2008.12.20 Saturday

ドッグジャパンフェスティバル2008

久しぶりにドッグショーの会場に足を運びました。「単犬種合同特別本部展」って言う奴です。何で見に行ったかといえば今年ドッグセミナーに参加してくれた方のワンちゃんが私の友人が引いて出場するとお知らせをいただいたからでした。

自分が産ませた犬もみんなかわいいと思うけれど、それ以上にショーから始まった部分なのでしょうが「良い犬」を見ると小躍りしたくなるほどうれしくなる性分です。なかなか自分が好きなタイプでこれぞと思う犬には巡り合うことは少なく、15年も犬に関わっているけれど、数頭しかいません。

今回のショーは聞けば全米ナンバーワンになったサムも出陳されるというし、ラブちゃんも出てきます。トライで大好きなレックスも出るというし、また何より海外からのハンドラーが二人来られるというショーにあの子が出るのならそりゃぁなんとかしていかなくっちゃ!と…。

なかなか見ごたえのあるSHOWでした。審査員の見方と自分の見方がシンクロしたようにこの犬が来るよってほとんど予想が当たりましたし、こういう日のショーは楽しいものです。勝ち上がる犬が自分の予想と合わないときほど審査員が何を重要と考えているのかを見極めるまで楽しく感じないものですが、同じならそりゃまぁ楽しいもので(笑)

オスのBOBがサムであったことは彼が生後4カ月で出陳されたあの日以来のファンである自分としてはもしかしたら最後の花道かもしれない高齢での出陳なのでやったね!!という爽快な気分でした。

そして女の子たちの審査が始まり、応援しにきた彼女が出場してきました。好きなタイプの犬が並ぶ中、友人の繁殖犬と応援している彼女とどちらが選ばれてもと思う反面、走り出した彼女の生き生きとした表情で今日はいけるって確信しました。

予想通りのBOB!こんなにうれしかったのはマリンが初めてインターで勝った時以来です。自分の子でもないのに、不思議な感覚でした。鳥肌が立つ中雄との対戦です。相手はサム。負けて当たり前のクオリティーの高いスペシャルな犬になんと彼女は全く臆せず楽しそうに走り勝ちました。なんって子なんだろうと全身総毛だって、眼の端に見えていた彼女を産ませた人に駆け寄って思わず抱き合って喜びました。

「すごい!!」「やった!!」そんな言葉を連発していたようです。(興奮していてあんまり記憶にはない)

ハンドラーの手を離れてオーナーとともにやってきた1頭のシェルティーはいつの間にかごく普通のママが大好きなかわいい子に戻っています。
「偉かったね、頑張ったね。」称賛の言葉が舞い飛ぶ中、犬は飼い主のそばにいて至極満足そうな顔をしていました。ママと離れていてさみしかったのでしょう。随分と長いおしゃべりをママに向かって発していました。

大きな結果をもたらした今後、あの二人がどんな道を歩むのかはわかりません。愛犬とともにあくまでもオーナーハンドラーで楽しいショーライフを楽しんでいくのか、プロのハンドラーの手によってオーナーハンドラーでは為し得ない結果を求めるようになるのか、たどる道は二つに一つです。どちらを選んでも選んだなりの満足のいく結果がついてくるでしょう。

今日は本当にいいものを見せてもらいました。誘っていただいたことを感謝します。そしてこれからの活躍を期待し今後も応援しています。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2008.03.31 Monday

ドッグショー観戦

久しぶりの大きなショーを見に行ってきた。
最近はどうしても行かなくてはならないショー以外にトンとご無沙汰である。

ショーリンクの前でMAGICファミリーの人に犬の見方なぞ簡単に解説していてふと周りを眺めて見れば、知らない人ばかり・・・。

知り合いにこの人はだれだれさんと紹介されたけれど、たぶん覚えられていないんだろうなぁ・・・。
でも懐かしい顔ぶれもいて、今日の審査ならこの犬だよねぇ〜と、あたりはずれを楽しむ余裕もできた。

フィールド系、トライアル系といわれる動くほうのスポーツドッグがメインになった私の頭の中は、どうしてもその犬が生まれ持った構成と大昔から受け継がれ続けているはずのハーディングとしての能力を感じさせてくれる犬に魅力を感じてしまうようになった。

ゴージャスで毛量豊かな美しいシェルティーはもちろん好みのうちに入るが、一日中走り回ってもへこたれないように感じさせるはつらつさと、なにごとにも動じない様に見せるきりっとした精神がにじみ出るような顔つきのシェルティーをショードッグの中で探すのはなかなか難しい。

それでも今回は勝ち上がった犬たちの中にドッグスポーツをやらせてもきっといい成績を残すだろうなという犬が見つかって嬉しかった。

ドッグショーを観戦しているというのに、頭の中は今年中に我が子たちを競技会に出られるように、理想とする成績が残せるように作れるだろうかという想像ばかりだった。

先週DISCの大会でアトムのパパに出会い「今年はなにやらやらかすんですか?」と聞かれ、書いていましたよ〜といわれて多少なりともぞっとしている(苦笑)
それは無言実行ではなく有言実行をポリシーにしている自分へのプレッシャーに他ならない。

・・・無言にしておきゃよかった。

でも何を書いたのかも覚えていないのでとりあえず今思い描いていることに着手するしかないか?

若手の育成には時間がかかるが昨年ジェニーのことでへこんでしまった気持ちを起こし、今年ミールが頑張ってくれたことに答えるためにも時間を調整して犬たちに学ばせる時間を作ろうと思う。

シェルティーが多くの人に良い犬種であると知ってもらうために、そしてどんな人も犬と多くのことを共鳴して楽しめるということを伝えられるように・・・。
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.05.26 Saturday

2007シェルティー部会展in左近川親水公園

今日は、目の回りそうな忙しい時間がようやく終る(笑)シェルティー部会展である。お気楽に幹事長なるものを引き受けて『まずかったか・・・』と気がつくも後の祭りだ。

でもクラブの役員や、今回のショーの実行委員、部会の方々に助けられて天気も上々、素晴らしいドッグショーとなった。

総数184頭の申し込み、ありがとうございました。

海外から審査員を向かえ、可愛らしいベビーのショーからスタートし、期待の大きなパピー世代のショー、そしてレギュラークラスと進行して行く。

遠くからの出陳者もたくさんきていただき、応援の方々も熱が入るショーだった。

ベストインショーは毛量の豊かなトライの雄。ビッチは構成の綺麗なセーブルのメスとなった。オーナー様、ハンドラーさん、応援の皆様おめでとうございました(*^^)v

さて・・・ベストのオスのハンドラーが友人だったので時間の合間に写真を撮らせて貰った。それから、私が好きなタイプの顔の友人の繁殖犬のブルーの雄とセーブルの雌もいい感じの写真が取れたのでお披露目です(^_-)-☆


レック1

シンクレア君

Pちゃん
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

2007.02.17 Saturday

ウエストミンタードッグショー

ウエストミンターのドッグショーの模様が公開されている。
最近はインターネットのおかげでこうしたものが見れるようになったのは嬉しいものである。

友人がアドレスを教えてくれたので見に行ってみた。

うひゃぁ〜写真じゃなくて動画ジャン!これって実はすごくいい勉強になるんだ。

私の場合初めて見る動画のときは固定観念を入れたくはないのでどの犬が勝ったのかの結果を見ないうちに鑑賞するようにしている。
自分の好みもあるがそのときの審査員と同じような評価をするのかを知りたいがタメである。

皆さんも是非ショーのビデオを見るときに一番の個はどの仔になるかなとよそを立てて鑑賞してみると面白いはずだ。
スタンダードに並べ立てられている様々な点を考えながら勝つのはあの犬だなと予想してみた後の審査員が下した結果とを照らし合わせていくのはきっと犬の見方の勉強になるはずである。

それとその審査員が犬を選ぶ視点を探ると言う事でもきっと得るものは大きい。

ウエストミンタードッグショー・シェルティーの動画はこちらから。。。

SHETLAND SEEPDOGを選ぶとご覧になれます。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪
1/1