<< 祝4歳!サンダーの誕生日。 | main | 夏休み終了。 >>

2008.08.17 Sunday

いろいろ考えてしまうこと。

ミクシーとかあちこちWEBサーフィンしていると興味のひくようなものがヒットする。

少し前、犬や猫の虐待者とか遺棄者とかを「飼育制限法」を作れれば多少はましになるのにねと意見を述べてさてそろそろ動くかなと思っていたんだけど、現代社会は実際「生ませて売る側に問題がある」と考えられてることが大多数を占めている。

もちろん仰せのとおりっていう事実をたくさん知っている身としては反論する気にもなれないんだけどね・・・。

あるサイトでは「飼育頭数規制法」つぅ〜のを動かそうと頑張っているんだけど、これが発動されたらうちみたいなブリーダーは消えるしかないなぁって思う。

だって他の所みたいに産めなくなった子とか交配できなくなった子とか追い出したりしないからさ…。問題のある子が生まれればうちの子にするしかないし、そういう子は血統は絶えるわけだし。良い犬でお嫁に行ったとしても、万が一飼い主さんに何かあったら帰ってこさせればいいって思っている以上、頭数制限ができたらブリーダーは無理だよ。

もともと、ブリーダーって純血種の意味を知っていてその存続に力を入れている人たちの集団だから、ミックスを生ませて売ったり、繁殖屋といわれる人たちとは違う観念で動く人たちだって思うんだけど、ごっちゃになっているというか、繁殖屋まがいが多いのがまずいんだとは思う。

自分もかかわってくれた人の多くに、犬を入れ替えろとか、いらないものは出せとかよく言われるけど、感性が違うから無理ですぅ〜で笑ってごまかしてきている。

犬は我が子同様だから、いい時ばっかりもてはやして、用事が無くなったらお払い箱って考えは毛頭ないしね。
年寄りが増えて、年月の経過で天使になっていく。これって人の家族と同じでしょ…。責任もって世話をしてあげられない頭数になるまで増やさないって言うのは常識中の常識でさ…。

だから我が家はなかなか若い子を残せやしない。仕方がないと思うけど、でも素晴らしい子を作り、常識ある人に飼ってもらい、犬の社会的地位を高めてもらうということを絶やしたくはないから細々と続けているわけで。

まぁ確かに責任を持たずに多頭(10頭とかの話だけど)飼育してしまう一般の人が対象ですと言うのなら「飼育頭数規制法」も、わからなくはないけれど、考えちゃうよな。

だいたい処分する施設に犬や猫を持ち込む大多数の人間は多頭飼いじゃないことが多いのにね。もっとリサーチして提案してほしいなと思ってしまうけど、ブリーダー崩壊とかニュースになって目につく繁殖屋まがいの問題が多いから仕方がないのかもしれない。

だからさ…。安易に捨てたり、処分に持ち込んだ人や、虐待する人は二度と犬や猫を飼ってはいけない法律を作ったほうが早いんだと思うんだよね。。。
所有者の確定にもっと厳格な決めごとがあってもいいのかもしれないから、マイクロチップの義務化とかやったほうがいいかもしれない。

次の子からはチップ入れて渡すようにしようかな…。

で…例の場所に手始めにとメールで意見述べさせてもらいました(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Comments

Comment form