<< 生まれた! | main | 寄る年波に勝てず… >>

2008.10.23 Thursday

不要ペット回収車

不要ペット回収車???どこの自治体がそんなの使ってるの?

今朝、今ちょっと前、テレビ朝日で放送していた。

9年一緒に暮らした噛んだりしたこともない犬を、モモって名前を付けて飼っていた犬を「手に負えなくなっちゃって」っていう意味がわからない理由でその車に乗せる飼い主。「子供がえさ箱を取ったって何も言わないで黙ってみているような犬なんだよ」そんな子なのになぜ処分されなくちゃならないの?

「野良猫が子猫を産んじゃったから」???野良の子猫何って捕まるもんじゃない。親猫に餌とかやってたからじゃないの?
「水虫になっちゃってね、治療費が大変なのよ。ぜんぜん治らないから処分してもらおうと思って」はぁ???あなたの家族が病気になったらお金がかかるからって処分するんですか?そういうのって家族なんかじゃないでしょう?

「この先にこの子がどうなるか知っていますか?」の問いに「知らな〜い」っていう答え。

どうして???回収するならあなたがここでこの車に乗せるとほとんどはこうして殺すんですよともっと声を大にして伝えればいいのに。あなたが殺すんですよとはっきり伝えればいい。ごみと違って殺すんだよと…。

まるでゴミでも捨てるかのように決まったポイントに止まる回収車にいらない動物たちを入れていく人たち。

愛護センターの人の言葉が身にしみる。
「動けなくなったら今まで飼っていたんだから最後まで看取ってあげればいいじゃないですか。」
「ねぇ・・・自分が老いたときに捨てられたらどんな気持になる?」
「飼い主さんが最後まで家族の一員として飼ってくれればこんなことをしなくてもいいんだよ」

必死に飼っていたひとに思い直してもらおうと意見しても、持ち込む人たちはへらへらと笑い声さえ立てている。

やっぱりね、犬は売る側の問題よりも、買う側を規制するべきなんだ。
処分される場所にいる犬の多くが首輪をしているという現実。今の愛護法じゃ処分される犬が減るはずがない。多少救い出される犬がいたとしてもそこだけクローズアップされてみんな助かってるように錯覚させるだけで、実際の現実をもっと見せるべきだ。

年間39万頭だよ。処分されるペットたちの数。1日約1000頭だってさ。この数の意味わかってる人ってどのくらいいるんだろう?

私がサイトを開いていろんなことを書いているのは犬たちを幸せに最後まで面倒を見てもらいたいから。闘病日記を公開するのは病気になった犬との暮らしはこんなに大変だよと知ってほしいから。でも…その子の名前が呼べる幸せは生きていてこそなんだよ。あの子たちは本当に純真無垢に一緒に暮らす人を愛して信じている。その期待にこたえられないのなら犬や猫とかと暮す必要はないはずでしょう。

私はこれからの子犬にマイクロチップを入れて渡すことにした。登録者を私にしておけばなにかあっても必ず戻ってこれる。処分されるために生まれてきたんじゃないのだからできることをするしかない。飼い主を確定させるために今はこれしかないのだろうと思う。
そして、勝手に繁殖に使われないように相手をよく選ばなきゃならない。私の犬への思いを判る人だけにいつくしんで育てた子犬を託したい。

でも実際はそこまでしたって飼い主に持ち込まれちゃったらどうにもできないのも現実。逃げたり迷子になったりしたのならマイクロチップが入ってるか探してくれるだろうけど、飼い主が持ち込んだ場合はだめなんだ。

自分が飼う犬へどんなことでも自分に責任があるという現実をちゃんとわきまえられる飼い主を選ぶ、それが私が子犬たちにしてあげられるただ一つのことなのだと思う。でもこういうのを見ると途端に不安になる。大丈夫なんだろうか?最後まで大切にしてくれるんだろうか???

不要ペット回収車なんってシステム、いったいどこでやっているのか?昔不要ペット回収ボックスなるものができ、えらい反対が起きたことがあるというのに、日本は分からない国だ。無料で回収なんかするからもういらないやとゴミのように命ある生き物を捨てることができるんだと思う。

よくもまぁ平気でメディアの放送に出てこられたものだ。心底心から何も悪いことはしていないって思ってるんだろう。仕方がないでしょで済むことだと思ってるんだ。あぁ気分が悪い…。

ちなみに今朝はチワワが八王子で次々に捨てられているというニュースもやっていた。ブリーダーが捨てたんだろうと言っていたけど。
こういう輩が存在するからブリーダーって言葉でひとくくりにされるのがいやなのよね。
こういう人と一緒に見られていると思いうとぞっとする!

朝っぱらからなんで泣かなきゃならんのよ。悔しくて悲しくて、処分室に入ったモモちゃんの目が「どうして?」と言っているようで辛すぎる。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

皆様メッセージをありがとうございました。
インターネットという多くの人が意見を述べられるよい時代になっていますから、こういうことに声を大にしておかしいんじゃないのと伝えていきたいと思っています。

実際、あの銀色のトラックにでかでかとこの車で回収するとこうなるよと書いておいてほしいと思いました。

回収しなければ捨てるのだからという対策なのかは定かではありませんが、現実にあんなに安易に犬や猫をゴミのように捨てられる人がたくさんいる以上、飼う側を規制するのは必要ではないかと思います。

あの人たち、また新しく犬や猫を飼ったりするんじゃないかって思うとぞっとしてしまいます。
今朝、子供と読ませていただきました。
子供は「不要ペットってなに?こういう人たちは言うこと聞かない子供もこんな子要らないって回収車にのせるの?世の中ではペットって呼ばれていたって家の中では家族じゃないの!?」と泣き顔で学校に行きました。
命の大切さ、もっと認識してほしいです。
犬も猫も金魚もみんなおんなじように命があって、重いも軽いもないはずです。
動物愛護についてもっと考えてほしいものです。そうすれば回収車なんてものはなくなるし、あってはいけないもののはずなんですから・・・。
キーちゃんと言う黒猫の相棒と暮らしております。彼女は僕にとっては相棒であり、不可欠な存在です。あの報道を見て本当に朝から辛い気持ちになりました。あのモモちゃんの表情(あやつらには動物の表情など見えないのでしょうか。。。)には本当に辛い思いでした。大人のする事なんですよね。あれが。子供には出来ない気がするのです。まだ何か教えてもらわなくても知っている大切なものが子供にはあって人は成長するとそれを失い合理性だけを追求するんですね。僕ももう40になります。でもそんな風に生きたくないものです。
そんなものが日本にあったんですか? というのがまず驚きです。
なんのために税金使うのか、一納税者としては泣けてきます。

いま居る場所では駅の構内にも電車にもショッピングモールにも、自然なかたちで犬が同伴しています。

相手も同じ命だと思っていたらこんな考えが起きるはずないのに。
都合のいいときだけ、って自分にもかえってくると思わないのかなあ。 
突然 すみません・・・・。
先日のセミナーお疲れさまでした。

このニュース 私も腹が立ちました。
モモちゃんの あのまなざしは忘れられないですよね。
本当に自分勝手な自己中飼い主が多すぎ!
それで 驚くことに いい年をしたおじさんやおばさんが多いっていうのも驚きました。
ほんとなら若い人に 道理ってもんを教える立場でしょうに・・・・・。
MAGICさんの気持ちよくわかります。

Comment form