<< マジックソープ | main | アルビノとかマール遺伝子とか。 >>

2008.11.12 Wednesday

オバマファミリーの犬

アメリカの新しい大統領がオバマ氏にきまって、あれやこれやテレビでいろいろやってるなぁとついつい見てしまう。

その中でお笑い芸人のノッチさんが、オバマ氏から公認されるか?っていう番組をやっていたんだけど、普通泣くような番組じゃないんだろうけど、妙に泣けてしまった。


世界を変えるかもしれない新しい指導者の出現にちょっとは期待しつつ、実際に気さくな人柄なんだろうかといぶかしく思う部分もある。遠く日本から来た見ず知らずの客人に、声をかけ握手をしたオバマ氏のにこやかな笑顔になぜかあったこともないくせに、この人本物だって思った。

コンタクトをとるために頑張っていたノッチさんのことも多少はあるけど、自分の国の首相にも期待はしている。庶民の感覚があり、弱い者の立場を公平に考えられる素晴らしい人材であられるように影ながら祈るのみしかできないけれど・・。


そんな折、娘さんとの約束に犬を飼おうと言うじゃないの。ふ〜ん…どこから手に入れるんだろう?歴代の大統領のようにきっと純血種で、名のあるブリーダーから買うんだろうなぁって思っていた。それも今はやりのプードルあたりか・・。

アメリカは日本とは違ってレスキューの状況が整っているし、暗い部分もあるけれど、助け出される犬たちが格段に多い。まさかね…そこからもらってくる何ってことはないよね、きっと。

彼らはどんなに犬が好きでもbreederになることはないはずだ。だったら全国民に対してのメッセージも含めて、子供さんの意見もあるだろうけど、大きな問題の一つである犬のレスキューについて波紋を投げかけられるようにしてもらいたいものだなと考えていた。

・・・!?・・・

保護施設団体からもらうことを希望している!?

それが本当ならやっぱり本物だ!って思うのね。

歴代大統領が飼う犬種は一気にブームになってきた。日本とはちょっと違うのだ。まぁ日本でも一時期ヨーキーがはやったけど、大したことはなかった。メディアがたいして広めないから。映画とかコマーシャルとかドラマとかのほうがずっと影響があるのが日本だ。

でもアメリカは違うよね。全世界に向けて保護施設に行く犬はなぜそこにいるのか?考える大きな要因ができる。

たかが犬のことでも、アメリカ大統領が係わると大きなニュースになるだろう。保護施設自体が一気に注目されるようになる。それが犬たちの幸せに一歩近付くことに変化があればと期待が膨らむ。

素晴らしいパートナーとの出会いがありますように。すべての犬を愛する人たちと同じように…。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

シェルターから引き取る事を考えている理由のひとつに「シェルターには雑種が多い。 自分も雑種だから・・・」という発言が・・・ 日本のハーフの芸能人も昔同じことを言っていましたが、じ〜んときました。
なんだかこれだけで応援したくなっちゃいますね(笑)

Comment form