<< ミクシー | main | どこかが痛い・・・? >>

2007.04.23 Monday

マックス

13歳になるマリンの心の恋人のマックスが倒れた。
近所の病院へ行ったが埒が明かないので急遽「杉並犬猫病院」に転院させる。

もう13歳になるマックスはDISCDOGの草分け的な存在で「NPA」は彼から始まったのだから・・・

人間がボーダーコリーの皮でもかぶっているんじゃないかって思う位マックスは頭の良い犬だ。彼の逸話は書いても書ききれないだろう程ある。
私にとってマックスは最高の親友である「朱音」と出逢わせてくれた大事な犬で自分の犬でなくてもおろおろするくらい心配になってしまう特殊な犬なのだ。

今まで病気一つした事のないあの子が倒れたなんって信じられなかったし、とにかく信頼できる病院で今の状態を立て直してもらったほうが良いと病院も一緒に行ってきた。

覇気の無い疲れきった彼の顔をのぞくとき泣きそうになるけど犬は人が泣く意味を知るというから我慢である。

先生方の懸命な治療と検査によって大方の概要が見え始め点滴が入ったこともあって少し持ち直した感がある。急報を聞き心配して駆けつけてきた心優しいリエちゃんと3人でああでもないこうでもないと立ち話をする間、マックスはしばらく入院して原因を究明することになった。

朱音とマックスに私が出来ることは何でもしてあげたいと願いながら家路に着いた。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form