<< 第2回AIRMAGIC練習会 | main | 女は強し! >>

2008.12.14 Sunday

初めてのお外@ピーター

ピーターの初めてのお外はいきなりのアキガセ公園デビュー。
家の中じゃぶっ飛びだけどたぶん地蔵犬になるだろうなの予想通りにがちがち岩石みたいになっちゃった。

緊張感バリバリに鼻水たれて盛んにあくびをする。まぁね・・・こんなもんでしょ。生まれたときから君を見ている私としては予想通りの結果だから別に変ともやばいとも思わないけど(笑)

リードをつけて地面に降ろしてみれば庭じゃ真っ暗でも出て行けるって言うのに「僕はここは怖いので動けません」ってか。うちのパパはこういう子は苦手だ。歩かない子に手をかける暇はないのか、めんどくさいのかあづけておくと面白くなさそうなので結局抱く羽目に・・・。

・・・あなた結構重いんですよね。そういえば4・5キロだったっけ。パフィーっ子のタンクみたいにちびっちゃいなら良いんだけどさ、倍はあるもんなぁ・・・。

ケージに入れておいたら泣き叫ぶので(無理もないか)サンダーと一緒に入れたらおとなしく待っていられるのでよしとする。遊びに行くだけのときにするべきだったなぁとおもいつつも着ちゃったんだからそれなりに対応するしかない。

そのうち、ご飯食べたり、おやつで誘われてふらふら歩いたり、鼻水も止まり王子にお愛想くらいはできるようになった。つけているリードいっぱいの距離を何とか私の元まで歩いてくるし、どきどき感も多少は消えているのはなかなかたいしたもんだ。
ちびっ子の癖に一日中鳴り続ける太鼓だかなんかの音にも変な反応はしないし、ものが怖いとか言う気配もない。初めての場所に戸惑って私のそばにいたいだけのようにも見える。

あんまりいろいろ子犬に対してやっているので「この子は残す子なんですか?」と聞かれ「そういうわけじゃないけどまだ決まっていないからねぇ〜」と笑う。
飼い主が決まらないからって何もしないまま大きくなったらどうする?それじゃ子犬がかわいそう。どの子も同じように育て時期が時期なら外にだって出さなきゃならないし、うちに残す子のほうがよっぽど手を抜くんですよと笑ってしまう。

うちに残すのなら外に連れ出すとか人にならすとかはいつ修正したっていいんだもの、お気楽なものだ。1歳半くらいまでやたらなことはしない。

でも・・・しつけという部分だけはうちの子であろうが飼い主さんにもとに送る子であろうが同じようにやることばかりだろう。友達はDISCができるようにしてから渡せば良いジャンって言うけど、あれもこれも教えて、ママが大好きっていう子になった後、人に渡せるかといったらどうなんだろうね?

自分的には彼らが家の中の人間を他人と区別するようになって、ママが自分の神様だよって表現されてしまったら渡せなくなっちゃうよなぁっておもう。リーダーとして認識するのはごく幼い時期にできるけど、犬が決める自分の神様にはなれる時となれない時があるから微妙なんだ。

ミールがいなくなった今、誰よりもママだけと言う子がいるようないないような日々が続いている。マリンがぼけて私が分からなくなっちゃっているし、キャンディーがいなくなって、ダッシュはパパの犬になり、サムは誰でも良くて、エリーは直哉の犬で、レインは裕貴の犬で・・・サンダーもどうかなぁっていう感じだし・・・。

リーダーになるのは簡単なんだけど神様になるのは結構難しい。相性もあるし犬が決めることだしね。今度はいつ私の犬と出会えるかなぁ。。。ピーター???どうでしょうね?(笑)子犬はいつでもママが好きだから・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form