<< 激似兄妹 | main | 純血種。。。 >>

2009.01.27 Tuesday

仔犬の個体認識

生後22日から離乳食を始めたモモちゃん。もちろん指先につけたチョビワンフレークとミルクの混ぜたものをペロペロなめて食べるところから始めるんだけど。。。

用事が立て込んだとき、息子にこの役目を変わってもらおうとお願いすると、なぜかベェ〜って出してしまう。

???あれ???

まだ今日で生後24日でしょ?一緒に寝てた時もあるし、体温だってわかっているはずなんだけどな。頻繁じゃないけど、触っていないわけじゃない相手なのに。もしかして哺乳していたのは私なので、同じ人間でも、もう違いが分かるってか?う〜ん・・・違いの判る犬か(笑)

幼い生き物は自分の命を守るために何が自分にとって必要なのかを自然と知る術があるのだろうなと思う。確かに20日から30日くらいの間に劇的な認識がつくという感はあったけど、ここまではっきりしてるのは初めてだ(苦笑)

たいていの仔犬は母親のおっぱいがあまり出なくなって離乳食に入るので、食べ物に負けて食べてしまうからこういう現象はあまり見られない。モモちゃんはおっぱいが出なくなっている分哺乳され、空腹を満たしてくれる相手の体温を感じて育ってきた。

きっとそのせいだな。。。これじゃ入れ物から自力で食べっられるようにならないと帰せないじゃん。今週末あたりにって思ったけどはたして間に合うかな?

明日から入れ物であげてみようっと。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form