<< 開催予定 | main | 自力で庭へ… >>

2008.11.19 Wednesday

会話の場面が撮れた!

ピーターとキナコを赤ちゃん部屋に入れてやるとなかなか面白い。キナコはまだまだちびっ子らしく一緒に遊びに溶け込むが、ピーターは体の大きさも違うし大人の犬に交じって暮らしているので、赤ちゃん相手は勝手が違うようである。

ちょうど何歳か年の離れた弟が赤ちゃん言葉で何かを言ってくるけど、何だかよくわからないので緊張してみているって感じだ。でも一応僕がお兄ちゃんだぞってけん制も忘れてはいない。尻尾は高く上にあがって、あんたそれじゃシェルティーに見えないよっていう位(笑)

20081117_peter_1.jpg

しっぽが巻き上がってる(笑)


仔犬も2カ月過ぎればおおよそ皆いっしょくたにできるけど、1か月のこと2カ月の子の差はとても大きい。大きな子が楽しく相手をして遊んであげちゃうと怪我だってしないとも限らない。

オオカミの群れなんかだと生まれてくるのはアルファ同士の間だけでなので月数の違う子が一緒に育つことは少ないらしい。でもライオンのプライドは我が家と同じ状況がある。

数頭の母親が存在し子供の生まれた時期が皆微妙に違う。このときある程度の大きさになると群れに子供とともに合流し一緒に暮らし始めるんだけど、うちと同じパターンだ。

子供同士にことは母親が目を離さないように見ていて、大きな子たちが小さい子に乱暴な状態になれば即座に止めに入り、叱責して辞めさせてしまう。人間のように「やめなさい、やめなさい」何って言葉ばっかりかけながら体を押し戻したりなんってしないんだよね。

子供たちにとって母親は優しくて暖かくて大きな存在だけど、別の意味では人生の教訓者で怖い存在にもなる。

ピーターの母親は産んでくれたファンタママはいるけれど、MAGIC家のルールを教えてくれる大ママは私になったようだ。ちびっ子ハウスにいても私がいたら悪さはしなくなった。聞き分けの良い利口な子だなって思う。
一人っ子でキナコとも一緒に出来ず、体も大きくやんちゃだったので50日くらいからいろいろ教えだした。

もう言葉でも合図でもお座りもできるし、名前を呼べばどこにいてもすっ飛んでくるようになった。今日でちょうど2カ月。次はお手でも教えるかな(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form