だから丁度14歳になったくらいかな・・・なんかすごく辛いね・・・。

マリンもミールもまだまだ頑張っているのに、病気も何もないと思っていたフーちゃんが末期癌でお見舞いに行く前に天使になってしまうなんって・・・

明日フーちゃんのママと一緒に慈恵院まで行くことにした。

長かった14年のうち、いっぱい一緒に時を過ごした大事な友の為に・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.21 Saturday

半日入院終了。

今日から半日入院はなくなった。ステロイドもこれ以上入れるのを中止して今後は膀胱炎の治療が優先。
パセトシンを飲ませて様子を見ることに。よくないようなら薬を帰ると言う事で5日後あたりに見せに行くことになった。

ミール自身は昨日と同じような感じで、先生からは血管系のことが原因ならこれ以上悪くなることはないでしょう、頚椎に原因があったらまだわかりませんとのことである。

横倒しになって寝ている時に小刻みに麻痺が残る足が震えたりすることから私自身は血管系だろうなという疑問を残している。
ミミズの粉のサプリメントの「ルンワン錠」が効いているのかいないのかわからないが、自分的には多少の不安を残しながら使うことにしている。

それは貧血の値が悪かったけど、もし梗塞ではなく出血だったらこんなに軽い症状で止まるとは考えにくいからだ。
人間だとこんな症状だ。

「脳出血」

「脳梗塞・脳血栓 脳栓塞」

このような病気の情報サイトからヒットさせて読んでみるだけでも、症状からこうかなああかなと考えられることは多い。

紹介しているのは人間の病気についてだけど、同じ哺乳類の犬であればおおかた似たようなもんだろう。
犬の病気についての情報サイトは本に書かれたものの紹介が多いが、中には現場の獣医さんたちが公開している情報もある。
そういうものと照らし合わせたうえでかかりつけの獣医の話を良く聞き相談して行く中で、最終的には命が尽きるまで面倒を見続ける飼い主の判断で治療方針は決められると思う。

私は毎度のことだけど、よほどのことがない限り高度医療を求めていないかもしれない。原因がわからないと治療できないとは言い切れないはずだし、症状から対処療法という形を取って様子を見て行く中で原因がおおよそわかってくるものだってあるだろう。

病気の原因究明よりも、犬の体と精神に負担をかけたくない「溺愛飼い主」の私の元に来てしまった以上、愛犬たちは運命共同体だと言う事になる。

だからこそ夜を徹して考えられる病気の情報を探り、獣医さんにたてついてまで意見を進言するのだろう。全てが正しいはずもなく間違った事でもしかしたら大事な愛犬の命を縮めてしまうこともあるのかもしれないけれど、今のところは頑張ってきたよねって犬たちと話せている筈だ。

それは全て大事な可愛い我が子のためであり、病気になっても獣医さんONLY任せにして行かない自分のポリシーなんだと思う。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.19 Thursday

ようやくひとごこち・・・

日記がかけないまま数日が過ぎた。

実は・・・まるで虫の知らせのようにここ数日ミールのことを書いてきたが、17日の朝・・・。ミールの足が麻痺して、生きた心地がしないままだったからだ。

17日から18日の日はまったく立てず。このまま寝たきりになるかもしれないと17日の晩にパパがサラブレッドなんかの怪我の時に体をつるして立たせておくのがあるんだけど、それを話したら早速11時までかかって作ってくれた。
乗せてみたけどもう少し改良が必要。
つるされたミールはなんだろうって顔をしている。

18日の晩、病院では変化なし。家につれて帰ると起き上がろうともがく。
立たせるけど上手く立てないが数回チャレンジするうちに一度だけたつことが出来た。左前足はかなり酷く動かせない。
でもステロイドが効いてきたのか体を起こしていられるようになった。
昨日と比べればかなりよくなっている。

ミールは実は私にべったりなので動けた時はどこへでも付いて歩く子だった。
台所でねそべって張り付いてくるミールがいないのはやっぱり寂しい。
今は私が動くと首を上げて「どこに行くの?」と不安そうな顔になる。

声を掛けても聞こえないのが恨めしい。

19日。今日も病院だ。今朝はよろめきながら立ち上がっては潰れるを繰り返す。
おしっこもなかなか上手くできないうえに薬の影響で水をガブガブ飲むから膀胱炎が心配だったら、迎えに行くと既にヤバイ状況。
毎日病院では排尿させてもらってはいるけどしたい時に気持ちよく出せないし、体を触られながらするのは嫌なんだろうな。

スズのように頭が駄目になっちゃっていれば押して出すことも出来てもなぁって今最大の難問だ。

たかがおしっこだが、今はステロイドを使っているわけだし、細菌感染したら年齢も高齢なわけで敗血症になるかもしれない。
今日は担当の先生だったので尿を調べておいてくれて抗生剤を入れてくれてあった。早くステロイドを切れるようにならないとなぁって考えてしまう。

でもいいこともあった。

自力で立ち上がれるようになって来た。家に帰ってきてたくさんの便を出せた。おしっこもたくさんした。
自分であちこちぶつかりながら水入れまで行ってのめるようになったし、夕飯の支度で部屋を離れたらよろめきながら後を追ってきた。

早くもっと良くなるといいね。無理しなくていいけどね。

獣医さんでお金を払う時に誰もいなかったので床に伏せて待ってもらったが、そのまま傍から離れるとつるつるの床の上で立とうとしてひっくり返ったら困るし、かといってほかの子みたいに「待っててね!」が聞こえない。

仕方なく自分のバックをミールに「これ持っててね、お願いよ」と顔の前において会計を済ませたら「解るんですか?」と聞かれてしまった。
う〜ん・・・わかるって言うより、バックがあるから安心して動かないって言うほうがミールからしたら正解だと思うよ〜と答えた。(^^ゞ

明日はもっとよくなっていますように・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.05 Thursday

メ・・・メロンが・・・

最近話題が絶えませんが、またしても老犬組み・・・バ〜バの事件ですよ〜!!

買い物でメロンが格安だったので奮発して二個買ってきた。
だってさ・・・1個300円よ〜奥さん!買っちゃうでしょ?

で・・・家に帰ってきてまず一番にやらなきゃいけない印刷の紙の補充をしに2階へ行って、さて、買い物したものを冷蔵庫にと玄関先から運ぼうとしたら・・・

なんだかマリンがまた玄関に下りてうろうろしてるので「マリちゃんおトイレそこじゃないでしょ〜!」と上がるように促してもなぜか頑として動かない。
それどころか顔も上げないし・・・

薄暗いので良く見えないからまず電気を付けた。


ゲゲゲゲゲ〜!


あなた・・・貴女なにやってるんですかぁ〜!!

マリンはまるでカブトムシのようにメロンにかぶりついている。
一応犬でしたよね???

せっかく安く買ったのに・・・やられた部分を切り取って人が食べるには無残なメロン(/_;)イイヨイイヨ、あんたたちのおやつにすればさ・・・(/_;)


メロン


取上げたメロンを帰せ帰せと飛びついてくるマリン。

あぁ・・・やっぱり妖怪だ(/_;)

ついでに先日漬けた梅干。いい感じになってきた気がするんですが・・・(笑)

梅干
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.07.04 Wednesday

ゲロゲロミール(/_;)

昨日の昼、いつものご飯をミールがいらないって言い出した。
老化現象なのかココ最近はがっついていて他の子の分まで欲しくて欲しくて食べ過ぎ気味だったのに、一体どうした?

いらないっていうんじゃ仕方がないととりあえずファクターを飲ませるとしばらくしてやっぱり食べるというのでご飯の入れ物を差し出すとにおいをかいで、まるでつわりの子みたいな変な顔をする。

じゃあやめる?と引っ込めればいえ食べますというので一粒筒ふやけたフードを拾ってあげたら10粒ほど食べた。

良い顔色じゃないっていうか変な顔つきって感じで僕はちょっと具合が悪いんですよって様子である。
夕方・・・病院に行くべきか行かないべきか悩む。
ウンチが少しゆるいかなと言った感じなのでそのせいかなと様子を見ることにした。

夕ご飯の支度をしてくるとイソイソと付いて歩くので少しは食べたくなったかなと期待したがやっぱり臭いをかいだらむかついてきたらしく一度吐く様なしぐさをする。

もうジ〜ジ(ジジイと書くのは可愛くないのでうちではジ〜ジと呼ぶ。女の子はバ〜バ)だから吐くのはヤバイ。

犬も子供も同じで吐くとすぐに脱水症状を起こす。特に年寄りの犬はやばいのよね。皮下点の用意〜と思ったら昨日もうひと月になるからとジェニーに使っていた点滴の開いていないものも捨てちゃったばかりだ。(/_;)運が悪いよねぇ〜。。。この一回で終りますようにと祈ったけど、結局夜中になっとぇから一度はいてしまったら止まらなくなって10回以上吐き続けた。

黄色い胃液ならまだしも出てくるのは泡・・・口から取れないで苦しむのでティッシュを持って追いかけて取ってあげるがかなり迷惑そうだ。

こりゃぁ明日までもつかなと最悪のことばかり考える。
めったに要求なんかしないミールが庭に出たいというので余計にドキドキしてしまう。

ふらふらと庭先を歩く姿をみていたら5月に預かったマックスに見えてしまう。あの時は本当に酷かった・・・。
犬が辛そうにしているとき獣医になればよかったなと痛感する。
ただの飼い主には何もしてあげられることがない気がして自分の無力さをひしひしと感じさせられる。
獣医だったら様子を見て状況によっては注射もしてあげられるし使える薬だって色々選択できるのになぁなんって考えてしまう。

そんなことをぼんやり考えるうちにミールはお部屋に入るから抱いてと言ってきたので部屋にいれ、今日は下で寝るからと裕貴に二階の子達を頼んでミールの傍に横になった。
しばらくするとミールは起き上がり部屋においてある寝箱に入り込んで眠り込んだ。

こういう日は寝ようと思っても眠れるものじゃない。結局まさか死んじゃったりしないよねと寝ているミールを覗き込みに行き、悶々とした時間が過ぎて行くと空が白み始めてしまった。徹夜ジャン(/_;)

朝一でクラブの集まりがどうとかこうとか言う連絡が着て今獣医に行こうとしていたときだったので非常に機嫌が悪くなった。受け答えがぞんざいになる。
後から相手には申し訳なかったなとは思うけど・・・。

速攻で獣医に走ったけど9時を回ってしまったので待たされる。
ミールは朝から一度も吐いていないけど具合の悪そうな顔は変わりない。
1時間ほど待ってようやく診て貰う。

昨日からのことを説明し、今までの軍手飲んじゃった事件以外に病気らしい病気は下痢くらいなものであんまり病院に来たことのない13歳。
我家に着てからすぐに甲状腺のホルモン剤をずっと飲み続けている以外に元気ないい子なんですよと話した。

背骨が曲がってきたのは数年前からでこれは受診してレントゲンを取って確認済みだとか、軍手を飲んだ時は内視鏡で出してもらったとかその内視鏡は病院に新しく入ったばかりだったとか・・・何せお犬様が年寄りで見てくれる先生が若い鈴木先生なので説明の方が長くなった(苦笑)

レントゲンを撮り血液検査をしてもらった結果異常なし・・・

オイオイダッシュと同じジャン。

すい臓も考えられるけど・・・胃の中に変な影が見えるのでもしかしたら異物を飲んじゃった可能性が・・・

う〜ん・・・造影剤入れてみますか?と聞かれたけどミールはあの軍手事件以来変なものは噛んだりしゃぶったりしないのでありえないしなぁと考える。
二階にいるのならまだしももう一ヶ月下の部屋だし。。。

考え込んでしまった私に、「もし家に帰ってまだ吐き気が続いたり、ご飯もぜんぜん食べないのなら明日一日掛けて調べると良いと思います。」とのことなのでとりあえず吐き気止めだけを貰って帰ることに・・・

家に付くとなぜかキラキラした目で私に早く下ろしてと抱っこして来た。
へ???元気になった?なんで?

結局家で昼になってしまった朝ご飯を待つ子と一緒に少なめにしたご飯をこれじゃ足りませんとパクつくミール。
マリンの残した分まで勝手に食べちゃった。。。

で・・・今夕方ですが・・・爆睡しております。腹出して仰向けで白目むいて・・・。吐きません、下痢しません。

単に気持ち悪かっただけなんだろうか?わからん・・・やっぱりマリンと同じで既に妖怪の域に達し始めたんだろうか・・・。う〜ん・・・。。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/3 >>