<< あけましておめでとうございます。 | main | タンクお婿に行く! >>

2009.01.03 Saturday

新年早々アクシデントなお産

昨年10月末、5年前に授かった杏ちゃんとベンとの間のアリスの飼い主さんからどうしても次の世代を残したいという2度目のお話があった。

1回目、だれかいい相手はいないでしょうかとのことだったが、あいにく交配の手配等はしない主義だ。それに安易に次の世代が欲しいといっても他に生まれた子をどうするのかなど考えてほしいことが山ほどある。ましてアリスが赤ちゃんを産ませてもよい犬かどうかなども含めて。

見せてもらったうえで考えましょうと話し、アリスを見てこの子ならいい子が生まれるだろうと感じたのでうちで産ませるのなら相談に乗りますと話を受けた。1度目は不受胎。がっかりした飼い主さんたち。。。申し訳ないなぁと思うけれど、どうやら交配日に問題があったようにも思い次回を楽しみにということにした。

念願のヒートが来てようやく自然交配にもこぎつけたがなかなか受胎確認には至らなかった。通常30日もたてば織物等で受胎しているかどうかわかるができていないみたいということだったのでしばらくした後エコーで確認してもらいようやく赤ちゃん誕生がはっきりとした。

年末ということもあって預かるのが遅くなった。アリスはうちにたびたび来たことがあるわけではないうえに妊娠してナイーブになっていたのでハンガーストライキも起こす。あれやこれやと手なずけてようやくこれならレントゲンを取りにっても大丈夫だろうと病院へ出向く。

犬は信頼していない人が連れ歩くと余計に神経質になってしまうので妊娠していることもあるので慎重には慎重を重ねた。車に弱いと聞いていたが話しかけながらフリーで載せていったら1度も吐いたりすることなくドライブを楽しんでくれる明るい子だ。

病院では確実に見えた子が2頭。他の角度からの映りで自分的には4頭はいそうだなと思った。先生も微妙ですねぇとのこと。
すでに予定日まであと数日。この映り方だったらすごく小さい気がすると言ったが先生は問題なく出る大きさなので大丈夫ですよと言ってくれた。

何せ今までが今までで、でないかもという大きさのレントゲンの映りが多い我が家だからこそ。
でも自分は映った大きさからこの大きさだったら助からないかもという一抹の不安があった。先生に万が一今日出てきたら助からないですよねと確認しなんとか栄養をつけて子供を育てておかないとと確認しあって帰宅した。
早ければ30日には生まれてもおかしくはない。

大掃除も適当に済ませてアリスに一番いい環境を整えてご飯もいつもの倍以上食べさせ年末の買い出しもみんな近くの店で済ませた。

30日変化なし。31日変化なし。1日変化なし。2日の朝…体温が下がって体が震えること数回。

いつもなら2日は私の実家に集まる日だ。でもいつ本格的な陣痛が来るかわからないので急きょ取りやめにした。
昨年も2日に出産があって弐年連続で実家に顔を出せなくなってしまった。今年はある話題があったので何としても弟と会いたかったのにアリスのためなのであきらめる。

2日夜中軽い陣痛がつく。強くはならないのでうとうとしながら枕元のアリスの体を撫ぜる。何度となく聴診器で心音を確認したが3頭しか見つからない。4頭見えた気がしたんだけどなぁ…1頭は中でだめだったのかなぁ…いろんな不安がよぎる夜中。

そういえば4頭のおなかじゃない。うちの子たちだったら4頭もいたらもっとパンパンだ。2頭いるのかしらって言う感じのおなか。中で育っていないのかもしれない…100グラムくらいの子ばっかりだったら?夜中は不安が大きくなってしまう。

朝…明るくなってくると同時に陣痛がつき始めた。1頭目は死産だった。セーブルの女の子。60グラムしかない。あんなに強く気張って大変そうなのに60グラム…。

嫌な予感がする。

次に生まれてきたのもセーブルの女の子。100グラム。
3番目は89グラムのセーブルの女の子。

予想道理小さい。育つんだろうかって思うほど体に肉がないのだ。
保温箱に入れてとにかく温めてみる。動きがよくなればなんとじゃなるかもしれない。

そう思ううちに次の子がなかなか出てこない。もしかしたら今度は普通の大きさがあるので余計に大変なのかもと準備していたが結局死産だった。70グラムのセーブルの男の子。

4頭すべて出た。生き残ったのは2頭。この大きさじゃ粉ミルクは無理だからリキッド買ってこないとと裕貴と交代して大急ぎで出かける。購入して戻ってきたあと哺乳するが受け付けない。
どうしようかと悩んでいるとまたアリスがいきみだした。

???なんで?・・・あぁそうか4番目の子の胎盤が出るのか・・・?・??
ちゃんと全部取ったじゃん、なんで?

するっと出てきたのはまた子犬だった。小さい…。血色は良くない。
心音もなく死産だった。セーブルの女の子。60グラムだった。

小さな命が3つも消えてしまった。泣かないようにと思うけどやっぱり涙が出る。せっかくできたのにどうしてもっと大きく育たなかったんだろう?
ママはしっかりとした体で栄養不足とは思えない。それにうちに来てから十分すぎるくらい食べさせた。

子宮から栄養をもらえなかったんだろうか?みんながみんな小さいのだから・・・。生まれる日が足りないのなら小さいこともある。でも日にちだって十分過ぎていたのにな。

生き残った2頭の子がなんとか育ってくれるように頑張るしかない。普通のうちで生まれていたら助からないかもしれない小さな小さな仔犬たちだ。
モリーだってジェニーだって育ったんだから。きっと頑張れるよね。

これからしばらく子育て奮闘記が始まる。しっかりしろ自分!

s_2.jpg
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form