<< 紅茶は熱い! | main | 第4回ドッグセミナーの写真。 >>

2008.11.24 Monday

ショックだったこと…。

土曜日に、たけしの日本の教育白書2008という番組をとても楽しみにしていた。

食事時間帯なのでどうしたって全部は見れないからとビデオに録画しておいたはずなのに…チャネルが違っていてゆっくり見ようと思って巻き戻したら入っていないし…。すごくショック。

我が家はこういう番組を見ながら大いに盛り上がる。もともと子供たちを育てている途中で、うちはほかのうちと違うとよく言われてきた。私たちが当たり前でしょうと思うことが世の中ではどんどん変わっていて、良くも悪くもアメリカの10年前を歩いているんだからと言っていたことがどんどん実現してしまっている昨今。

日本は日本らしく大切にしなくちゃならないものがあってそれはそれなりに表現したほうがいいと思うのに、なかなか反発も多いんだなぁって世代の相違というのか、解釈の違いって言うのか考えさせられる番組だって思っている。

途中はじっくり腰を据えてみることができなかったけど、最後のほうで体罰うんぬんで決まりを作らないと守れないっていうのはどうなのかっていう意見が出ていたけど、モラルハザードの今の時代にあえてどうするという時にだれもが分かる決まりを作ることってすごく難しいんだなって思った。

モラルって多くの人がそうだよねって納得できるものなのに、いつの間にかいったもん勝ちの社会になってしまって被害者が異常に強い立場に立てる状況は多くなっていると思う。
日本人はもともと謙虚な民族で「耐えがたきを耐え、忍びがたきをしのび…」なぁんって言うのが似合っていたけど、今じゃそんなことせせら笑われてしまうに違いない。

クレーマーといわれる人々がいたり(当人たちはそう思っていないところが味噌)大したことじゃないのにすぐに裁判沙汰にしちゃうし、義理とか人情とか友情とか親しいのか親しくないのか、もう何でもかんでも利害関係びっちりだったり、こんな世の中悲しいねっていつも思ってる。

世間体とかご近所の目がとかいう感覚はさらさらなくなったんだろうなぁ…。でも、そういう人達ばかりの世の中になったらどんな世知辛い世の中になるんだろうか?

今日も、社会保険庁が解体されて病院が無くなっていく〜的な番組を見たけど、選挙のためには子供でも分かりそうな問題もわからなくなっちゃうおバカな大人のやってる政治じゃよくなるはずもない。コマーシャルなんかやってる場合かって毎度怒ってるんだけどね(苦笑)

自分さえよければいいっていう考え方なんとかならないもんかしらね。それにしても番組見たかったなぁ…。

そういえば日曜日にやっていたカンボジアの小学校を作ろうっていう企画のオークション。あれってすごいなって思った。題材があれば多くの人が協力を惜しまず、大金を湯水のように使い寄付ではなく欲しいものを手に入れられて、なおかつ人の役に立てられる。
うまくやったら日本の経済立て直せるんじゃないのかな?知名度が高いってすごいことなんだねぇ…。って、私も欲しいのがあったけどあんな金額になっちゃったら手も足もでないわ。でも心のこもった絵って素晴らしかったなぁ。私もまた時間ができたらゆっくり絵を書こう・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form